癌と食養 ☆★☆ 自然療法による癌治療 ~ Cancer Therapies by Naturopathy

癌治療を三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけで行なっても、癌は絶対に治りません。しかも、抗がん剤・放射線を行なうと「癌が治らない体」になってしまいます。癌を正しく知り、食事療法・少食療法・断食療法という「食のコントロール」を基軸に置き、飲尿療法で自己免疫を改善・強化しながら、他にも実際に癌治療に有効している自然療法を複合的に併用して色々と組み合わせて行なうことで癌体質を改善し、癌を克服できる体に建て替え、建て直すことが癌治療を行なう上で最も重要であり、ここが最も大切な「癌の認識」です。癌体質こそが「癌の正体」であり、癌体質こそが「体内に癌を生み出している元」なのです。この癌体質を改善することこそ、癌治療の根本です。癌体質を改善する要素が一切無く、かえって癌体質を悪化させてしまう三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけの癌治療では、癌を治すことは絶対にできません。自然療法(食事療法・少食療法・断食療法・飲尿療法など)を実践することで地道に癌体質を改善しながら、癌に打ち勝つ「体づくり」を日々積み重ねて、癌を克服できる自分を実現していきましょう! 癌治療とは、毎日たんたんと自然療法を積み重ねていく「地道な作業」です。この「地道な作業」を大事に行なえばこそ、『癌体質の改善』とともに「癌を本当に克服する道筋」を歩むことができるのです。当ブログサイトを通して、癌患者のみなさんがその「道筋」を見出して頂けたなら幸いに思います。

タグ:腸内細菌

 「この美しき瑞穂の国」ブログ様から「飛脚の食事」に関する記事をご紹介させて頂きます。 「飛脚」は、現代の日本人とは比べ物にならないくらい「強靭な体力」を持っていました。 この「飛脚」はどのような食事を摂っていたのかと言いますと、今から考えれば粗食にもな ...

 免疫枯渇現象について 【「くすりのツカダ健康相談室」より 】 (この記事は、下の記事の『免疫枯渇』の【補足】として設けています) きのこ製剤に含まれる βグルカンなどの多糖体は免疫細胞を刺激して癌免疫を高めますが、 同じきのこ製剤を長く使うと、だんだん効果 ...

 放射能の感受性が個体差に応じて違う 【「膠原病、難病、癌は寛解する病気です。究極の体質改善法」(甲田光雄先生のお弟子さん)より 】  (中略) 体が回復する(のに)必要な正しい微栄養素(微量栄養素:ビタミン・ミネラル)を取り込み(摂取し)、 還元電位(酸 ...

 放射能の感受性が個体差に応じて違う 【「膠原病、難病、癌は寛解する病気です。究極の体質改善法」(甲田光雄先生のお弟子さん)より 】  (中略) 体が回復する(のに)必要な正しい微栄養素(微量栄養素:ビタミン・ミネラル)を取り込み(摂取し)、 還元電位(酸 ...

 放射能の感受性が個体差に応じて違う 【「膠原病、難病、癌は寛解する病気です。究極の体質改善法」(甲田光雄先生のお弟子さん)より 】  (中略) 体が回復する(のに)必要な正しい微栄養素(微量栄養素:ビタミン・ミネラル)を取り込み(摂取し)、 還元電位(酸 ...

 「腸内環境を整える」には、世間では通常、『食事の改善』や『発酵食品の摂取』などが推奨されています。 食事を改善したり、発酵食品を摂取することにより、善玉菌が繁殖し、悪玉菌の繁殖が抑制されます。 しかし、善玉菌を繁殖させ、悪玉菌の繁殖を抑えて「腸内環境を ...

 「腸内環境を整える」には、世間では通常、『食事の改善』や『発酵食品の摂取』などが推奨されています。 食事を改善したり、発酵食品を摂取することにより、善玉菌が繁殖し、悪玉菌の繁殖が抑制されます。 しかし、善玉菌を繁殖させ、悪玉菌の繁殖を抑えて「腸内環境を ...

