癌と食養 ☆★☆ 自然療法による癌治療 ~ Cancer Therapies by Naturopathy

癌治療を三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけで行なっても、癌は絶対に治りません。しかも、抗がん剤・放射線を行なうと「癌が治らない体」になってしまいます。癌を正しく知り、食事療法・少食療法・断食療法という「食のコントロール」を基軸に置き、飲尿療法で自己免疫を改善・強化しながら、他にも実際に癌治療に有効している自然療法を複合的に併用して色々と組み合わせて行なうことで癌体質を改善し、癌を克服できる体に建て替え、建て直すことが癌治療を行なう上で最も重要であり、ここが最も大切な「癌の認識」です。癌体質こそが「癌の正体」であり、癌体質こそが「体内に癌を生み出している元」なのです。この癌体質を改善することこそ、癌治療の根本です。癌体質を改善する要素が一切無く、かえって癌体質を悪化させてしまう三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけの癌治療では、癌を治すことは絶対にできません。自然療法(食事療法・少食療法・断食療法・飲尿療法など)を実践することで地道に癌体質を改善しながら、癌に打ち勝つ「体づくり」を日々積み重ねて、癌を克服できる自分を実現していきましょう! 癌治療とは、毎日たんたんと自然療法を積み重ねていく「地道な作業」です。この「地道な作業」を大事に行なえばこそ、『癌体質の改善』とともに「癌を本当に克服する道筋」を歩むことができるのです。当ブログサイトを通して、癌患者のみなさんがその「道筋」を見出して頂けたなら幸いに思います。

カテゴリ: ◆ 癌の原因 カテゴリ

 ※ 当記事は「シリーズ記事」になります。   この『癌と炎症』シリーズは『癌と炎症の関係』についてご理解して頂くために作成したものです。   ● 癌と炎症 ①     【 癌は「炎症」と深く関係しており、『慢性炎症』は 癌化 の原因となる!       『慢性炎 ...

 ※ 当記事は「シリーズ記事」になります。   この『癌と炎症』シリーズは『癌と炎症の関係』についてご理解して頂くために作成したものです。   ● 癌と炎症 ①     【 癌は「炎症」と深く関係しており、『慢性炎症』は 癌化 の原因となる!       『慢性炎 ...

 ※ 当記事は「シリーズ記事」になります。   この『癌と炎症』シリーズは『癌と炎症の関係』についてご理解して頂くために作成したものです。   ● 癌と炎症 ①     【 癌は「炎症」と深く関係しており、『慢性炎症』は 癌化 の原因となる!       『慢性炎 ...

 ※ 当記事は「シリーズ記事」になります。   この『癌と炎症』シリーズは『癌と炎症の関係』についてご理解して頂くために作成したものです。   ● 癌と炎症 ① (本記事)     【 癌は「炎症」と深く関係しており、『慢性炎症』は 癌化 の原因となる!     ...

 この記事は、次の2つの記事をまとめたものです。   ● 癌細胞内を「酸性化」し、癌細胞外を「アルカリ化」する方法は、有望な癌治療となる!     - 福田一典 医師【『プロトンポンプ阻害剤』との併用により、抗腫瘍効果が高まる!】   ●『重曹』の 経口摂取 ...

 この記事は、『銀座東京クリニック』院長の「福田一典」医師が公開されています「『漢方がん治療』を考える」から「527)がん組織の「アルカリ化」と「抗がん剤治療」(その1):プロトンポンプ阻害剤」記事のご紹介になります。 当記事で「福田一典」医師は研究報告 ...

 この記事は、『銀座東京クリニック』院長の「福田一典」医師が公開されています「『漢方がん治療』を考える」から「528)がん組織の「アルカリ化」と「抗がん剤治療」(その2):重曹治療(重炭酸ナトリウム)」記事のご紹介です。 今まで「福田一典」医師は、癌の『 ...

 甲田光雄先生のお弟子さんの「抗がん剤」に関する4つの記事をご紹介させて頂きます。 医師に「自分自身や家族が癌になった場合、抗がん剤を使用するか?」と質問したアンケートがあり、この質問に対して、9割の医師が「抗がん剤を使用しない」もしくは「抗がん剤は使用 ...

