癌と食養 ☆★☆ 自然療法による癌治療 ~ Cancer Therapies by Naturopathy

癌治療を三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけで行なっても、癌は絶対に治りません。しかも、抗がん剤・放射線を行なうと「癌が治らない体」になってしまいます。癌を正しく知り、食事療法・少食療法・断食療法という「食のコントロール」を基軸に置き、飲尿療法で自己免疫を改善・強化しながら、他にも実際に癌治療に有効している自然療法を複合的に併用して色々と組み合わせて行なうことで癌体質を改善し、癌を克服できる体に建て替え、建て直すことが癌治療を行なう上で最も重要であり、ここが最も大切な「癌の認識」です。癌体質こそが「癌の正体」であり、癌体質こそが「体内に癌を生み出している元」なのです。この癌体質を改善することこそ、癌治療の根本です。癌体質を改善する要素が一切無く、かえって癌体質を悪化させてしまう三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけの癌治療では、癌を治すことは絶対にできません。自然療法(食事療法・少食療法・断食療法・飲尿療法など)を実践することで地道に癌体質を改善しながら、癌に打ち勝つ「体づくり」を日々積み重ねて、癌を克服できる自分を実現していきましょう! 癌治療とは、毎日たんたんと自然療法を積み重ねていく「地道な作業」です。この「地道な作業」を大事に行なえばこそ、『癌体質の改善』とともに「癌を本当に克服する道筋」を歩むことができるのです。当ブログサイトを通して、癌患者のみなさんがその「道筋」を見出して頂けたなら幸いに思います。

カテゴリ: ◆ 食事療法・食事法 カテゴリ

 甲田光雄医学博士の一番弟子である「森美智代」先生の著書『断食の教科書』からのご紹介です。森美智代 著書の中の「生玄米粉」についての部分をご紹介させて頂きます。 ぜひ、ご参考にされてみてください m(__)m 『断食の教科書』に関する記事は「断食の教科書・森美智 ...

 甲田光雄医学博士の一番弟子である「森美智代」先生の著書『断食の教科書』からのご紹介です。森美智代 著書の中の「宿便」についての部分をご紹介させて頂きます。 ぜひ、ご参考にされてみてください m(__)m 『断食の教科書』に関する記事は「断食の教科書・森美智代」 ...

 甲田光雄医学博士の一番弟子である「森美智代」先生の著書『断食の教科書』からのご紹介です。森美智代 著書の中の「重湯断食」「青汁断食」「ドロ状青汁断食」「りんご断食」「寒天断食」「すまし汁断食」についての部分をご紹介させて頂きます。ぜひ、ご参考にされてみ ...

 甲田光雄医学博士の一番弟子である「森美智代」先生の著書『断食の教科書』からのご紹介です。森美智代 著書の中の「3日間の断食」についての部分をご紹介させて頂きます。 ぜひ、ご参考にされてみてください m(__)m 『断食の教科書』に関する記事は「断食の教科書・森 ...

 「今日はなに飯?」ブログ様からのご紹介です。 玄米が苦手な「kassunn☆」さんが「玄米クリーム」をアレンジして作った「豆乳と玄米クリームのグラタン」をご紹介されています。なかなか面白いので、ご紹介させて頂きます m(__)m 「玄米クリーム」とは甲田光雄医学博士 ...

 この記事は、「福田一典」医師の『銀座東京クリニック』から「青身の魚に含まれる DHA は、がんをおとなしくさせる」記事、及び『『漢方がん治療』を考える』から「DHA / EPA の 抗がん作用」記事の、2つの記事をご紹介させて頂きます。 当記事は、癌の『食事療法』とし ...

 「福田一典」医師の『銀座東京クリニック』から、癌の『食事療法』として必須の「糖質制限食(ケトン食)」を実行する上で有益となる「◇ 大豆と糖質の少ない野菜・果物を多く摂取する」記事をご紹介させて頂きます。 当記事では、癌の「糖質制限食(ケトン食)」において ...

 この記事は、「福田一典」医師の「『漢方がん治療』を考える」から「466)加工肉 と ナマコ(海鼠)と 大腸がん」記事の紹介です。 2015年の10月に「世界保健機関(WHO)」の専門組織である「国際がん研究機関(IARC)」が『加工肉』と『赤身肉』には発癌性があ ...

