癌と食養 ☆★☆ 自然療法による癌治療 ~ Cancer Therapies by Naturopathy

癌治療を三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけで行なっても、癌は絶対に治りません。しかも、抗がん剤・放射線を行なうと「癌が治らない体」になってしまいます。癌を正しく知り、食事療法・少食療法・断食療法という「食のコントロール」を基軸に置き、飲尿療法で自己免疫を改善・強化しながら、他にも実際に癌治療に有効している自然療法を複合的に併用して色々と組み合わせて行なうことで癌体質を改善し、癌を克服できる体に建て替え、建て直すことが癌治療を行なう上で最も重要であり、ここが最も大切な「癌の認識」です。癌体質こそが「癌の正体」であり、癌体質こそが「体内に癌を生み出している元」なのです。この癌体質を改善することこそ、癌治療の根本です。癌体質を改善する要素が一切無く、かえって癌体質を悪化させてしまう三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけの癌治療では、癌を治すことは絶対にできません。自然療法(食事療法・少食療法・断食療法・飲尿療法など)を実践することで地道に癌体質を改善しながら、癌に打ち勝つ「体づくり」を日々積み重ねて、癌を克服できる自分を実現していきましょう! 癌治療とは、毎日たんたんと自然療法を積み重ねていく「地道な作業」です。この「地道な作業」を大事に行なえばこそ、『癌体質の改善』とともに「癌を本当に克服する道筋」を歩むことができるのです。当ブログサイトを通して、癌患者のみなさんがその「道筋」を見出して頂けたなら幸いに思います。

カテゴリ:◆ 食養 カテゴリ > 少食療法

 当記事は「空腹になると、免疫力が上がる」という内容の「5記事」をご紹介させて頂きます。 「空腹」になると免疫力が上がる、これは医学的に解明されている事実です。 この理由は、次の画像の中に分かりやすく書いてあります。「空腹は人を幸せにする(真弓先生の漫画 ...

 甲田光雄医学博士の一番弟子である「森美智代」先生の著書『断食の教科書』からのご紹介です。森美智代 著書の中の「少食法の基本メニュー」についての部分をご紹介させて頂きます。 ぜひ、ご参考にされてみてください。 『断食の教科書』に関する記事は「断食の教科書 ...

 粗食(「3日食べなきゃ、7割治る!」より抜粋 ) 【「内海聡 facebook」(内海聡医師)より 】 甲田医師(甲田光雄医学博士)も「少食が免疫力を高める」ことを臨床的に証明しています。 まず、甲田医院に来院する患者には、すべて「腹七分」の少食健康法を指導してい ...

 この記事は「食べない生き方」様からのご紹介です。ミトコンドリアの要点を簡潔にまとめてくださっています。 ミトコンドリアは「少食」や「断食」という「空腹」の時間に最も増えます。 ミトコンドリアを蘇生させるには、『栄養療法(食事療法・食事改善)』に加えて、 ...

● 過食による『血液の富栄養化』が、体内の「酸素不足・酸素欠乏」を引き起こす!  そして、体内の「酸素不足・酸素欠乏」は、癌の原因となる!  「少食」を守って「余分な栄養は抜く」ことが大事! 多くの人たちは「栄養を摂取するのは良いこと」だと思っています。 確 ...

 この記事は、某大手ドラッグストアに「管理薬剤師」として勤務されている薬剤師の先生「アポテーカ哲」さんのブログ「心と体の健康図書館」様からのご紹介です。 流石は薬剤師の先生だけあって、なかなか硬派な内容のブログです(笑) 私が好むような、東洋医学的な雰囲 ...

 「腸内環境を整える」には、世間では通常、『食事の改善』や『発酵食品の摂取』などが推奨されています。 食事を改善したり、発酵食品を摂取することにより、善玉菌が繁殖し、悪玉菌の繁殖が抑制されます。 しかし、善玉菌を繁殖させ、悪玉菌の繁殖を抑えて「腸内環境を ...

