癌と食養 ☆★☆ 自然療法による癌治療 ~ Cancer Therapies by Naturopathy

癌治療を三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけで行なっても、癌は絶対に治りません。しかも、抗がん剤・放射線を行なうと「癌が治らない体」になってしまいます。癌を正しく知り、食事療法・少食療法・断食療法という「食のコントロール」を基軸に置き、飲尿療法で自己免疫を改善・強化しながら、他にも実際に癌治療に有効している自然療法を複合的に併用して色々と組み合わせて行なうことで癌体質を改善し、癌を克服できる体に建て替え、建て直すことが癌治療を行なう上で最も重要であり、ここが最も大切な「癌の認識」です。癌体質こそが「癌の正体」であり、癌体質こそが「体内に癌を生み出している元」なのです。この癌体質を改善することこそ、癌治療の根本です。癌体質を改善する要素が一切無く、かえって癌体質を悪化させてしまう三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけの癌治療では、癌を治すことは絶対にできません。自然療法(食事療法・少食療法・断食療法・飲尿療法など)を実践することで地道に癌体質を改善しながら、癌に打ち勝つ「体づくり」を日々積み重ねて、癌を克服できる自分を実現していきましょう! 癌治療とは、毎日たんたんと自然療法を積み重ねていく「地道な作業」です。この「地道な作業」を大事に行なえばこそ、『癌体質の改善』とともに「癌を本当に克服する道筋」を歩むことができるのです。当ブログサイトを通して、癌患者のみなさんがその「道筋」を見出して頂けたなら幸いに思います。

カテゴリ:◆ 食事療法・食事法 カテゴリ > 西式 甲田療法(甲田光雄 博士)

 当記事は「食べる順番」ダイエットや「ベジファースト」及び『食物繊維 混食法』に関する内容です。 最初に「食べる順番」に関する資料からご覧ください。そのあとに「私の話」が続きます。 かなり長い記事になりますが、高血糖を予防する方法なので、ぜひご参考にされて ...

 当記事は『三宅薬品』を経営される「三宅和豊」さんの「薬屋のおやじのボヤキ」ブログから、甲田光雄医学博士が命懸けで残してくださった『甲田療法』の『生菜食療法』についての見解を示されている、大変素晴らしい記事をご紹介させて頂きます。三宅薬品 三宅和豊 三宅 ...

 当記事は『三宅薬品』を経営される「三宅和豊」さんの「薬屋のおやじのボヤキ」ブログからのご紹介です。三宅薬品 三宅和豊 当記事は、三宅和豊さんが「果物」の食事(果物食)についてお話されています。 大変、参考になりますので、ぜひ、ご覧になってみてください。 ...

 これは『西式健康法』創始者の「西勝造」先生が昭和24年(1950年)に著わされた『原本・西式健康読本』と、翌年の昭和25年(1950年)に著わされた『西医学健康原理実践宝典』からの抜粋です。 『原本・西式健康読本』のほうは2003年に発刊された「新版」 ...

 甲田光雄医学博士の一番弟子である「森美智代」先生の著書『断食の教科書』からのご紹介です。森美智代 著書の中の「少食法の基本メニュー」についての部分をご紹介させて頂きます。 ぜひ、ご参考にされてみてください。 『断食の教科書』に関する記事は「断食の教科書 ...

 甲田光雄医学博士の一番弟子である「森美智代」先生の著書『断食の教科書』からのご紹介です。森美智代 著書の中の「青汁・生野菜ジュース」「青ドロ」「赤汁・ニンジンジュース」についての部分をご紹介させて頂きます。ぜひ、ご参考にされてみてください。 『断食の教 ...

 甲田光雄医学博士の一番弟子である「森美智代」先生の著書『断食の教科書』からのご紹介です。森美智代 著書の中の「生菜食療法」についての部分をご紹介させて頂きます。 ぜひ、ご参考にされてみてください。 『断食の教科書』に関する記事は「断食の教科書・森美智代 ...

 甲田光雄医学博士の一番弟子である「森美智代」先生の著書『断食の教科書』からのご紹介です。森美智代 著書の中の「玄米クリーム」「玄米の重湯」についての部分をご紹介させて頂きます。 ぜひ、ご参考にされてみてください。 『断食の教科書』に関する記事は「断食の ...

