癌と食養 ☆★☆ 自然療法による癌治療 ~ Cancer Therapies by Naturopathy

癌治療を三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけで行なっても、癌は絶対に治りません。しかも、抗がん剤・放射線を行なうと「癌が治らない体」になってしまいます。癌を正しく知り、食事療法・少食療法・断食療法という「食のコントロール」を基軸に置き、飲尿療法で自己免疫を改善・強化しながら、他にも実際に癌治療に有効している自然療法を複合的に併用して色々と組み合わせて行なうことで癌体質を改善し、癌を克服できる体に建て替え、建て直すことが癌治療を行なう上で最も重要であり、ここが最も大切な「癌の認識」です。癌体質こそが「癌の正体」であり、癌体質こそが「体内に癌を生み出している元」なのです。この癌体質を改善することこそ、癌治療の根本です。癌体質を改善する要素が一切無く、かえって癌体質を悪化させてしまう三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけの癌治療では、癌を治すことは絶対にできません。自然療法(食事療法・少食療法・断食療法・飲尿療法など)を実践することで地道に癌体質を改善しながら、癌に打ち勝つ「体づくり」を日々積み重ねて、癌を克服できる自分を実現していきましょう! 癌治療とは、毎日たんたんと自然療法を積み重ねていく「地道な作業」です。この「地道な作業」を大事に行なえばこそ、『癌体質の改善』とともに「癌を本当に克服する道筋」を歩むことができるのです。当ブログサイトを通して、癌患者のみなさんがその「道筋」を見出して頂けたなら幸いに思います。

カテゴリ:◆ 食養 カテゴリ > 生菜食療法(ローフード)

 当記事は『三宅薬品』を経営される「三宅和豊」さんの「薬屋のおやじのボヤキ」ブログから、甲田光雄医学博士が命懸けで残してくださった『甲田療法』の『生菜食療法』についての見解を示されている、大変素晴らしい記事をご紹介させて頂きます。三宅薬品 三宅和豊 三宅 ...

 当記事は『三宅薬品』を経営される「三宅和豊」さんの「薬屋のおやじのボヤキ」ブログからのご紹介です。三宅薬品 三宅和豊 当記事は、三宅和豊さんが「冷え症」の改善についてお話されています。 非常にためになりますので、ぜひ、ご参考にされてみてください。 そし ...

 当記事は『三宅薬品』を経営される「三宅和豊」さんの「薬屋のおやじのボヤキ」ブログからのご紹介です。三宅薬品 三宅和豊 当記事は、一般の食事に『生菜食』を組み合わせた場合の考察、そして『青汁(生野菜ジュース)』を実行する上での注意事項について、三宅和豊さ ...

 当記事は、次の記事の中の『タジン鍋』に関する部分を抜粋し、加筆したものです。   ●『生菜食療法』や『青汁』を行なう場合は、    「塩(海の塩:自然海水塩)」をしっかりと適宜に摂ることが非常に重要です!    【 塩は胃液の材料となり、胃腸を守る薬とな ...

 甲田光雄医学博士の一番弟子である「森美智代」先生の著書『断食の教科書』からのご紹介です。森美智代 著書の中の「生菜食療法」についての部分をご紹介させて頂きます。 ぜひ、ご参考にされてみてください。 『断食の教科書』に関する記事は「断食の教科書・森美智代 ...

 当記事は「がんにならない.com」様からのご紹介です。 この記事では “「断食療法」で癌を治した女性 ” の You Tube の動画がご紹介されており、「断食療法」がなぜ癌を治すのかについて考察されています。 この You Tube の動画の女性は「デスモイド腫瘍」という “1 ...

 甲田光雄先生のお弟子さんが『塩を摂る重要性』についてお話しされています。 ここで言われている「塩」というのは、当然、塩化ナトリウム(NaCl)99%以上の 精製塩・化学塩・工業塩 である「食卓塩」ではなく、『海の塩』である『自然海水塩』のことです。『海の塩』 ...

 この記事は、『銀座東京クリニック』院長の「福田一典」医師が公開されています「『漢方がん治療』を考える」から、「392)ケトン食と食物繊維」と「393)食物繊維の抗がん作用」の2つの記事のご紹介です。 「福田一典」医師が当記事でお話されていますのは、食物 ...

