癌と食養 ☆★☆ 自然療法による癌治療 ~ Cancer Therapies by Naturopathy

癌治療を三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけで行なっても、癌は絶対に治りません。しかも、抗がん剤・放射線を行なうと「癌が治らない体」になってしまいます。癌を正しく知り、食事療法・少食療法・断食療法という「食のコントロール」を基軸に置き、飲尿療法で自己免疫を改善・強化しながら、他にも実際に癌治療に有効している自然療法を複合的に併用して色々と組み合わせて行なうことで癌体質を改善し、癌を克服できる体に建て替え、建て直すことが癌治療を行なう上で最も重要であり、ここが最も大切な「癌の認識」です。癌体質こそが「癌の正体」であり、癌体質こそが「体内に癌を生み出している元」なのです。この癌体質を改善することこそ、癌治療の根本です。癌体質を改善する要素が一切無く、かえって癌体質を悪化させてしまう三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけの癌治療では、癌を治すことは絶対にできません。自然療法(食事療法・少食療法・断食療法・飲尿療法など)を実践することで地道に癌体質を改善しながら、癌に打ち勝つ「体づくり」を日々積み重ねて、癌を克服できる自分を実現していきましょう! 癌治療とは、毎日たんたんと自然療法を積み重ねていく「地道な作業」です。この「地道な作業」を大事に行なえばこそ、『癌体質の改善』とともに「癌を本当に克服する道筋」を歩むことができるのです。当ブログサイトを通して、癌患者のみなさんがその「道筋」を見出して頂けたなら幸いに思います。

タグ:福田一典

 「免疫力」を 高く維持する方法 の一つとして「ヒメマツタケ(アガリクス)」があります。 数ある「アガリクス」の中でも「最高級品」と称されているのが「ヒメマツタケ」という種類の キノコ であり、正式名称を「アガリクス・ブラゼイ・ムリル」と言います。  「ヒメマ ...

 「免疫力」を 高く維持する方法 の一つとして「ヒメマツタケ(アガリクス)」があります。 数ある「アガリクス」の中でも「最高級品」と称されているのが「ヒメマツタケ」という種類の キノコ であり、正式名称を「アガリクス・ブラゼイ・ムリル」と言います。  「ヒメマ ...

 当記事は『日本橋清洲クリニック』院長の 佐藤義之 医師が病院サイト内で発信されている「佐藤院長のやさしい医療のお話」から「4つ」の記事のご紹介です。 ご紹介させて頂く記事は、次の「4つ」です。   ● 第6話 肺がんは「肺の病気」ですか?   ● 第31話 ...

 当記事は『日本橋清洲クリニック』院長の 佐藤義之 医師が病院サイト内で発信されている「佐藤院長のやさしい医療のお話」から「4つ」の記事のご紹介です。 ご紹介させて頂く記事は、次の「4つ」です。   ● 第6話 肺がんは「肺の病気」ですか?   ● 第31話 ...

 以前は、癌細胞は「ブドウ糖」しかエネルギー源にすることができない、と言われていました。 これは、癌細胞のミトコンドリアが正常に機能していないため、正常細胞のように「ケトン体」や「脂肪酸」をエネルギー源にすることができない、と考えられていたためです。 し ...

 当記事は「カラパイア 不思議と謎の大冒険」サイト様から「プラシーボ効果」に関する内容の3つの記事をご紹介させて頂きます。「海外サイトの原文」に基づいて意訳された記事で、とても分かりやすい内容になっています。 「プラシーボ効果」とは、薬効成分を含まない「 ...

 この記事は、次の2つの記事をまとめたものです。   ● 癌細胞内を「酸性化」し、癌細胞外を「アルカリ化」する方法は、有望な癌治療となる!     - 福田一典 医師【『プロトンポンプ阻害剤』との併用により、抗腫瘍効果が高まる!】   ●『重曹』の 経口摂取 ...

 この記事は、次の2つの記事をまとめたものです。   ● 癌細胞内を「酸性化」し、癌細胞外を「アルカリ化」する方法は、有望な癌治療となる!     - 福田一典 医師【『プロトンポンプ阻害剤』との併用により、抗腫瘍効果が高まる!】   ●『重曹』の 経口摂取 ...

 この記事は、次の2つの記事をまとめたものです。   ● 癌細胞内を「酸性化」し、癌細胞外を「アルカリ化」する方法は、有望な癌治療となる!     - 福田一典 医師【『プロトンポンプ阻害剤』との併用により、抗腫瘍効果が高まる!】   ●『重曹』の 経口摂取 ...

