癌と食養 ☆★☆ 自然療法による癌治療 ~ Cancer Therapies by Naturopathy

癌治療を三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけで行なっても、癌は絶対に治りません。しかも、抗がん剤・放射線を行なうと「癌が治らない体」になってしまいます。癌を正しく知り、食事療法・少食療法・断食療法という「食のコントロール」を基軸に置き、飲尿療法で自己免疫を改善・強化しながら、他にも実際に癌治療に有効している自然療法を複合的に併用して色々と組み合わせて行なうことで癌体質を改善し、癌を克服できる体に建て替え、建て直すことが癌治療を行なう上で最も重要であり、ここが最も大切な「癌の認識」です。癌体質こそが「癌の正体」であり、癌体質こそが「体内に癌を生み出している元」なのです。この癌体質を改善することこそ、癌治療の根本です。癌体質を改善する要素が一切無く、かえって癌体質を悪化させてしまう三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけの癌治療では、癌を治すことは絶対にできません。自然療法(食事療法・少食療法・断食療法・飲尿療法など)を実践することで地道に癌体質を改善しながら、癌に打ち勝つ「体づくり」を日々積み重ねて、癌を克服できる自分を実現していきましょう! 癌治療とは、毎日たんたんと自然療法を積み重ねていく「地道な作業」です。この「地道な作業」を大事に行なえばこそ、『癌体質の改善』とともに「癌を本当に克服する道筋」を歩むことができるのです。当ブログサイトを通して、癌患者のみなさんがその「道筋」を見出して頂けたなら幸いに思います。

タグ:ラマナ・マハルシ

 当記事は「In Deep」ブログからのご紹介です。 当記事で「In Deep」さんは、アメリカの「ロバート・メンデルソン」医師の名著『こうして医者は嘘をつく』をご紹介され、“現代医学は「オカルト」に陥っている‥” と言われています。 そして、その「オカルト」に陥ってい ...

 今、改めて、霊学の基本である『カルマ(因果律)』について振り返っています。 そこで、当記事でご紹介させて頂く記事・内容を思い出しましたので、記事作成してみました。 人間が平然と「過ちを犯す」というのは、この『カルマ(因果律)』という「単純にして基本的な ...

 前回、次の記事で、アメリカで起こった事件の記事をご紹介させて頂きました。 ビタミンDの生成を阻害して「ビタミンD欠乏」を引き起させて、癌・自閉症・2型糖尿病を誘発させる「酵素タンパク質(NAGALASE)」を、大手製薬会社が意図的にワクチンに混入していた事実を ...

 近代における最大の覚者と言われている「ラマナ・マハルシ」が薦めていた『食の在り方』についてのご紹介です。 ラマナ・マハルシ ラマナ・マハルシは「物理的環境」よりも「精神的態度」のほうが霊的な進歩にとってより大きな関わりを持っていると確信していました。そし ...

 近代における最大の覚者と言われている「ラマナ・マハルシ」が薦めていた『食の在り方』についてのご紹介です。 ラマナ・マハルシ ラマナ・マハルシは「物理的環境」よりも「精神的態度」のほうが霊的な進歩にとってより大きな関わりを持っていると確信していました。そし ...

 これは、「ラマナ・マハルシ」が質疑応答の形式で語られている著名な『TALK』の中の、食べ物に関する内容の記事のご紹介です。 ラマナ・マハルシは、食事関して「適度な量の清らかな(サートヴィック)な食事を摂るという方法が最上のものである」と言っており、清らかな ...

 この資料は、近代において最大の覚者と言われている「ラマナ・マハルシ」の言葉です。 著名な「あるがままに ~ ラマナ・マハルシの教え」という図書の巻末に収録されている対話集「私は誰か?」をご紹介しています。 あるがままに ~ ラマナ・マハルシの教え ラマナ・ ...

 これは「ラマナ・マハルシの教えの精髄が説かれている対話集「私は誰か?」」記事の【大文字版】です。 著名な「あるがままに ~ ラマナ・マハルシの教え」という図書の巻末に収録されている対話集「私は誰か?」をご紹介しています。 あるがままに ~ ラマナ・マハルシ ...

 この資料は、近代において最大の覚者と言われている「ラマナ・マハルシ」の言葉です。 著名な「あるがままに ~ ラマナ・マハルシの教え」という図書の巻末に収録されている対話集「私は誰か?」をご紹介しています。 あるがままに ~ ラマナ・マハルシの教え ラマナ・ ...

このページのトップヘ