癌と食養 ☆★☆ 自然療法による癌治療 ~ Cancer Therapies by Naturopathy

癌治療を三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけで行なっても、癌は絶対に治りません。しかも、抗がん剤・放射線を行なうと「癌が治らない体」になってしまいます。癌を正しく知り、食事療法・少食療法・断食療法という「食のコントロール」を基軸に置き、飲尿療法で自己免疫を改善・強化しながら、他にも実際に癌治療に有効している自然療法を複合的に併用して色々と組み合わせて行なうことで癌体質を改善し、癌を克服できる体に建て替え、建て直すことが癌治療を行なう上で最も重要であり、ここが最も大切な「癌の認識」です。癌体質こそが「癌の正体」であり、癌体質こそが「体内に癌を生み出している元」なのです。この癌体質を改善することこそ、癌治療の根本です。癌体質を改善する要素が一切無く、かえって癌体質を悪化させてしまう三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけの癌治療では、癌を治すことは絶対にできません。自然療法(食事療法・少食療法・断食療法・飲尿療法など)を実践することで地道に癌体質を改善しながら、癌に打ち勝つ「体づくり」を日々積み重ねて、癌を克服できる自分を実現していきましょう! 癌治療とは、毎日たんたんと自然療法を積み重ねていく「地道な作業」です。この「地道な作業」を大事に行なえばこそ、『癌体質の改善』とともに「癌を本当に克服する道筋」を歩むことができるのです。当ブログサイトを通して、癌患者のみなさんがその「道筋」を見出して頂けたなら幸いに思います。

カテゴリ:◆ 癌医療の盲点・大嘘 カテゴリ > 抗がん剤・放射線 の真相

 ※ 当記事は「シリーズ記事」になります。   ● ピンクリボン運動(乳癌検診の啓発運動)の 真実!   ● 乳癌検診(マンモグラフィー検診)の真実!(本記事)     【 マンモグラフィー検診で発見される乳癌の4分の1は 過剰診断:       乳癌検診で多く ...

 ※ 当記事は「シリーズ記事」になります。   ● ピンクリボン運動(乳癌検診の啓発運動)の 真実!(本記事)   ● 乳癌検診(マンモグラフィー検診)の真実!     【 マンモグラフィー検診で発見される乳癌の4分の1は 過剰診断:       乳癌検診で多く ...

 この記事は、『銀座東京クリニック』院長の「福田一典」医師が公開されています「『漢方がん治療』を考える」から「547)がん検診の不都合な真実 その3:がん検診が がん患者をつくり出している」記事の次の項をご紹介させて頂きます。   ● 高齢者の前立腺がんの半 ...

 この記事は、『銀座東京クリニック』院長の「福田一典」医師が公開されています「『漢方がん治療』を考える」から「568)がん患者は「抗がん剤治療」を過大に評価している」記事の次の「4項」をご紹介させて頂きます。   ● 抗がん剤は、血液がんに効いても、固形が ...

 この記事は、『銀座東京クリニック』院長の「福田一典」医師が公開されています「『漢方がん治療』を考える」から、次の「抗がん剤」に関する「5つの記事」をご紹介させて頂きます。   ● 543)がん幹細胞 と アルデヒド脱水素酵素   ● 552)抗がん剤で がん ...

 「抗がん剤の発癌性」についての参考資料として「日本がん看護学会」「日本臨床腫瘍学会」「日本臨床腫瘍薬学会」が編集に携わった次のものがあります。   ● がん薬物療法における曝露対策合同ガイドライン 2015年版     〈 日本がん看護学会/日本臨床腫瘍学 ...

 当記事は『ひろた歯科医院』院長の「廣田健」医師の「ひろた歯科通信」ブログからのご紹介です。 この記事は2015年の11月と今(2017年11月前)から約2年前の少し古い記事なのですが、参考になると思いますので、ぜひご覧になられてください。『ひろた歯科医 ...

 当記事は、鈴森さんの「ガンの特効薬はミトコンドリア賦活剤」ブログからのご紹介です。 ご紹介させて頂く記事は『確証バイアス(Confirmation Bias)』の視点から通常療法という「オカルト癌治療」を考察され、医師の実態(本質・本性)について切り込んでいる記事です。 ...

 甲田光雄先生のお弟子さんの「抗がん剤」に関する記事をご紹介させて頂きます。 当記事は、癌患者さんが通常療法の「抗がん剤の実態」を理解する上で非常に参考になる記事です。 『銀座東京クリニック』院長の「福田一典」医師も、次の記事にて「抗がん剤の問題点」を指 ...