 甲田光雄先生のお弟子さんの「抗がん剤」に関する4つの記事をご紹介させて頂きます。 医師に「自分自身や家族が癌になった場合、抗がん剤を使用するか?」と質問したアンケートがあり、この質問に対して、9割の医師が「抗がん剤を使用しない」もしくは「抗がん剤は使用 ...

 当記事は「北海道大学 大学院 薬学研究院・薬剤分子設計学研究室」からのご紹介です。 当記事を通してご理解して頂きたいことは、日本社会の「化学物質」の乱用が引き起こしている、癌の大量発生についてです。「化学物質」の脅威をご理解してください m(__)m また、当記 ...

 当記事は「日本を守るのに右も左もない」サイト様からのご紹介です。 この記事は「森下・千島学説」の、癌は「血液の浄化装置(浄血装置)」として体内につくられている、という見解を示されています。 体内に停滞して蓄積している多量の「毒」を解毒するのに、もはや、 ...

 「化学物質」に関する良質な記事を「青空のホームページ」サイト様からご紹介させて頂きます。 この記事では「化学物質」のことを主に「化学薬品」と呼んでいます。 「化学物質」は食事や日用品から体内に入って来て停滞し、少食や断食を繰り返し行なわない限り、なかな ...

 甲田光雄先生のお弟子さんの「化学物質」に関する記事をご紹介させて頂きます。 この記事は、基本的に次の記事をご覧になって頂いていたほうが分かりやすいと思います。   ● 癌の「真の原因」とは、体内でイオン化された「化学物質」である!     【 イオン化され ...

 アメリカ 第33代大統領である「トルーマン」の “有名な言葉” を伝える「4記事」をご紹介させて頂きます。 この「4記事」のご紹介のあとに、私の【感想】が続きます。アメリカ 第33代大統領 ハリー・S・トルーマン まずは、この「4記事」を真剣にご覧になられ ...

 甲田光雄先生のお弟子さんの3つの記事をご紹介させて頂きます。 この3つの記事の内容は非常に重大であり、現代の日本人が急遽、対応せねばならないことであって、現代の日本社会に氾濫する「化学物質」の、次の重大なる事実を打ち明けるものです。   ● 化学物質が ...

 この記事は、「福田一典」医師の「『漢方がん治療』を考える」から「466)加工肉 と ナマコ(海鼠)と 大腸がん」記事の紹介です。 2015年の10月に「世界保健機関(WHO)」の専門組織である「国際がん研究機関(IARC)」が『加工肉』と『赤身肉』には発癌性があ ...

 この記事は、『銀座東京クリニック』院長の「福田一典」医師が公開されています「『漢方がん治療』を考える」から「460)なぜ、がんが増えているのか?」記事のご紹介です。 当記事では、「福田一典」医師が日本社会に潜在する様々な『発癌要因』についてお話しされて ...

 この記事は、次の記事の中の『癌は本来、「加齢」や「遺伝」とは無関係で起こる疾患である』という部分の抜粋になります。   ● なぜ、癌が増えているのか? - 福田一典 医師【「癌の原因」は、すべて考慮すべし!     「癌の原因」を何か「たった一つ」のものに的 ...

 当記事は、肉食を中心とした糖質制限は「総死亡率」「癌死亡率」が増加する、という内容です。 この内容に重なる資料として、次の記事を参照されてください。   ● 肉食中心の糖質制限は 総死亡率・癌死亡率 が増加する!     菜食中心の糖質制限は 総死亡率・癌 ...

 この記事は「organaturic」様からのご紹介です。 WHO(世界保健機関)が「癌の原因」となる『116種類の要因』を公式発表したが、この中には『加工肉』がはっきりと明記されており、この発表の前に、WHO(世界保健機関)の専門組織である IARC(国際がん研究機関)が『 ...

 WHO(世界保健機関)が公式発表した「癌の原因」となる『116種類の要因』の中には『加工肉』が含まれていますが、この発表の前に、WHO(世界保健機関)の専門組織である IARC(国際がん研究機関)が『加工肉』と『赤身肉』には発癌性があるという発表を公式にしていたよ ...

 この記事は、「In Deep」さんからのご紹介です。 WHO(世界保健機関)が「癌の原因」となる『116種類の要因』を公式に発表したようです。 その内容を「In Deep」さんが丁寧に翻訳してくださいました。 この「116の一覧」の中には、何と『抗がん剤』がいくつも入っ ...

