癌と食養 ☆★☆ 自然療法による癌治療 ~ Cancer Therapies by Naturopathy

癌治療を三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけで行なっても、癌は絶対に治りません。しかも、抗がん剤・放射線を行なうと「癌が治らない体」になってしまいます。癌を正しく知り、食事療法・少食療法・断食療法という「食のコントロール」を基軸に置き、飲尿療法で自己免疫を改善・強化しながら、他にも実際に癌治療に有効している自然療法を複合的に併用して色々と組み合わせて行なうことで癌体質を改善し、癌を克服できる体に建て替え、建て直すことが癌治療を行なう上で最も重要であり、ここが最も大切な「癌の認識」です。癌体質こそが「癌の正体」であり、癌体質こそが「体内に癌を生み出している元」なのです。この癌体質を改善することこそ、癌治療の根本です。癌体質を改善する要素が一切無く、かえって癌体質を悪化させてしまう三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけの癌治療では、癌を治すことは絶対にできません。自然療法(食事療法・少食療法・断食療法・飲尿療法など)を実践することで地道に癌体質を改善しながら、癌に打ち勝つ「体づくり」を日々積み重ねて、癌を克服できる自分を実現していきましょう! 癌治療とは、毎日たんたんと自然療法を積み重ねていく「地道な作業」です。この「地道な作業」を大事に行なえばこそ、『癌体質の改善』とともに「癌を本当に克服する道筋」を歩むことができるのです。当ブログサイトを通して、癌患者のみなさんがその「道筋」を見出して頂けたなら幸いに思います。

カテゴリ: ◆ 癌の真実・真相 カテゴリ〈Ⅳ〉

 当記事は「日本を守るのに右も左もない」サイト様からのご紹介です。 この記事は「森下・千島学説」の、癌は「血液の浄化装置(浄血装置)」として体内につくられている、という見解を示されています。 体内に停滞して蓄積している多量の「毒」を解毒するのに、もはや、 ...

 内海聡 医師の facebook より、癌に関する内容のご紹介です。 内海医師はこの中で、癌のことを『浄化装置のゴミ集めのなれの果て』の姿だと言われています。 これは、癌は『血液の浄化装置(血液の浄化装置)』である、ということを言われており、「森下・千島学説」の癌 ...

 この記事は、「ひこさんへ(7月6日)【ミキサー、乳癌と牛乳の真相、癌のための食事療法、他・・・】」にて、森下敬一博士が提唱された森下・千島学説の「癌は浄血装置であり、排毒装置である」の内容と、抗がん剤で体内がさらに汚されてしまう抗がん剤治療の実態、そして、 ...

 この記事は、私が「癌を改善するためには、「火に油を注ぐ人」になってはいけない!」にて、癌治療における『血液浄化』と『免疫の改善・強化』の重要性を説明している内容の抜粋です。 癌を改善して治すためには、自然療法(食事療法・少食療法・断食療法・飲尿療法など) ...

 この『癌は先進国に現われた「現代病」である』シリーズは、「人類に癌が現われてきた時代背景」から癌というものを見つめることで、正しく癌を把握して頂こうと思って作成しました。過去記事を活用して「癌は先進国に現われた現代病である」という事実を分かりやすくお話 ...

 この『癌は先進国に現われた「現代病」である』シリーズは、「人類に癌が現われてきた時代背景」から癌というものを見つめることで、正しく癌を把握して頂こうと思って作成しました。過去記事を活用して「癌は先進国に現われた現代病である」という事実を分かりやすくお話 ...

 千島学説が教える本当の癌の治し方 - 現代医学の癌治療法は間違い 【「化学物質に過敏。食材はEM育ち。∞ いのちはつながっている ∞」より 】 千島学説が教える本当の癌の治し方 腸内汚染、体温の低下による排泄能力の低下が、癌の重大要因  癌患者が抗がん剤治療を ...

 アメリカの「癌に対する考え方」が分かる記事を3つご紹介します。 米国政府も認めた癌のヒミツ♪ 【「千葉市で矯正と予防歯科を中心に診療しているフレンズ歯科クリニックのブログです」より 】 こんばんは♪ 今までの記事で、「予防接種は、アメリカ政府が作った国家 ...

 誰の体でも、毎日、癌細胞が発生しています。最近の研究では、赤ん坊から老人まで、毎日平均して癌細胞が約5000個ほど体内で発生し、成人の健康体でも数百万から数億個の癌細胞が存在しているそうです。健康体の人であっても、癌細胞は平均して毎日5000個程度は生 ...

