癌と食養 ☆★☆ 自然療法による癌治療 ~ Cancer Therapies by Naturopathy

癌治療を三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけで行なっても、癌は絶対に治りません。しかも、抗がん剤・放射線を行なうと「癌が治らない体」になってしまいます。癌を正しく知り、食事療法・少食療法・断食療法という「食のコントロール」を基軸に置き、飲尿療法で自己免疫を改善・強化しながら、他にも実際に癌治療に有効している自然療法を複合的に併用して色々と組み合わせて行なうことで癌体質を改善し、癌を克服できる体に建て替え、建て直すことが癌治療を行なう上で最も重要であり、ここが最も大切な「癌の認識」です。癌体質こそが「癌の正体」であり、癌体質こそが「体内に癌を生み出している元」なのです。この癌体質を改善することこそ、癌治療の根本です。癌体質を改善する要素が一切無く、かえって癌体質を悪化させてしまう三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけの癌治療では、癌を治すことは絶対にできません。自然療法(食事療法・少食療法・断食療法・飲尿療法など)を実践することで地道に癌体質を改善しながら、癌に打ち勝つ「体づくり」を日々積み重ねて、癌を克服できる自分を実現していきましょう! 癌治療とは、毎日たんたんと自然療法を積み重ねていく「地道な作業」です。この「地道な作業」を大事に行なえばこそ、『癌体質の改善』とともに「癌を本当に克服する道筋」を歩むことができるのです。当ブログサイトを通して、癌患者のみなさんがその「道筋」を見出して頂けたなら幸いに思います。

カテゴリ:◆ 食事療法・食事法 カテゴリ > 三木式免疫療法(三木一郎 博士)

 三木先生の語録 2 【「伊勢-白山 道」より 】 過去記事(外部リンク)や自著本でも紹介しました、大阪に居た伝説の謎の医師の正体とその発言内容が、今年になり読者からの情報によりハッキリとし始めました。 私がこの医師のことを知ったのは学生の時に、家のテーブル ...

 水医療専門医の増え続ける臨床例は、「水」の健康面への利益は多大なものがあることを示唆している  【「★阿修羅♪より 】 愛称カバゴンの「阿部進」氏は糖尿病で失明宣告され、その実弟は余命2ヶ月のガンとなったところ、元大阪大学医学部教授「三木一郎」氏の「三木 ...

 「かばごん」 阿部進さんの塩水療法  【「メタボリック・生活習慣病健康コラム」より 】 教育評論家の「かばごん」先生は30年前に体重が96kg あり、血糖値は空腹時で260mg/dl ありました。● かばごんさんが失明寸前の糖尿病を克服した独自療法 「浪花の赤ヒゲ先 ...

 どうして塩を探し続けてきたのか、塩探しのはじまり  【「有気っ子倶楽部」より 】● 私はこの十年来、「塩・シオ・しお」と叫び続けてきました 昭和47年以来の糖尿病患者でした。約30年になります。平成2年に糖尿病性網膜症、いのちも危ないと診断されました。呆然 ...

 阿部家の食卓  【「カバゴンの放課後楽校」より 】● シンプル料理が健康の元 2月から始めた『阿部家の食卓』の評判がいい。  誰言うことなく「阿部家の女性たちはみんな若い! そのヒミツは何?」 言われてみればそうかな、と思う。 カミさんは、私と2つ違いの77 ...

 現在、私たちが手にする塩は、「海の塩(自然海水塩)」と「塩化ナトリウム(NaCl:ナトリウムの塩化物)99%以上の食卓塩・工業塩・化学塩」とがあります。この「自然海水塩(海の塩)カテゴリ」では、食卓塩・工業塩・化学塩(塩化ナトリウム99%以上の薬品)の危険 ...

このページのトップヘ