癌と食養 ☆★☆ 自然療法による癌治療 ~ Cancer Therapies by Naturopathy

癌治療を三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけで行なっても、癌は絶対に治りません。しかも、抗がん剤・放射線を行なうと「癌が治らない体」になってしまいます。癌を正しく知り、食事療法・少食療法・断食療法という「食のコントロール」を基軸に置き、飲尿療法で自己免疫を改善・強化しながら、他にも実際に癌治療に有効している自然療法を複合的に併用して色々と組み合わせて行なうことで癌体質を改善し、癌を克服できる体に建て替え、建て直すことが癌治療を行なう上で最も重要であり、ここが最も大切な「癌の認識」です。癌体質こそが「癌の正体」であり、癌体質こそが「体内に癌を生み出している元」なのです。この癌体質を改善することこそ、癌治療の根本です。癌体質を改善する要素が一切無く、かえって癌体質を悪化させてしまう三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけの癌治療では、癌を治すことは絶対にできません。自然療法(食事療法・少食療法・断食療法・飲尿療法など)を実践することで地道に癌体質を改善しながら、癌に打ち勝つ「体づくり」を日々積み重ねて、癌を克服できる自分を実現していきましょう! 癌治療とは、毎日たんたんと自然療法を積み重ねていく「地道な作業」です。この「地道な作業」を大事に行なえばこそ、『癌体質の改善』とともに「癌を本当に克服する道筋」を歩むことができるのです。当ブログサイトを通して、癌患者のみなさんがその「道筋」を見出して頂けたなら幸いに思います。

タグ:ナザレのイエス(イエス・キリスト)

 今、改めて、霊学の基本である『カルマ(因果律)』について振り返っています。 そこで、当記事でご紹介させて頂く記事・内容を思い出しましたので、記事作成してみました。 人間が平然と「過ちを犯す」というのは、この『カルマ(因果律)』という「単純にして基本的な ...

 元記事は「2012年の黙示録」です。「日本人の食物に対する考え方の変化」についての資料です。 記事のご紹介のあとに、私の話が続きます m(__)m人にはどれだけの物が必要か鈴木孝夫(著)  飛鳥新社● 地救原理の導入を 神という超越的な絶対存在を引き合いに出すこ ...

 私は当ブログサイトで、次のような『癌体質』のお話を何度もしてきました。「癌の正体はあくまで『癌体質』であり、 体内に発生した “癌の塊” は、『癌体質』が表面化して現れてきた “癌体質の産物” に過ぎない。」 『癌体質』とは、自分の体が体内に「癌を発生させ ...

 この記事は “なわふみひと” さんの「2012年の黙示録」サイトの記事です。 新約聖書における「ナザレのイエス(イエス・キリスト)」の言葉の意味を大変分かりやすく解説されています。 この記事は霊的な内容ではありますが、霊的云々カンヌン以前に、人間として素朴で ...

 「星野仁彦」医学博士(福島学院大学教授:副学長)は、ご自身の末期癌を、マックス・ゲルソン博士が開発した『ゲルソン療法』という食事療法で完治させました。星野先生の自著「ガンと闘う医師のゲルソン療法」でその内容を語られています。星野先生は『ゲルソン療法』と ...

 まずは、日月神示のこの一節からです(「日月神示から見つめる食養」を参照してください )。  ● 遠くて近いもの 一二三の食べ方してみなされよ。 運 ひらけ、病 治って、うれしうれしと輝くぞ。    そんなことくらいで、病治ったり、運ひらけるくらいなら、人民は ...

 世間には、偽物の情報、偽物の療法のほうが多いです。 それは「正当そうな姿」を着飾って、善面(ぜんヅラ)して居座っています。 当ブログでは、日月神示の「食の啓示」部分だけをご紹介させて頂いていますが、この日月神示では「善悪の概念」についての内容が充実して ...

 癌治療の玄米菜食における『生玄米食の価値』についてお話しします。 一般的には同じように見えるでしょうが、「生玄米食(玄米の生食)」と「玄米ご飯食(玄米の火食)」とでは、その中身はまったく違う食事内容になります。癌治療の上では、生玄米食(玄米の生食)のほ ...

このページのトップヘ