 甲田光雄医学博士の一番弟子である「森美智代」先生の著書『断食の教科書』からのご紹介です。森美智代 著書の中の「生玄米粉」についての部分をご紹介させて頂きます。 ぜひ、ご参考にされてみてください m(__)m 『断食の教科書』に関する記事は「断食の教科書・森美智 ...

 甲田光雄医学博士の一番弟子である「森美智代」先生の著書『断食の教科書』からのご紹介です。森美智代 著書の中の「宿便」についての部分をご紹介させて頂きます。 ぜひ、ご参考にされてみてください m(__)m 『断食の教科書』に関する記事は「断食の教科書・森美智代」 ...

 甲田光雄医学博士の一番弟子である「森美智代」先生の著書『断食の教科書』からのご紹介です。森美智代 著書の中の「重湯断食」「青汁断食」「ドロ状青汁断食」「りんご断食」「寒天断食」「すまし汁断食」についての部分をご紹介させて頂きます。ぜひ、ご参考にされてみ ...

 甲田光雄医学博士の一番弟子である「森美智代」先生の著書『断食の教科書』からのご紹介です。森美智代 著書の中の「3日間の断食」についての部分をご紹介させて頂きます。 ぜひ、ご参考にされてみてください m(__)m 『断食の教科書』に関する記事は「断食の教科書・森 ...

 「今日はなに飯?」ブログ様からのご紹介です。 玄米が苦手な「kassunn☆」さんが「玄米クリーム」をアレンジして作った「豆乳と玄米クリームのグラタン」をご紹介されています。なかなか面白いので、ご紹介させて頂きます m(__)m 「玄米クリーム」とは甲田光雄医学博士 ...

 この記事は、次の記事から『糖質1gから、水素が50cc つくられる』という重要な部分を抜粋しています。   ● 癌の正体【癌は「重水素」と結合して初めて強化する:     癌細胞=ミトコンドリアが活動不能な酸性環境の細胞:     正常細胞を『癌の分泌物・乳 ...

 この記事は、甲田光雄先生のお弟子さんが「森美智代」先生との思い出話をしながら、森美智代先生が持病として抱えていた「脊髄小脳変性症」を治すために甲田光雄先生の下で命懸けで実行された『仙人食』である『生玄米粉』や『生菜食療法』のお話をされています。 森美智 ...

 甲田光雄先生のお弟子さんが、甲田療法の『生菜食療法』をベースに置いた、獣肉食を一切含まない「糖質制限食のメニュー」を細かく提案してくださっています。これは非常に参考になります。 獣肉食を避けたい癌患者さんは、ぜひご参考にされてください。よろしくお願いし ...

 この記事は、『赤血球』と「ブドウ糖」と「糖質制限食」の関係についてお話しさせて頂いている記事です。 『赤血球』は ミトコンドリア を持たないため、解糖系だけでエネルギー(ATP)を産生している細胞ですから、『赤血球』が唯一エネルギー源とすることができるのは「 ...

● 我が家の簡単な食養暦 我が家は「生菜食」を導入する以前から玄米食を導入していました。 厳格な玄米菜食という食事内容ではなかったものの、我が家はすでに玄米食をしていたのですが、玄米食をすることによって私の父母の持病が大きく改善していくようなことはありませ ...

 甲田光雄先生の一番弟子である「森美智代」先生の「不思議なこと、ビックリしたこと、嬉しいこと」ブログからのご紹介です。 流石は、甲田光雄先生に近しかった森美智代先生らしいお話をしてくださっています。 「甲田光雄先生」と「甲田医院」と「土地の神様」のお話で ...

 粗食(「3日食べなきゃ、7割治る!」より抜粋 ) 【「内海聡 facebook」(内海聡医師)より 】 甲田医師(甲田光雄医学博士)も「少食が免疫力を高める」ことを臨床的に証明しています。 まず、甲田医院に来院する患者には、すべて「腹七分」の少食健康法を指導してい ...

 この記事は、甲田光雄先生の最後について触れている貴重な記事です。 甲田光雄先生の近しい方々を知らないと知ることができないことです。 甲田光雄先生に救われた難病患者さんはたくさんおられます。 甲田光雄先生を知る方はみなさん、「甲田先生は生き仏のような方だ ...

 この記事は、京都大学名誉教授で『からすま和田クリニック』院長の「和田洋巳」医学博士の「京都からすま和田クリニック 和田洋巳の相談室」ブログからのご紹介です。 甲田療法の “『生玄米粉』+『生菜食』(生玄米&生菜食)” で癌を改善していった「Yさん」という癌 ...