 糖質制限食で、癌の成長が止まる(仮題) 【「膠原病、難病、癌を治す会 掲示板」(甲田光雄先生のお弟子さん)より 】 癌治療は世界中の悩みです。 患者さんが自分自身の癌の種類をなぜ知らない人が多いのか、それが不思議です。 日本人でも知らない人が多いのですが ...

 一日三食は不健康 【「キチガイ医の素人的処方箋」(内海聡医師)より 】 こんな当たり前のことが、まだまかり通ってるんですよね♪ 半分食べれば2倍長生き  ● 腹八分で医者いらず  ● 腹六分で老いを忘れる  ● 腹四分で神に近づく ヨガの教えの中には、生と ...

 「福田一典医師の『癌の中鎖脂肪ケトン食療法』論考(1)」を全体的に加筆訂正しました。 この記事は、私が特にお伝えしたい大事な内容のひとつです。 この記事に、以下の項目を追加しました。  ◆ 世間一般の多くの癌患者が「癌が増大して進行してしまう」理由が “ ...

 この記事は、甲田光雄先生のお弟子さんが「ミヤリサン、便秘、栄養を取りすぎる【便秘は宿便がある証拠:血液を綺麗にする基本は血液中の「富栄養化現象」をなくすこと:癌は栄養を取りすぎてしまうことが原因】」にてお話しされていた内容を基にしています。ぜひ、そちら ...

 この記事は、甲田光雄先生のお弟子さんが質問者様にお答えされている内容ですが、癌において大変有益な情報が含まれていますので、ぜひご覧になってみてください m(__)m ミヤリサン 【「西式健康法 掲示板」(甲田光雄先生のお弟子さん)より 】● 質問者のT様(リンク ...

 この記事は、「『余命1ヶ月の花嫁』に、私が思うこと・・・【末期癌患者が獣肉を食すことは命を捨てる自殺行為に等しい】」の『抗がん剤治療』と『癌の手術』に関する部分の抜粋です。特に『癌の手術』のところは重要です。 記事のあとに、私の【『癌の手術』に関する補足 ...

●『3日食べなきゃ、7割治る』船瀬俊介(著) 『1日3食のうち2食は自分のため、1食は医者のため』~ ドイツの諺  【「るいネット」より 】 『3日食べなきゃ、7割治る!』 船瀬俊介(著)より 病気を治す。その方法は5つあります。 その内容とは、① 少食、② ...

 飽食で溢れ返っている現代の日本とは違い、食べるものがろくになかった明治時代に生まれた私の曾祖父母は、父方も母方も、みな80歳代、90歳代まで生きています。父方の曾祖父は80歳代で、曾祖母は94歳。母方の曾祖父母は92歳と94歳です。みな、日本がまだ貧し ...

 この記事は、甲田光雄先生のお弟子さんが「Lさん」からの次のご質問にお答えしている内容です。【Lさんからのご質問】(参照)「すみません。玄米のこと、よく理解していませんでした。 玄米クリームとは、(玄米を)粉にしたものを煮るのでよいのでしょうか? 酵素につい ...

 元記事は、山ちゃんの食べもの考です。 甲田光雄医学博士の著書「少食が健康の原点」から、少食を考える内容です。 この記事のあとに、もう一つ別の記事をご紹介します。◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ ...

奇跡が起こる “超少食”少食を心がければ免疫力が高まり、病気にならない体に変わる《新潟大学大学院教授 安保徹》 【「pimboke6」より 】 またまた、絶食もしくは少食の話題。 これ( 奇跡が起こる「超少食」)は、あの「安保徹」さんが書いた、超小食のすすめ。 なぜ ...

 甲田光雄式少食健康法 【「末期がんの食事療法と改善在宅治療」より 】 甲田光雄氏と言えば、現在、流行の少食健康法を最初に世に打ち立てた最大の功労者と言える先生です。少食健康法に関する書物はたくさんありますが、たいてい玄米食を勧めるあたりなど、甲田医師の影 ...

