癌と食養 ☆★☆ 自然療法による癌治療 ~ Cancer Therapies by Naturopathy

癌治療を三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけで行なっても、癌は絶対に治りません。しかも、抗がん剤・放射線を行なうと「癌が治らない体」になってしまいます。癌を正しく知り、食事療法・少食療法・断食療法という「食のコントロール」を基軸に置き、飲尿療法で自己免疫を改善・強化しながら、他にも実際に癌治療に有効している自然療法を複合的に併用して色々と組み合わせて行なうことで癌体質を改善し、癌を克服できる体に建て替え、建て直すことが癌治療を行なう上で最も重要であり、ここが最も大切な「癌の認識」です。癌体質こそが「癌の正体」であり、癌体質こそが「体内に癌を生み出している元」なのです。この癌体質を改善することこそ、癌治療の根本です。癌体質を改善する要素が一切無く、かえって癌体質を悪化させてしまう三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけの癌治療では、癌を治すことは絶対にできません。自然療法(食事療法・少食療法・断食療法・飲尿療法など)を実践することで地道に癌体質を改善しながら、癌に打ち勝つ「体づくり」を日々積み重ねて、癌を克服できる自分を実現していきましょう! 癌治療とは、毎日たんたんと自然療法を積み重ねていく「地道な作業」です。この「地道な作業」を大事に行なえばこそ、『癌体質の改善』とともに「癌を本当に克服する道筋」を歩むことができるのです。当ブログサイトを通して、癌患者のみなさんがその「道筋」を見出して頂けたなら幸いに思います。

カテゴリ:◆ 食養 カテゴリ > 食養学・食事療法

 当記事は「食べる順番」ダイエットや「ベジファースト」及び『食物繊維 混食法』に関する内容です。 最初に「食べる順番」に関する資料からご覧ください。そのあとに「私の話」が続きます。 かなり長い記事になりますが、高血糖を予防する方法なので、ぜひご参考にされて ...

 「内海聡」医師の著書『医者いらずの食』の『Chapter7(第7章)「肉食がいい」「草食がいい」という愚考』をご紹介させて頂きます。 食養の世界では、多くの先生が「肉食排除&菜食推奨」の立場です。 「内海聡」医師のご友人である医療ジャーナリストの「船瀬俊介」さ ...

 「この美しき瑞穂の国」ブログ様から「飛脚の食事」に関する記事をご紹介させて頂きます。 「飛脚」は、現代の日本人とは比べ物にならないくらい「強靭な体力」を持っていました。 この「飛脚」はどのような食事を摂っていたのかと言いますと、今から考えれば粗食にもな ...

 甲田光男先生のお弟子さんが「AGE(終末糖化産物:参照)」についてお話しされています。 「AGE」は老化を促進し、癌をはじめとする様々な病気の原因となる物質です。 この「AGE」を溜め込まない生活を心がけることが大切です。 「身体の酸化」が体内の「AGE」を増加さ ...

 当記事は、「Kanako Kubota」さんの「ニューヨーク直送! 生きてる英語・健康だより」からの転載です。 「加熱調理に適した油は「オリーブオイル」」記事にありますように、一般的には「オリーブオイル」は加熱調理に向いているとされていますが、「Kanako Kubota」さんは ...

 「「玄米クリーム」の 作り方 」記事に以下の内容を加筆しました。 赤ちゃんの離乳食に玄米食を導入される方もおられますが、玄米粥よりも玄米クリームのほうがよいです。 赤ちゃんの胃腸はまだ未発達ですから、食物繊維の豊富な玄米は例え玄米粥であっても赤ちゃんの胃 ...

 加熱調理に適した油は「オリーブオイル」だと言われています。 本当は、油も「生のまま摂取する」のが一番良いのですが、加熱調理に使用する時の油には「オリーブオイル」を意識されてみてください。 しかし、「オリーブオイルは、加熱調理には向かない! 加熱調理に向い ...

