癌と食養 ☆★☆ 自然療法による癌治療 ~ Cancer Therapies by Naturopathy

癌治療を三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけで行なっても、癌は絶対に治りません。しかも、抗がん剤・放射線を行なうと「癌が治らない体」になってしまいます。癌を正しく知り、食事療法・少食療法・断食療法という「食のコントロール」を基軸に置き、飲尿療法で自己免疫を改善・強化しながら、他にも実際に癌治療に有効している自然療法を複合的に併用して色々と組み合わせて行なうことで癌体質を改善し、癌を克服できる体に建て替え、建て直すことが癌治療を行なう上で最も重要であり、ここが最も大切な「癌の認識」です。癌体質こそが「癌の正体」であり、癌体質こそが「体内に癌を生み出している元」なのです。この癌体質を改善することこそ、癌治療の根本です。癌体質を改善する要素が一切無く、かえって癌体質を悪化させてしまう三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけの癌治療では、癌を治すことは絶対にできません。自然療法(食事療法・少食療法・断食療法・飲尿療法など)を実践することで地道に癌体質を改善しながら、癌に打ち勝つ「体づくり」を日々積み重ねて、癌を克服できる自分を実現していきましょう! 癌治療とは、毎日たんたんと自然療法を積み重ねていく「地道な作業」です。この「地道な作業」を大事に行なえばこそ、『癌体質の改善』とともに「癌を本当に克服する道筋」を歩むことができるのです。当ブログサイトを通して、癌患者のみなさんがその「道筋」を見出して頂けたなら幸いに思います。

カテゴリ: ◆ 食養 カテゴリ

 この記事は、『銀座東京クリニック』院長の「福田一典」医師が公開されています「『漢方がん治療』を考える」から、「392)ケトン食と食物繊維」と「393)食物繊維の抗がん作用」の2つの記事のご紹介です。 「福田一典」医師が当記事でお話されていますのは、食物 ...

 この記事は、『銀座東京クリニック』院長の「福田一典」医師が公開されています「『漢方がん治療』を考える」から、「392)ケトン食と食物繊維」と「393)食物繊維の抗がん作用」の2つの記事のご紹介です。 「福田一典」医師が当記事でお話されていますのは、食物 ...

 この記事は、『銀座東京クリニック』院長の「福田一典」医師による、癌治療における『水素』の「抗酸化作用」「酸化還元作用」の有効性について非常に分かりやすく解説されている記事のご紹介です。 癌は、身体が「酸化」した結果としてなる症状です。「癌になった」=「 ...

 この記事は、次の記事から『糖質1gから、水素が50cc つくられる』という重要な部分を抜粋しています。   ● 癌の正体【癌は「重水素」と結合して初めて強化する:     癌細胞=ミトコンドリアが活動不能な酸性環境の細胞:     正常細胞を『癌の分泌物・乳 ...

 この記事は、甲田光雄先生のお弟子さんが「森美智代」先生との思い出話をしながら、森美智代先生が持病として抱えていた「脊髄小脳変性症」を治すために甲田光雄先生の下で命懸けで実行された『仙人食』である『生玄米粉』や『生菜食療法』のお話をされています。 森美智 ...

 この記事は、甲田光雄先生のお弟子さんが「森美智代」先生との思い出話をしながら、森美智代先生が持病として抱えていた「脊髄小脳変性症」を治すために甲田光雄先生の下で命懸けで実行された『仙人食』である『生玄米粉』や『生菜食療法』のお話をされています。 森美智 ...

 甲田光雄先生のお弟子さんが、甲田療法の『生菜食療法』をベースに置いた、獣肉食を一切含まない「糖質制限食のメニュー」を細かく提案してくださっています。これは非常に参考になります。 獣肉食を避けたい癌患者さんは、ぜひご参考にされてください。よろしくお願いし ...

 この記事は、「江部康二」医師の「ドクター江部の糖尿病徒然日記」ブログからのご紹介です。 日本における「糖質制限食」の第一人者である「江部康二」医師が、甲田療法の『生菜食療法』や「生玄米粉」のお話をしてくださっています。しかも「生玄米粉」の『GI値(グリ ...

 この記事は、『赤血球』と「ブドウ糖」と「糖質制限食」の関係についてお話しさせて頂いている記事です。 『赤血球』は ミトコンドリア を持たないため、解糖系だけでエネルギー(ATP)を産生している細胞ですから、『赤血球』が唯一エネルギー源とすることができるのは「 ...

