癌と食養 ☆★☆ 自然療法による癌治療 ~ Cancer Therapies by Naturopathy

癌治療を三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけで行なっても、癌は絶対に治りません。しかも、抗がん剤・放射線を行なうと「癌が治らない体」になってしまいます。癌を正しく知り、食事療法・少食療法・断食療法という「食のコントロール」を基軸に置き、飲尿療法で自己免疫を改善・強化しながら、他にも実際に癌治療に有効している自然療法を複合的に併用して色々と組み合わせて行なうことで癌体質を改善し、癌を克服できる体に建て替え、建て直すことが癌治療を行なう上で最も重要であり、ここが最も大切な「癌の認識」です。癌体質こそが「癌の正体」であり、癌体質こそが「体内に癌を生み出している元」なのです。この癌体質を改善することこそ、癌治療の根本です。癌体質を改善する要素が一切無く、かえって癌体質を悪化させてしまう三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけの癌治療では、癌を治すことは絶対にできません。自然療法(食事療法・少食療法・断食療法・飲尿療法など)を実践することで地道に癌体質を改善しながら、癌に打ち勝つ「体づくり」を日々積み重ねて、癌を克服できる自分を実現していきましょう! 癌治療とは、毎日たんたんと自然療法を積み重ねていく「地道な作業」です。この「地道な作業」を大事に行なえばこそ、『癌体質の改善』とともに「癌を本当に克服する道筋」を歩むことができるのです。当ブログサイトを通して、癌患者のみなさんがその「道筋」を見出して頂けたなら幸いに思います。

タグ:ミトコンドリア

 甲田光雄先生のお弟子さんの「抗がん剤」に関する4つの記事をご紹介させて頂きます。 医師に「自分自身や家族が癌になった場合、抗がん剤を使用するか?」と質問したアンケートがあり、この質問に対して、9割の医師が「抗がん剤を使用しない」もしくは「抗がん剤は使用 ...

 甲田光雄先生のお弟子さんの「抗がん剤」に関する4つの記事をご紹介させて頂きます。 医師に「自分自身や家族が癌になった場合、抗がん剤を使用するか?」と質問したアンケートがあり、この質問に対して、9割の医師が「抗がん剤を使用しない」もしくは「抗がん剤は使用 ...

 甲田光雄先生のお弟子さんの「抗がん剤」に関する4つの記事をご紹介させて頂きます。 医師に「自分自身や家族が癌になった場合、抗がん剤を使用するか?」と質問したアンケートがあり、この質問に対して、9割の医師が「抗がん剤を使用しない」もしくは「抗がん剤は使用 ...

 ※ この記事は「シリーズ記事」になります。   ● ブドウ糖を絶てば、がん細胞は死滅する! 福田一典(著)①     【 癌細胞の代謝の特徴:癌とブドウ糖の関係:       ブドウ糖は、癌の発生・増殖・悪性化・転移・進行を促進する!】(本記事)   ● ブ ...

 この記事は「ガンを治す驚異の療法」サイト様からのご紹介です。 私の【補足説明】が少し多くなってしまいましたが、当記事をお読み頂ければ、癌治療における『クエン酸療法』の役割・有効性とその価値が、癌の特徴である「ワールブルク効果」によって起こる『乳酸(乳酸 ...

 この記事は「食べない生き方」様からのご紹介です。ミトコンドリアの要点を簡潔にまとめてくださっています。 ミトコンドリアは「少食」や「断食」という「空腹」の時間に最も増えます。 ミトコンドリアを蘇生させるには、『栄養療法(食事療法・食事改善)』に加えて、 ...

 この記事は「食べない生き方」様からのご紹介です。ミトコンドリアの要点を簡潔にまとめてくださっています。 ミトコンドリアは「少食」や「断食」という「空腹」の時間に最も増えます。 ミトコンドリアを蘇生させるには、『栄養療法(食事療法・食事改善)』に加えて、 ...

 この記事は「食べない生き方」様からのご紹介です。ミトコンドリアの要点を簡潔にまとめてくださっています。 ミトコンドリアは「少食」や「断食」という「空腹」の時間に最も増えます。 ミトコンドリアを蘇生させるには、『栄養療法(食事療法・食事改善)』に加えて、 ...

 ミトコンドリア系とビタミン  【「湯島清水坂クリニック」より 】● 生活習慣病とは、慢性的な『乳酸アシドーシス』 「生活習慣病」とは、ミトコンドリアの機能低下と考えてよいと思います。 したがって、「生活習慣病」は、ミトコンドリアの機能を「本来の姿」に戻せば ...

 ミトコンドリア系とビタミン  【「湯島清水坂クリニック」より 】● 生活習慣病とは、慢性的な『乳酸アシドーシス』 「生活習慣病」とは、ミトコンドリアの機能低下と考えてよいと思います。 したがって、「生活習慣病」は、ミトコンドリアの機能を「本来の姿」に戻せば ...