 膠原病患者さん用の食事メニュー 【発芽玄米クリーム、豆腐、炒って摩り下ろした黒胡麻】(仮題) (コメント欄より) 【「特定疾患膠原病患者を辞めました。膠原病は治る病気です! 膠原病13年」(甲田光雄先生のお弟子さん)より 】   (※ この記事は「膠原病患 ...

 これはたまたま発見したのですが、高嶋綾也(りょうや)さんという「ローフード(生菜食)」料理の教室を開いている27歳のイケメン男性をご紹介している記事になります。生菜食(ローフード)の価値を世間に広めてくれているなんて、ホントに感謝です! 記事には「原宿 ...

 我が家では、「二木謙三の「野菜の二分間煮」と、肥田春充の「野菜の生煮え」【生野菜食が苦手な人のための、ちょうど良い妥協策】」にてご紹介させて頂きました「野菜の生煮え」の方法で作った『野菜のソルトスープ』が人気があり、私はたまに家族に作っています。野菜の ...

 私は当ブログサイトで「生菜食の価値」を何度となくお話ししてきました。 でも、生野菜食がどうしても苦手な人も多いでしょうから、そこで、ご紹介したい「調理法」があります。 二木謙三博士の「野菜の二分間煮」と、肥田春充博士の「野菜の生煮え」です。 まずは、食 ...

● 桜沢如一 (マクロビオティック創始者) 「人間とは本来、いきいきと輝く存在であって、たまたまそうでないのは、  誤った食によって本能が曇っているだけなんだ。」● 石塚左玄 (食養学の父:明治時代の軍医) 食本主義・食物至上論 「食は本なり、体は末なり、心は ...

 我々は、どのくらい食べるべきなのか? 《少食のすすめ》 【「★阿修羅♪」より 】 ★ 食べるべき量の目安 ★ 食べる量も、食事法の中で重要な位置を占めています。食物の内容が良くても量が多過ぎれば、体に良くありません。常に適量を知り、それに満足することがとて ...

 この資料は、健康的ではない食べ物を摂取した時、消化器官ではどのようになっているのか、体内ではどのような影響を受けているのかが書かれています。また、過食の害についても書かれています。 消化器官への影響は、体全身に波及して行きます。消化器官にとって健康的な ...

 元記事は、2012年の黙示録です。 「若杉友子」さんの著書「長生きしたけりゃ肉は食べるな」を、なわさんがアップしてくださいました。 獣肉食や牛乳に関する考え方の参考にされてみてください m(__)m◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ ...

 1977年、マクガバン上院議員を委員長とする「アメリカ上院栄養問題特別委員会」は膨大な報告書(マクガバン・レポート)」を発表しました(アメリカ上院は世界最高の権威と権限を持つ調査機関です)。200億円をかけ、世界中を過去150年前まで遡り、3000名を ...

 これは、私が以前、食養サイトで「一般の方向けの食養メニュー」として推奨していました食事内容です。 ご参考にされてみてください m(__)m◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ ...

 「(1)haruchan さんへ(7月24日)【抗がん剤、放射線について】」からの続きです。 ここからは『食養(食事療法・少食療法・断食療法)』関連の内容に入りますね。 ご質問の ① ~ ⑤ をお答えさせて頂きます。 ① 野菜ジュースは、冷凍が可能でしょうか? ② ...

 少食(22)野菜を食べすぎると胃潰瘍になる   【「西式甲田療法による介護」より 】   少食(『健康養生法のコツがわかる本』甲田光雄:三五館:一五〇〇円:243頁 ) ● 野菜を食べすぎると胃潰瘍になると言われました。本当でしょうか? これは本当なのです。 ...

 少食(21)同時に食塩も摂ること   【「西式甲田療法による介護」より 】   少食(『健康養生法のコツがわかる本』甲田光雄:三五館:一五〇〇円:243頁 ) ●「塩分不足」という問題について教えてください。 「日本人の大半はまだ塩分を摂りすぎている。もっと ...

 現代の日本人は食の在り方が無茶苦茶です。まして、多くの人が現代栄養学を信じている(正確には、疑問にさえ思わないのが実情)でしょうが、この現代栄養学がまったくの曲者で、なぜか世間で「丸呑み・鵜呑み」に信じられている害悪になっているのです。現代栄養学は「欠 ...