 甲田光雄先生のお弟子さんが『太陽(日光)を浴びると、なぜ危険と言われているのか?』についてお話しされている記事をご紹介させて頂きます。 現代は『太陽(日光)を浴びると危険だ!』と言われるようになってきています。 その理由は「太陽(日光)の紫外線を浴びる ...

 この記事は、「福田一典」医師の『銀座東京クリニック』の「ビタミンD3は「がん患者の死亡率」を低下させる」記事から『ビタミンD産生の流れ』の部分をご紹介します。 『ビタミンD産生の流れ』に関する図と軽い説明だけなのですが、この図を通して「ビタミンDが産生 ...

 この記事は、「福田一典」医師の『銀座東京クリニック』の「ビタミンDの抗がん作用」記事のご紹介です。 次の記事は「福田一典」医師が公開されている「『漢方がん治療』を考える」から「263)ビタミンDの抗がん作用」記事をご紹介させて頂きました記事です。  ●『 ...

 この記事は、『銀座東京クリニック』院長の「福田一典」医師が公開されています「『漢方がん治療』を考える」から「263)ビタミンDの抗がん作用」記事のご紹介です。 当記事では、「福田一典」医師が『ビタミンD』の「抗がん効果」についてお話しされています。 『 ...

 甲田光雄先生のお弟子さんが『塩を摂る重要性』についてお話しされています。 ここで言われている「塩」というのは、当然、塩化ナトリウム(NaCl)99%以上の 精製塩・化学塩・工業塩 である「食卓塩」ではなく、『海の塩』である『自然海水塩』のことです。『海の塩』 ...

 この記事は、『銀座東京クリニック』院長の「福田一典」医師が公開されています「『漢方がん治療』を考える」から「460)なぜ、がんが増えているのか?」記事のご紹介です。 当記事では、「福田一典」医師が日本社会に潜在する様々な『発癌要因』についてお話しされて ...

 この記事は、『銀座東京クリニック』院長の「福田一典」医師が公開されています「『漢方がん治療』を考える」からのご紹介です。 当記事では「福田一典」医師が、癌治療における「玄米」についての価値をお話しされています。 玄米とは、米の『全粒穀物』、米の「一物全 ...

 当記事は、肉食を中心とした糖質制限は「総死亡率」「癌死亡率」が増加する、という内容です。 この内容に重なる資料として、次の記事を参照されてください。   ● 肉食中心の糖質制限は 総死亡率・癌死亡率 が増加する!     菜食中心の糖質制限は 総死亡率・癌 ...

 食べ物を食べると、代謝の過程で「毒素」が発生します。これは、どのような食品でも同じです。 穀物であれ、豆類であれ、野菜であれ、肉類であれ、牛乳・乳製品であれ、食べ物を食べれば、その食べ物を代謝する過程で「毒素」が発生するのです。そして、身体はその「毒素 ...

 甲田光男先生のお弟子さんが「AGE(終末糖化産物:参照)」についてお話しされています。 「AGE」は老化を促進し、癌をはじめとする様々な病気の原因となる物質です。 この「AGE」を溜め込まない生活を心がけることが大切です。 「身体の酸化」が体内の「AGE」を増加さ ...

 「癌の生体検査は「癌化する可能性が高い環境」をつくり上げてしまうので、拒否すべき!」記事で、甲田光雄先生のお弟子さんは、東京大学 医学部 名誉教授で癌研究第一人者である「渋谷正史」教授について、このようにお話しされています。◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ ...

 この記事は、『銀座東京クリニック』院長の「福田一典」医師が公開されています「『漢方がん治療』を考える」から「312)牛乳・乳製品はがんを「抑制する」のか「促進する」のか?」記事のご紹介です。 当記事では、「福田一典」医師が「牛乳・乳製品は、果たして癌患 ...

 癌転移 【「膠原病、難病、癌は寛解する病気です。究極の体質改善法」(甲田光雄先生のお弟子さん)より 】   ● http://minds.jcqhc.or.jp/n/public_user_main.php  生体癌検査後、転移するので注意を促しています。 『メラノーマ』という名前で書かれていますが、 ...

 当記事は、甲田光雄先生のお弟子さんが「身体の酸化(酸化体質)」によって病気が発病するメカニズム(原理)についてお話しされている内容です。主に「膠原病」を主体にお話しされていますが、これは癌に重ね見てご参考にして頂きたい内容です。 癌も「身体の酸化(酸化 ...

