癌と食養 ☆★☆ 自然療法による癌治療 ~ Cancer Therapies by Naturopathy

癌治療を三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけで行なっても、癌は絶対に治りません。しかも、抗がん剤・放射線を行なうと「癌が治らない体」になってしまいます。癌を正しく知り、食事療法・少食療法・断食療法という「食のコントロール」を基軸に置き、飲尿療法で自己免疫を改善・強化しながら、他にも実際に癌治療に有効している自然療法を複合的に併用して色々と組み合わせて行なうことで癌体質を改善し、癌を克服できる体に建て替え、建て直すことが癌治療を行なう上で最も重要であり、ここが最も大切な「癌の認識」です。癌体質こそが「癌の正体」であり、癌体質こそが「体内に癌を生み出している元」なのです。この癌体質を改善することこそ、癌治療の根本です。癌体質を改善する要素が一切無く、かえって癌体質を悪化させてしまう三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけの癌治療では、癌を治すことは絶対にできません。自然療法(食事療法・少食療法・断食療法・飲尿療法など)を実践することで地道に癌体質を改善しながら、癌に打ち勝つ「体づくり」を日々積み重ねて、癌を克服できる自分を実現していきましょう! 癌治療とは、毎日たんたんと自然療法を積み重ねていく「地道な作業」です。この「地道な作業」を大事に行なえばこそ、『癌体質の改善』とともに「癌を本当に克服する道筋」を歩むことができるのです。当ブログサイトを通して、癌患者のみなさんがその「道筋」を見出して頂けたなら幸いに思います。

タグ:癌研究報告は「重曹は癌に効果的」と発表

 次の記事で、『村上内科医院』院長である「村上正志」医学博士が2017年6月に開催された「第17回 日本抗加齢医学会総会」にて『重曹療法』が「癌に効果的である」ということを学んできたと報告されていることをご紹介させて頂きました。   ● 癌治療に『重曹』の効 ...

 当記事は、ネットの世界で「仲田洋美」医師が自信満々で訴えている、癌治療における『重曹療法』を反論・批判する記事をご紹介させて頂きます。実は、これは「癌専門医」として「情報に遅れている」非常に「恥ずかしい行為」です。なぜならば、これは、ご自身の「無知」と ...

 これは今日たまたま発見したのですが、京都市山科区の『村上内科医院』のサイトで『重曹』に関する情報を発見しました。 『村上内科医院』は「病院なび」でも「医療法人社団貴正会 村上内科医院」ページにて紹介されています。 この『村上内科医院』の院長は「村上正志 ...

 今では、癌研究報告によって『重曹療法(重炭酸ナトリウム)』が癌治療に有効することが解明されています。 癌細胞は「酸性化」しており、癌組織の「酸性化」が、癌が成長する上で欠かせない成長因子となっているからです。 この癌組織の「酸性化」を『重曹療法(重炭酸 ...

 「トゥーリオ・シモンチーニ」の『重曹療法(重炭酸ナトリウム)』を非難している記事に「「トゥーリオ・シモンチーニ」の がん治療についてのまとめ」記事があります。 この記事を作成した「幻影随想」サイトは、2011年7月18日をもって更新されていません。 この ...

 この記事は、次の2つの記事をまとめたものです。   ● 癌細胞内を「酸性化」し、癌細胞外を「アルカリ化」する方法は、有望な癌治療となる!     - 福田一典 医師【『プロトンポンプ阻害剤』との併用により、抗腫瘍効果が高まる!】   ●『重曹』の 経口摂取 ...

 この記事は、『銀座東京クリニック』院長の「福田一典」医師が公開されています「『漢方がん治療』を考える」から「527)がん組織の「アルカリ化」と「抗がん剤治療」(その1):プロトンポンプ阻害剤」記事のご紹介になります。 当記事で「福田一典」医師は研究報告 ...

 この記事は、『銀座東京クリニック』院長の「福田一典」医師が公開されています「『漢方がん治療』を考える」から「528)がん組織の「アルカリ化」と「抗がん剤治療」(その2):重曹治療(重炭酸ナトリウム)」記事のご紹介です。 今まで「福田一典」医師は、癌の『 ...

 この記事は、「digital journal.com」様からのご紹介です。 英文サイトの記事を Google 翻訳しているものですから、和訳文が確実に読みづらいです・・・。 ですが、よく読めば意味は分かると思います。読みやすくなりますように、私がかなり手を入れましたので、気になりま ...

 この記事は、「嘘がまかり通る世の中 あなたは何を信じますか?」様からのご紹介です。 英文サイトの「Cancer cells can not grow in an alkaline environment」記事を自動翻訳したもので、和訳文がちょっと読みづらいです。なので、和訳文のあとに、私の【ブログ管理人 ...

このページのトップヘ