 この記事は、『銀座東京クリニック』院長の「福田一典」医師が公開されています「『漢方がん治療』を考える」から「527)がん組織の「アルカリ化」と「抗がん剤治療」(その1):プロトンポンプ阻害剤」記事のご紹介になります。 当記事で「福田一典」医師は研究報告 ...

 この記事は、『銀座東京クリニック』院長の「福田一典」医師が公開されています「『漢方がん治療』を考える」から「527)がん組織の「アルカリ化」と「抗がん剤治療」(その1):プロトンポンプ阻害剤」記事のご紹介になります。 当記事で「福田一典」医師は研究報告 ...

 この記事は、『銀座東京クリニック』院長の「福田一典」医師が公開されています「『漢方がん治療』を考える」から「527)がん組織の「アルカリ化」と「抗がん剤治療」(その1):プロトンポンプ阻害剤」記事のご紹介になります。 当記事で「福田一典」医師は研究報告 ...

 この記事は、『銀座東京クリニック』院長の「福田一典」医師が公開されています「『漢方がん治療』を考える」から「517)「ワールブルグ効果」を是正すると、がん細胞は自滅する」記事のご紹介です。 癌細胞が増殖するための “二大栄養素” は「ブドウ糖」と「グルタ ...

 この記事は、『銀座東京クリニック』院長の「福田一典」医師が公開されています「『漢方がん治療』を考える」から「517)「ワールブルグ効果」を是正すると、がん細胞は自滅する」記事のご紹介です。 癌細胞が増殖するための “二大栄養素” は「ブドウ糖」と「グルタ ...

 この記事は、『銀座東京クリニック』院長の「福田一典」医師が公開されています「『漢方がん治療』を考える」から「517)「ワールブルグ効果」を是正すると、がん細胞は自滅する」記事のご紹介です。 当記事で「福田一典」医師は、『断食療法(絶食療法)』と『ケトン ...

 この記事は、『銀座東京クリニック』院長の「福田一典」医師が公開されています「『漢方がん治療』を考える」から「517)「ワールブルグ効果」を是正すると、がん細胞は自滅する」記事のご紹介です。 当記事で「福田一典」医師は、『断食療法(絶食療法)』と『ケトン ...

 この記事は、『銀座東京クリニック』院長の「福田一典」医師が公開されています「『漢方がん治療』を考える」から「528)がん組織の「アルカリ化」と「抗がん剤治療」(その2):重曹治療(重炭酸ナトリウム)」記事のご紹介です。 今まで「福田一典」医師は、癌の『 ...

 この記事は、『銀座東京クリニック』院長の「福田一典」医師が公開されています「『漢方がん治療』を考える」から「528)がん組織の「アルカリ化」と「抗がん剤治療」(その2):重曹治療(重炭酸ナトリウム)」記事のご紹介です。 今まで「福田一典」医師は、癌の『 ...

 この記事は、『銀座東京クリニック』院長の「福田一典」医師が公開されています「『漢方がん治療』を考える」から「528)がん組織の「アルカリ化」と「抗がん剤治療」(その2):重曹治療(重炭酸ナトリウム)」記事のご紹介です。 今まで「福田一典」医師は、癌の『 ...

 この記事は、『銀座東京クリニック』院長の「福田一典」医師が公開されています「『漢方がん治療』を考える」から「391)絶食は「抗がん剤治療」と「放射線治療」の効果を高める」記事のご紹介です。 当記事で「福田一典」医師は「抗がん剤治療」や「放射線治療」に『 ...

 この記事は、『銀座東京クリニック』院長の「福田一典」医師が公開されています「『漢方がん治療』を考える」から「391)絶食は「抗がん剤治療」と「放射線治療」の効果を高める」記事のご紹介です。 当記事で「福田一典」医師は「抗がん剤治療」や「放射線治療」に『 ...

 この記事は、『銀座東京クリニック』院長の「福田一典」医師が公開されています「『漢方がん治療』を考える」から「521)甘い果物や蜂蜜はがんを促進する」記事のご紹介です。 当記事で「福田一典」医師は、  ● 世間では『果物食』が癌治療に良いとされているが、  ...

 この記事は、『銀座東京クリニック』院長の「福田一典」医師が公開されています「『漢方がん治療』を考える」から「521)甘い果物や蜂蜜はがんを促進する」記事のご紹介です。 当記事で「福田一典」医師は、  ● 世間では『果物食』が癌治療に良いとされているが、  ...

