癌と食養 ☆★☆ 自然療法による癌治療 ~ Cancer Therapies by Naturopathy

癌治療を三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけで行なっても、癌は絶対に治りません。しかも、抗がん剤・放射線を行なうと「癌が治らない体」になってしまいます。癌を正しく知り、食事療法・少食療法・断食療法という「食のコントロール」を基軸に置き、飲尿療法で自己免疫を改善・強化しながら、他にも実際に癌治療に有効している自然療法を複合的に併用して色々と組み合わせて行なうことで癌体質を改善し、癌を克服できる体に建て替え、建て直すことが癌治療を行なう上で最も重要であり、ここが最も大切な「癌の認識」です。癌体質こそが「癌の正体」であり、癌体質こそが「体内に癌を生み出している元」なのです。この癌体質を改善することこそ、癌治療の根本です。癌体質を改善する要素が一切無く、かえって癌体質を悪化させてしまう三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけの癌治療では、癌を治すことは絶対にできません。自然療法(食事療法・少食療法・断食療法・飲尿療法など)を実践することで地道に癌体質を改善しながら、癌に打ち勝つ「体づくり」を日々積み重ねて、癌を克服できる自分を実現していきましょう! 癌治療とは、毎日たんたんと自然療法を積み重ねていく「地道な作業」です。この「地道な作業」を大事に行なえばこそ、『癌体質の改善』とともに「癌を本当に克服する道筋」を歩むことができるのです。当ブログサイトを通して、癌患者のみなさんがその「道筋」を見出して頂けたなら幸いに思います。

タグ:西勝造

 これは『西式健康法』創始者の「西勝造」先生が昭和24年(1950年)に著わされた『原本・西式健康読本』と、翌年の昭和25年(1950年)に著わされた『西医学健康原理実践宝典』からの抜粋です。 『原本・西式健康読本』のほうは2003年に発刊された「新版」 ...

 これは『西式健康法』創始者の「西勝造」先生が昭和24年(1950年)に著わされた『原本・西式健康読本』と、翌年の昭和25年(1950年)に著わされた『西医学健康原理実践宝典』からの抜粋です。 『原本・西式健康読本』のほうは2003年に発刊された「新版」 ...

 この記事は、カテゴリの都合により、次の記事の中にある『生玄米粉』に関する内容を再度まとめたものです。 「生玄米粉食の価値」を理解するのに役立ちます。  ● 生菜食療法とは  ● 癌に対抗するべく免疫力を上げるには、積極的に「生玄米粉」を食べたほうが良い  ...

 当記事では、マクロビオティックの大家である「久司道夫」氏の著書『久司道夫のマクロビオティック 入門編』のアマゾンのレビューにある「かたくりこ」様の感想をご紹介しながら「植物の生食」に関するお話を進めていきます(レビュー)。 食養に目覚めた多くの人が決まっ ...

 当記事では、マクロビオティックの大家である「久司道夫」氏の著書『久司道夫のマクロビオティック 入門編』のアマゾンのレビューにある「かたくりこ」様の感想をご紹介しながら「植物の生食」に関するお話を進めていきます(レビュー)。 食養に目覚めた多くの人が決まっ ...

 当記事では、マクロビオティックの大家である「久司道夫」氏の著書『久司道夫のマクロビオティック 入門編』のアマゾンのレビューにある「かたくりこ」様の感想をご紹介しながら「植物の生食」に関するお話を進めていきます(レビュー)。 食養に目覚めた多くの人が決まっ ...

 この記事は、カテゴリの都合により「生玄米粉食【玄米を生で食せば、ブドウ糖の摂取にならず、短鎖脂肪酸をエネルギー源にできる!】」を再アップしたものです。「生玄米粉食の価値」を理解するのに役立ちます。 同じ玄米食であっても、玄米ご飯(玄米の火食)は「ブドウ ...

 西式とは 【「食べない生き方」より 】 西勝造先生は、日本で最初の地下鉄を設計した土木技師で、西式健康法の創始者です。 西式健康法は、薬や医者に頼らずに自然治癒力を高める事によって病気を治そうとするのが特徴で、戦前から戦後にかけて普及し、宮家をはじめ、政 ...

 私は、西式健康法の創始者である西勝造先生の名著「原本 西式健康読本」の中の生菜食に関する部分を、次の記事でご紹介させて頂きました。  ●「火食の害」から見つめる、生食(生菜食)の意義と価値【西式健康読本:西勝造】  ● 西式健康法 - 生食療法(生菜食療法 ...

 これは、西式健康法創始者である西勝造先生の著書「原本 西式健康読本」の中の「生菜食」に関する内容です。「「火食の害」から見つめる、生食(生菜食)の意義と価値【西式健康読本:西勝造】」にて少しご紹介させて頂いたのですが、生菜食に関わる部分を追加してご紹介い ...

 『植物の生食』、これは私が食養学に出会ってから一番「価値」を見出した食養法(食事法)です。 「生食」と言うと何を連想しますか? 「食物を生のまま食べる」だと思いますが、まったくその通りです。 問題は、その「生で食べる食物」なのですが、生食をするときの食 ...

このページのトップヘ