 この記事は、「In Deep」さんからのご紹介です。 WHO(世界保健機関)が「癌の原因」となる『116種類の要因』を公式に発表したようです。 その内容を「In Deep」さんが丁寧に翻訳してくださいました。 この「116の一覧」の中には、何と『抗がん剤』がいくつも入っ ...

 「癌の生体検査は「癌化する可能性が高い環境」をつくり上げてしまうので、拒否すべき!」記事で、甲田光雄先生のお弟子さんは、東京大学 医学部 名誉教授で癌研究第一人者である「渋谷正史」教授について、このようにお話しされています。◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ ...

 「癌の生体検査は「癌化する可能性が高い環境」をつくり上げてしまうので、拒否すべき!」記事で、甲田光雄先生のお弟子さんは、東京大学 医学部 名誉教授で癌研究第一人者である「渋谷正史」教授について、このようにお話しされています。◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ ...

 当記事は、甲田光雄先生のお弟子さんが「身体の酸化(酸化体質)」によって病気が発病するメカニズム(原理)についてお話しされている内容です。主に「膠原病」を主体にお話しされていますが、これは癌に重ね見てご参考にして頂きたい内容です。 癌も「身体の酸化(酸化 ...

 この記事は、甲田光雄先生のお弟子さんが、癌治療に有効する放射線療法についてお話しされている内容です。 そして、癌患者さんが採用すべき癌治療についてもお話しされています。 また、甲田光雄先生のお弟子さんは、癌という病気のことを、体内における「酸化」が複合 ...

 この記事は、甲田光雄先生のお弟子さんが、癌治療に有効する放射線療法についてお話しされている内容です。 そして、癌患者さんが採用すべき癌治療についてもお話しされています。 また、甲田光雄先生のお弟子さんは、癌という病気のことを、体内における「酸化」が複合 ...

 この記事は、甲田光雄先生のお弟子さんが「抗がん剤のカラクリ」について分かりやすく明示してくださっている貴重な記事です。甲田光雄先生のお弟子さんは、世の癌医療に現われている当たり前な現象を分かりやすく説明してくださっています。世間一般の方々は、この「社会 ...

 この記事は、甲田光雄先生のお弟子さんが「抗がん剤のカラクリ」について分かりやすく明示してくださっている貴重な記事です。甲田光雄先生のお弟子さんは、世の癌医療に現われている当たり前な現象を分かりやすく説明してくださっています。世間一般の方々は、この「社会 ...

 この記事は、甲田光雄先生のお弟子さんが「抗がん剤のカラクリ」について分かりやすく明示してくださっている貴重な記事です。甲田光雄先生のお弟子さんは、世の癌医療に現われている当たり前な現象を分かりやすく説明してくださっています。世間一般の方々は、この「社会 ...

 糖化現象がなぜ悪いのか ~ 予防法まで 【「膠原病、難病、癌は寛解する病気です。究極の体質改善法」(甲田光雄先生のお弟子さん)より 】 簡単に『糖化現象』について書いていきます。 『糖化現象』は体に悪いということは聞いても、治し方や再生法は書いていません ...

 この記事は、次の記事の抜粋です。   ● 甲田療法式「糖質制限食」のレシピ【 糖質を完全に抜いた食事療法は大変危険です!:     糖質制限食の肉食は、獣肉食には弊害があるため、獣肉よりも、鶏肉・魚肉を選んで!】   ●『糖化現象』がなぜ悪いのか ~ 予防法 ...

 活性酸素の DNA損傷、酸化こそ癌の正体 【「膠原病、難病、癌は寛解する病気です。究極の体質改善法」(甲田光雄先生のお弟子さん)より 】◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ ...

 活性酸素の DNA損傷、酸化こそ癌の正体 【「膠原病、難病、癌は寛解する病気です。究極の体質改善法」(甲田光雄先生のお弟子さん)より 】◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ ...

 当記事は、ぜひ「癌の根本治療は、「酸性体質」と「酸化体質」という二大『癌体質』を改善すること!」記事をご一読して頂いている上でご覧になってください。そのほうが、より理解が得られると思います。 上記の記事より「人体の酸化が如何に癌を発生させ、如何に癌の成 ...

 当記事は、ぜひ「癌の根本治療は、「酸性体質」と「酸化体質」という二大『癌体質』を改善すること!」記事をご一読して頂いている上でご覧になってください。そのほうが、より理解が得られると思います。 上記の記事より「人体の酸化が如何に癌を発生させ、如何に癌の成 ...

