癌と食養 ☆★☆ 自然療法による癌治療 ~ Cancer Therapies by Naturopathy

癌治療を三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけで行なっても、癌は絶対に治りません。しかも、抗がん剤・放射線を行なうと「癌が治らない体」になってしまいます。癌を正しく知り、食事療法・少食療法・断食療法という「食のコントロール」を基軸に置き、飲尿療法で自己免疫を改善・強化しながら、他にも実際に癌治療に有効している自然療法を複合的に併用して色々と組み合わせて行なうことで癌体質を改善し、癌を克服できる体に建て替え、建て直すことが癌治療を行なう上で最も重要であり、ここが最も大切な「癌の認識」です。癌体質こそが「癌の正体」であり、癌体質こそが「体内に癌を生み出している元」なのです。この癌体質を改善することこそ、癌治療の根本です。癌体質を改善する要素が一切無く、かえって癌体質を悪化させてしまう三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけの癌治療では、癌を治すことは絶対にできません。自然療法(食事療法・少食療法・断食療法・飲尿療法など)を実践することで地道に癌体質を改善しながら、癌に打ち勝つ「体づくり」を日々積み重ねて、癌を克服できる自分を実現していきましょう! 癌治療とは、毎日たんたんと自然療法を積み重ねていく「地道な作業」です。この「地道な作業」を大事に行なえばこそ、『癌体質の改善』とともに「癌を本当に克服する道筋」を歩むことができるのです。当ブログサイトを通して、癌患者のみなさんがその「道筋」を見出して頂けたなら幸いに思います。

カテゴリ:◆ 癌の糖質制限食・ケトン食 カテゴリ > 肉食の糖質制限食の是非|肉食中心の糖質制限は 死亡率・癌化が上昇

 当記事は、次の記事から『肉製品・乳製品は「酸化ストレス」を高め、「身体の酸化(酸化体質)」を深めて悪化させ、「発がんリスク」を高める』という部分を抜粋した記事です。   ●『加工肉』や『赤身肉』は「発癌リスク」を高める! - 福田一典 医師    【『赤身 ...

 当記事は、京都の『高雄病院』理事長の「江部康二」医師の人気ブログである「ドクター江部の糖尿病徒然日記」ブログからのご紹介です。『高雄病院』理事長 江部康二 医師 次の記事にて「大規模コホート研究」による「糖質制限と総死亡率・癌死亡率」に関する研究報告の記 ...

 当記事は「命を育む医療」ブログ様からのご紹介です。次の記事の続きになります。   ● 肉食中心の糖質制限は 総死亡率・癌死亡率 が増加する!     菜食中心の糖質制限は 総死亡率・癌死亡率 は減少するか増加しない!     【 コホート試験が物語る、糖質制限 ...

 当記事は「命を育む医療」ブログ様から「肉食と死亡率・癌死亡率の関係」及び「肉食と糖質制限食の関係」などを調査した著名な「大規模コホート研究」による研究報告をまとめた3つの記事をご紹介させて頂きます。 この記事は大変素晴らしい内容で、よくぞ、ここまで分か ...

 先日、「断糖肉食」に関する次の記事をアップしました。   ●「断糖肉食」で体内の癌が消失して「癌が治ったァ!」と思い込んでいる癌患者さんへ、     果たして、その癌は本当に治っているのでしょうか? ここをよく考えてみてください! この記事を、もう一度、 ...

●「断糖肉食」で癌が治るのは本当か? それは、体内の癌が消失した「だけ」ではないのか? 「体内の癌が消えた」=「癌が治った」ではないことを知っていますか? 「断糖肉食」絶好調の癌患者さんは、もう一度、ここをよく考えてみましょう! ほとんどの癌細胞は「ワール ...

 当記事は、次の記事の中の『タジン鍋』に関する部分を抜粋し、加筆したものです。   ●『生菜食療法』や『青汁』を行なう場合は、    「塩(海の塩:自然海水塩)」をしっかりと適宜に摂ることが非常に重要です!    【 塩は胃液の材料となり、胃腸を守る薬とな ...