 甲田光雄医学博士の著書「奇跡が起こる半日断食」から、断食中に起こる「自己融解(自家融解)」の内容です。 断食が癌治療に有効することは、すでに医学的にも癌研究報告で認められています。 断食をすると、体は自己融解によって癌細胞を溶かし出してエネルギー源に使 ...

 当記事では、マクロビオティックの大家である「久司道夫」氏の著書『久司道夫のマクロビオティック 入門編』のアマゾンのレビューにある「かたくりこ」様の感想をご紹介しながら「植物の生食」に関するお話を進めていきます(レビュー)。 食養に目覚めた多くの人が決まっ ...

 これは、「肺がんを自力で治す人体実験」ブログの管理人さんが、甲田光雄先生を師と仰がれている「森本芳生」先生より頂いたコメントを掲載してくださった記事です。 甲田光雄先生から直接学ばれた森本先生のお話を、ぜひご覧になられてみてください m(__)m この記事をご ...

 私は当ブログサイトにて『ケトン体』と『短鎖脂肪酸』のお話を散々してきましたが、では、この『ケトン体』と『短鎖脂肪酸』とは何なのか?、まったく別のものなのか?、何か違いはあるのか?、という疑問を持たれている方もおられるかと思います。 これは先に言いますと ...

 「炭水化物が人類を滅ぼす-糖質制限からみた生命の科学 夏井睦医師」にて、夏井睦医師の著書「炭水化物が人類を滅ぼす - 糖質制限からみた生命の科学」の中の、不溶性食物繊維の『セルロース』と、その『セルロース』を分解してビタミン・短鎖脂肪酸・アミノ酸などの重 ...

 我が家で愛用しています『発芽玄米器』をご紹介させて頂きました「真冬でも、たった一日で玄米が発芽する「家庭用発芽玄米器」~『発芽美人』について」の記事に、以下を追加しました ではここで、せっかくですから、甲田光雄先生と、甲田光雄先生の一番弟子である森美智 ...

 ガンの食事療法 ~ 甲田療法とは ~ 【「癌の食事療法と、癌に効く食べ物」より 】● ガンの食事療法 ~甲田療法とは~ ゲルソン療法と並んで、日本でも有名なのが、甲田光雄先生(甲田医院院長)の「甲田療法」です。 もともと病弱で、胃腸炎や肝炎など、多くの病気 ...

 この記事は、カテゴリの都合により「生玄米粉食【玄米を生で食せば、ブドウ糖の摂取にならず、短鎖脂肪酸をエネルギー源にできる!】」を再アップしたものです。「生玄米粉食の価値」を理解するのに役立ちます。 同じ玄米食であっても、玄米ご飯(玄米の火食)は「ブドウ ...

 この記事は、甲田光雄先生に質問形式でお話を伺っているもので、会話調なのでとにかく読みやすいです。 甲田光雄先生がどのようにして西式の『生食療法』を甲田療法の『生菜食療法』へと発展させていったのかがよく分かります。「生菜食」や「生玄米粉」についての解説も ...

 西式とは 【「食べない生き方」より 】 西勝造先生は、日本で最初の地下鉄を設計した土木技師で、西式健康法の創始者です。 西式健康法は、薬や医者に頼らずに自然治癒力を高める事によって病気を治そうとするのが特徴で、戦前から戦後にかけて普及し、宮家をはじめ、政 ...

 生菜食を簡単に説明します。 本当はもっと細かいのですが、一般の人には「野菜は生で食べる」で充分です。 生菜食では『根と葉、等量』と言います。 根とは「根菜類の野菜」、葉とは「葉菜類の野菜」です。 『根と葉、等量』とは、「根菜類の野菜」と「葉菜類の野菜」 ...

 この記事は「絶食療法の科学 Science of Fasting (フランス 2011年製作 日本語版の動画)【断食療法は、癌治療に大きく効果する】」の中の「ブドウ糖」に関する部分を中心に再編集したものです。カテゴリの都合により再アップします。 私は当ブログサイトで、癌治療 ...

 私が以前、お返事で puripuri さんに「癌患者にブドウ糖点滴を投与することの問題」についてお話しさせて頂きました「末期癌患者への「ブドウ糖点滴」は、殺人医療行為になってしまう! 妥協策としての「生玄米粉 団子」」と「何も食べられなくなっている末期癌患者に栄養 ...