 ※ この記事は「シリーズ記事」になります。   ● ブドウ糖を絶てば、がん細胞は死滅する! 福田一典(著)①     【 癌細胞の代謝の特徴:癌とブドウ糖の関係:       ブドウ糖は、癌の発生・増殖・悪性化・転移・進行を促進する!】   ● ブドウ糖を絶 ...

 ※ この記事は「シリーズ記事」になります。   ● ブドウ糖を絶てば、がん細胞は死滅する! 福田一典(著)①     【 癌細胞の代謝の特徴:癌とブドウ糖の関係:       ブドウ糖は、癌の発生・増殖・悪性化・転移・進行を促進する!】   ● ブドウ糖を絶 ...

 ※ この記事は「シリーズ記事」になります。   ● ブドウ糖を絶てば、がん細胞は死滅する! 福田一典(著)①     【 癌細胞の代謝の特徴:癌とブドウ糖の関係:       ブドウ糖は、癌の発生・増殖・悪性化・転移・進行を促進する!】(本記事)   ● ブ ...

 当記事は、カテゴリの都合により、次の記事を重複してアップしたものです。   ● ブドウ糖を絶てば、がん細胞は死滅する! 福田一典(著)③     【 ブドウ糖を絶って癌が死滅しても、癌は治っていない!       糖質制限食・ケトン食は 癌治療を有利に進める ...

 この記事はカテゴリの都合で、次の記事の「ケトン体」に関する部分を抜粋したものです。   ● ブドウ糖を絶てば、がん細胞は死滅する! 福田一典(著)②     【 癌治療に「糖質制限食(ケトン食)」が有効する理由:       ケトン体・ケトン食 自体に『抗が ...

● アミグダリン と ベンズアルデヒド の「抗がん作用」 「岡崎公彦」医師(医学博士)の著名な『がんの特効薬は発見済みだ!』という著書があります。  がんの特効薬は発見済みだ! 岡崎公彦医師が癌治療に使用している特効薬というのは「ベンズアルデヒド」のことです ...

 当記事は、次の記事から『肉製品・乳製品は「酸化ストレス」を高め、「身体の酸化(酸化体質)」を深めて悪化させ、「発がんリスク」を高める』という部分を抜粋した記事です。   ●『加工肉』や『赤身肉』は「発癌リスク」を高める! - 福田一典 医師    【『赤身 ...

 当記事は、次の記事から『肉製品・乳製品は「酸化ストレス」を高め、「身体の酸化(酸化体質)」を深めて悪化させ、「発がんリスク」を高める』という部分を抜粋した記事です。   ●『加工肉』や『赤身肉』は「発癌リスク」を高める! - 福田一典 医師    【『赤身 ...

●「断糖肉食」で癌が治るのは本当か? それは、体内の癌が消失した「だけ」ではないのか? 「体内の癌が消えた」=「癌が治った」ではないことを知っていますか? 「断糖肉食」絶好調の癌患者さんは、もう一度、ここをよく考えてみましょう! ほとんどの癌細胞は「ワール ...

●「断糖肉食」で癌が治るのは本当か? それは、体内の癌が消失した「だけ」ではないのか? 「体内の癌が消えた」=「癌が治った」ではないことを知っていますか? 「断糖肉食」絶好調の癌患者さんは、もう一度、ここをよく考えてみましょう! ほとんどの癌細胞は「ワール ...

 この記事は、「福田一典」医師の『銀座東京クリニック』から「青身の魚に含まれる DHA は、がんをおとなしくさせる」記事、及び『『漢方がん治療』を考える』から「DHA / EPA の 抗がん作用」記事の、2つの記事をご紹介させて頂きます。 当記事は、癌の『食事療法』とし ...

 この記事は、「福田一典」医師の『銀座東京クリニック』から「青身の魚に含まれる DHA は、がんをおとなしくさせる」記事、及び『『漢方がん治療』を考える』から「DHA / EPA の 抗がん作用」記事の、2つの記事をご紹介させて頂きます。 当記事は、癌の『食事療法』とし ...

 この記事は、「福田一典」医師の『銀座東京クリニック』から「青身の魚に含まれる DHA は、がんをおとなしくさせる」記事、及び『『漢方がん治療』を考える』から「DHA / EPA の 抗がん作用」記事の、2つの記事をご紹介させて頂きます。 当記事は、癌の『食事療法』とし ...