 当記事は『銀座東京クリニック』院長の「福田一典」医師の「『漢方がん治療』を考える」からご紹介です。 「564)抗がん剤の新薬の半数以上は、延命効果が証明されていない」記事中の「日本はメリットの少ない抗がん剤の使用が多い」の項をご紹介させて頂きます。 こ ...

 当記事は『銀座東京クリニック』院長の「福田一典」医師の「『漢方がん治療』を考える」からご紹介です。 「564)抗がん剤の新薬の半数以上は、延命効果が証明されていない」記事中の「製薬企業が無駄で過剰な診療を促進している」の項をご紹介させて頂きます。 ここ ...

 当記事は、鈴森さんの「ガンの特効薬はミトコンドリア賦活剤」ブログサイトからのご紹介です。 鈴森さんが当記事でご紹介されている記事は、実際に「癌患者の入院設備がある200床の病院(通常療法の一般的な病院)」に勤めていた元『病院職員』の方が “本音” を伝え ...

 「ガンの特効薬はミトコンドリア賦活剤」ブログサイトの鈴森さんが「宗像久男医師「ガンは3ヵ月で簡単に治せる病気! 患者は殺されている」」記事にて非常に良い情報を教えてくれました。鈴森さん、ありがとうございます m(__)m 次が、その記事の内容です。 『中央リセ ...

 この記事は、『銀座東京クリニック』院長の「福田一典」医師が公開されています「『漢方がん治療』を考える」から「391)絶食は「抗がん剤治療」と「放射線治療」の効果を高める」記事のご紹介です。 当記事で「福田一典」医師は「抗がん剤治療」や「放射線治療」に『 ...

 甲田光雄先生のお弟子さんの「抗がん剤」に関する4つの記事をご紹介させて頂きます。 医師に「自分自身や家族が癌になった場合、抗がん剤を使用するか?」と質問したアンケートがあり、この質問に対して、9割の医師が「抗がん剤を使用しない」もしくは「抗がん剤は使用 ...

 当記事は、甲田光雄先生のお弟子さんの「ビタミンD前駆物質」に関する内容です。 甲田光雄先生のお弟子さんも、癌治療においてビタミンDを重視されています。 体内でのビタミンDの生成を高めるために「ビタミンD前駆物質」濃度を高めることを推奨されています。 「 ...

 当記事は「日本を守るのに右も左もない」様からのご紹介です。 この記事は「抗がん剤」が「増癌剤」である実態について分かりやすくまとめられている良質な記事です。 2015年10月、WHO(世界保健機関)が「癌の原因」となる『116種類の要因』を公式に発表しまし ...

 この記事は、中米で微生物を駆使し、環境と貧困に挑む「NPO法人 Green Planet Network」で活動されている元『看護師』の「天野舞子」さんが、『看護師』として10年間ほど「実際の医療現場」を経験された立場を通して「抗がん剤」や「医療の闇」について語られている大 ...

 甲田光雄先生のお弟子さんの記事を2つご紹介させて頂きます。 最初の記事は「抗がん剤」に関する内容ですが、甲田光雄先生のお弟子さんはこの記事の中で、癌患者が持つべき「医師に対する心得」をお話しされています。 医師の中には、癌患者が「抗がん剤」を拒否すると ...

 当記事は「ホリスティック・統合医療の薦め.com.」様からのご紹介です。 この記事は「抗がん剤」の実態について分かりやすくまとめられている良質な記事です。 医者が癌患者に対して「抗がん剤」を勧める、または「抗がん剤」を強引にやらせたがるのは、癌患者の癌を治す ...

 先日、「ガンの特効薬はミトコンドリア賦活剤」ブログでアップされた次の記事、   ◆ ガンの正体がわかった!ガンも死後も乳酸蓄積で硬くなる この記事の【コメント欄】にて、次のような、癌患者さんからの「抗がん剤」に関する内容があります。 鈴森さんの「熱血コメ ...

 当記事は「がんにならない.com」様からのご紹介です。 癌専門医が抗がん剤治療を行なうのは、国・政府の方針に従ってだけだと言います。 これは有名な話ですが、癌専門医261人に対してアンケートを取った結果、そのうち、自分が提供している治療を受けると言った人は ...