 この記事は、『銀座東京クリニック』院長の「福田一典」医師による、癌治療における『水素』の「抗酸化作用」「酸化還元作用」の有効性について非常に分かりやすく解説されている記事のご紹介です。 癌は、身体が「酸化」した結果としてなる症状です。「癌になった」=「 ...

 この記事は、次の記事から『糖質1gから、水素が50cc つくられる』という重要な部分を抜粋しています。   ● 癌の正体【癌は「重水素」と結合して初めて強化する:     癌細胞=ミトコンドリアが活動不能な酸性環境の細胞:     正常細胞を『癌の分泌物・乳 ...

 この記事は、甲田光雄先生のお弟子さんが「森美智代」先生との思い出話をしながら、森美智代先生が持病として抱えていた「脊髄小脳変性症」を治すために甲田光雄先生の下で命懸けで実行された『仙人食』である『生玄米粉』や『生菜食療法』のお話をされています。 森美智 ...

 甲田光雄先生のお弟子さんが、甲田療法の『生菜食療法』をベースに置いた、獣肉食を一切含まない「糖質制限食のメニュー」を細かく提案してくださっています。これは非常に参考になります。 獣肉食を避けたい癌患者さんは、ぜひご参考にされてください。よろしくお願いし ...

 この記事は、『赤血球』と「ブドウ糖」と「糖質制限食」の関係についてお話しさせて頂いている記事です。 『赤血球』は ミトコンドリア を持たないため、解糖系だけでエネルギー(ATP)を産生している細胞ですから、『赤血球』が唯一エネルギー源とすることができるのは「 ...

● 我が家の簡単な食養暦 我が家は「生菜食」を導入する以前から玄米食を導入していました。 厳格な玄米菜食という食事内容ではなかったものの、我が家はすでに玄米食をしていたのですが、玄米食をすることによって私の父母の持病が大きく改善していくようなことはありませ ...

 オランダの医師「コーネルス・モアマン(1893~1988)」が50年間、普及した『モアマン抗ガン食事療法』のご紹介です。この『モアマン食事療法』は、甲田光雄医学博士が50年間以上にわたって命懸けで普及し続けられた『生菜食療法』に近い食事療法です。 甲田光雄医学 ...

 火食 【「膠原病、難病、癌を治す会 掲示板」(甲田光雄先生のお弟子さん)より 】 昔、人間は火を使わない時代(人類がまだ加熱調理をせずに「生食」をしていた時代)、 免疫力が現代社会人の10倍くらいあるとされています。 自然界に住む動物は、人間の10倍強い ...

 ウォーカー式とは 【「食べない生き方」より 】 ノーマン・ウォーカー博士は、イギリス出身の理学博士で、 栄養学と内分泌腺の研究の世界的権威として知られています。 アリゾナに住み、自分が食べる果物や野菜は自分の果樹園や野菜畑で育て、 果物、野菜、木の実、種 ...

 この記事は、京都大学名誉教授で『からすま和田クリニック』院長の「和田洋巳」医学博士の「京都からすま和田クリニック 和田洋巳の相談室」ブログからのご紹介です。 甲田療法の “『生玄米粉』+『生菜食』(生玄米&生菜食)” で癌を改善していった「Yさん」という癌 ...

 当記事では、マクロビオティックの大家である「久司道夫」氏の著書『久司道夫のマクロビオティック 入門編』のアマゾンのレビューにある「かたくりこ」様の感想をご紹介しながら「植物の生食」に関するお話を進めていきます(レビュー)。 食養に目覚めた多くの人が決まっ ...

 これは、「肺がんを自力で治す人体実験」ブログの管理人さんが、甲田光雄先生を師と仰がれている「森本芳生」先生より頂いたコメントを掲載してくださった記事です。 甲田光雄先生から直接学ばれた森本先生のお話を、ぜひご覧になられてみてください m(__)m この記事をご ...

 「炭水化物が人類を滅ぼす-糖質制限からみた生命の科学 夏井睦医師」にて、夏井睦医師の著書「炭水化物が人類を滅ぼす - 糖質制限からみた生命の科学」の中の、不溶性食物繊維の『セルロース』と、その『セルロース』を分解してビタミン・短鎖脂肪酸・アミノ酸などの重 ...