 「福田一典」医師の『銀座東京クリニック』から、癌の『食事療法』として必須の「糖質制限食(ケトン食)」を実行する上で有益となる「◇ 大豆と糖質の少ない野菜・果物を多く摂取する」記事をご紹介させて頂きます。 当記事では、癌の「糖質制限食(ケトン食)」において ...

 「福田一典」医師の『銀座東京クリニック』から、癌の『食事療法』として必須の「糖質制限食(ケトン食)」を実行する上で有益となる「◇ 大豆と糖質の少ない野菜・果物を多く摂取する」記事をご紹介させて頂きます。 当記事では、癌の「糖質制限食(ケトン食)」において ...

 この記事は、「福田一典」医師の「『漢方がん治療』を考える」から「466)加工肉 と ナマコ(海鼠)と 大腸がん」記事の紹介です。 2015年の10月に「世界保健機関(WHO)」の専門組織である「国際がん研究機関(IARC)」が『加工肉』と『赤身肉』には発癌性があ ...

 この記事は、「福田一典」医師の「『漢方がん治療』を考える」から「466)加工肉 と ナマコ(海鼠)と 大腸がん」記事の紹介です。 2015年の10月に「世界保健機関(WHO)」の専門組織である「国際がん研究機関(IARC)」が『加工肉』と『赤身肉』には発癌性があ ...

 この記事は、「福田一典」医師の「『漢方がん治療』を考える」から「466)加工肉 と ナマコ(海鼠)と 大腸がん」記事の紹介です。 2015年の10月に「世界保健機関(WHO)」の専門組織である「国際がん研究機関(IARC)」が『加工肉』と『赤身肉』には発癌性があ ...

 この記事は、「福田一典」医師の「『漢方がん治療』を考える」から「466)加工肉 と ナマコ(海鼠)と 大腸がん」記事の紹介です。 2015年の10月に「世界保健機関(WHO)」の専門組織である「国際がん研究機関(IARC)」が『加工肉』と『赤身肉』には発癌性があ ...

 この記事は、「福田一典」医師の『銀座東京クリニック』の「ビタミンD3は「がん患者の死亡率」を低下させる」記事から『ビタミンD産生の流れ』の部分をご紹介します。 『ビタミンD産生の流れ』に関する図と軽い説明だけなのですが、この図を通して「ビタミンDが産生 ...

 この記事は、「福田一典」医師の『銀座東京クリニック』の「ビタミンDの抗がん作用」記事のご紹介です。 次の記事は「福田一典」医師が公開されている「『漢方がん治療』を考える」から「263)ビタミンDの抗がん作用」記事をご紹介させて頂きました記事です。  ●『 ...

 この記事は、『銀座東京クリニック』院長の「福田一典」医師が公開されています「『漢方がん治療』を考える」から「263)ビタミンDの抗がん作用」記事のご紹介です。 当記事では、「福田一典」医師が『ビタミンD』の「抗がん効果」についてお話しされています。 『 ...

 この記事は、『銀座東京クリニック』院長の「福田一典」医師が公開されています「『漢方がん治療』を考える」から「460)なぜ、がんが増えているのか?」記事のご紹介です。 当記事では、「福田一典」医師が日本社会に潜在する様々な『発癌要因』についてお話しされて ...

 この記事は、次の記事の中の『癌は本来、「加齢」や「遺伝」とは無関係で起こる疾患である』という部分の抜粋になります。   ● なぜ、癌が増えているのか? - 福田一典 医師【「癌の原因」は、すべて考慮すべし!     「癌の原因」を何か「たった一つ」のものに的 ...

 この記事は、『銀座東京クリニック』院長の「福田一典」医師が公開されています「『漢方がん治療』を考える」からのご紹介です。 当記事では「福田一典」医師が、癌治療における「玄米」についての価値をお話しされています。 玄米とは、米の『全粒穀物』、米の「一物全 ...

 この記事は、『銀座東京クリニック』院長の「福田一典」医師が公開されています「『漢方がん治療』を考える」からのご紹介です。 当記事では「福田一典」医師が、癌治療における「玄米」についての価値をお話しされています。 玄米とは、米の『全粒穀物』、米の「一物全 ...

 「癌の生体検査は「癌化する可能性が高い環境」をつくり上げてしまうので、拒否すべき!」記事で、甲田光雄先生のお弟子さんは、東京大学 医学部 名誉教授で癌研究第一人者である「渋谷正史」教授について、このようにお話しされています。◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ ...

このページのトップヘ