癌と食養 ☆★☆ 自然療法による癌治療 ~ Cancer Therapies by Naturopathy

癌治療を三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけで行なっても、癌は絶対に治りません。しかも、抗がん剤・放射線を行なうと「癌が治らない体」になってしまいます。癌を正しく知り、食事療法・少食療法・断食療法という「食のコントロール」を基軸に置き、飲尿療法で自己免疫を改善・強化しながら、他にも実際に癌治療に有効している自然療法を複合的に併用して色々と組み合わせて行なうことで癌体質を改善し、癌を克服できる体に建て替え、建て直すことが癌治療を行なう上で最も重要であり、ここが最も大切な「癌の認識」です。癌体質こそが「癌の正体」であり、癌体質こそが「体内に癌を生み出している元」なのです。この癌体質を改善することこそ、癌治療の根本です。癌体質を改善する要素が一切無く、かえって癌体質を悪化させてしまう三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけの癌治療では、癌を治すことは絶対にできません。自然療法(食事療法・少食療法・断食療法・飲尿療法など)を実践することで地道に癌体質を改善しながら、癌に打ち勝つ「体づくり」を日々積み重ねて、癌を克服できる自分を実現していきましょう! 癌治療とは、毎日たんたんと自然療法を積み重ねていく「地道な作業」です。この「地道な作業」を大事に行なえばこそ、『癌体質の改善』とともに「癌を本当に克服する道筋」を歩むことができるのです。当ブログサイトを通して、癌患者のみなさんがその「道筋」を見出して頂けたなら幸いに思います。

タグ:甲田光雄

 当記事は『三宅薬品』を経営される「三宅和豊」さんの「薬屋のおやじのボヤキ」ブログから、甲田光雄医学博士が命懸けで残してくださった『甲田療法』の『生菜食療法』についての見解を示されている、大変素晴らしい記事をご紹介させて頂きます。三宅薬品 三宅和豊 三宅 ...

 当記事は『三宅薬品』を経営される「三宅和豊」さんの「薬屋のおやじのボヤキ」ブログから、甲田光雄医学博士が命懸けで残してくださった『甲田療法』の『生菜食療法』についての見解を示されている、大変素晴らしい記事をご紹介させて頂きます。三宅薬品 三宅和豊 三宅 ...

 当記事は『三宅薬品』を経営される「三宅和豊」さんの「薬屋のおやじのボヤキ」ブログからのご紹介です。三宅薬品 三宅和豊 当記事は、一般の食事に『生菜食』を組み合わせた場合の考察、そして『青汁(生野菜ジュース)』を実行する上での注意事項について、三宅和豊さ ...

 当記事は『三宅薬品』を経営される「三宅和豊」さんの「薬屋のおやじのボヤキ」ブログからのご紹介です。三宅薬品 三宅和豊 当記事は、三宅和豊さんが「果物」の食事(果物食)についてお話されています。 大変、参考になりますので、ぜひ、ご覧になってみてください。 ...

 この記事は、甲田光雄先生のお弟子さんが「森美智代」先生との思い出話をしながら、森美智代先生が持病として抱えていた「脊髄小脳変性症」を治すために甲田光雄先生の下で命懸けで実行された『仙人食』である『生玄米粉』や『生菜食療法』のお話をされています。 森美智 ...

 この記事は、甲田光雄先生のお弟子さんが「森美智代」先生との思い出話をしながら、森美智代先生が持病として抱えていた「脊髄小脳変性症」を治すために甲田光雄先生の下で命懸けで実行された『仙人食』である『生玄米粉』や『生菜食療法』のお話をされています。 森美智 ...

 この記事は、甲田光雄先生のお弟子さんが「森美智代」先生との思い出話をしながら、森美智代先生が持病として抱えていた「脊髄小脳変性症」を治すために甲田光雄先生の下で命懸けで実行された『仙人食』である『生玄米粉』や『生菜食療法』のお話をされています。 森美智 ...

 オランダの医師「コーネルス・モアマン(1893~1988)」が50年間、普及した『モアマン抗ガン食事療法』のご紹介です。この『モアマン食事療法』は、甲田光雄医学博士が50年間以上にわたって命懸けで普及し続けられた『生菜食療法』に近い食事療法です。 甲田光雄医学 ...

 免疫枯渇現象について 【「くすりのツカダ健康相談室」より 】 (この記事は、下の記事の『免疫枯渇』の【補足】として設けています) きのこ製剤に含まれる βグルカンなどの多糖体は免疫細胞を刺激して癌免疫を高めますが、 同じきのこ製剤を長く使うと、だんだん効果 ...