 この記事は、甲田光雄先生のお弟子さんが『大腸菌は、食物繊維のセルロースを分解する時に、酵素、ミネラル、ビタミンを産生して生み出す』ことについてお話しされています。 また、朝食を抜くことの恩恵、鬱病についても語られています。 ぜひ、ご参考にされてみてくだ ...

 この記事は、甲田光雄先生のお弟子さんが『食事療法によって、腸内環境を改善すること』の大切さをお話しされています。食事療法は栄養改善をするだけでなく、腸内細菌を正しく育成する上でも非常に重要なのです。真の健康とは、腸内細菌が鍵を握っています。現代食によっ ...

 この記事は、「玄米菜食の火食(加熱調理)は、なぜ “癌の食事療法” として不向きなのか?」、また「玄米菜食の生食(「生玄米粉食」+「生菜食」を中心とした食事療法:短鎖脂肪酸食 )は、なぜ “癌の食事療法” として有益なのか?」に関する部分を、次の2つの記事か ...

 この記事は、「『短鎖脂肪酸』について【短鎖脂肪酸の要点の雰囲気を、ざっと知って頂くために】」記事を「短鎖脂肪酸食」カテゴリ用に再アップしたものです。 『短鎖脂肪酸』につきましては、次のカテゴリを参照してください。   ●「短鎖脂肪酸(ブドウ糖よりも優れ ...

 この記事は、癌を増大させて進行させてしまう「ブドウ糖」を食事から極力排除して、「ブドウ糖」エネルギー源の代わりとなる『短鎖脂肪酸』エネルギー源を得るための “癌の食事療法” をまとめた記事を抜粋したものです。 ブドウ糖の代わりに『短鎖脂肪酸』エネルギー源 ...

 この記事は、癌を増大させて進行させてしまう「ブドウ糖」を食事から極力排除して、「ブドウ糖」エネルギー源の代わりとなる『短鎖脂肪酸』エネルギー源を得るための “癌の食事療法” をまとめた記事を抜粋したものです。 ブドウ糖の代わりに『短鎖脂肪酸』エネルギー源 ...

 「炭水化物が人類を滅ぼす-糖質制限からみた生命の科学 夏井睦医師」にて、夏井睦医師の著書「炭水化物が人類を滅ぼす - 糖質制限からみた生命の科学」の中の、不溶性食物繊維の『セルロース』と、その『セルロース』を分解してビタミン・短鎖脂肪酸・アミノ酸などの重 ...

 「炭水化物が人類を滅ぼす-糖質制限からみた生命の科学 夏井睦医師」にて、夏井睦医師の著書「炭水化物が人類を滅ぼす - 糖質制限からみた生命の科学」の中の、不溶性食物繊維の『セルロース』と、その『セルロース』を分解してビタミン・短鎖脂肪酸・アミノ酸などの重 ...

 「炭水化物が人類を滅ぼす-糖質制限からみた生命の科学 夏井睦医師」にて、夏井睦医師の著書「炭水化物が人類を滅ぼす - 糖質制限からみた生命の科学」の中の、不溶性食物繊維の『セルロース』と、その『セルロース』を分解してビタミン・短鎖脂肪酸・アミノ酸などの重 ...

 「炭水化物が人類を滅ぼす-糖質制限からみた生命の科学 夏井睦医師」にて、夏井睦医師の著書「炭水化物が人類を滅ぼす - 糖質制限からみた生命の科学」の中の、不溶性食物繊維の『セルロース』と、その『セルロース』を分解してビタミン・短鎖脂肪酸・アミノ酸などの重 ...

 この記事は、夏井睦医師の著書「炭水化物が人類を滅ぼす - 糖質制限からみた生命の科学」の中の、不溶性食物繊維の『セルロース』と、その『セルロース』を分解してビタミン・短鎖脂肪酸・アミノ酸などの重要な栄養を産生する『セルロース分解菌』の関係が細かく解説され ...