 1977年、マクガバン上院議員を委員長とする「アメリカ上院栄養問題特別委員会」は膨大な報告書(マクガバン・レポート)」を発表しました(アメリカ上院は世界最高の権威と権限を持つ調査機関です)。200億円をかけ、世界中を過去150年前まで遡り、3000名を ...

 筑紫哲也さんのガン治療  【「西式甲田療法による介護」より 】 下記引用は、稲田さん(稲田芳弘氏)の奥さんの文章です。 「粉ミルク断食療法」に触れられていますのでアップしてみました。 (http://www.creative.co.jp/top/main3584.html)~~~~~~~~~~~~ ...

 アメリカでのガンの食事療法 【「ガンの食事療法と、ガンに効く食べ物」より 】● アメリカでのガンの食事療法事情とは? アメリカでは、1990年代前半を境に、ガンによる死亡率は減少し続けています。 なぜ、米国ではガンが減少し始めたのでしょうか。 そのきっか ...

 森下敬一博士の「がん理論」  【「がんは感謝すべき細胞です。」より 】● ガンは「血液の汚れ」 ガンの正体を一言で言うと「血液の汚れ」である。血液の中にガンビールス(ウイルス)やその他のビールス(ウイルス)が入り込んで汚してしまっている、それ自体がガンなの ...

 ~ 日和見細菌、腸内細菌が癌化する証明 その壱 ~ 【「膠原病、アトピー、アレルギー完治させます!」(甲田光雄先生のお弟子さん)より 】 「Ras」と呼ばれるたんぱく質は、大腸がん患者で40~50%、膵臓がん患者で60~90%、全がん患者では約2割で活性化し、 ...

【はじめに】 肉食については一度、きちんとまとめてこの場に置いておきたかったので、世界的な名著「チャイ・ナスタディ」を通して「肉食とは、一体どういうものなのか?」についてお話ししてみます。 癌患者であるのに、いまだに肉を頬張りながら「癌を治そう」としてい ...

 ブログ「ゆっくり自然に生きよう!(癌があってもいいじゃないか^^)」の元気親父さんが、癌患者さんの知るべき大切な「日本の癌医療の実態」に関する資料をアップしてくださいましたので、ご紹介させて頂きます。■■ アメリカのガン治療、日本のガン治療 その1 先日 ...

 癌の正体見たり枯れ尾花 日本人の二人にひとりが癌にかかる時代 【「★阿修羅♪」より 】 (「癌は『浄血装置・排毒装置』である!【小澤博樹・森下敬一・船瀬俊介】」をまとめたものです )◆◆ 抗ガン剤で殺される - 抗ガン剤の闇を撃つ  船瀬俊介         ...

 癌の正体見たり枯れ尾花 日本人の二人にひとりが癌にかかる時代 【「★阿修羅♪」より 】 (「癌は『浄血装置・排毒装置』である!【小澤博樹・森下敬一・船瀬俊介】」をまとめたものです )◆◆ ガン「消去法」- ガンが心配なあなたへ  森下敬一           ...

 癌の正体見たり枯れ尾花 日本人の二人にひとりが癌にかかる時代 【「★阿修羅♪」より 】 (「癌は『浄血装置・排毒装置』である!【小澤博樹・森下敬一・船瀬俊介】」をまとめたものです )◆◆ がん体質革命 - 抗酸化療法EM‐Xの奇跡  小澤博樹          ...

 癌の正体見たり枯れ尾花 日本人の二人にひとりが癌にかかる時代 【「★阿修羅♪」より 】 立花隆氏の癌検証を NHK スペシャルで放送された事は知られているが、立花氏がテレビで話していた「現在の日本で二人にひとりが癌にかかり、三人にひとりが癌で死亡している」と ...

 風の谷のナウシカと千島学説 【「岡部明美のスピリチュアルな旅で出会った”もの・人・場・言葉たち”」より 】 もう随分前のことになるが、ある日、がん細胞って何なのかなぁと、ぼーっと考えていたことがある。すると、宮崎駿アニメの中で私が一番好きな「風の谷のナウ ...

 「がん」を考える(5) ~ がん腫は、非常の排毒機能 ~  【「自然の摂理から環境を考える」より 】 【「がん」を考える 】シリーズの第5弾です。 ここまで、ガンの原因、現在のガン医療の問題、そして、ガンの利権構造を扱ってきました。 多くの人が、ガンは「皮膚 ...

 森下敬一医学博士の唱える森下・千島学説では、癌を「血液の浄化装置」と捉えています。これは「ガン腫は “浄血装置” であり、毒素、細菌、ウィルスから人の自然の免疫・排毒機能が働かなくなるときの “非常の排毒機能” である」という内容で、「血液の汚れで、体が敗 ...