 この記事は、『赤血球』と「ブドウ糖」と「糖質制限食」の関係についてお話しさせて頂いている記事です。 『赤血球』は ミトコンドリア を持たないため、解糖系だけでエネルギー(ATP)を産生している細胞ですから、『赤血球』が唯一エネルギー源とすることができるのは「 ...

●『食物繊維サプリメント』の活用を考案した動機 『食物繊維サプリメント』を活用する目的と意図 私が『食物繊維サプリメント』を我が家の食養に取り入れることを考案したのには、このようなわけがありました。 うちの現在95歳になるお婆ちゃまが90歳を過ぎたあたり ...

 この記事は、「『食物繊維サプリメント』の活用」記事の『ミキサー』に関する部分を抜粋して「画像」を加えて編集し、見やすくしたものです。 我が家は、当記事でご紹介させて頂いています、パナソニック社製の『ファイバーミキサー』を愛用しています。 今の私の食養に ...

● 我が家の簡単な食養暦 我が家は「生菜食」を導入する以前から玄米食を導入していました。 厳格な玄米菜食という食事内容ではなかったものの、我が家はすでに玄米食をしていたのですが、玄米食をすることによって私の父母の持病が大きく改善していくようなことはありませ ...

● 我が家の簡単な食養暦 我が家は「生菜食」を導入する以前から玄米食を導入していました。 厳格な玄米菜食という食事内容ではなかったものの、我が家はすでに玄米食をしていたのですが、玄米食をすることによって私の父母の持病が大きく改善していくようなことはありませ ...

 オランダの医師「コーネルス・モアマン(1893~1988)」が50年間、普及した『モアマン抗ガン食事療法』のご紹介です。この『モアマン食事療法』は、甲田光雄医学博士が50年間以上にわたって命懸けで普及し続けられた『生菜食療法』に近い食事療法です。 甲田光雄医学 ...

 当記事は、「Kanako Kubota」さんの「ニューヨーク直送! 生きてる英語・健康だより」からの転載です。 「加熱調理に適した油は「オリーブオイル」」記事にありますように、一般的には「オリーブオイル」は加熱調理に向いているとされていますが、「Kanako Kubota」さんは ...

 この記事は「安全で、効果の大きい断食 「週末一日断食」」記事を加筆訂正した《改訂版》です。 旧記事よりも読みやすくなるように手直ししました。 旧記事をベースにしていますが、【断食の効用】などを盛り込み、癌患者さん用の記事として仕上げましたので、癌患者さん ...

 糖質制限食について 【「膠原病、難病、癌は寛解する病気です。究極の体質改善法」(甲田光雄先生のお弟子さん)より 】 癌による糖質制限食と、膠原病の糖質制限食は、変えたほうがよろしいと思います。 糖質制限食を双方の病状を持つ患者さんの場合、 肉類を食べた時 ...

 粗食(「3日食べなきゃ、7割治る!」より抜粋 ) 【「内海聡 facebook」(内海聡医師)より 】 甲田医師(甲田光雄医学博士)も「少食が免疫力を高める」ことを臨床的に証明しています。 まず、甲田医院に来院する患者には、すべて「腹七分」の少食健康法を指導してい ...

 先日、「我が家が『水素療法』として選んだ、株式会社フラックス製の水素発生機『spa-H』について」記事にて、母の悪化した不眠症の様態を改善するための『水素療法』として導入しました『株式会社 フラックス』製の家庭用の「水素発生機」である『spa-H(スパエイチ)』を ...

 「「玄米クリーム」の 作り方 」記事に以下の内容を加筆しました。 赤ちゃんの離乳食に玄米食を導入される方もおられますが、玄米粥よりも玄米クリームのほうがよいです。 赤ちゃんの胃腸はまだ未発達ですから、食物繊維の豊富な玄米は例え玄米粥であっても赤ちゃんの胃 ...

 我が家が『水素療法』を自宅で行うために選択しました『株式会社 フラックス』製の『spa-H(スパエイチ)』という「水素発生機」や、『水素療法』における「水素水」「水素風呂」「水素吸引」に対する私の私見などを、次の記事から抜粋してまとめました。  ● 今年も一年 ...

 この記事は「食べない生き方」様からのご紹介です。ミトコンドリアの要点を簡潔にまとめてくださっています。 ミトコンドリアは「少食」や「断食」という「空腹」の時間に最も増えます。 ミトコンドリアを蘇生させるには、『栄養療法(食事療法・食事改善)』に加えて、 ...