 甲田光雄先生の一番弟子である「森美智代」先生の「不思議なこと、ビックリしたこと、嬉しいこと」ブログからのご紹介です。 流石は、甲田光雄先生に近しかった森美智代先生らしいお話をしてくださっています。 「甲田光雄先生」と「甲田医院」と「土地の神様」のお話で ...

 この記事は「安全で、効果の大きい断食 「週末一日断食」」記事を加筆訂正した《改訂版》です。 旧記事よりも読みやすくなるように手直ししました。 旧記事をベースにしていますが、【断食の効用】などを盛り込み、癌患者さん用の記事として仕上げましたので、癌患者さん ...

 「医者ができること、してはいけないこと(小澤博樹)」より一部抜粋する 【「内海聡 facebook」(内海聡医師)より 】 ガンをはじめ、すべての病気は「人体の酸化現象」として捉えることができる。 したがって、人体を構成する細胞一つひとつの「酸化状態」を改善しな ...

 「医者ができること、してはいけないこと(小澤博樹)」より一部抜粋する 【「内海聡 facebook」(内海聡医師)より 】 ガンをはじめ、すべての病気は「人体の酸化現象」として捉えることができる。 したがって、人体を構成する細胞一つひとつの「酸化状態」を改善しな ...

 粗食(「3日食べなきゃ、7割治る!」より抜粋 ) 【「内海聡 facebook」(内海聡医師)より 】 甲田医師(甲田光雄医学博士)も「少食が免疫力を高める」ことを臨床的に証明しています。 まず、甲田医院に来院する患者には、すべて「腹七分」の少食健康法を指導してい ...

 粗食(「3日食べなきゃ、7割治る!」より抜粋 ) 【「内海聡 facebook」(内海聡医師)より 】 甲田医師(甲田光雄医学博士)も「少食が免疫力を高める」ことを臨床的に証明しています。 まず、甲田医院に来院する患者には、すべて「腹七分」の少食健康法を指導してい ...

 この記事は、「O2カプセルコンティニュ」様の『癌と酸素の関係』をお話しされている内容です。 体内の酸素不足・酸素欠乏が「癌の原因」となるのはよく知られています。 酸素はミトコンドリアにとって重要な存在です。 ミトコンドリアは、糖分(ブドウ糖)や脂肪(脂肪 ...

 この記事は、「枇杷葉温圧健康会」様からのご紹介です。記事のご紹介のあとに、私の【感想】が続きます。 【感想】では、この記事の内容に重なる、私の『癌体質』の考え方をお話しさせて頂いています。 当記事のタイトルにもありますけれど、この記事の中で出てくる『慢 ...

 この記事は、カテゴリの都合により、次の記事の中にある『生玄米粉』に関する内容を再度まとめたものです。 「生玄米粉食の価値」を理解するのに役立ちます。  ● 生菜食療法とは  ● 癌に対抗するべく免疫力を上げるには、積極的に「生玄米粉」を食べたほうが良い  ...

 この記事は、甲田光雄先生の最後について触れている貴重な記事です。 甲田光雄先生の近しい方々を知らないと知ることができないことです。 甲田光雄先生に救われた難病患者さんはたくさんおられます。 甲田光雄先生を知る方はみなさん、「甲田先生は生き仏のような方だ ...

 この記事は、京都大学名誉教授で『からすま和田クリニック』院長の「和田洋巳」医学博士の「京都からすま和田クリニック 和田洋巳の相談室」ブログからのご紹介です。 甲田療法の “『生玄米粉』+『生菜食』(生玄米&生菜食)” で癌を改善していった「Yさん」という癌 ...

 この記事は、京都大学名誉教授で『からすま和田クリニック』院長の「和田洋巳」医学博士の「京都からすま和田クリニック 和田洋巳の相談室」ブログからのご紹介です。 甲田療法の “『生玄米粉』+『生菜食』(生玄米&生菜食)” で癌を改善していった「Yさん」という癌 ...

 この記事は、京都大学名誉教授で『からすま和田クリニック』院長の「和田洋巳」医学博士の「京都からすま和田クリニック 和田洋巳の相談室」ブログからのご紹介です。 甲田療法の “『生玄米粉』+『生菜食』(生玄米&生菜食)” で癌を改善していった「Yさん」という癌 ...

