森下敬一医学博士の唱える森下・千島学説では、癌を「血液の浄化装置」と捉えています。これは「ガン腫は “浄血装置” であり、毒素、細菌、ウィルスから人の自然の免疫・排毒機能が働かなくなるときの “非常の排毒機能” である」という内容で、「血液の汚れで、体が敗 ...