癌と食養 ☆★☆ 自然療法による癌治療 ~ Cancer Therapies by Naturopathy

癌治療を三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけで行なっても、癌は絶対に治りません。しかも、抗がん剤・放射線を行なうと「癌が治らない体」になってしまいます。癌を正しく知り、食事療法・少食療法・断食療法という「食のコントロール」を基軸に置き、飲尿療法で自己免疫を改善・強化しながら、他にも実際に癌治療に有効している自然療法を複合的に併用して色々と組み合わせて行なうことで癌体質を改善し、癌を克服できる体に建て替え、建て直すことが癌治療を行なう上で最も重要であり、ここが最も大切な「癌の認識」です。癌体質こそが「癌の正体」であり、癌体質こそが「体内に癌を生み出している元」なのです。この癌体質を改善することこそ、癌治療の根本です。癌体質を改善する要素が一切無く、かえって癌体質を悪化させてしまう三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけの癌治療では、癌を治すことは絶対にできません。自然療法(食事療法・少食療法・断食療法・飲尿療法など)を実践することで地道に癌体質を改善しながら、癌に打ち勝つ「体づくり」を日々積み重ねて、癌を克服できる自分を実現していきましょう! 癌治療とは、毎日たんたんと自然療法を積み重ねていく「地道な作業」です。この「地道な作業」を大事に行なえばこそ、『癌体質の改善』とともに「癌を本当に克服する道筋」を歩むことができるのです。当ブログサイトを通して、癌患者のみなさんがその「道筋」を見出して頂けたなら幸いに思います。

タグ:マクロファージ

 「独立行政法人 理化学研究所」が発表した癌研究報告をご紹介させて頂きます。 「理化学研究所」は歴史が長く、日本人として初のノーベル賞(ノーベル物理学賞)を受賞した「湯川秀樹」博士を輩出した事でも有名ですね。 「理化学研究所」は、他にも名だたる科学者を多数 ...

奇跡が起こる “超少食”少食を心がければ免疫力が高まり、病気にならない体に変わる《新潟大学大学院教授 安保徹》 【「pimboke6」より 】 またまた、絶食もしくは少食の話題。 これ( 奇跡が起こる「超少食」)は、あの「安保徹」さんが書いた、超小食のすすめ。 なぜ ...

 【最終回】「がん」を考える(6) ~ 免疫力を上げる “食” ~  【「自然の摂理から環境を考える」より 】 前回の「がん」を考える(5) ~がん腫は、非常の排毒機能~ では、ガンとは毒素、細菌、ウイルスによって、人の自然の免疫機能が働かなくなるときの「血液の ...

 【※ 記事の後半に、私の父が「週末一日断食」によって得られた効用について書いてあります 】 まず最初に、次の資料をご覧ください。◆ 少食が免疫機能を高める 食事の中身とともに重要なのが「食べ過ぎを止める」ことです。 飢餓状態になったときはどうなるかと言うと ...

このページのトップヘ