 当記事では、マクロビオティックの大家である「久司道夫」氏の著書『久司道夫のマクロビオティック 入門編』のアマゾンのレビューにある「かたくりこ」様の感想をご紹介しながら「植物の生食」に関するお話を進めていきます(レビュー)。 食養に目覚めた多くの人が決まっ ...

 当記事では、マクロビオティックの大家である「久司道夫」氏の著書『久司道夫のマクロビオティック 入門編』のアマゾンのレビューにある「かたくりこ」様の感想をご紹介しながら「植物の生食」に関するお話を進めていきます(レビュー)。 食養に目覚めた多くの人が決まっ ...

 当記事では、マクロビオティックの大家である「久司道夫」氏の著書『久司道夫のマクロビオティック 入門編』のアマゾンのレビューにある「かたくりこ」様の感想をご紹介しながら「植物の生食」に関するお話を進めていきます(レビュー)。 食養に目覚めた多くの人が決まっ ...

 これは、「肺がんを自力で治す人体実験」ブログの管理人さんが、甲田光雄先生を師と仰がれている「森本芳生」先生より頂いたコメントを掲載してくださった記事です。 甲田光雄先生から直接学ばれた森本先生のお話を、ぜひご覧になられてみてください m(__)m この記事をご ...

 これは、「肺がんを自力で治す人体実験」ブログの管理人さんが、甲田光雄先生を師と仰がれている「森本芳生」先生より頂いたコメントを掲載してくださった記事です。 甲田光雄先生から直接学ばれた森本先生のお話を、ぜひご覧になられてみてください m(__)m この記事をご ...

 この記事は、次の記事から「少食」や「断食」に関する部分を「短鎖脂肪酸食」カテゴリ用に抜粋したものです。  ● 福田一典医師の『癌の中鎖脂肪ケトン食療法』論考(1)    【 癌細胞がブドウ糖に頼りきっているメカニズム:      癌医療界の演ずる “癌医療ビ ...

 腸内細菌の異常が病気を生み出す根源! 病気を未然に防ぐには水をよく飲むこと! (仮題) 【「西式健康法 掲示板」(甲田光雄先生のお弟子さん)より 】 腸内細菌が様々な体に良い影響を与える物質を作り出すことは、一つ一つ、少しずつですが解明されてきています。  ...

 腸内細菌の異常が病気を生み出す根源! 病気を未然に防ぐには水をよく飲むこと! (仮題) 【「西式健康法 掲示板」(甲田光雄先生のお弟子さん)より 】 腸内細菌が様々な体に良い影響を与える物質を作り出すことは、一つ一つ、少しずつですが解明されてきています。  ...

 我が家で愛用しています『発芽玄米器』をご紹介させて頂きました「真冬でも、たった一日で玄米が発芽する「家庭用発芽玄米器」~『発芽美人』について」の記事に、以下を追加しました ではここで、せっかくですから、甲田光雄先生と、甲田光雄先生の一番弟子である森美智 ...

 我が家で愛用しています『発芽玄米器』をご紹介させて頂きました「真冬でも、たった一日で玄米が発芽する「家庭用発芽玄米器」~『発芽美人』について」の記事に、以下を追加しました ではここで、せっかくですから、甲田光雄先生と、甲田光雄先生の一番弟子である森美智 ...

 この記事は、我が家がず~っと愛用して使っています『発芽玄米器』について、私の「食養観」に重ねて、私の「生菜食の想い出」を振り返りながらお話ししています。私が家庭で『発芽玄米』を作るのに愛用しています便利な『発芽玄米器』のご紹介と共に、私の個人的な食養話 ...

 ガンの食事療法 ~ 甲田療法とは ~ 【「癌の食事療法と、癌に効く食べ物」より 】● ガンの食事療法 ~甲田療法とは~ ゲルソン療法と並んで、日本でも有名なのが、甲田光雄先生(甲田医院院長)の「甲田療法」です。 もともと病弱で、胃腸炎や肝炎など、多くの病気 ...

 この「生菜食療法の実行によって、インターフェロンが増えて免疫力が高まる」という話は有名です。 この記事は、その話が簡潔によくまとめられています。 私は生菜食を始めて以降、風邪をまったく引かなくなりました。私の父母は私ほど生菜食はしていませんが、父母は生 ...

 マクロビオティックの欠点 【「goo ブログはじめました!」より 】 マクロビティックは玄米や豊富な野菜を調理した素晴らしい食事でありますが、唯一、欠点があります。 マクロビの実践者に、意外にガンの人が多いのかと不思議に思っていましたが、その原因が分かりまし ...