 「咀嚼」について見つめていくときに、まず真っ先にクローズアップされる文献は「フレッチャーの咀嚼主義」です。 これは、一般に「フレッチャーイズム」として知られています。 「フレッチャーイズム」とは、アメリカの実業家だった「ホーレス・フレッチャー(Horace Fl ...

【朝食有害説】「朝食を食べると健康」は嘘?朝食を食べなくても脳に必要なエネルギーは足りている!朝食を食べ過ぎるのは良くない!  【「真実を探すブログ」より 】 テレビや学校では「朝食をたくさん食べて健康になろう!」などと言いますが、実はこれは嘘で、朝食の食 ...

 江戸煩い   【「千野隆司の「時代小説の向こう側」 」より 】 玄米といわれても、今の中学高校生には分からないと思います。「米とは違うものか」と問い返されそうです。 「稲の果実である籾から、殻の部分を取り去った状態で、精白されていない状態の米だよ」 「ふー ...

 中編 鬼のたんぱく質考 THE 長寿   【「アンチエイジングの鬼 」より 】  さてさて、それでは世界中の健康で元気な長寿者は、いったいどんな食生活をし、短命者の多い村や地方では、いったいどんな食文化があるのでしょうか。 このあたりはいろいろな本が出ていますが、 ...

 元記事は、2012年の黙示録です。 「病気ではないけれど、健康とは言えない人」のことを、「未病」と言うそうです。「病気予備軍」ということでしょうか。著者は、最近の日本人には未病の人が増えていると述べています。そして、その原因が食べ物にあることを、胃相・ ...

食べ物と、人と、社会≪ 食べ物が与える影響 ≫≪ 玄米・玄麦を食べるアメリカでは、犯罪が減るかも ≫       食物は 人を滅ぼし、社会を滅ぼす。       食物は 疫病に苦しむ人を救い、社会をも変える。       食物は 私たち個々人の健康を左右するだけ ...

 元記事は、2012年の黙示録です。 吉丸房江さんの著書「蝶になる日 - 新しい時代へのおけいこ」の中から、食に関する内容のご紹介です。元記事では、食の内容の他にも多数の霊的な内容の記事が紹介されています。興味のある方は、ぜひご覧になってみてください。 ≪ ...

 元記事は、2012年の黙示録です。 私がこれまでにいろいろな文献から得てきた「肉食および牛乳信仰の弊害」について、この本の著者も明快に指摘しています。まさに「わが意を得たり」といってもよい本です。ぜひご一読をお勧めします。ちなみに私は長年牛乳は1滴も飲 ...

 元記事は、2012年の黙示録です。 短い資料ですが、戦後以降の「日本人の食の移り変わり」について分かりやすく書いてあります。 「過食の害」について、「現代型栄養失調」という表現で説いておられます。 ...

 この資料は、「マクガバン・レポート」 「長寿村」 「身土不二」 「一物全体食」 などから、粗食について見つめているものです。大変分かりやすい資料です。 ...

 近藤正二氏は東北大学の名誉教授で、1937年から1972年までの35年間、北は北海道の端から、南は沖縄の八重山群島に至るまで、全国津々浦々の市町村を990ヶ所も訪ね歩き、70歳以上の人が多くいる村を長寿村とし、若死にが多く満70歳を超える人の少ない所を ...

 医学者であります「済陽高穂」医師の『ガンを防ぐ8箇条』という内容です。済陽高穂先生のこの食事指導は「癌を治す」「癌を防ぐ」ための食事内容ですので、癌患者さんはぜひご参考にしてみてください。 ...

 宇宙の誕生 現代の宇宙年表では、宇宙が誕生したのは観測によって137億年前と推測されています。最新の観測が明らかにした宇宙の姿は、宇宙を構成する成分の7割以上が宇宙膨張を加速させる謎のエネルギー「ダークエネルギー」、2割以上が正体不明の物質「ダークマタ ...

このページのトップヘ