 この記事は、甲田光雄先生のお弟子さんが、癌治療に有効する放射線療法についてお話しされている内容です。 そして、癌患者さんが採用すべき癌治療についてもお話しされています。 また、甲田光雄先生のお弟子さんは、癌という病気のことを、体内における「酸化」が複合 ...

 この記事は、甲田光雄先生のお弟子さんが「抗がん剤のカラクリ」について分かりやすく明示してくださっている貴重な記事です。甲田光雄先生のお弟子さんは、世の癌医療に現われている当たり前な現象を分かりやすく説明してくださっています。世間一般の方々は、この「社会 ...

 この記事は、『銀座東京クリニック』院長の「福田一典」医師が公開されています「『漢方がん治療』を考える」から「187)がん治療に役立つ食材(11): 梅(梅肉エキス)」記事と「355)解糖系を阻害しながらクエン酸回路(TCA回路)を活性化すると、がん細胞は死 ...

 この記事は、『銀座東京クリニック』院長の「福田一典」医師が公開されています「『漢方がん治療』を考える」の「353)がん細胞の解糖系を徹底的に阻害する方法」記事の中から、『クエン酸』が癌治療に有効する、という内容を、メキシコの「ハラベ」医師(Dr. Alberto H ...

 当記事は、癌治療に有効する『クエン酸』についての記事をご紹介し、『クエン酸サプリメント』をご紹介・推奨している記事です。当然ながら、酢・梅干・トマト・レモン・グレープフルーツからも『クエン酸』を摂取することができますので、こうした「天然の食品」を積極的 ...

 栄養バランス、DHA を考える 【「膠原病、難病、癌は寛解する病気です。究極の体質改善法」(甲田光雄先生のお弟子さん)より 】 DHA は正しくは「ドコサヘキサエン酸」と言い、脳神経を活発化させる働きがあります。 いわゆる、「頭が良くなる」と言われているのが DHA ...

 この記事は、『銀座東京クリニック』院長の「福田一典」医師が公開されています「『漢方がん治療』を考える」から「310)グリセミック負荷(ブドウ糖負荷)とがん」記事、また『銀座東京クリニック』のサイトにあります「◇ 糖質は可能なかぎり減らす」記事の2つの記事 ...

 この記事は、『銀座東京クリニック』院長の「福田一典」医師が公開されています「『漢方がん治療』を考える」から、「392)ケトン食と食物繊維」と「393)食物繊維の抗がん作用」の2つの記事のご紹介です。 「福田一典」医師が当記事でお話されていますのは、食物 ...

 この記事は、『銀座東京クリニック』院長の「福田一典」医師が公開されています「『漢方がん治療』を考える」から、「392)ケトン食と食物繊維」と「393)食物繊維の抗がん作用」の2つの記事のご紹介です。 「福田一典」医師が当記事でお話されていますのは、食物 ...

 糖化現象がなぜ悪いのか ~ 予防法まで 【「膠原病、難病、癌は寛解する病気です。究極の体質改善法」(甲田光雄先生のお弟子さん)より 】 簡単に『糖化現象』について書いていきます。 『糖化現象』は体に悪いということは聞いても、治し方や再生法は書いていません ...

 ラドン抗酸化作用の簡単な証明法 【「膠原病、難病、癌は寛解する病気です。究極の体質改善法」(甲田光雄先生のお弟子さん)より 】 賢い読者なら分かると思いますが、誰でもできる「酸化しているか」「酸化還元できているか」の識別です。 私自身、カツドンご飯半分以 ...

 この記事は、次の記事から『糖質1gから、水素が50cc つくられる』という重要な部分を抜粋しています。   ● 癌の正体【癌は「重水素」と結合して初めて強化する:     癌細胞=ミトコンドリアが活動不能な酸性環境の細胞:     正常細胞を『癌の分泌物・乳 ...

 この記事は、次の記事から『糖質1gから、水素が50cc つくられる』という重要な部分を抜粋しています。   ● 癌の正体【癌は「重水素」と結合して初めて強化する:     癌細胞=ミトコンドリアが活動不能な酸性環境の細胞:     正常細胞を『癌の分泌物・乳 ...

 この記事は、次の記事の抜粋です。   ● 甲田療法式「糖質制限食」のレシピ【 糖質を完全に抜いた食事療法は大変危険です!:     糖質制限食の肉食は、獣肉食には弊害があるため、獣肉よりも、鶏肉・魚肉を選んで!】   ●『糖化現象』がなぜ悪いのか ~ 予防法 ...