 先日「ガンの特効薬はミトコンドリア賦活剤」ブログの「鈴森さん」が、次の記事で「現役の看護師さん」による「抗がん剤の中身を暴露した」貴重な発言を発信されていました。   ◆ 抗癌剤治療患者の96%はマスタードガスで殺される  当記事では、その元記事である「 ...

 「崎谷博征」医学博士の力作である名著『医療ビジネスの闇 ― “病気産生” による経済支配の実態』から「癌医療ビジネスの闇の実態」について詳説されている「第6章 産業がガンをつくる」をご紹介させて頂きます。崎谷博征 医学博士 この内容は、癌患者が必ず知るべき ...

 この記事は、中米で微生物を駆使し、環境と貧困に挑む NPO を営んでおられる元『看護師』の方の「抗がん剤」や「医療の闇」に関するものです。 当ブログサイトの 次の記事 をご覧になってくださったようで、元『看護師』をされていた「プロの目線」から、癌医療や 病院・ ...

 この記事は、「In Deep」さんからのご紹介です。 WHO(世界保健機関)が「癌の原因」となる『116種類の要因』を公式に発表したようです。 その内容を「In Deep」さんが丁寧に翻訳してくださいました。 この「116の一覧」の中には、何と『抗がん剤』がいくつも入っ ...

 「癌の生体検査は「癌化する可能性が高い環境」をつくり上げてしまうので、拒否すべき!」記事で、甲田光雄先生のお弟子さんは、東京大学 医学部 名誉教授で癌研究第一人者である「渋谷正史」教授について、このようにお話しされています。◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ ...

 癌転移 【「膠原病、難病、癌は寛解する病気です。究極の体質改善法」(甲田光雄先生のお弟子さん)より 】   ● http://minds.jcqhc.or.jp/n/public_user_main.php  生体癌検査後、転移するので注意を促しています。 『メラノーマ』という名前で書かれていますが、 ...

 この記事は、甲田光雄先生のお弟子さんが、癌治療に有効する放射線療法についてお話しされている内容です。 そして、癌患者さんが採用すべき癌治療についてもお話しされています。 また、甲田光雄先生のお弟子さんは、癌という病気のことを、体内における「酸化」が複合 ...

 この記事は、甲田光雄先生のお弟子さんが「抗がん剤のカラクリ」について分かりやすく明示してくださっている貴重な記事です。甲田光雄先生のお弟子さんは、世の癌医療に現われている当たり前な現象を分かりやすく説明してくださっています。世間一般の方々は、この「社会 ...

 この記事は「癌治療における「酸化ストレス」の二面性 - 福田一典医師【「酸化ストレス」を増やして癌を叩く癌治療と、逆に「酸化ストレス」を軽減して癌をおとなしくさせる癌治療!】」記事の “抗がん剤・放射線・手術は「活性酸素」を発生させて「酸化ストレス」を高め ...

 この記事は、『銀座東京クリニック』院長の「福田一典」医師が公開されています「『漢方がん治療』を考える」からのご紹介です。 『水素療法』は数多くの疾患の治療に対して有効性を示し、疾患の症状を改善させることが医学的に分かってきています。当記事では論文の紹介 ...

 医者は自分には抗がん剤を打ちません 【「嘘八百のこの世界」より 】● イルミナティによる医療殺戮! 抗がん剤は猛毒殺人兵器です! そろそろ、癌、及び、癌治療について書いておきます。 「抗がん剤が毒である」ということは多くの人が知っていると思われるが、嘘でも ...

 内海聡 医師の facebook より、抗がん剤に関する内容のご紹介です。 これらの内容は、今では有名になってきています。 癌のデータ 【「内海聡 facebook」(内海聡医師)より 】 (2015年3月12日)① そもそも、HPVは日本女性の約8割が感染しますが、自然に排除され ...

 日本の癌治療は、アメリカの20年以上遅れている! 【「抗がん剤副作用相談室  ~ 代替医療で再発・転移・余命宣告を守る ~」より 】◆ 日本の癌治療は、アメリカの20年以上遅れている! こんにちは。 抗がん剤副作用相談室の木村です。 WHO(世界保健機関)に ...

 内海聡 医師の facebook より、抗がん剤に関する内容のご紹介です。 この記事は、「抗がん剤に関して【抗がん剤はアホな薬!:内海聡 医師】」記事と併せてご覧になって頂くとより分かりやすいと思います。まだ見ていない方は、絶対にご覧になられてください m(__)m 抗が ...