 この記事は、夏井睦医師の著書「炭水化物が人類を滅ぼす - 糖質制限からみた生命の科学」の中の、不溶性食物繊維の『セルロース』と、その『セルロース』を分解してビタミン・短鎖脂肪酸・アミノ酸などの重要な栄養を産生する『セルロース分解菌』の関係が細かく解説され ...

 昨日アップしました「PET検査に見る「ブドウ糖」は、キキも驚く『癌の直送便』!【癌を治すためには、ブドウ糖から『短鎖脂肪酸』へとエネルギー源をシフトすべし! 癌の食事療法の要点】」記事ですが、もう一度加筆訂正を加えて、全体的に読みやすくまとめ直しました。 ...

 ガンの食事療法 ~ ゲルソン療法とは ~ 【「癌の食事療法と、癌に効く食べ物」より 】● ガンの食事療法 ~ゲルソン療法とは~ 欧米では近年までガン医療の本流に、食事療法は含まれていませんでした。 (日本は最も遅れているかもしれません) (下記に注釈) しか ...

 ガンの食事療法 ~ 甲田療法とは ~ 【「癌の食事療法と、癌に効く食べ物」より 】● ガンの食事療法 ~甲田療法とは~ ゲルソン療法と並んで、日本でも有名なのが、甲田光雄先生(甲田医院院長)の「甲田療法」です。 もともと病弱で、胃腸炎や肝炎など、多くの病気 ...

 この「生菜食療法の実行によって、インターフェロンが増えて免疫力が高まる」という話は有名です。 この記事は、その話が簡潔によくまとめられています。 私は生菜食を始めて以降、風邪をまったく引かなくなりました。私の父母は私ほど生菜食はしていませんが、父母は生 ...

 この記事は、甲田光雄先生に質問形式でお話を伺っているもので、会話調なのでとにかく読みやすいです。 甲田光雄先生がどのようにして西式の『生食療法』を甲田療法の『生菜食療法』へと発展させていったのかがよく分かります。「生菜食」や「生玄米粉」についての解説も ...

 西式とは 【「食べない生き方」より 】 西勝造先生は、日本で最初の地下鉄を設計した土木技師で、西式健康法の創始者です。 西式健康法は、薬や医者に頼らずに自然治癒力を高める事によって病気を治そうとするのが特徴で、戦前から戦後にかけて普及し、宮家をはじめ、政 ...

 この記事は、私が「手術後の食事、病院食はペンション程度、インド食養学、中村天風の結核を治した食事、戦争を経験した私のお婆ちゃまの信念」にて、大事な食養観についてお話させて頂きました内容の抜粋です。 最後に、食養のことをお話ししますね。 食養を探求してい ...

 生菜食を簡単に説明します。 本当はもっと細かいのですが、一般の人には「野菜は生で食べる」で充分です。 生菜食では『根と葉、等量』と言います。 根とは「根菜類の野菜」、葉とは「葉菜類の野菜」です。 『根と葉、等量』とは、「根菜類の野菜」と「葉菜類の野菜」 ...

 これはたまたま発見したのですが、高嶋綾也(りょうや)さんという「ローフード(生菜食)」料理の教室を開いている27歳のイケメン男性をご紹介している記事になります。生菜食(ローフード)の価値を世間に広めてくれているなんて、ホントに感謝です! 記事には「原宿 ...

 私は、西式健康法の創始者である西勝造先生の名著「原本 西式健康読本」の中の生菜食に関する部分を、次の記事でご紹介させて頂きました。  ●「火食の害」から見つめる、生食(生菜食)の意義と価値【西式健康読本:西勝造】  ● 西式健康法 - 生食療法(生菜食療法 ...

 これは、西式健康法創始者である西勝造先生の著書「原本 西式健康読本」の中の「生菜食」に関する内容です。「「火食の害」から見つめる、生食(生菜食)の意義と価値【西式健康読本:西勝造】」にて少しご紹介させて頂いたのですが、生菜食に関わる部分を追加してご紹介い ...

