癌と食養 ☆★☆ 自然療法による癌治療 ~ Cancer Therapies by Naturopathy

癌治療を三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけで行なっても、癌は絶対に治りません。しかも、抗がん剤・放射線を行なうと「癌が治らない体」になってしまいます。癌を正しく知り、食事療法・少食療法・断食療法という「食のコントロール」を基軸に置き、飲尿療法で自己免疫を改善・強化しながら、他にも実際に癌治療に有効している自然療法を複合的に併用して色々と組み合わせて行なうことで癌体質を改善し、癌を克服できる体に建て替え、建て直すことが癌治療を行なう上で最も重要であり、ここが最も大切な「癌の認識」です。癌体質こそが「癌の正体」であり、癌体質こそが「体内に癌を生み出している元」なのです。この癌体質を改善することこそ、癌治療の根本です。癌体質を改善する要素が一切無く、かえって癌体質を悪化させてしまう三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけの癌治療では、癌を治すことは絶対にできません。自然療法(食事療法・少食療法・断食療法・飲尿療法など)を実践することで地道に癌体質を改善しながら、癌に打ち勝つ「体づくり」を日々積み重ねて、癌を克服できる自分を実現していきましょう! 癌治療とは、毎日たんたんと自然療法を積み重ねていく「地道な作業」です。この「地道な作業」を大事に行なえばこそ、『癌体質の改善』とともに「癌を本当に克服する道筋」を歩むことができるのです。当ブログサイトを通して、癌患者のみなさんがその「道筋」を見出して頂けたなら幸いに思います。

カテゴリ:◆ 霊的食養学 > 霊的肉食論(肉食が霊的に有害である理由)

 中小企業診断士・コンサルタントの「谷藤友彦」さんのブログより、「中村天風」の肉食論に関する記事をご紹介させて頂きます。 「中村天風」をご存じな方はとても多いと思いますが、私の好きな人物の一人です。 「中村天風」は、玄米菜食を中心とした粗食を推奨しており ...

 近代における最大の覚者と言われている「ラマナ・マハルシ」が薦めていた『食の在り方』についてのご紹介です。 ラマナ・マハルシ ラマナ・マハルシは「物理的環境」よりも「精神的態度」のほうが霊的な進歩にとってより大きな関わりを持っていると確信していました。そし ...

 この資料は、近代において最大の覚者と言われている「ラマナ・マハルシ」の言葉です。 著名な「あるがままに ~ ラマナ・マハルシの教え」という図書の巻末に収録されている対話集「私は誰か?」をご紹介しています。 あるがままに ~ ラマナ・マハルシの教え ラマナ・ ...

 これは「ラマナ・マハルシの教えの精髄が説かれている対話集「私は誰か?」」記事の【大文字版】です。 著名な「あるがままに ~ ラマナ・マハルシの教え」という図書の巻末に収録されている対話集「私は誰か?」をご紹介しています。 あるがままに ~ ラマナ・マハルシ ...

 元記事は「2012年の黙示録」です。「日本人の食物に対する考え方の変化」についての資料です。 記事のご紹介のあとに、私の話が続きます m(__)m人にはどれだけの物が必要か鈴木孝夫(著)  飛鳥新社● 地救原理の導入を 神という超越的な絶対存在を引き合いに出すこ ...

 元記事は「2012年の黙示録 ~ 人類を救う霊性と食の秘密  中矢伸一(著)」です。 「人類を救う霊性と食の秘密」という図書の、肉食と菜食に関する「霊的な考え方」を伝えている資料です。 霊的な食の内容だけでなく、人類が地球規模で抱えている肉食問題について ...

 元記事は「2012年の黙示録 ~ スピリチュアルな生き方原典  脇長生(講述)」です。 「スピリチュアルな生き方原典 ~ 日本神霊主義聴聞録」という図書の、肉食と菜食に関する「霊的な考え方」を伝える資料です。 この図書は、「日本スピリチュアリズムの父」と呼 ...

 元記事は「2012年の黙示録 ~ 心と食物と人相と  谷口雅春(著)」です。 「心と食物と人相と」という図書の中の「肉食に関する霊的な考え方」を教えてくれる資料です。 肉食(獣肉食)に関しましては、このような視点からも何か感じられてみてください m(__)m心 ...

このページのトップヘ