 「内海聡」医師の著書『医者いらずの食』の『Chapter7(第7章)「肉食がいい」「草食がいい」という愚考』をご紹介させて頂きます。 食養の世界では、多くの先生が「肉食排除&菜食推奨」の立場です。 「内海聡」医師のご友人である医療ジャーナリストの「船瀬俊介」さ ...

 この記事は、「福田一典」医師の『銀座東京クリニック』から「青身の魚に含まれる DHA は、がんをおとなしくさせる」記事、及び『『漢方がん治療』を考える』から「DHA / EPA の 抗がん作用」記事の、2つの記事をご紹介させて頂きます。 当記事は、癌の『食事療法』とし ...

 この記事は、「福田一典」医師の「『漢方がん治療』を考える」から「466)加工肉 と ナマコ(海鼠)と 大腸がん」記事の紹介です。 2015年の10月に「世界保健機関(WHO)」の専門組織である「国際がん研究機関(IARC)」が『加工肉』と『赤身肉』には発癌性があ ...

 当記事は、肉食を中心とした糖質制限は「総死亡率」「癌死亡率」が増加する、という内容です。 この内容に重なる資料として、次の記事を参照されてください。   ● 肉食中心の糖質制限は 総死亡率・癌死亡率 が増加する!     菜食中心の糖質制限は 総死亡率・癌 ...

 この記事は「organaturic」様からのご紹介です。 WHO(世界保健機関)が「癌の原因」となる『116種類の要因』を公式発表したが、この中には『加工肉』がはっきりと明記されており、この発表の前に、WHO(世界保健機関)の専門組織である IARC(国際がん研究機関)が『 ...

 WHO(世界保健機関)が公式発表した「癌の原因」となる『116種類の要因』の中には『加工肉』が含まれていますが、この発表の前に、WHO(世界保健機関)の専門組織である IARC(国際がん研究機関)が『加工肉』と『赤身肉』には発癌性があるという発表を公式にしていたよ ...

 この記事は、「In Deep」さんからのご紹介です。 WHO(世界保健機関)が「癌の原因」となる『116種類の要因』を公式に発表したようです。 その内容を「In Deep」さんが丁寧に翻訳してくださいました。 この「116の一覧」の中には、何と『抗がん剤』がいくつも入っ ...

 この記事は、『銀座東京クリニック』院長の「福田一典」医師が公開されています「『漢方がん治療』を考える」から「312)牛乳・乳製品はがんを「抑制する」のか「促進する」のか?」記事のご紹介です。 当記事では、「福田一典」医師が「牛乳・乳製品は、果たして癌患 ...

 この記事は、次の記事の抜粋です。   ● 甲田療法式「糖質制限食」のレシピ【 糖質を完全に抜いた食事療法は大変危険です!:     糖質制限食の肉食は、獣肉食には弊害があるため、獣肉よりも、鶏肉・魚肉を選んで!】   ●『糖化現象』がなぜ悪いのか ~ 予防法 ...

 ※『回転式本部』は、2015年10月に『治療庵 楽道』と名称を変更しています。   当記事は2015年10月以前に作成しましたので、『治療庵 楽道』を『回転式本部』と記しています。◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ ...

 この記事は「糖質制限食」の危険性を伝えるものです。 糖質制限は正しく行なえば安全で身体に良い食事法ですが、世間では「糖質を断っても、肉を喰ってれば良い!」と思い込んで、糖質を断つ代わりに、焼肉・とんかつ・からあげ・フライばかり食い漁り、酒を飲み・・、こう ...

 甲田光雄先生のお弟子さんが、甲田療法の『生菜食療法』をベースに置いた、獣肉食を一切含まない「糖質制限食のメニュー」を細かく提案してくださっています。これは非常に参考になります。 獣肉食を避けたい癌患者さんは、ぜひご参考にされてください。よろしくお願いし ...