 この記事は、カテゴリの都合により「生玄米粉食【玄米を生で食せば、ブドウ糖の摂取にならず、短鎖脂肪酸をエネルギー源にできる!】」を再アップしたものです。「生玄米粉食の価値」を理解するのに役立ちます。 同じ玄米食であっても、玄米ご飯(玄米の火食)は「ブドウ ...

 この記事は、甲田光雄先生に質問形式でお話を伺っているもので、会話調なのでとにかく読みやすいです。 甲田光雄先生がどのようにして西式の『生食療法』を甲田療法の『生菜食療法』へと発展させていったのかがよく分かります。「生菜食」や「生玄米粉」についての解説も ...

 この記事は、甲田光雄先生のお弟子さんが「ミヤリサン、便秘、栄養を取りすぎる【便秘は宿便がある証拠:血液を綺麗にする基本は血液中の「富栄養化現象」をなくすこと:癌は栄養を取りすぎてしまうことが原因】」にてお話しされていた内容を基にしています。ぜひ、そちら ...

 みなさんは『余命1ヶ月の花嫁』を知っていますか? 以下の商品が今も平気で販売されていますように、 日本で有名になってしまった「末期癌女性の美しい人間ドラマ(ノンフィクション物語)」です。     これは、2007年にTBS系列報道番組『イブニング・ファ ...

 この『癌は先進国に現われた「現代病」である』シリーズは、「人類に癌が現われてきた時代背景」から癌というものを見つめることで、正しく癌を把握して頂こうと思って作成しました。過去記事を活用して「癌は先進国に現われた現代病である」という事実を分かりやすくお話 ...

 生菜食を簡単に説明します。 本当はもっと細かいのですが、一般の人には「野菜は生で食べる」で充分です。 生菜食では『根と葉、等量』と言います。 根とは「根菜類の野菜」、葉とは「葉菜類の野菜」です。 『根と葉、等量』とは、「根菜類の野菜」と「葉菜類の野菜」 ...

 この記事は「絶食療法の科学 Science of Fasting (フランス 2011年製作 日本語版の動画)【断食療法は、癌治療に大きく効果する】」の中の「ブドウ糖」に関する部分を中心に再編集したものです。カテゴリの都合により再アップします。 私は当ブログサイトで、癌治療 ...

 これは以前に作成しました「朝食を抜いたらこうなった(甲田光雄 医学博士)【ブドウ糖の摂取は病気を進行・亢進させる、少食による病気の改善、宿便の排泄後に病気が好転して行く、他・・・】」という記事ですが、カテゴリの都合で、もう一度アップします。 この記事で私が言 ...

 私は、西式健康法の創始者である西勝造先生の名著「原本 西式健康読本」の中の生菜食に関する部分を、次の記事でご紹介させて頂きました。  ●「火食の害」から見つめる、生食(生菜食)の意義と価値【西式健康読本:西勝造】  ● 西式健康法 - 生食療法(生菜食療法 ...

 これは、西式健康法創始者である西勝造先生の著書「原本 西式健康読本」の中の「生菜食」に関する内容です。「「火食の害」から見つめる、生食(生菜食)の意義と価値【西式健康読本:西勝造】」にて少しご紹介させて頂いたのですが、生菜食に関わる部分を追加してご紹介い ...

 『植物の生食』、これは私が食養学に出会ってから一番「価値」を見出した食養法(食事法)です。 「生食」と言うと何を連想しますか? 「食物を生のまま食べる」だと思いますが、まったくその通りです。 問題は、その「生で食べる食物」なのですが、生食をするときの食 ...

 この記事は、甲田光雄先生のお弟子さんが「Lさん」からの次のご質問にお答えしている内容です。【Lさんからのご質問】(参照)「すみません。玄米のこと、よく理解していませんでした。 玄米クリームとは、(玄米を)粉にしたものを煮るのでよいのでしょうか? 酵素につい ...

 この記事は、甲田光雄先生のお弟子さんが「Lさん」からの次のご質問にお答えしている内容です。【Lさんからのご質問】(参照)「すみません。玄米のこと、よく理解していませんでした。 玄米クリームとは、(玄米を)粉にしたものを煮るのでよいのでしょうか? 酵素につい ...

 この記事は、甲田光雄先生のお弟子さんが「Lさん」からの次のご質問にお答えしている内容です。【Lさんからのご質問】(参照)「すみません。玄米のこと、よく理解していませんでした。 玄米クリームとは、(玄米を)粉にしたものを煮るのでよいのでしょうか? 酵素につい ...

このページのトップヘ