癌と食養 ☆★☆ 自然療法による癌治療 ~ Cancer Therapies by Naturopathy

癌治療を三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけで行なっても、癌は絶対に治りません。しかも、抗がん剤・放射線を行なうと「癌が治らない体」になってしまいます。癌を正しく知り、食事療法・少食療法・断食療法という「食のコントロール」を基軸に置き、飲尿療法で自己免疫を改善・強化しながら、他にも実際に癌治療に有効している自然療法を複合的に併用して色々と組み合わせて行なうことで癌体質を改善し、癌を克服できる体に建て替え、建て直すことが癌治療を行なう上で最も重要であり、ここが最も大切な「癌の認識」です。癌体質こそが「癌の正体」であり、癌体質こそが「体内に癌を生み出している元」なのです。この癌体質を改善することこそ、癌治療の根本です。癌体質を改善する要素が一切無く、かえって癌体質を悪化させてしまう三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけの癌治療では、癌を治すことは絶対にできません。自然療法(食事療法・少食療法・断食療法・飲尿療法など)を実践することで地道に癌体質を改善しながら、癌に打ち勝つ「体づくり」を日々積み重ねて、癌を克服できる自分を実現していきましょう! 癌治療とは、毎日たんたんと自然療法を積み重ねていく「地道な作業」です。この「地道な作業」を大事に行なえばこそ、『癌体質の改善』とともに「癌を本当に克服する道筋」を歩むことができるのです。当ブログサイトを通して、癌患者のみなさんがその「道筋」を見出して頂けたなら幸いに思います。

タグ:崎谷博征

 ※ 当記事は「シリーズ記事」になります。   ● ピンクリボン運動(乳癌検診の啓発運動)の 真実!(本記事)   ● 乳癌検診(マンモグラフィー検診)の真実!     【 マンモグラフィー検診で発見される乳癌の4分の1は 過剰診断:       乳癌検診で多く ...

 「抗がん剤の発癌性」についての参考資料として「日本がん看護学会」「日本臨床腫瘍学会」「日本臨床腫瘍薬学会」が編集に携わった次のものがあります。   ● がん薬物療法における曝露対策合同ガイドライン 2015年版     〈 日本がん看護学会/日本臨床腫瘍学 ...

 先日「ガンの特効薬はミトコンドリア賦活剤」ブログの「鈴森さん」が、次の記事で「現役の看護師さん」による「抗がん剤の中身を暴露した」貴重な発言を発信されていました。   ◆ 抗癌剤治療患者の96%はマスタードガスで殺される  当記事では、その元記事である「 ...

 「崎谷博征」医学博士の力作である名著『医療ビジネスの闇 ― “病気産生” による経済支配の実態』から「癌医療ビジネスの闇の実態」について詳説されている「第6章 産業がガンをつくる」をご紹介させて頂きます。崎谷博征 医学博士 この内容は、癌患者が必ず知るべき ...

 食べ物を食べると、代謝の過程で「毒素」が発生します。これは、どのような食品でも同じです。 穀物であれ、豆類であれ、野菜であれ、肉類であれ、牛乳・乳製品であれ、食べ物を食べれば、その食べ物を代謝する過程で「毒素」が発生するのです。そして、身体はその「毒素 ...

 この記事は「organaturic」様からのご紹介です。 WHO(世界保健機関)が「癌の原因」となる『116種類の要因』を公式発表したが、この中には『加工肉』がはっきりと明記されており、この発表の前に、WHO(世界保健機関)の専門組織である IARC(国際がん研究機関)が『 ...

 この記事は「organaturic」様からのご紹介です。 WHO(世界保健機関)が「癌の原因」となる『116種類の要因』を公式発表したが、この中には『加工肉』がはっきりと明記されており、この発表の前に、WHO(世界保健機関)の専門組織である IARC(国際がん研究機関)が『 ...

 この記事は「organaturic」様からのご紹介です。 WHO(世界保健機関)が「癌の原因」となる『116種類の要因』を公式発表したが、この中には『加工肉』がはっきりと明記されており、この発表の前に、WHO(世界保健機関)の専門組織である IARC(国際がん研究機関)が『 ...

 ※『回転式本部』は、2015年10月に『治療庵 楽道』と名称を変更しています。   当記事は2015年10月以前に作成しましたので、『治療庵 楽道』を『回転式本部』と記しています。◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ ...

 ※『回転式本部』は、2015年10月に『治療庵 楽道』と名称を変更しています。   当記事は2015年10月以前に作成しましたので、『治療庵 楽道』を『回転式本部』と記しています。◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ ...

このページのトップヘ