 岡本さんへ 岡本さん、いつもご丁寧なお返事を本当にありがとうございます。 今回は、最初に「岡本さんのコメント」を引用させて頂きますね。「お返事ありがとうございます。 お返事全部読ませていただきました。 私も、病巣が見つかったときは恐ろしさをかんじました ...

 千島学説研究会 ガン・難病の方へ  【「千島学説研究会」より 】● 健康な人でも、ガンを持っている この情報は、今から29年前 癌研究会研究所の菅野晴夫所長(当時)が発表し、1982年9月29日の毎日新聞夕刊で報道されました。内容は、高齢者の約50%にガン ...

 千島学説17 細胞分裂説と細胞新生説  【「西式甲田療法による介護」より 】 (稲田芳弘さんのブログから「http://www.creative.co.jp/m/mmm/index.cgi」)  千島学説17● 細胞分裂説と細胞新生説 間違った理論に基づいた医療では、効果を期待することなどできま ...

 岡本さんへ 岡本さん、お久しぶりです。いつもお返事をありがとうございます。 体調のほうも良いようですね。療養は必ず、その良さが表に現われてきます。 食養だけは裏切りがありません。実行した通りの結果が出るものです。 どうか自信を持って食養を継続されて頂き ...

 癌は体を守るためにできた 【「末期がんでもあきらめないで! 可能性いっぱい」より 】 森下敬一博士は「癌(腫瘍)は、血液の汚れを浄化している装置だ」と言われています。 体の中に溜まった毒素を細胞で固めて、全身から隔離して全体を守っているのが癌細胞の正体。 ...

 「マクガバン・レポート(参照)」や「チャイナ・スタディ(参照1・参照2・参照3)」の研究成果によって、アメリカは「獣肉食には弊害がある」と公に発表しています。ここからも「獣肉食にはマイナス面もたくさんありそうだ・・・」ということが感じられることと思います。 ...

 現代の日本人は食の在り方が無茶苦茶です。まして、多くの人が現代栄養学を信じている(正確には、疑問にさえ思わないのが実情)でしょうが、この現代栄養学がまったくの曲者で、なぜか世間で「丸呑み・鵜呑み」に信じられている害悪になっているのです。現代栄養学は「欠 ...

 元記事は、2012年の黙示録です。 「病気ではないけれど、健康とは言えない人」のことを、「未病」と言うそうです。「病気予備軍」ということでしょうか。著者は、最近の日本人には未病の人が増えていると述べています。そして、その原因が食べ物にあることを、胃相・ ...

 (「千島学説」に興味ある方に(1)からの続き・・・ )■■ 第4章 現代医学は人間を無視している がん細胞の増殖が早いとはかぎらない。医師はがんの治療には無力である。それは、現代医学ががんの原因を究明できないでいることにある。 千島は「がん細胞は血球からでき ...

 これは、「千島学説」を分かりやすくまとめている「間違いだらけの医者たち―現代医学を揺るがす千島学説 忰山紀一(著)」という図書からの抜粋です。★阿修羅♪ から転載しています。 また、忰山紀一さんは「千島学説入門―生命発生からガン治療まで」も著されています ...

 「千島学説」に興味ある方に、追加情報  【全文は こちらです】間違いだらけの医者たち忰山紀一(著)(かせやま きいち:医事ライター) 徳間書店■■ 第4章 現代医学は人間を無視している がん細胞の増殖が早いとはかぎらない。医師はがんの治療には無力である。そ ...

  これは、「千島学説」を分かりやすくまとめている「よみがえる千島学説―間違いだらけの現代医療 忰山紀一(著)」という図書からの抜粋です。★阿修羅♪ から転載しています。 また、忰山紀一さんは、「千島学説入門―生命発生からガン治療まで」も著されています。  ...

 You Tube  の「千島学説」の資料です。癌患者さんには「癌と食事の関係」について知って頂いて、これをご自分の癌治療に最大限に活かして頂きたいと思います。 ...

 癌の原因については世界中の学者が懸命に研究していますが、今だに癌の原因についての説明をする学説はありません。いろいろな要素が複雑に絡み合って癌ができてくるのだろうと一般的には考えられています。食品添加物、動物性食品の取り過ぎ、栄養過剰、塩分過剰、ビタミ ...

 森下敬一 医学博士から「癌は血液の浄化装置」を知る 当ホームページのリンク集にてご紹介しています「食べない生き方 」さんの資料から、森下敬一 医学博士の「癌は血液の浄化装置である」について見てみましょう。 非常に分かりやすくまとめられていますので、とても参 ...

このページのトップヘ