 糖質制限食の嘘と本当!? 【「膠原病、難病、癌は寛解する病気です。究極の体質改善法」(甲田光雄先生のお弟子さん)より 】 私自身、長い間、食事療法を勉強して実践してきました。 しかし、膠原病の体調が少し回復して元の食事に戻して手術をしてから大変な状態に陥 ...

● 我が家の簡単な食養暦 我が家は「生菜食」を導入する以前から玄米食を導入していました。 厳格な玄米菜食という食事内容ではなかったものの、我が家はすでに玄米食をしていたのですが、玄米食をすることによって私の父母の持病が大きく改善していくようなことはありませ ...

  ※『回転式本部』は、2015年10月に『治療庵 楽道』と名称を変更しています。    当記事は2015年10月以前に作成しましたので、『治療庵 楽道』を『回転式本部』と記しています。◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ ...

 ※『回転式本部』は、2015年10月に『治療庵 楽道』と名称を変更しています。   当記事は2015年10月以前に作成しましたので、『治療庵 楽道』を『回転式本部』と記しています。◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ ...

 これは、「海外 癌医療情報 リファレンス(旧)」サイト内の「M.D.アンダーソンがんセンターニュース」の記事です〔今はサイトがリニューアルされて「海外 癌医療情報 リファレンス(新)」になっています〕。 「テキサス州立大学 MDアンダーソンがんセンター」と言えば、 ...

 これは「人にはどれだけの物が必要か ~ 鈴木孝夫(著)【獣肉食における「人は自ら蒔いた種を刈り取らねばならない」という『この世の摂理(因果律:カルマ)』を感じ観て!】」記事にてお話しさせて頂きました、私の「肉食に対する考え方」と「癌患者の食事に肉製品( ...

 この記事は「糖質制限食の危険性を訴える」ものですが、この記事の中には『ケトン体』や『短鎖脂肪酸』という “ブドウ糖の代替エネルギー源” に関する知識がまったく欠如していますので、数名の医師が解説されているものの、記事の内容としては薄っぺらさを感じます。  ...

 内海聡 医師の facebook より、糖質制限食に関する内容のご紹介です。 癌細胞の唯一の餌は糖質(ブドウ糖)なので、糖質(ブドウ糖)を摂取すればするほど癌を育てて進行させ、糖質(ブドウ糖)の摂取を制限して抑制すれば癌を自然抑制できるのは言わずもがなですから、癌 ...

 この記事は、「青い空と白い雲 ~ 青い空に白い雲のコントラストが大好きです ☆彡」ブログの「みやこ」さんが、癌で亡くなられたお母様のことを書き綴ってくださった大変貴重な記事です。 みやこさんのお母様は「獣肉(高級ステーキ肉)」を食べられた「数時間後」に様 ...

 当記事は、「癌の根本治療は、「酸性体質」と「酸化体質」という二大『癌体質』を改善すること!」記事の「「体内の癌が消滅した」=「癌の完治」ではない!」の項を抜粋したものです。 世間には、糖質制限をするのに獣肉を多く食べさせる糖質制限食がありますが、獣肉食 ...

 先日にアップしました「癌の根本治療は、「酸性体質」と「酸化体質」という二大『癌体質』を改善すること!」記事の「「体内の癌が消滅した」=「癌の完治」ではない!」の項に、以下の内容を加筆しました。 私は個人的に大事な内容だと思っています。 加筆した内容のあ ...

 糖質制限食について 【「膠原病、難病、癌は寛解する病気です。究極の体質改善法」(甲田光雄先生のお弟子さん)より 】 癌による糖質制限食と、膠原病の糖質制限食は、変えたほうがよろしいと思います。 糖質制限食を双方の病状を持つ患者さんの場合、 肉類を食べた時 ...

このページのトップヘ