 「医者ができること、してはいけないこと(小澤博樹)」より一部抜粋する 【「内海聡 facebook」(内海聡医師)より 】 ガンをはじめ、すべての病気は「人体の酸化現象」として捉えることができる。 したがって、人体を構成する細胞一つひとつの「酸化状態」を改善しな ...

 私は当ブログサイトにて、『癌体質』について何度もお話ししてきました。 当記事では、『癌体質』の中でも、癌の「成長」「増殖」「転移」「悪性化」に直接的に関わり、癌の悪化・進行に最も大きな影響を与えている「酸性体質」と「酸化体質」についてお話ししています。 ...

 私は当ブログサイトにて、『癌体質』について何度もお話ししてきました。 当記事では、『癌体質』の中でも、癌の「成長」「増殖」「転移」「悪性化」に直接的に関わり、癌の悪化・進行に最も大きな影響を与えている「酸性体質」と「酸化体質」についてお話ししています。 ...

 この記事は、『銀座東京クリニック』院長の「福田一典」医師の「酸化ストレスの軽減を目指したがん治療」記事のご紹介です。癌と「酸化ストレス」の関係について、非常に分かりやすく解説されています。 この記事は、主に次の内容について解説されています。   ●「活 ...

 現代病、活性酸素のおさらい 【「膠原病、難病、癌は寛解する病気です。究極の体質改善法」(甲田光雄先生のお弟子さん)より 】   (※ 記事の入り方が「ビタミンは「体内で還元されて」初めて意味がある!」記事と同じですが、      当記事は、まったく別の記事 ...

 放射能の感受性が個体差に応じて違う 【「膠原病、難病、癌は寛解する病気です。究極の体質改善法」(甲田光雄先生のお弟子さん)より 】  (中略) 体が回復する(のに)必要な正しい微栄養素(微量栄養素:ビタミン・ミネラル)を取り込み(摂取し)、 還元電位(酸 ...

 当記事は、最初に、鈴森さんの「ガンの特効薬はミトコンドリア賦活剤」ブログの記事をご紹介させて頂き、そのあと、甲田光雄先生のお弟子さんの記事をご紹介させて頂いています。その2つの記事のご紹介のあとに、私の話が続きます。 「体内の酸化」は万病の元であり、癌 ...

 当記事は「癌が悪化している場合は、「体内の酸化」を強制的に還元する『抗酸化治療』『酸化還元治療』を併用すべき!【悪化した「酸化体質」のままでは、他の療法が効果しない!】」記事の中の、甲田光雄先生のお弟子さんの部分を抜粋したものです。 「体内の酸化」は万 ...

 私は昨年の9月中旬以降、母の不眠症の悪化に加え、我が家のことでいろいろとありまして記事の更新が止まってしまい、そのことを、昨年の大晦日に「ガンの特効薬はミトコンドリア賦活剤」ブログの鈴森さんが「「癌と食養」ブログに何があったのか?」記事でご心配してくだ ...

 この記事は、「アメリカのサプリメント情報」様からご紹介です。 体内の pH バランスや、アルカリ性食品、酸性食品のことが簡潔にまとめられています。 通常、体内の pH は7.4ほど(pH7.35~7.45)に保たれています。しかし、現代の日本人は「体内を酸性に傾ける ...

 この記事は、鈴森さんの「ガンの特効薬はミトコンドリア賦活剤」ブログサイトからのご紹介です。 鈴森さんは当然のこととして、「重曹」が癌治療に効果することを分かりやすくお話ししてくださっています。 私も、「重曹」を水で溶かした『重曹水(重曹液)』の飲用を癌 ...

 この記事は、「digital journal.com」様からのご紹介です。 英文サイトの記事を Google 翻訳しているものですから、和訳文が確実に読みづらいです・・・。 ですが、よく読めば意味は分かると思います。読みやすくなりますように、私がかなり手を入れましたので、気になりま ...

 この記事は、「嘘がまかり通る世の中 あなたは何を信じますか?」様からのご紹介です。 英文サイトの「Cancer cells can not grow in an alkaline environment」記事を自動翻訳したもので、和訳文がちょっと読みづらいです。なので、和訳文のあとに、私の【ブログ管理人 ...

このページのトップヘ