癌と食養 ☆★☆ 自然療法による癌治療 ~ Cancer Therapies by Naturopathy

癌治療を三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけで行なっても、癌は絶対に治りません。しかも、抗がん剤・放射線を行なうと「癌が治らない体」になってしまいます。癌を正しく知り、食事療法・少食療法・断食療法という「食のコントロール」を基軸に置き、飲尿療法で自己免疫を改善・強化しながら、他にも実際に癌治療に有効している自然療法を複合的に併用して色々と組み合わせて行なうことで癌体質を改善し、癌を克服できる体に建て替え、建て直すことが癌治療を行なう上で最も重要であり、ここが最も大切な「癌の認識」です。癌体質こそが「癌の正体」であり、癌体質こそが「体内に癌を生み出している元」なのです。この癌体質を改善することこそ、癌治療の根本です。癌体質を改善する要素が一切無く、かえって癌体質を悪化させてしまう三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけの癌治療では、癌を治すことは絶対にできません。自然療法(食事療法・少食療法・断食療法・飲尿療法など)を実践することで地道に癌体質を改善しながら、癌に打ち勝つ「体づくり」を日々積み重ねて、癌を克服できる自分を実現していきましょう! 癌治療とは、毎日たんたんと自然療法を積み重ねていく「地道な作業」です。この「地道な作業」を大事に行なえばこそ、『癌体質の改善』とともに「癌を本当に克服する道筋」を歩むことができるのです。当ブログサイトを通して、癌患者のみなさんがその「道筋」を見出して頂けたなら幸いに思います。

タグ:医療ビジネス

 当記事は「In Deep」ブログからのご紹介です。 当記事で「In Deep」さんは、アメリカの「ロバート・メンデルソン」医師の名著『こうして医者は嘘をつく』をご紹介され、“現代医学は「オカルト」に陥っている‥” と言われています。 そして、その「オカルト」に陥ってい ...

 当記事は、鈴森さんの「ガンの特効薬はミトコンドリア賦活剤」ブログサイトからのご紹介です。 鈴森さんが当記事でご紹介されている記事は、実際に「癌患者の入院設備がある200床の病院(通常療法の一般的な病院)」に勤めていた元『病院職員』の方が “本音” を伝え ...

 「ガンの特効薬はミトコンドリア賦活剤」ブログサイトの鈴森さんが「製薬会社は人殺し! トランプ大統領が真実を語る!」という記事をアップしてくれました。鈴森さん、いつも、ありがとうございます m(__)m アメリカの「トランプ」大統領は、勇敢にも、   製薬会社は ...

 甲田光雄先生のお弟子さんの記事をご紹介させて頂きます。 記事のご紹介のあとに、私の【感想】が続きます。 この中から、私たちが抱えている「現代医療に関する問題点」を真摯に感じ取って頂けたらと思います。 よろしくお願いします m(__)m. 「医者でも無いのに…」 ...

 「崎谷博征」医学博士の力作である名著『医療ビジネスの闇 ― “病気産生” による経済支配の実態』から「癌医療ビジネスの闇の実態」について詳説されている「第6章 産業がガンをつくる」をご紹介させて頂きます。崎谷博征 医学博士 この内容は、癌患者が必ず知るべき ...

 日野原重明氏、肝いりのホスピス、休止へ 定額制で経営難 (2015年3月4日) 【「朝日新聞デジタル」より 】 「聖路加国際病院」名誉院長の「日野原重明」氏の肝いりでできた日本初の完全独立型ホスピス「ピースハウス病院」(神奈川県中井町・21床)が、今月31日で ...

 「超不都合な科学的真実 - もうからない重要な発見はすべて潰される!」という図書の第一章『ガン、エイズを治癒させる究極のワクチンが握りつぶされた!? 治癒率99%の治療法が医薬品業界に与えた衝撃』をご紹介させて頂きます。この図書の内容は、書名の「超不都合な ...

 がん専門医の80%は「自分ががんになっても、抗がん剤は使わない」。 医療タブー! なぜ “寿命を縮める” 抗がん剤は使われるのか? 【「Business Journal」より 】 日本人の死因の3割を占めるといわれる「がん」。がんの三大治療は、「手術」「化学療法(抗がん剤 ...

 死のビジネス 【「猫コラム」より 】 昔の人は、死をそれほど忌避しなかった。 戦争で負ければ、俘虜の辱めを受けるより死を選ぶ高貴な精神を持ったサムライもたくさんいた。 寿命が尽きれば、誰もが死をごく自然なものとして受け入れた。 生まれるものがあれば、死ぬ ...

このページのトップヘ