 抗がん剤に関して 【「キチガイ医の素人的処方箋」(内海聡医師)より 】 私はあまり抗がん剤の記事を書かない。 それはなぜかということを時々聞かれる(というより「抗がん剤はどう思いますか?」みたいなことを聞かれる)。 言うまでもなく、抗がん剤など何の価値も ...

 元記事は「2012年の黙示録」です。 「わが身に危険が迫っても これだけは伝えたい 日本の真相!」の中の【抗がん剤】に関する内容を、なわさんがアップしてくださいました。 ここにあります内容は、抗がん剤の真実を知る者にとっては常識になっています。 非常によ ...

 この記事は、鈴森さんの「ガンの特効薬はミトコンドリア賦活剤」ブログサイトからのご紹介です。 著名な「近藤誠」医師と「ベンジャミン・フルフォード」氏が “癌医療の実態” を語っている内容をご紹介され、そのあとに、鈴森さんらしい “ズバッ” とトークが続きます ...

 当記事は、ぜひ「癌の根本治療は、「酸性体質」と「酸化体質」という二大『癌体質』を改善すること!」記事をご一読して頂いている上でご覧になってください。そのほうが、より理解が得られると思います。 上記の記事より「人体の酸化が如何に癌を発生させ、如何に癌の成 ...

 消えている参考文献 【「膠原病、難病、癌は寛解する病気です。究極の体質改善法」(甲田光雄先生のお弟子さん)より 】◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ ...

 この記事は、カテゴリの都合で「癌は『慢性代謝病』が原因ゆえ、腫瘍を取り除いても、癌を除去したことにはならない」記事の中の、三大療法(抗がん剤・放射線・手術)と『癌体質』に関する部分を抜粋したものです。 癌は、三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけを行っ ...

 ニンゲンが信じている癌と癌治療 【「内海聡 facebook」(内海聡医師)より 】 そもそも癌は、人間には非常に稀な病気であった。 これは、古代が単に平均寿命が低いということだけに限らない。 現代では20代、30代の固形癌がかなりのスピードで増えている。 しか ...

 この記事は、「癌とビタミンB17(アミグダリン)【アミグダリンに関する内容が凝縮されている、大変素晴らしい資料です!「抗がん剤や放射線の危険性」に関する内容もあります!】」記事の中にある「抗がん剤や放射線の危険性」に関する部分を抜粋したものです。非常に ...

 この記事は、「ガンに対する、もう一つの考え方」サイト様からのご紹介です。 現役のお医者さんが癌になった場合、自分たち医者が常日頃、癌患者に対して当たり前顔して勧めている三大療法(抗がん剤・放射線・手術)は受けずに避けて、「健康食品」に走り、それでしっか ...

 抗がん剤に関して(仮題) 【「内海聡 facebook」(内海聡医師)より 】 ガン死の80%は三大療法(手術、抗がん剤、放射線治療)による。 岡山大学付属病院のインターンの学生が調べてみると、 80%がガンの三大療法(手術、抗がん剤、放射線治療)で死んでいた。 ...

 元東京女子医科大学教授で、「アドバンスクリニック横浜」院長の「前田華郎」医学博士が、癌や抗がん剤について語られている講演会の You Tube 動画をご紹介させて頂きます。アドバンスクリニック横浜院長 前田華郎 医学博士 前田先生が推進されている癌治療は、次の通り ...

 研究者がしてはならない事 【「特定疾患膠原病患者を辞めました。膠原病は治る病気です! 膠原病13年」(甲田光雄先生のお弟子さん)より 】● 製薬会社が絡む、現代医学・医大・大学病院・医学研究の世界への「負の連鎖」の体質!  医学や医療の世界も、利益至上主義 ...

 これは、内海聡医師が facebook で『抗がん剤や放射線の実態』についてまとめられている内容です。 抗がん剤や放射線は、すでに世界中の癌研究報告で、“抗がん剤や放射線が癌を治すことは決してなく、抗がん剤や放射線によって、かえって癌は悪化する” と科学的に解明さ ...

 医者はなぜ自己にスタチンを投与するのか 【「特定疾患膠原病患者を辞めました。膠原病は治る病気です! 膠原病13年」(甲田光雄先生のお弟子さん)より 】 イギリスの50歳以上の全国民、日本の医者が自らに投与している投薬第一位は『スタチン』製剤です。 「エン ...

このページのトップヘ