癌と食養 ☆★☆ 自然療法による癌治療 ~ Cancer Therapies by Naturopathy

癌治療を三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけで行なっても、癌は絶対に治りません。しかも、抗がん剤・放射線を行なうと「癌が治らない体」になってしまいます。癌を正しく知り、食事療法・少食療法・断食療法という「食のコントロール」を基軸に置き、飲尿療法で自己免疫を改善・強化しながら、他にも実際に癌治療に有効している自然療法を複合的に併用して色々と組み合わせて行なうことで癌体質を改善し、癌を克服できる体に建て替え、建て直すことが癌治療を行なう上で最も重要であり、ここが最も大切な「癌の認識」です。癌体質こそが「癌の正体」であり、癌体質こそが「体内に癌を生み出している元」なのです。この癌体質を改善することこそ、癌治療の根本です。癌体質を改善する要素が一切無く、かえって癌体質を悪化させてしまう三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけの癌治療では、癌を治すことは絶対にできません。自然療法(食事療法・少食療法・断食療法・飲尿療法など)を実践することで地道に癌体質を改善しながら、癌に打ち勝つ「体づくり」を日々積み重ねて、癌を克服できる自分を実現していきましょう! 癌治療とは、毎日たんたんと自然療法を積み重ねていく「地道な作業」です。この「地道な作業」を大事に行なえばこそ、『癌体質の改善』とともに「癌を本当に克服する道筋」を歩むことができるのです。当ブログサイトを通して、癌患者のみなさんがその「道筋」を見出して頂けたなら幸いに思います。

タグ:二木謙三

 私の好きな言葉です。 この言葉の中から、みなさんも何か感じてみてください m(__)m ★ 二木謙三 医学博士(元東京大学名誉教授:文化勲章受章:参照1・参照2)    道 近きにあり、人 これを遠きに求む、    事 やすきにあり、人 これを難きに求むる。二木謙三 ...

 当記事では、マクロビオティックの大家である「久司道夫」氏の著書『久司道夫のマクロビオティック 入門編』のアマゾンのレビューにある「かたくりこ」様の感想をご紹介しながら「植物の生食」に関するお話を進めていきます(レビュー)。 食養に目覚めた多くの人が決まっ ...

 当記事では、マクロビオティックの大家である「久司道夫」氏の著書『久司道夫のマクロビオティック 入門編』のアマゾンのレビューにある「かたくりこ」様の感想をご紹介しながら「植物の生食」に関するお話を進めていきます(レビュー)。 食養に目覚めた多くの人が決まっ ...

 当記事では、マクロビオティックの大家である「久司道夫」氏の著書『久司道夫のマクロビオティック 入門編』のアマゾンのレビューにある「かたくりこ」様の感想をご紹介しながら「植物の生食」に関するお話を進めていきます(レビュー)。 食養に目覚めた多くの人が決まっ ...

 この記事は、甲田光雄先生のお弟子さんが「ミヤリサン、便秘、栄養を取りすぎる【便秘は宿便がある証拠:血液を綺麗にする基本は血液中の「富栄養化現象」をなくすこと:癌は栄養を取りすぎてしまうことが原因】」にてお話しされていた内容を基にしています。ぜひ、そちら ...

 生菜食を簡単に説明します。 本当はもっと細かいのですが、一般の人には「野菜は生で食べる」で充分です。 生菜食では『根と葉、等量』と言います。 根とは「根菜類の野菜」、葉とは「葉菜類の野菜」です。 『根と葉、等量』とは、「根菜類の野菜」と「葉菜類の野菜」 ...

 私は、西式健康法の創始者である西勝造先生の名著「原本 西式健康読本」の中の生菜食に関する部分を、次の記事でご紹介させて頂きました。  ●「火食の害」から見つめる、生食(生菜食)の意義と価値【西式健康読本:西勝造】  ● 西式健康法 - 生食療法(生菜食療法 ...

 私は当ブログサイトで「生菜食の価値」を何度となくお話ししてきました。 でも、生野菜食がどうしても苦手な人も多いでしょうから、そこで、ご紹介したい「調理法」があります。 二木謙三博士の「野菜の二分間煮」と、肥田春充博士の「野菜の生煮え」です。 まずは、食 ...

● 桜沢如一 (マクロビオティック創始者) 「人間とは本来、いきいきと輝く存在であって、たまたまそうでないのは、  誤った食によって本能が曇っているだけなんだ。」● 石塚左玄 (食養学の父:明治時代の軍医) 食本主義・食物至上論 「食は本なり、体は末なり、心は ...

【※ この記事は、こちらの記事の「少食」部分の抜粋です 】 それでは、岡本さんがくださったコメントの内容に入ります。「私も、今まで頭になかった食べる量を意識して、腹5分を目安にすることにしました。 毎日おなか空きっぱなしです。さすがに断食は無理のようです。 ...

 「食物と健康と霊性 ~ 人は誤った食事で苦しんでいる」という図書の中に、咀嚼に関する面白い内容があります。 この著書は「小窪正樹」医学博士の著された「インド食養学」に関する内容です。                           インド食養学では「 ...

 「咀嚼」について見つめていくときに、まず真っ先にクローズアップされる文献は「フレッチャーの咀嚼主義」です。 これは、一般に「フレッチャーイズム」として知られています。 「フレッチャーイズム」とは、アメリカの実業家だった「ホーレス・フレッチャー(Horace Fl ...

 「日月神示から見つめる食養」では、日月神示の《食の啓示》の部分を集めたものをご紹介しましたが、食養学を見つめてきた私にとっては大変優れた「食の指導」が目白押しで、素晴らしい食示がたくさん見受けられます。 本当は日月神示の内容を個人が解説するのは避けたほ ...

このページのトップヘ