癌と食養 ☆★☆ 自然療法による癌治療 ~ Cancer Therapies by Naturopathy

癌治療を三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけで行なっても、癌は絶対に治りません。しかも、抗がん剤・放射線を行なうと「癌が治らない体」になってしまいます。癌を正しく知り、食事療法・少食療法・断食療法という「食のコントロール」を基軸に置き、飲尿療法で自己免疫を改善・強化しながら、他にも実際に癌治療に有効している自然療法を複合的に併用して色々と組み合わせて行なうことで癌体質を改善し、癌を克服できる体に建て替え、建て直すことが癌治療を行なう上で最も重要であり、ここが最も大切な「癌の認識」です。癌体質こそが「癌の正体」であり、癌体質こそが「体内に癌を生み出している元」なのです。この癌体質を改善することこそ、癌治療の根本です。癌体質を改善する要素が一切無く、かえって癌体質を悪化させてしまう三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけの癌治療では、癌を治すことは絶対にできません。自然療法(食事療法・少食療法・断食療法・飲尿療法など)を実践することで地道に癌体質を改善しながら、癌に打ち勝つ「体づくり」を日々積み重ねて、癌を克服できる自分を実現していきましょう! 癌治療とは、毎日たんたんと自然療法を積み重ねていく「地道な作業」です。この「地道な作業」を大事に行なえばこそ、『癌体質の改善』とともに「癌を本当に克服する道筋」を歩むことができるのです。当ブログサイトを通して、癌患者のみなさんがその「道筋」を見出して頂けたなら幸いに思います。

カテゴリ:◆ 栄養学 カテゴリ > 栄養学の大嘘(栄養学の誤り)

 この記事は、「炭水化物が人類を滅ぼす-糖質制限からみた生命の科学 夏井睦医師」記事の『腸内細菌による、宿主への栄養産生提供』に関する部分の抜粋です。長い記事なので、部分抜粋します。 このような『腸内細菌が栄養を産生して宿主(人間)に提供している』という ...

 「マクガバン・レポート(参照)」や「チャイナ・スタディ(参照1・参照2・参照3)」の研究成果によって、アメリカは「獣肉食には弊害がある」と公に発表しています。ここからも「獣肉食にはマイナス面もたくさんありそうだ・・・」ということが感じられることと思います。 ...

【朝食有害説】「朝食を食べると健康」は嘘?朝食を食べなくても脳に必要なエネルギーは足りている!朝食を食べ過ぎるのは良くない!  【「真実を探すブログ」より 】 テレビや学校では「朝食をたくさん食べて健康になろう!」などと言いますが、実はこれは嘘で、朝食の食 ...

 元記事は、2012年の黙示録です。 吉丸房江さんの著書「蝶になる日 - 新しい時代へのおけいこ」の中から、食に関する内容のご紹介です。元記事では、食の内容の他にも多数の霊的な内容の記事が紹介されています。興味のある方は、ぜひご覧になってみてください。 ≪ ...

このページのトップヘ