 この記事は、夏井睦医師の著書「炭水化物が人類を滅ぼす - 糖質制限からみた生命の科学」の中の、不溶性食物繊維の『セルロース』と、その『セルロース』を分解してビタミン・短鎖脂肪酸・アミノ酸などの重要な栄養を産生する『セルロース分解菌』の関係が細かく解説され ...

 この記事は、夏井睦医師の著書「炭水化物が人類を滅ぼす - 糖質制限からみた生命の科学」の中の、不溶性食物繊維の『セルロース』と、その『セルロース』を分解してビタミン・短鎖脂肪酸・アミノ酸などの重要な栄養を産生する『セルロース分解菌』の関係が細かく解説され ...

 この記事は、「炭水化物が人類を滅ぼす-糖質制限からみた生命の科学 夏井睦医師」の中の『冷え症』に関する部分の抜粋です。 マクロビオティックが『生菜食(生野菜食)』を「体を冷やすからダメ!」と否定していたり、世間でも「冷え症は陽性食品で治す」というような ...

 この記事は、「炭水化物が人類を滅ぼす-糖質制限からみた生命の科学 夏井睦医師」記事の『腸内細菌による、宿主への栄養産生提供』に関する部分の抜粋です。長い記事なので、部分抜粋します。 このような『腸内細菌が栄養を産生して宿主(人間)に提供している』という ...

 腸内細菌の異常が病気を生み出す根源! 病気を未然に防ぐには水をよく飲むこと! (仮題) 【「西式健康法 掲示板」(甲田光雄先生のお弟子さん)より 】 腸内細菌が様々な体に良い影響を与える物質を作り出すことは、一つ一つ、少しずつですが解明されてきています。  ...

 腸内細菌の異常が病気を生み出す根源! 病気を未然に防ぐには水をよく飲むこと! (仮題) 【「西式健康法 掲示板」(甲田光雄先生のお弟子さん)より 】 腸内細菌が様々な体に良い影響を与える物質を作り出すことは、一つ一つ、少しずつですが解明されてきています。  ...

 この記事は、甲田光雄先生のお弟子さんが質問者様にお答えされている内容です。 大腸菌が『セルロース』を分解して「ミネラル」を作り出す内容が載っています。 人間の体は『腸内細菌が産生する栄養』を優先的に使用し、食事から摂取した栄養(体外から摂取した栄養)は ...

 この記事は、甲田光雄先生のお弟子さんが質問者様にお答えされている内容です。 大腸菌が『セルロース』を分解して「ミネラル」を作り出す内容が載っています。 人間の体は『腸内細菌が産生する栄養』を優先的に使用し、食事から摂取した栄養(体外から摂取した栄養)は ...

 この記事は、京都大学の研究グループによる『短鎖脂肪酸の働き』に関する研究報告です。 単純に「短鎖脂肪酸がエネルギー源になる」という事実を知って頂きたくて作成しました。 この記事のご紹介のあとの【補足】にて、癌患者における「ブドウ糖の摂取」の問題に重ねな ...

 この記事は、京都大学の研究グループによる『短鎖脂肪酸の働き』に関する研究報告です。 人間のエネルギーとなるもの・・、これは何も「ブドウ糖」ばかりではなく、『ケトン体』や『短鎖脂肪酸』というエネルギー源もあることを、京都大学という一流機関が正式に打ち明けて ...

 この記事は「日本ビフィズス菌センター」と「ヤクルト中央研究所」の『短鎖脂肪酸』の解説です。 『短鎖脂肪酸』がどういうものかについて、とりあえずこの記事を一通りざっと目を通して頂いてから、この記事のご紹介のあとの【『短鎖脂肪酸』について 】にて “短鎖脂肪 ...

 この記事は、食物繊維がエネルギーになる仕組み、つまり、『短鎖脂肪酸』がエネルギーになることを簡潔に解説している内容です。食物繊維という「難消化性炭水化物」の代謝経路を解説しています。 「短鎖脂肪酸がブドウ糖に替わるエネルギー源になる」ということを感じ取 ...

