癌と食養 ☆★☆ 自然療法による癌治療 ~ Cancer Therapies by Naturopathy

癌治療を三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけで行なっても、癌は絶対に治りません。しかも、抗がん剤・放射線を行なうと「癌が治らない体」になってしまいます。癌を正しく知り、食事療法・少食療法・断食療法という「食のコントロール」を基軸に置き、飲尿療法で自己免疫を改善・強化しながら、他にも実際に癌治療に有効している自然療法を複合的に併用して色々と組み合わせて行なうことで癌体質を改善し、癌を克服できる体に建て替え、建て直すことが癌治療を行なう上で最も重要であり、ここが最も大切な「癌の認識」です。癌体質こそが「癌の正体」であり、癌体質こそが「体内に癌を生み出している元」なのです。この癌体質を改善することこそ、癌治療の根本です。癌体質を改善する要素が一切無く、かえって癌体質を悪化させてしまう三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけの癌治療では、癌を治すことは絶対にできません。自然療法(食事療法・少食療法・断食療法・飲尿療法など)を実践することで地道に癌体質を改善しながら、癌に打ち勝つ「体づくり」を日々積み重ねて、癌を克服できる自分を実現していきましょう! 癌治療とは、毎日たんたんと自然療法を積み重ねていく「地道な作業」です。この「地道な作業」を大事に行なえばこそ、『癌体質の改善』とともに「癌を本当に克服する道筋」を歩むことができるのです。当ブログサイトを通して、癌患者のみなさんがその「道筋」を見出して頂けたなら幸いに思います。

カテゴリ:◆ 腸内細菌 カテゴリ > 腸内細菌が栄養を産生して、宿主である人間に栄養を提供している

 この記事は、『銀座東京クリニック』院長の「福田一典」医師が公開されています「『漢方がん治療』を考える」から、「392)ケトン食と食物繊維」と「393)食物繊維の抗がん作用」の2つの記事のご紹介です。 「福田一典」医師が当記事でお話されていますのは、食物 ...

 この記事は「フラナガン水素 長寿村フンザの水を再現」ブログ様からのご紹介です。 長崎県立大学シーボルト校 大学院 人間健康科学研究科 栄養学専攻「奥恒行」教授の研究発表内容です。 腸内細菌が「糖質」を発酵分解すると『水素』を産生します。 腸内細菌が「糖質1 ...

 この記事は、次の記事から『糖質1gから、水素が50cc つくられる』という重要な部分を抜粋しています。   ● 癌の正体【癌は「重水素」と結合して初めて強化する:     癌細胞=ミトコンドリアが活動不能な酸性環境の細胞:     正常細胞を『癌の分泌物・乳 ...

●『食物繊維サプリメント』の活用を考案した動機 『食物繊維サプリメント』を活用する目的と意図 私が『食物繊維サプリメント』を我が家の食養に取り入れることを考案したのには、このようなわけがありました。 うちの現在95歳になるお婆ちゃまが90歳を過ぎたあたり ...

 この記事は、甲田光雄先生のお弟子さんが『大腸菌は、食物繊維のセルロースを分解する時に、酵素、ミネラル、ビタミンを産生して生み出す』ことについてお話しされています。 また、朝食を抜くことの恩恵、鬱病についても語られています。 ぜひ、ご参考にされてみてくだ ...

 この記事は、癌を増大させて進行させてしまう「ブドウ糖」を食事から極力排除して、「ブドウ糖」エネルギー源の代わりとなる『短鎖脂肪酸』エネルギー源を得るための “癌の食事療法” をまとめた記事を抜粋したものです。 ブドウ糖の代わりに『短鎖脂肪酸』エネルギー源 ...

 「炭水化物が人類を滅ぼす-糖質制限からみた生命の科学 夏井睦医師」にて、夏井睦医師の著書「炭水化物が人類を滅ぼす - 糖質制限からみた生命の科学」の中の、不溶性食物繊維の『セルロース』と、その『セルロース』を分解してビタミン・短鎖脂肪酸・アミノ酸などの重 ...

 この記事は、夏井睦医師の著書「炭水化物が人類を滅ぼす - 糖質制限からみた生命の科学」の中の、不溶性食物繊維の『セルロース』と、その『セルロース』を分解してビタミン・短鎖脂肪酸・アミノ酸などの重要な栄養を産生する『セルロース分解菌』の関係が細かく解説され ...

 この記事は、「炭水化物が人類を滅ぼす-糖質制限からみた生命の科学 夏井睦医師」記事の『腸内細菌による、宿主への栄養産生提供』に関する部分の抜粋です。長い記事なので、部分抜粋します。 このような『腸内細菌が栄養を産生して宿主(人間)に提供している』という ...

 腸内細菌の異常が病気を生み出す根源! 病気を未然に防ぐには水をよく飲むこと! (仮題) 【「西式健康法 掲示板」(甲田光雄先生のお弟子さん)より 】 腸内細菌が様々な体に良い影響を与える物質を作り出すことは、一つ一つ、少しずつですが解明されてきています。  ...

 この記事は、甲田光雄先生のお弟子さんが質問者様にお答えされている内容です。 大腸菌が『セルロース』を分解して「ミネラル」を作り出す内容が載っています。 人間の体は『腸内細菌が産生する栄養』を優先的に使用し、食事から摂取した栄養(体外から摂取した栄養)は ...

 この記事は、京都大学の研究グループによる『短鎖脂肪酸の働き』に関する研究報告です。 単純に「短鎖脂肪酸がエネルギー源になる」という事実を知って頂きたくて作成しました。 この記事のご紹介のあとの【補足】にて、癌患者における「ブドウ糖の摂取」の問題に重ねな ...

 この記事は、京都大学の研究グループによる『短鎖脂肪酸の働き』に関する研究報告です。 人間のエネルギーとなるもの・・、これは何も「ブドウ糖」ばかりではなく、『ケトン体』や『短鎖脂肪酸』というエネルギー源もあることを、京都大学という一流機関が正式に打ち明けて ...

 この記事は、甲田光雄先生のお弟子さんが「Lさん」からの次のご質問にお答えしている内容です。【Lさんからのご質問】(参照)「すみません。玄米のこと、よく理解していませんでした。 玄米クリームとは、(玄米を)粉にしたものを煮るのでよいのでしょうか? 酵素につい ...

このページのトップヘ