癌と食養 ☆★☆ 自然療法による癌治療 ~ Cancer Therapies by Naturopathy

癌治療を三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけで行なっても、癌は絶対に治りません。しかも、抗がん剤・放射線を行なうと「癌が治らない体」になってしまいます。癌を正しく知り、食事療法・少食療法・断食療法という「食のコントロール」を基軸に置き、飲尿療法で自己免疫を改善・強化しながら、他にも実際に癌治療に有効している自然療法を複合的に併用して色々と組み合わせて行なうことで癌体質を改善し、癌を克服できる体に建て替え、建て直すことが癌治療を行なう上で最も重要であり、ここが最も大切な「癌の認識」です。癌体質こそが「癌の正体」であり、癌体質こそが「体内に癌を生み出している元」なのです。この癌体質を改善することこそ、癌治療の根本です。癌体質を改善する要素が一切無く、かえって癌体質を悪化させてしまう三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけの癌治療では、癌を治すことは絶対にできません。自然療法(食事療法・少食療法・断食療法・飲尿療法など)を実践することで地道に癌体質を改善しながら、癌に打ち勝つ「体づくり」を日々積み重ねて、癌を克服できる自分を実現していきましょう! 癌治療とは、毎日たんたんと自然療法を積み重ねていく「地道な作業」です。この「地道な作業」を大事に行なえばこそ、『癌体質の改善』とともに「癌を本当に克服する道筋」を歩むことができるのです。当ブログサイトを通して、癌患者のみなさんがその「道筋」を見出して頂けたなら幸いに思います。

タグ:枇杷療法

 この数日間かけて、次の記事を、もう一度、全体的に見直し、大幅に校正して再アップしました。   ● 癌を叩いて追い詰めると同時に、癌免疫を改善・強化して再建する『自宅でIPT療法』     《 飲尿療法+IPT療法 》【 飲尿療法の意義と注意点:自宅で アミグ ...

 当記事は、次の記事の「最初の黄囲み部分」を大幅に加筆・訂正し、再編集したものです。   ● 癌を叩いて追い詰め、それと同時に、癌免疫を改善して強化する『自宅でIPT療法』     (冒頭の黄囲み部分)【癌治療は、複数の自然療法を「複合的に併用して」行うこ ...

 当記事は、次の記事の「最初の黄囲み部分」を大幅に加筆・訂正し、再編集したものです。   ● 癌を叩いて追い詰め、それと同時に、癌免疫を改善して強化する『自宅でIPT療法』     (冒頭の黄囲み部分)【癌治療は、複数の自然療法を「複合的に併用して」行うこ ...

 この記事は、「癌は『慢性代謝病』が原因ゆえ、腫瘍を取り除いても、癌を除去したことにはならない」記事の中の『アミグダリン(ビタミンB17)が「癌細胞だけを破壊する」仕組み』についての部分を抜粋したものです。 私がこの部分を書かせて頂いた理由は、  ● なぜ ...

 この記事は、「枇杷葉温圧健康会」様からのご紹介です。記事のご紹介のあとに、私の【感想】が続きます。 【感想】では、この記事の内容に重なる、私の『癌体質』の考え方をお話しさせて頂いています。 当記事のタイトルにもありますけれど、この記事の中で出てくる『慢 ...

 「ビワの種」~ ビワの種は残さず食べる 【「イオン研究室へようこそ!」より 】癌なき世界 ~ ビタミンB17物語G.E.グリフィン(著)・ 河内省一(訳) ノーベル書房  1979年刊● アミグダリンの豊富な『ビワの種』 アメリカのクレブス博士は、この『ビワの種 ...

 この記事は、「馬油と梅雲丹の研究」様からのご紹介です。このサイトを作成された方は、長年、馬油と梅雲丹を研究されてきた「直江昶」さんです。なかなか、頑固そうなお爺ちゃまですね! 深い年輪を感じます m(__)m 記事のご紹介のあとに私の【感想】が続きますが、この ...

 この記事は「Apocalypse Now」ブログ様の、「アミグダリン」に関する内容が凝縮されている、大変素晴らしい記事です。「アミグダリン」のことを知りたいと思われている方には、とてもためになると思います。 ぜひ「アミグダリン」の価値を知るための一環としてご覧になっ ...

