癌と食養 ☆★☆ 自然療法による癌治療 ~ Cancer Therapies by Naturopathy

癌治療を三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけで行なっても、癌は絶対に治りません。しかも、抗がん剤・放射線を行なうと「癌が治らない体」になってしまいます。癌を正しく知り、食事療法・少食療法・断食療法という「食のコントロール」を基軸に置き、飲尿療法で自己免疫を改善・強化しながら、他にも実際に癌治療に有効している自然療法を複合的に併用して色々と組み合わせて行なうことで癌体質を改善し、癌を克服できる体に建て替え、建て直すことが癌治療を行なう上で最も重要であり、ここが最も大切な「癌の認識」です。癌体質こそが「癌の正体」であり、癌体質こそが「体内に癌を生み出している元」なのです。この癌体質を改善することこそ、癌治療の根本です。癌体質を改善する要素が一切無く、かえって癌体質を悪化させてしまう三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけの癌治療では、癌を治すことは絶対にできません。自然療法(食事療法・少食療法・断食療法・飲尿療法など)を実践することで地道に癌体質を改善しながら、癌に打ち勝つ「体づくり」を日々積み重ねて、癌を克服できる自分を実現していきましょう! 癌治療とは、毎日たんたんと自然療法を積み重ねていく「地道な作業」です。この「地道な作業」を大事に行なえばこそ、『癌体質の改善』とともに「癌を本当に克服する道筋」を歩むことができるのです。当ブログサイトを通して、癌患者のみなさんがその「道筋」を見出して頂けたなら幸いに思います。

タグ:癌は血液の浄化装置

 当記事は「日本を守るのに右も左もない」サイト様からのご紹介です。 この記事は「森下・千島学説」の、癌は「血液の浄化装置(浄血装置)」として体内につくられている、という見解を示されています。 体内に停滞して蓄積している多量の「毒」を解毒するのに、もはや、 ...

 当記事は「日本を守るのに右も左もない」サイト様からのご紹介です。 この記事は「森下・千島学説」の、癌は「血液の浄化装置(浄血装置)」として体内につくられている、という見解を示されています。 体内に停滞して蓄積している多量の「毒」を解毒するのに、もはや、 ...

 この記事は、「In Deep」さんの「自立した人生(1)- 薬と病院と介護から脱却して、「ガンを自然治癒できる力」を持たないと未来を生きることはできない」記事の中の「癌の自然治癒」に関する部分のご紹介です。 この記事の中の「ルドルフ・シュタイナー」の霊的菜食観 ...

 内海聡 医師の facebook より、癌に関する内容のご紹介です。 内海医師はこの中で、癌のことを『浄化装置のゴミ集めのなれの果て』の姿だと言われています。 これは、癌は『血液の浄化装置(血液の浄化装置)』である、ということを言われており、「森下・千島学説」の癌 ...

 内海聡 医師の facebook より、癌に関する内容のご紹介です。 内海医師はこの中で、癌のことを『浄化装置のゴミ集めのなれの果て』の姿だと言われています。 これは、癌は『血液の浄化装置(血液の浄化装置)』である、ということを言われており、「森下・千島学説」の癌 ...

 この記事は、「ひこさんへ(7月6日)【ミキサー、乳癌と牛乳の真相、癌のための食事療法、他・・・】」にて、森下敬一博士が提唱された森下・千島学説の「癌は浄血装置であり、排毒装置である」の内容と、抗がん剤で体内がさらに汚されてしまう抗がん剤治療の実態、そして、 ...

 この記事は、私が「癌を改善するためには、「火に油を注ぐ人」になってはいけない!」にて、癌治療における『血液浄化』と『免疫の改善・強化』の重要性を説明している内容の抜粋です。 癌を改善して治すためには、自然療法(食事療法・少食療法・断食療法・飲尿療法など) ...

 この記事は、私が「癌を改善するためには、「火に油を注ぐ人」になってはいけない!」にて、癌治療における『血液浄化』と『免疫の改善・強化』の重要性を説明している内容の抜粋です。 癌を改善して治すためには、自然療法(食事療法・少食療法・断食療法・飲尿療法など) ...