● 過食による『血液の富栄養化』が、体内の「酸素不足・酸素欠乏」を引き起こす!  そして、体内の「酸素不足・酸素欠乏」は、癌の原因となる!  「少食」を守って「余分な栄養は抜く」ことが大事! 多くの人たちは「栄養を摂取するのは良いこと」だと思っています。 確 ...

 この記事は、某大手ドラッグストアに「管理薬剤師」として勤務されている薬剤師の先生「アポテーカ哲」さんのブログ「心と体の健康図書館」様からのご紹介です。 流石は薬剤師の先生だけあって、なかなか硬派な内容のブログです(笑) 私が好むような、東洋医学的な雰囲 ...

 この記事は「アロマライフ・ジャパン」様の、人工「トランス脂肪酸」の恐さを伝える非常に良質な記事です。 とても良くまとめられています。 人工「トランス脂肪酸」は安く大量生産ができることから、様々な食品に使われています。 人工「トランス脂肪酸」という油は、 ...

 加熱調理に適した油は「オリーブオイル」だと言われています。 本当は、油も「生のまま摂取する」のが一番良いのですが、加熱調理に使用する時の油には「オリーブオイル」を意識されてみてください。 しかし、「オリーブオイルは、加熱調理には向かない! 加熱調理に向い ...

 この記事は「血圧のお話、塩の嘘と本当」記事の続きになります。 減塩を推奨している「塩のカラクリ」や、『炭酸』の効果・効用について解説されています。 なお、この記事で言われている「塩」とは、「海の塩」である『自然海水塩』のことです。 甲田光雄先生の『塩の ...

 膠原病患者さん用の食事メニュー 【発芽玄米クリーム、豆腐、炒って摩り下ろした黒胡麻】(仮題) (コメント欄より) 【「特定疾患膠原病患者を辞めました。膠原病は治る病気です! 膠原病13年」(甲田光雄先生のお弟子さん)より 】   (※ この記事は「膠原病患 ...

 膠原病患者さん用の食事メニュー 【発芽玄米クリーム、豆腐、炒って摩り下ろした黒胡麻】(仮題) (コメント欄より) 【「特定疾患膠原病患者を辞めました。膠原病は治る病気です! 膠原病13年」(甲田光雄先生のお弟子さん)より 】   (※ この記事は「膠原病患 ...

 きつい食事療法の回復食で、 体力を付けるために『玄米の火食』をして「糖質(ブドウ糖)」を摂取すると、 体力が戻らずに “癌だけが大きくなってしまう” 人もいる(仮題) 【「膠原病、難病、癌を治す会 掲示板」(甲田光雄先生のお弟子さん)より 】 (糖質制限食 ...

 火食 【「膠原病、難病、癌を治す会 掲示板」(甲田光雄先生のお弟子さん)より 】 昔、人間は火を使わない時代(人類がまだ加熱調理をせずに「生食」をしていた時代)、 免疫力が現代社会人の10倍くらいあるとされています。 自然界に住む動物は、人間の10倍強い ...

 癌に完全な治療は存在していませんが、一つの大きな選択です 【「特定疾患膠原病患者を辞めました。膠原病は治る病気です! 膠原病13年」(甲田光雄先生のお弟子さん)より 】 私は『尿療法(飲尿療法)』を、癌には推奨しています。 (飲尿療法につきましては「飲尿 ...

 劇的に回復した治療法の内容 【「特定疾患膠原病患者を辞めました。膠原病は治る病気です! 膠原病13年」(甲田光雄先生のお弟子さん)より 】 薬害の副作用で重篤な問題が、体質的に解毒機能が低下している可能性が高いことです。 血液の余分なもの、老廃物と呼ばれ ...

 劇的に回復した治療法の内容 【「特定疾患膠原病患者を辞めました。膠原病は治る病気です! 膠原病13年」(甲田光雄先生のお弟子さん)より 】 薬害の副作用で重篤な問題が、体質的に解毒機能が低下している可能性が高いことです。 血液の余分なもの、老廃物と呼ばれ ...

 「腸内環境を整える」には、世間では通常、『食事の改善』や『発酵食品の摂取』などが推奨されています。 食事を改善したり、発酵食品を摂取することにより、善玉菌が繁殖し、悪玉菌の繁殖が抑制されます。 しかし、善玉菌を繁殖させ、悪玉菌の繁殖を抑えて「腸内環境を ...