 この記事は、食物繊維の解説、食物繊維の「不溶性食物繊維」及び「水溶性食物繊維」が摂取できる食品の解説、「水溶性食物繊維」が腸内細菌の働きによって発酵分解されて『短鎖脂肪酸』が生成される解説、『短鎖脂肪酸』の有効性などが簡潔にまとめられています。ぜひ、ご ...

 食物繊維について 【「清水化学株式会社」より 】● 食物繊維とは 「ヒトの消化酵素で消化されない食物中の成分」が食物繊維です。ダイエタリーファイバー(Dietary Fiber)とも言われています。 長い間、食物のカスとして扱われていましたが、肥満、高血圧、大腸ガンな ...

 この記事は健康食品などを製造している大手企業のものですが、『短鎖脂肪酸』は近年、こういった業界でも注目を集めているそうです。『短鎖脂肪酸』は、食物繊維のうちの「水溶性食物繊維」が大腸で腸内細菌によって発酵分解されることで得られます。生玄米粉食の他にも、 ...

 これは、私が以前、食養サイトで「一般の方向けの食養メニュー」として推奨していました食事内容です。 ご参考にされてみてください m(__)m◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ ...

 本当の医学 【「西式健康法 掲示板」(甲田光雄先生のお弟子さん)より 】 甲田療法と西式(西式健康法:西医学)の真髄は、微量栄養素と解毒、副作用が非常に少ないという、生活習慣を医学に応用した「解毒学」と言えるのです。 医科学とビタミン学全ては、取り入れる ...

 腸内細菌と免疫 ~ 藤田紘一郎氏の話 【「エムズの片割れ」より 】 NHKラジオ深夜便「こころの時代」で、「小さな小さな友達 微生物:東京医科歯科大学名誉教授 藤田紘一郎」(08/3/4~5)を聞いた。なかなか面白い話で “目から鱗”?? 話を要約すると・・・「人間の腸内 ...

 岡本さんへ 岡本さん、コメント欄への投稿をありがとうございます。また、このブログに共感してくださり、本当にありがとうございます。コメント欄では文字数制限が800文字まででして、いろいろとお話しするためには文字数が全然足りませんので、こちらにてお話しさせ ...

 癌治療の玄米菜食における『生玄米食の価値』についてお話しします。 一般的には同じように見えるでしょうが、「生玄米食(玄米の生食)」と「玄米ご飯食(玄米の火食)」とでは、その中身はまったく違う食事内容になります。癌治療の上では、生玄米食(玄米の生食)のほ ...

 甲田光雄先生は、このような言葉を残されています。  「癌は一筋縄ではいかない。玄米ご飯と菜食で癌を克服するのは無理で、生菜食と断食を組み合せるしかない。」 これは、『生菜食療法』と『断食療法』を駆使し、多くの難病・重病患者さんに向き合いながら、長年、難 ...

 生玄米で腸内環境をよくする 【「プチ断食ダイエット 体内デトックス」より 】 腸内環境を整えて便通をよくするのは、健康を考える上で、まず基本として大事な事です。 この腸内環境を整えるための食事法などはいろいろ紹介されていますが、私は「生玄米」を取り上げて ...

 生玄米の効果 【「肺がんを自力で治す人体実験」より 】 前回の記事で紹介させていただいたモリモト先生(森本芳生氏)のコメントの中で、断食療法・生菜食療法に命をかけておられた甲田先生(甲田光雄医学博士)が、  「癌は一筋縄ではいかない。玄米ご飯+菜食で克服 ...

 現在、私たちが手にする塩は、「海の塩(自然海水塩)」と「塩化ナトリウム(NaCl:ナトリウムの塩化物)99%以上の食卓塩・工業塩・化学塩」とがあります。この「自然海水塩(海の塩)カテゴリ」では、食卓塩・工業塩・化学塩(塩化ナトリウム99%以上の薬品)の危険 ...

このページのトップヘ