癌と食養 ☆★☆ 自然療法による癌治療 ~ Cancer Therapies by Naturopathy

癌治療を三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけで行なっても、癌は絶対に治りません。しかも、抗がん剤・放射線を行なうと「癌が治らない体」になってしまいます。癌を正しく知り、食事療法・少食療法・断食療法という「食のコントロール」を基軸に置き、飲尿療法で自己免疫を改善・強化しながら、他にも実際に癌治療に有効している自然療法を複合的に併用して色々と組み合わせて行なうことで癌体質を改善し、癌を克服できる体に建て替え、建て直すことが癌治療を行なう上で最も重要であり、ここが最も大切な「癌の認識」です。癌体質こそが「癌の正体」であり、癌体質こそが「体内に癌を生み出している元」なのです。この癌体質を改善することこそ、癌治療の根本です。癌体質を改善する要素が一切無く、かえって癌体質を悪化させてしまう三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけの癌治療では、癌を治すことは絶対にできません。自然療法(食事療法・少食療法・断食療法・飲尿療法など)を実践することで地道に癌体質を改善しながら、癌に打ち勝つ「体づくり」を日々積み重ねて、癌を克服できる自分を実現していきましょう! 癌治療とは、毎日たんたんと自然療法を積み重ねていく「地道な作業」です。この「地道な作業」を大事に行なえばこそ、『癌体質の改善』とともに「癌を本当に克服する道筋」を歩むことができるのです。当ブログサイトを通して、癌患者のみなさんがその「道筋」を見出して頂けたなら幸いに思います。

タグ:火食

 活性酸素 【「脂質と血栓の医学」より 】● 6.食品加熱と活性酸素 食品(肉や魚)を高温で加熱調理するとタンパク質が熱変性を起こし、「ヘテロサイクリックアミン」が生成される。 「ヘテロサイクリックアミン」は生体内で N-水酸化体となり、エステル化されて遺伝 ...

 この記事は、「玄米菜食の火食(加熱調理)は、なぜ “癌の食事療法” として不向きなのか?」、また「玄米菜食の生食(「生玄米粉食」+「生菜食」を中心とした食事療法:短鎖脂肪酸食 )は、なぜ “癌の食事療法” として有益なのか?」に関する部分を、次の2つの記事か ...

 この記事は、夏井睦医師の著書「炭水化物が人類を滅ぼす - 糖質制限からみた生命の科学」の中の、不溶性食物繊維の『セルロース』と、その『セルロース』を分解してビタミン・短鎖脂肪酸・アミノ酸などの重要な栄養を産生する『セルロース分解菌』の関係が細かく解説され ...

 この記事は、夏井睦医師の著書「炭水化物が人類を滅ぼす - 糖質制限からみた生命の科学」の中の、不溶性食物繊維の『セルロース』と、その『セルロース』を分解してビタミン・短鎖脂肪酸・アミノ酸などの重要な栄養を産生する『セルロース分解菌』の関係が細かく解説され ...

 この記事は、夏井睦医師の著書「炭水化物が人類を滅ぼす - 糖質制限からみた生命の科学」の中の、不溶性食物繊維の『セルロース』と、その『セルロース』を分解してビタミン・短鎖脂肪酸・アミノ酸などの重要な栄養を産生する『セルロース分解菌』の関係が細かく解説され ...

 この記事は、「炭水化物が人類を滅ぼす-糖質制限からみた生命の科学 夏井睦医師」の中の『冷え症』に関する部分の抜粋です。 マクロビオティックが『生菜食(生野菜食)』を「体を冷やすからダメ!」と否定していたり、世間でも「冷え症は陽性食品で治す」というような ...

 この記事は、「炭水化物が人類を滅ぼす-糖質制限からみた生命の科学 夏井睦医師」記事の『腸内細菌による、宿主への栄養産生提供』に関する部分の抜粋です。長い記事なので、部分抜粋します。 このような『腸内細菌が栄養を産生して宿主(人間)に提供している』という ...

 西式とは 【「食べない生き方」より 】 西勝造先生は、日本で最初の地下鉄を設計した土木技師で、西式健康法の創始者です。 西式健康法は、薬や医者に頼らずに自然治癒力を高める事によって病気を治そうとするのが特徴で、戦前から戦後にかけて普及し、宮家をはじめ、政 ...

 甲田光雄先生は、このような言葉を残されています。  「癌は一筋縄ではいかない。玄米ご飯と菜食で癌を克服するのは無理で、生菜食と断食を組み合せるしかない。」 これは、『生菜食療法』と『断食療法』を駆使し、多くの難病・重病患者さんに向き合いながら、長年、難 ...

 生玄米の効果 【「肺がんを自力で治す人体実験」より 】 前回の記事で紹介させていただいたモリモト先生(森本芳生氏)のコメントの中で、断食療法・生菜食療法に命をかけておられた甲田先生(甲田光雄医学博士)が、  「癌は一筋縄ではいかない。玄米ご飯+菜食で克服 ...

このページのトップヘ