 この記事は、甲田光雄先生のお弟子さんが「森美智代」先生との思い出話をしながら、森美智代先生が持病として抱えていた「脊髄小脳変性症」を治すために甲田光雄先生の下で命懸けで実行された『仙人食』である『生玄米粉』や『生菜食療法』のお話をされています。 森美智 ...

 ※『回転式本部』は、2015年10月に『治療庵 楽道』と名称を変更しています。   当記事は2015年10月以前に作成しましたので、『治療庵 楽道』を『回転式本部』と記しています。◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ ...

 この記事は、『銀座東京クリニック』院長の「福田一典」医師が公開されています「『漢方がん治療』を考える」からのご紹介です。「福田一典」医師が『ケトン体』やケトン食について分かりやすく説明されている記事をご紹介させて頂きます。『ケトン体』の概要を知るのにち ...

 甲田光雄先生のお弟子さんが、甲田療法の『生菜食療法』をベースに置いた、獣肉食を一切含まない「糖質制限食のメニュー」を細かく提案してくださっています。これは非常に参考になります。 獣肉食を避けたい癌患者さんは、ぜひご参考にされてください。よろしくお願いし ...

 甲田光雄先生のお弟子さんが、甲田療法の『生菜食療法』をベースに置いた、獣肉食を一切含まない「糖質制限食のメニュー」を細かく提案してくださっています。これは非常に参考になります。 獣肉食を避けたい癌患者さんは、ぜひご参考にされてください。よろしくお願いし ...

 死亡率 No1が 薬害の国々 【「膠原病、難病、癌は寛解する病気です。究極の体質改善法」(甲田光雄先生のお弟子さん)より 】 とても強い見出しで、ごめんなさい m(__)m 今現在、投薬で体調を維持している人にも、リスクをぜひ正しく知る必要があると考えております。 ...

 糖質制限食の嘘と本当!? 【「膠原病、難病、癌は寛解する病気です。究極の体質改善法」(甲田光雄先生のお弟子さん)より 】 私自身、長い間、食事療法を勉強して実践してきました。 しかし、膠原病の体調が少し回復して元の食事に戻して手術をしてから大変な状態に陥 ...

 この記事は、『赤血球』と「ブドウ糖」と「糖質制限食」の関係についてお話しさせて頂いている記事です。 『赤血球』は ミトコンドリア を持たないため、解糖系だけでエネルギー(ATP)を産生している細胞ですから、『赤血球』が唯一エネルギー源とすることができるのは「 ...

●『食物繊維サプリメント』の活用を考案した動機 『食物繊維サプリメント』を活用する目的と意図 私が『食物繊維サプリメント』を我が家の食養に取り入れることを考案したのには、このようなわけがありました。 うちの現在95歳になるお婆ちゃまが90歳を過ぎたあたり ...

● 我が家の簡単な食養暦 我が家は「生菜食」を導入する以前から玄米食を導入していました。 厳格な玄米菜食という食事内容ではなかったものの、我が家はすでに玄米食をしていたのですが、玄米食をすることによって私の父母の持病が大きく改善していくようなことはありませ ...

● 我が家の簡単な食養暦 我が家は「生菜食」を導入する以前から玄米食を導入していました。 厳格な玄米菜食という食事内容ではなかったものの、我が家はすでに玄米食をしていたのですが、玄米食をすることによって私の父母の持病が大きく改善していくようなことはありませ ...

 オランダの医師「コーネルス・モアマン(1893~1988)」が50年間、普及した『モアマン抗ガン食事療法』のご紹介です。この『モアマン食事療法』は、甲田光雄医学博士が50年間以上にわたって命懸けで普及し続けられた『生菜食療法』に近い食事療法です。 甲田光雄医学 ...

 これは甲田光雄先生のお弟子さんの言葉ですが、私はこの言葉は名言だと思います。 甲田光雄先生のお弟子さんは、この記事の中でこのように喝破されています。   ● 真実の愛、本当の自分自身、本当の癌を治す体質改善、膠原病を治す体質改善も全て、     「常識の ...

 免疫枯渇現象について 【「くすりのツカダ健康相談室」より 】 (この記事は、下の記事の『免疫枯渇』の【補足】として設けています) きのこ製剤に含まれる βグルカンなどの多糖体は免疫細胞を刺激して癌免疫を高めますが、 同じきのこ製剤を長く使うと、だんだん効果 ...

このページのトップヘ