癌と食養 ☆★☆ 自然療法による癌治療 ~ Cancer Therapies by Naturopathy

癌治療を三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけで行なっても、癌は絶対に治りません。しかも、抗がん剤・放射線を行なうと「癌が治らない体」になってしまいます。癌を正しく知り、食事療法・少食療法・断食療法という「食のコントロール」を基軸に置き、飲尿療法で自己免疫を改善・強化しながら、他にも実際に癌治療に有効している自然療法を複合的に併用して色々と組み合わせて行なうことで癌体質を改善し、癌を克服できる体に建て替え、建て直すことが癌治療を行なう上で最も重要であり、ここが最も大切な「癌の認識」です。癌体質こそが「癌の正体」であり、癌体質こそが「体内に癌を生み出している元」なのです。この癌体質を改善することこそ、癌治療の根本です。癌体質を改善する要素が一切無く、かえって癌体質を悪化させてしまう三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけの癌治療では、癌を治すことは絶対にできません。自然療法(食事療法・少食療法・断食療法・飲尿療法など)を実践することで地道に癌体質を改善しながら、癌に打ち勝つ「体づくり」を日々積み重ねて、癌を克服できる自分を実現していきましょう! 癌治療とは、毎日たんたんと自然療法を積み重ねていく「地道な作業」です。この「地道な作業」を大事に行なえばこそ、『癌体質の改善』とともに「癌を本当に克服する道筋」を歩むことができるのです。当ブログサイトを通して、癌患者のみなさんがその「道筋」を見出して頂けたなら幸いに思います。

カテゴリ: ◆ 天然の「抗がん療法」カテゴリ〈Ⅴ〉ビタミンD

 今年2016年2月、アメリカで衝撃の事件が明るみになりました。 体内におけるビタミンD生成を阻害して「ビタミンD欠乏」を引き起こし、癌・自閉症・2型糖尿病を誘発させる「酵素タンパク質(NAGALASE)」が意図的にワクチンに含まれていた事実を発見した12人の医 ...

 当記事は『田中クリニック』理事長・院長の「田中善」医師による “ビタミンDは、癌の発生、再発・転移の予防に大きな効果がある” という内容の記事です。田中クリニック 理事長・院長 田中善 医師 ビタミンDは、すでに「抗がん作用」があることが科学的・医学的に証 ...

 当記事は、甲田光雄先生のお弟子さんの「ビタミンD前駆物質」に関する内容です。 甲田光雄先生のお弟子さんも、癌治療においてビタミンDを重視されています。 体内でのビタミンDの生成を高めるために「ビタミンD前駆物質」濃度を高めることを推奨されています。 「 ...

 当記事は、甲田光雄先生のお弟子さんの「ビタミンD前駆物質」に関する内容です。 甲田光雄先生のお弟子さんも、癌治療においてビタミンDを重視されています。 体内でのビタミンDの生成を高めるために「ビタミンD前駆物質」濃度を高めることを推奨されています。 「 ...

 甲田光雄先生のお弟子さんが『太陽(日光)を浴びると、なぜ危険と言われているのか?』についてお話しされている記事をご紹介させて頂きます。 現代は『太陽(日光)を浴びると危険だ!』と言われるようになってきています。 その理由は「太陽(日光)の紫外線を浴びる ...

 この記事は「日経サイエンス」からのご紹介です。 「日経サイエンス」でも、ビタミンDの「抗がん作用」に関する記事が報じられています。 ビタミンDは「免疫調節作用」「免疫 防御作用」など、免疫系にも深く関与しており、他にも多くの生体内機能に関わっています。当 ...

 この記事は、「福田一典」医師の『銀座東京クリニック』の「ビタミンD3は「がん患者の死亡率」を低下させる」記事から『ビタミンD産生の流れ』の部分をご紹介します。 『ビタミンD産生の流れ』に関する図と軽い説明だけなのですが、この図を通して「ビタミンDが産生 ...

 この記事は、「福田一典」医師の『銀座東京クリニック』の「ビタミンDの抗がん作用」記事のご紹介です。 次の記事は「福田一典」医師が公開されている「『漢方がん治療』を考える」から「263)ビタミンDの抗がん作用」記事をご紹介させて頂きました記事です。  ●『 ...

 この記事は、『銀座東京クリニック』院長の「福田一典」医師が公開されています「『漢方がん治療』を考える」から「263)ビタミンDの抗がん作用」記事のご紹介です。 当記事では、「福田一典」医師が『ビタミンD』の「抗がん効果」についてお話しされています。 『 ...

このページのトップヘ