 この記事は、「医療法人 再生未来クリニック」での「アミグダリン」の効用を活かした「IPT療法」を紹介している記事です。「アミグダリン」の価値を知るための一環としてご覧になってみてください。 また、この記事の最後に【私の意見】をお話ししていますので、ぜひご ...

 この記事は、「アメリカのサプリメント情報」様の「アミグダリン」をご紹介されているものです。 「アミグダリン」の価値を知るための一環として、ご覧になってみてください m(__)m 殺虫剤を散布されたハエのように、癌細胞が100%死滅! 【「アメリカのサプリメント ...

 この記事は、「ガンに対する、もう一つの考え方」サイト様からのご紹介です。 「ガンに対する、もう一つの考え方」サイト様にも「アミグダリン」に関する内容がありますので、ここでご紹介させて頂きます。短い記事ですが、ご覧になってみてください m(__)m 7.レートリ ...

 この記事は、『枇杷の種』に多く含まれている「アミグダリン(ビタミンB17)」の制癌作用を活かす自然療法をされている癌患者さんや、これから活かそうとされている癌患者さんに参考にして頂くために作成しました。 「世の中おかしい・・・」ブログの管理人さんが、「枇杷 ...

 アミダグリンの危険性、正しい使用法、究極の入浴法公開! 【「特定疾患膠原病患者を辞めました。膠原病は治る病気です! 膠原病13年」(甲田光雄先生のお弟子さん)より 】 『枇杷』や梅などの “種子” に含まれる「青酸配糖体」と呼ばれるのは「アミグダリン」であ ...

 枇杷の種の危険性 【「特定疾患膠原病患者を辞めました。膠原病は治る病気です! 膠原病13年」(甲田光雄先生のお弟子さん)より 】 果実が成熟すると(果実中の)「アミグダリン」は酵素の “エムルシン” により分解されて糖に変わるため、 果肉中の「青酸配糖体」 ...

 ベンズアルデヒド、アミダグリン 【「特定疾患膠原病患者を辞めました。膠原病は治る病気です! 膠原病13年」(甲田光雄先生のお弟子さん)より 】 岡崎医師(岡崎公彦医師)の開発した水薬(パラヒドロキシベンズアルデヒド)は、 水溶性にすると不安定になる構造を ...

 甲田光雄先生のお弟子さんが、癌細胞における「重水素」の見解について説明してくださっています。 癌細胞が増殖する時に、この「重水素」が大きな役割を担っているようです。 癌を改善させるためには、体内の「重水素」を減少させることが要と言えます。 体内の「重水 ...

 昨日にアップしました記事の一つである「ペットの末期癌が治った!? ビワの種を末期癌のペットに飲ませる ⇒ 癌が治る! 「ビワ」に強い抗癌作用か?」ですが、どうしても気になったことがありましたので、最初の部分(黄囲み枠)の最後に以下の内容を【追記】しました。 ...

 「化学汚染の激しい現代の癌は、昔の癌とはまったくの別物に進化しており、食事療法だけでは治らなくなっている」記事にて、甲田光雄先生のお弟子さんは『癌を改善するための五大法則』の一つである『食事療法』の項目に『枇杷の種酒』を入れております。 私も以前から『 ...

 この記事は、甲田光雄先生のお弟子さんが質問者のM様にお答えされている内容です。 この「癌の見解」は非常に重要な内容です。癌患者さんは必ずご覧になられてください m(__)m そのあとに『筋力を付けることの大切さ』『食事療法で腸内環境を正すことの大切さ』の話が続 ...

 癌から生還する一つの提案 【「膠原病、アトピー、アレルギー完治させます!」(甲田光雄先生のお弟子さん)より 】 ベンズアルデヒド & アミダグリン(枇杷)& 腸内細菌改善 & 小食 & 温熱療法 どうやら、このキーワードが、長年見てきた中で一番効果があるという ...

 癌になる一つの原因を見極めよう! がん患者さんの相談が多いので  【「膠原病、アトピー、アレルギー完治させます!」(甲田光雄先生のお弟子さん)より 】 癌になる原因、根本は、(自己免疫が)癌細胞を癌だと認識できず、(癌細胞が)増殖をしても攻撃しないから、 ...

このページのトップヘ