 この記事は、私が「癌を改善するためには、「火に油を注ぐ人」になってはいけない!」にて、癌治療における『血液浄化』と『免疫の改善・強化』の重要性を説明している内容の抜粋です。 癌を改善して治すためには、自然療法(食事療法・少食療法・断食療法・飲尿療法など) ...

 この『癌は先進国に現われた「現代病」である』シリーズは、「人類に癌が現われてきた時代背景」から癌というものを見つめることで、正しく癌を把握して頂こうと思って作成しました。過去記事を活用して「癌は先進国に現われた現代病である」という事実を分かりやすくお話 ...

 千島学説が教える本当の癌の治し方 - 現代医学の癌治療法は間違い 【「化学物質に過敏。食材はEM育ち。∞ いのちはつながっている ∞」より 】 千島学説が教える本当の癌の治し方 腸内汚染、体温の低下による排泄能力の低下が、癌の重大要因  癌患者が抗がん剤治療を ...

 誰の体でも、毎日、癌細胞が発生しています。最近の研究では、赤ん坊から老人まで、毎日平均して癌細胞が約5000個ほど体内で発生し、成人の健康体でも数百万から数億個の癌細胞が存在しているそうです。健康体の人であっても、癌細胞は平均して毎日5000個程度は生 ...

 筑紫哲也さんのガン治療  【「西式甲田療法による介護」より 】 下記引用は、稲田さん(稲田芳弘氏)の奥さんの文章です。 「粉ミルク断食療法」に触れられていますのでアップしてみました。 (http://www.creative.co.jp/top/main3584.html)~~~~~~~~~~~~ ...

 筑紫哲也さんのガン治療  【「西式甲田療法による介護」より 】 下記引用は、稲田さん(稲田芳弘氏)の奥さんの文章です。 「粉ミルク断食療法」に触れられていますのでアップしてみました。 (http://www.creative.co.jp/top/main3584.html)~~~~~~~~~~~~ ...

 「超不都合な科学的真実 - もうからない重要な発見はすべて潰される!」という図書の第一章『ガン、エイズを治癒させる究極のワクチンが握りつぶされた!? 治癒率99%の治療法が医薬品業界に与えた衝撃』をご紹介させて頂きます。この図書の内容は、書名の「超不都合な ...

 福地さん、いつもコメントをありがとうございます (^-^ 私のほうこそ、本当に有り難いです m(__)m しかも、癌治療への「食養の価値」を見抜いてくださって、本当に嬉しく思います! いつも通り、福地さんのコメントから入らさせて頂きますね(こちらです)。「管理 ...

 森下敬一博士の「がん理論」  【「がんは感謝すべき細胞です。」より 】● ガンは「血液の汚れ」 ガンの正体を一言で言うと「血液の汚れ」である。血液の中にガンビールス(ウイルス)やその他のビールス(ウイルス)が入り込んで汚してしまっている、それ自体がガンなの ...

 腸内細菌と免疫 ~ 藤田紘一郎氏の話 【「エムズの片割れ」より 】 NHKラジオ深夜便「こころの時代」で、「小さな小さな友達 微生物:東京医科歯科大学名誉教授 藤田紘一郎」(08/3/4~5)を聞いた。なかなか面白い話で “目から鱗”?? 話を要約すると・・・「人間の腸内 ...

 癌の正体見たり枯れ尾花 日本人の二人にひとりが癌にかかる時代 【「★阿修羅♪」より 】 (「癌は『浄血装置・排毒装置』である!【小澤博樹・森下敬一・船瀬俊介】」をまとめたものです )◆◆ 抗ガン剤で殺される - 抗ガン剤の闇を撃つ  船瀬俊介         ...

 癌の正体見たり枯れ尾花 日本人の二人にひとりが癌にかかる時代 【「★阿修羅♪」より 】 (「癌は『浄血装置・排毒装置』である!【小澤博樹・森下敬一・船瀬俊介】」をまとめたものです )◆◆ ガン「消去法」- ガンが心配なあなたへ  森下敬一           ...