 我が家では、「二木謙三の「野菜の二分間煮」と、肥田春充の「野菜の生煮え」【生野菜食が苦手な人のための、ちょうど良い妥協策】」にてご紹介させて頂きました「野菜の生煮え」の方法で作った『野菜のソルトスープ』が人気があり、私はたまに家族に作っています。野菜の ...

 私は当ブログサイトで「生菜食の価値」を何度となくお話ししてきました。 でも、生野菜食がどうしても苦手な人も多いでしょうから、そこで、ご紹介したい「調理法」があります。 二木謙三博士の「野菜の二分間煮」と、肥田春充博士の「野菜の生煮え」です。 まずは、食 ...

 『植物の生食』、これは私が食養学に出会ってから一番「価値」を見出した食養法(食事法)です。 「生食」と言うと何を連想しますか? 「食物を生のまま食べる」だと思いますが、まったくその通りです。 問題は、その「生で食べる食物」なのですが、生食をするときの食 ...

 ハウエル式とは 【「食べない生き方」より 】 エドワード・ハウエル博士は、生の食品やジュース療法を用いた難病治療法を確立し、食物酵素理論を世界で最初に提唱した酵素栄養学のパイオニアにして最高権威です。 エドワード・ハウエル博士は、50年もの歳月をかけて酵 ...

 この記事は、甲田光雄先生のお弟子さんが「Lさん」からの次のご質問にお答えしている内容です。【Lさんからのご質問】(参照)「すみません。玄米のこと、よく理解していませんでした。 玄米クリームとは、(玄米を)粉にしたものを煮るのでよいのでしょうか? 酵素につい ...

 この記事は、甲田光雄医学博士の著書を読み、ご自身の病気を治すべく独学で生菜食を始められた「Lさん」からのご質問に対して、甲田光雄先生のお弟子さんがお答えしている内容です。生菜食をされている方には大変参考になられるかと思いますので、ぜひご一読されてみてくださ ...

胃腸の弱い人が甲田療法を行なう場合には、まずは、玄米クリーム・豆腐・青汁で胃腸を整え回復してから、断食や生菜食を取り入れていく。(仮題) 【「西式健康法 掲示板」(甲田光雄先生のお弟子さん)より 】 本に書かれてる色々な食材なら食べても大丈夫だと勘違いして ...

 抗がん剤も使わず 断食と生菜食で “ガン” 完治 【「gooブログはじめました!」より 】● 抗がん剤も使わず 断食と生菜食で “ガン” 完治 (1959年の「毎日新聞」から) 「難病のがんでも、強い意志力を持って断食療法による体質改善をすれば必ず克服できる」― ...

 生で食べれば病気にならない 【「食べない生き方」より 】 生活習慣病を患うのは、人間と飼育動物だけです。 野生動物は、生活習慣病にはなりません。 その理由として考えられるのが食事の内容です。 以前、ある動物を使った比較実験が行われました。 生の食品だけを ...

 冷え症は生野菜で治る 【「食べない生き方」より 】 冷え症とは、人体内のホルモン系や自律神経系が何らかの原因で異常となり、その結果、手、足、その他末梢の血液循環を調節している血管運動神経が機能不全となり、その部位の血液循環が不充分となり、異常な冷えを感じ ...

 ~ 食事内容 レシピ ~ 【「膠原病、アトピー、アレルギー完治させます!」(甲田光雄先生のお弟子さん)より 】 私自身、断食に入る前に『生玄米粉菜食療法』をスタートして1週間目です。 体重は4キロ落ちました。 (この『生玄米粉菜食療法』は「生玄米粉+生菜食」 ...

 生菜食療法 ~ 膠原病や癌患者に一番有効な食事法 ~ 【「膠原病、アトピー、アレルギー完治させます!」(甲田光雄先生のお弟子さん)より 】 (以下は、甲田療法の「生玄米粉」の食事の価値を話されています:ブログ管理人) 一般的に、生のデンプンは β(ベータ) ...

 甲田光雄先生は、このような言葉を残されています。  「癌は一筋縄ではいかない。玄米ご飯と菜食で癌を克服するのは無理で、生菜食と断食を組み合せるしかない。」 これは、『生菜食療法』と『断食療法』を駆使し、多くの難病・重病患者さんに向き合いながら、長年、難 ...

このページのトップヘ