● ガンにかからない、放射線に強い、長寿の体は少食から【質問】 断食、少食がさまざまの病気を治し、健康にいいというのは、医学的にどのように確かめられているのですか。【甲田光雄 医学博士】 昔から「腹八分目医者いらず」と言われてきましたが、そのことが健康長寿 ...

 元記事は、2012年の黙示録です。 甲田光雄医学博士の著書「断食・少食健康法 - 宗教・医学一体論」の『少食の効用』に関する内容です。◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ ...

 我々は、どのくらい食べるべきなのか? 《少食のすすめ》 【「★阿修羅♪」より 】 ★ 食べるべき量の目安 ★ 食べる量も、食事法の中で重要な位置を占めています。食物の内容が良くても量が多過ぎれば、体に良くありません。常に適量を知り、それに満足することがとて ...

 食養学者であり、食事療法の専門医であられた「甲田光雄」医学博士は、一般の人向けの「食事メニュー(食養メニュー)」として、次のような食事内容を挙げられています。 ぜひ、ご参考にされてみてください m(__)m◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ ...

 『朝食を抜いたらこうなった 』(甲田光雄) 【「断食・少食・ダイエット日記」より 】◆『朝食を抜いたらこうなった』甲田光雄 (春秋社 2003年)                     朝食を抜いたらこうなった 現代医学は、栄養を取り入れる面をよく考えた ...

 「食べすぎ」るから病気になる  【「zeranium のブログ」より 】 「食べすぎ」は免疫力を低下させる。 「免疫」とは文字通り、疫、つまり病気を免れるために、体に備わった能力のことである。簡単に言えば「免疫力」とは、私たちの体の中を自由に泳ぎまわっている、「白 ...

 膠原病、ビオチン療法、数値 【「膠原病、アトピー、アレルギー完治させます!」(甲田光雄先生のお弟子さん)より 】 基本的な食事療法を主軸として、調子が良いからと食べ過ぎてしまうとアウトです。 大体、ご存知だと思いますが、基礎代謝以上の食事は老化を起します ...

 生野菜ジュースを実践されている方はけっこう多いかと思います。 「ジューサー派」と「ミキサー派」に分かれると思いますが、一体どちらが良いのでしょうか? 私は、どちらでもかまわないと思います。 生野菜ジュースを作るのに、「ジューサー」が良いか、「ミキサー」 ...

【※ この記事は、こちらの記事の「少食」部分の抜粋です 】 それでは、岡本さんがくださったコメントの内容に入ります。「私も、今まで頭になかった食べる量を意識して、腹5分を目安にすることにしました。 毎日おなか空きっぱなしです。さすがに断食は無理のようです。 ...

 腎臓病(1) 出会い・序  【「西式甲田療法による介護」より 】 (『腎臓病と甲田療法 - 現代医学で治らぬ人のために』甲田光雄:創元社:1500円 ) 【甲田先生との出会い】 一〇年前に、私は、大阪大学医学部に内地留学し、丸山博先生の御指導をうけました。そ ...

 甲田光雄先生は、このような言葉を残されています。  「癌は一筋縄ではいかない。玄米ご飯と菜食で癌を克服するのは無理で、生菜食と断食を組み合せるしかない。」 これは、『生菜食療法』と『断食療法』を駆使し、多くの難病・重病患者さんに向き合いながら、長年、難 ...

 食事について、本物の知識  【「膠原病、アトピー、アレルギー完治させます!」(甲田光雄先生のお弟子さん)より 】 癌の食事について、膠原病、長寿、それぞれ違いますので、ここを忘れないでください。 非常によい質問が来ていたので、独断でこちらへ質問への返事を ...

 癌になる一つの原因を見極めよう! がん患者さんの相談が多いので  【「膠原病、アトピー、アレルギー完治させます!」(甲田光雄先生のお弟子さん)より 】 癌になる原因、根本は、(自己免疫が)癌細胞を癌だと認識できず、(癌細胞が)増殖をしても攻撃しないから、 ...

このページのトップヘ