 癌の正体見たり枯れ尾花 日本人の二人にひとりが癌にかかる時代 【「★阿修羅♪」より 】 (「癌は『浄血装置・排毒装置』である!【小澤博樹・森下敬一・船瀬俊介】」をまとめたものです )◆◆ がん体質革命 - 抗酸化療法EM‐Xの奇跡  小澤博樹          ...

 癌の正体見たり枯れ尾花 日本人の二人にひとりが癌にかかる時代 【「★阿修羅♪」より 】 立花隆氏の癌検証を NHK スペシャルで放送された事は知られているが、立花氏がテレビで話していた「現在の日本で二人にひとりが癌にかかり、三人にひとりが癌で死亡している」と ...

 ひこさん、はじめまして。 コメントをありがとうございます (^-^ お話しさせて頂く前に、ひこさんのコメントから入らさせてください(こちらです)。「初めまして。 ステージ三の乳ガン患者です。 ジューサーとミキサー買うなら、どちらがオススメですか? 母がミキ ...

 風の谷のナウシカと千島学説 【「岡部明美のスピリチュアルな旅で出会った”もの・人・場・言葉たち”」より 】 もう随分前のことになるが、ある日、がん細胞って何なのかなぁと、ぼーっと考えていたことがある。すると、宮崎駿アニメの中で私が一番好きな「風の谷のナウ ...

 日月神示には、次のような「善悪の概念」を示すものがあります。  ● 悪いこと通して善くなる仕組、よく心得よ。 (黄金の巻 第七帖)  ● 悪も御役であるぞ、この道理よく腹に入れて下されよ。 (天つ巻 第四帖)  ● 悪も神の御働きと申すもの。悪にくむこと悪ぢゃ ...

 【最終回】「がん」を考える(6) ~ 免疫力を上げる “食” ~  【「自然の摂理から環境を考える」より 】 前回の「がん」を考える(5) ~がん腫は、非常の排毒機能~ では、ガンとは毒素、細菌、ウイルスによって、人の自然の免疫機能が働かなくなるときの「血液の ...

 「がん」を考える(5) ~ がん腫は、非常の排毒機能 ~  【「自然の摂理から環境を考える」より 】 【「がん」を考える 】シリーズの第5弾です。 ここまで、ガンの原因、現在のガン医療の問題、そして、ガンの利権構造を扱ってきました。 多くの人が、ガンは「皮膚 ...

 森下敬一医学博士の唱える森下・千島学説では、癌を「血液の浄化装置」と捉えています。これは「ガン腫は “浄血装置” であり、毒素、細菌、ウィルスから人の自然の免疫・排毒機能が働かなくなるときの “非常の排毒機能” である」という内容で、「血液の汚れで、体が敗 ...

 癌は体を守るためにできた 【「末期がんでもあきらめないで! 可能性いっぱい」より 】 森下敬一博士は「癌(腫瘍)は、血液の汚れを浄化している装置だ」と言われています。 体の中に溜まった毒素を細胞で固めて、全身から隔離して全体を守っているのが癌細胞の正体。 ...

 岡本さんへ 岡本さん、コメント欄への投稿をありがとうございます。また、このブログに共感してくださり、本当にありがとうございます。コメント欄では文字数制限が800文字まででして、いろいろとお話しするためには文字数が全然足りませんので、こちらにてお話しさせ ...

 癌の原因については世界中の学者が懸命に研究していますが、今だに癌の原因についての説明をする学説はありません。いろいろな要素が複雑に絡み合って癌ができてくるのだろうと一般的には考えられています。食品添加物、動物性食品の取り過ぎ、栄養過剰、塩分過剰、ビタミ ...

 森下敬一 医学博士から「癌は血液の浄化装置」を知る 当ホームページのリンク集にてご紹介しています「食べない生き方 」さんの資料から、森下敬一 医学博士の「癌は血液の浄化装置である」について見てみましょう。 非常に分かりやすくまとめられていますので、とても参 ...

このページのトップヘ