 私は、西式健康法の創始者である西勝造先生の名著「原本 西式健康読本」の中の生菜食に関する部分を、次の記事でご紹介させて頂きました。  ●「火食の害」から見つめる、生食(生菜食)の意義と価値【西式健康読本:西勝造】  ● 西式健康法 - 生食療法(生菜食療法 ...

 これは、西式健康法創始者である西勝造先生の著書「原本 西式健康読本」の中の「生菜食」に関する内容です。「「火食の害」から見つめる、生食(生菜食)の意義と価値【西式健康読本:西勝造】」にて少しご紹介させて頂いたのですが、生菜食に関わる部分を追加してご紹介い ...

 『植物の生食』、これは私が食養学に出会ってから一番「価値」を見出した食養法(食事法)です。 「生食」と言うと何を連想しますか? 「食物を生のまま食べる」だと思いますが、まったくその通りです。 問題は、その「生で食べる食物」なのですが、生食をするときの食 ...

 元記事は、山ちゃんの食べもの考です。 甲田光雄医学博士の著書「少食が健康の原点」から、少食を考える内容です。 この記事のあとに、もう一つ別の記事をご紹介します。◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ ...

 甲田光雄式少食健康法 【「末期がんの食事療法と改善在宅治療」より 】 甲田光雄氏と言えば、現在、流行の少食健康法を最初に世に打ち立てた最大の功労者と言える先生です。少食健康法に関する書物はたくさんありますが、たいてい玄米食を勧めるあたりなど、甲田医師の影 ...

 抗がん剤も使わず 断食と生菜食で “ガン” 完治 【「gooブログはじめました!」より 】● 抗がん剤も使わず 断食と生菜食で “ガン” 完治 (1959年の「毎日新聞」から) 「難病のがんでも、強い意志力を持って断食療法による体質改善をすれば必ず克服できる」― ...

● ガンにかからない、放射線に強い、長寿の体は少食から【質問】 断食、少食がさまざまの病気を治し、健康にいいというのは、医学的にどのように確かめられているのですか。【甲田光雄 医学博士】 昔から「腹八分目医者いらず」と言われてきましたが、そのことが健康長寿 ...

 元記事は、2012年の黙示録です。 甲田光雄医学博士の著書「断食・少食健康法 - 宗教・医学一体論」の『少食の効用』に関する内容です。◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ ...

 食養学者であり、食事療法の専門医であられた「甲田光雄」医学博士は、一般の人向けの「食事メニュー(食養メニュー)」として、次のような食事内容を挙げられています。 ぜひ、ご参考にされてみてください m(__)m◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ ...

 生で食べれば病気にならない 【「食べない生き方」より 】 生活習慣病を患うのは、人間と飼育動物だけです。 野生動物は、生活習慣病にはなりません。 その理由として考えられるのが食事の内容です。 以前、ある動物を使った比較実験が行われました。 生の食品だけを ...

 マルさんへ マルさん、何度もコメントをありがとうございます (^-^ マルさんは「若年性肺癌」なんですね。 どうか、「食事療法」「少食療法」「断食療法」「飲尿療法」の価値をマルさんにもご理解して頂きたいです。 マルさんの癌治療に活かされて頂けたら幸いだ ...

 マルさんへ マルさん、またまた早急にお返事を、本当にありがとうございます。 超~ 嬉しいです (^-^ 今回はマルさんのコメントを挙げさせて頂きますね!「>「食事療法」「栄養療法」「少食療法」「断食療法」「免疫療法」を組み合わせたならば、どれほどの癌患者さ ...

 マルさんへ マルさん、早々にお返事をありがとうございます。 嬉しいです (^-^ マルさんのお母さんは脳腫瘍で亡くなったんですね・・、とても残念です・・・。 マルさんのお母さん、「シックハウス症候群」が原因している可能性があるのですか・・・。 今の日本では飲食物 ...

 マルさんへ マルさん、初めまして。。。 コメントをありがとうございます (^-^ 子供の頃に甲田療法でアトピーが治ったんですね! 凄いです! 何よりも、マルさんのお母さんが凄いと思います。マルさんのお母さんは世間ではなかなか理解され難い甲田療法を理解でき ...

このページのトップヘ