 この記事で言われている「塩」とは、「海の塩」である『自然海水塩』のことです。 甲田光雄先生の『塩の見解』は「甲田光雄 医学博士の『塩の話』」記事を参照してください。 なお、この記事の内容は「塩の続きと炭酸」へと続きます。 血圧のお話、塩の嘘と本当 【「特 ...

 糖質制限食で、癌の成長が止まる(仮題) 【「膠原病、難病、癌を治す会 掲示板」(甲田光雄先生のお弟子さん)より 】 癌治療は世界中の悩みです。 患者さんが自分自身の癌の種類をなぜ知らない人が多いのか、それが不思議です。 日本人でも知らない人が多いのですが ...

 糖質制限食で、癌の成長が止まる(仮題) 【「膠原病、難病、癌を治す会 掲示板」(甲田光雄先生のお弟子さん)より 】 癌治療は世界中の悩みです。 患者さんが自分自身の癌の種類をなぜ知らない人が多いのか、それが不思議です。 日本人でも知らない人が多いのですが ...

 この記事は、カテゴリの都合により、次の記事の中にある『生玄米粉』に関する内容を再度まとめたものです。 「生玄米粉食の価値」を理解するのに役立ちます。  ● 生菜食療法とは  ● 癌に対抗するべく免疫力を上げるには、積極的に「生玄米粉」を食べたほうが良い  ...

 糖質制限をすると、癌は成長しない: 果物は特に多糖体に近いので、ダイレクトに『癌の餌』になる: 癌治療に有効する食事内容: 熱めのお風呂に入る(p53遺伝子の活性化):日光浴をする:他・・・(仮題) 【「膠原病、難病、癌を治す会 掲示板」(甲田光雄先生のお弟子 ...

 私は以前、古武術家として著名な「甲野善紀」先生と何度かお会いされた方にメールで教えて頂いたことがあります。 その方はメールで、  「正食、マクロビオティックなどの桜沢如一系統の食養に関しては、やはり陰陽の区別が分かりづらく、   甲田先生の冷え性でも生 ...

 この記事は、甲田光雄先生のお弟子さんが「Hさん」からの次のような “玄米、生野菜について” というご質問にお答えされている内容です。【Hさんからのご質問】(参照)● 玄米、生野菜について「玄米については、本当にもう良いとか悪いとか情報が散乱していて分かりま ...

 一日三食は不健康 【「キチガイ医の素人的処方箋」(内海聡医師)より 】 こんな当たり前のことが、まだまかり通ってるんですよね♪ 半分食べれば2倍長生き  ● 腹八分で医者いらず  ● 腹六分で老いを忘れる  ● 腹四分で神に近づく ヨガの教えの中には、生と ...

 ウォーカー式とは 【「食べない生き方」より 】 ノーマン・ウォーカー博士は、イギリス出身の理学博士で、 栄養学と内分泌腺の研究の世界的権威として知られています。 アリゾナに住み、自分が食べる果物や野菜は自分の果樹園や野菜畑で育て、 果物、野菜、木の実、種 ...

 この記事は、京都大学名誉教授で『からすま和田クリニック』院長の「和田洋巳」医学博士の「京都からすま和田クリニック 和田洋巳の相談室」ブログからのご紹介です。 甲田療法の “『生玄米粉』+『生菜食』(生玄米&生菜食)” で癌を改善していった「Yさん」という癌 ...

 甲田光雄医学博士の著書「奇跡が起こる半日断食」から、断食中に起こる「自己融解(自家融解)」の内容です。 断食が癌治療に有効することは、すでに医学的にも癌研究報告で認められています。 断食をすると、体は自己融解によって癌細胞を溶かし出してエネルギー源に使 ...

 当記事では、マクロビオティックの大家である「久司道夫」氏の著書『久司道夫のマクロビオティック 入門編』のアマゾンのレビューにある「かたくりこ」様の感想をご紹介しながら「植物の生食」に関するお話を進めていきます(レビュー)。 食養に目覚めた多くの人が決まっ ...

 当記事では、マクロビオティックの大家である「久司道夫」氏の著書『久司道夫のマクロビオティック 入門編』のアマゾンのレビューにある「かたくりこ」様の感想をご紹介しながら「植物の生食」に関するお話を進めていきます(レビュー)。 食養に目覚めた多くの人が決まっ ...

 これは、「肺がんを自力で治す人体実験」ブログの管理人さんが、甲田光雄先生を師と仰がれている「森本芳生」先生より頂いたコメントを掲載してくださった記事です。 甲田光雄先生から直接学ばれた森本先生のお話を、ぜひご覧になられてみてください m(__)m この記事をご ...

このページのトップヘ