 ミトコンドリア系とビタミン  【「湯島清水坂クリニック」より 】● 生活習慣病とは、慢性的な『乳酸アシドーシス』 「生活習慣病」とは、ミトコンドリアの機能低下と考えてよいと思います。 したがって、「生活習慣病」は、ミトコンドリアの機能を「本来の姿」に戻せば ...

 この記事は、徳島大学大学院 臨床栄養学 教授「武田英二」医学博士が質問形式でお答えされているものです。 「ビタミンB1」の欠乏によって、様々な症状が起こることをお話しされています。武田英二 医学博士 武田英二博士は「ビタミンB1が欠乏すると『乳酸アシドーシ ...

 この記事は、徳島大学大学院 臨床栄養学 教授「武田英二」医学博士が質問形式でお答えされているものです。 「ビタミンB1」の欠乏によって、様々な症状が起こることをお話しされています。武田英二 医学博士 武田英二博士は「ビタミンB1が欠乏すると『乳酸アシドーシ ...

 この記事は、「おかもと接骨院」様からのご紹介です。 細胞の「解糖系」と「ミトコンドリア」におけるエネルギー(ATP:アデノシン三リン酸)産生の違いについて、非常に分かりやすく説明されている内容です。 「解糖系」と「ミトコンドリア」はどのようにしてエネルギー ...

 この記事は「ビタミンB1の欠乏は『乳酸アシドーシス』を生じる原因となる ~ 武田英二 医学博士【メープル重曹療法:重曹水の「炭酸水素イオン」が『乳酸アシドーシス』を改善する】」記事の【補足】の抜粋です。● カナダの『メープル重曹療法』について カナダの自然 ...

 白米・砂糖が癌細胞を成長させる  【「ガンの特効薬はミトコンドリア賦活剤」より 】◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ ...

 白米・砂糖が癌細胞を成長させる  【「ガンの特効薬はミトコンドリア賦活剤」より 】◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ ...

 「ガンの特効薬はミトコンドリア賦活剤」のブログ管理人さんである「鈴森さん」が、ブログにて早速お気持ちをくださいました。10日前に血迷って当ブログサイトを閉鎖してしまった私に、このようなご丁寧なお気持ちを頂きましたことを、本当に深く感謝しています m(__)m  ...

 この記事は、『癌細胞とブドウ糖の関係』と、『癌細胞とミトコンドリアの関係』についての内容になります。 癌細胞とは “如何なる存在か” がよくお分かり頂けると思います。 癌細胞とは「ミトコンドリアの機能が低下して衰退し、ミトコンドリアで ATP(生体エネルギー ...

 この記事は、『癌細胞とブドウ糖の関係』と、『癌細胞とミトコンドリアの関係』についての内容になります。 癌細胞とは “如何なる存在か” がよくお分かり頂けると思います。 癌細胞とは「ミトコンドリアの機能が低下して衰退し、ミトコンドリアで ATP(生体エネルギー ...

 甲田光雄先生のお弟子さんの記事から「飲尿療法に関する部分」をまとめました。 癌治療においては、飲尿療法は標準的な癌医療では決して得られない大きな効果が得られます。ですから、癌患者さんは飲尿療法をバカにせず、どうか、この「飲尿療法の価値」をご理解されて、 ...

 甲田光雄先生のお弟子さんの記事から「飲尿療法に関する部分」をまとめました。 癌治療においては、飲尿療法は標準的な癌医療では決して得られない大きな効果が得られます。ですから、癌患者さんは飲尿療法をバカにせず、どうか、この「飲尿療法の価値」をご理解されて、 ...

 「癌の仕組み」と「飲尿療法」(仮題)  【「西式健康法 掲示板 」(甲田光雄先生のお弟子さん)より 】 癌ができる作用は、化学化合物、薬(化学医薬)、添加物(食品への化学添加物)や、環境に関係する化学物質です。 細胞に生息しているミトコンドリア > 脂肪や上 ...

 癌を治すには、癌になる理由を知るべきです 【「膠原病、アトピー、アレルギー完治させます!」(甲田光雄先生のお弟子さん)より 】 私自身、西式という癌や難病を二十数万人規模で、日本で1番臨床経験が多い食事療法の研究をしてきた甲田光雄医師の実家に泊まり、長い ...

■■ 癌に関する内容  (「西式健康法 掲示板」甲田光雄先生のお弟子さんより )● 人間の生理現象は、体外から侵入したタンパク質全般にアレルゲン反応を大なり小なり示します。 タンパク質でも、通常の常識であれば自己体内で生産したタンパク質にはアレルゲン反応は起 ...

■■ 癌に関する内容  (「西式健康法 掲示板」甲田光雄先生のお弟子さんより )● 人間の生理現象は、体外から侵入したタンパク質全般にアレルゲン反応を大なり小なり示します。 タンパク質でも、通常の常識であれば自己体内で生産したタンパク質にはアレルゲン反応は起 ...

このページのトップヘ