癌と食養 ☆★☆ 自然療法による癌治療 ~ Cancer Therapies by Naturopathy

癌治療を三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけで行なっても、癌は絶対に治りません。しかも、抗がん剤・放射線を行なうと「癌が治らない体」になってしまいます。癌を正しく知り、食事療法・少食療法・断食療法という「食のコントロール」を基軸に置き、飲尿療法で自己免疫を改善・強化しながら、他にも実際に癌治療に有効している自然療法を複合的に併用して色々と組み合わせて行なうことで癌体質を改善し、癌を克服できる体に建て替え、建て直すことが癌治療を行なう上で最も重要であり、ここが最も大切な「癌の認識」です。癌体質こそが「癌の正体」であり、癌体質こそが「体内に癌を生み出している元」なのです。この癌体質を改善することこそ、癌治療の根本です。癌体質を改善する要素が一切無く、かえって癌体質を悪化させてしまう三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけの癌治療では、癌を治すことは絶対にできません。自然療法(食事療法・少食療法・断食療法・飲尿療法など)を実践することで地道に癌体質を改善しながら、癌に打ち勝つ「体づくり」を日々積み重ねて、癌を克服できる自分を実現していきましょう! 癌治療とは、毎日たんたんと自然療法を積み重ねていく「地道な作業」です。この「地道な作業」を大事に行なえばこそ、『癌体質の改善』とともに「癌を本当に克服する道筋」を歩むことができるのです。当ブログサイトを通して、癌患者のみなさんがその「道筋」を見出して頂けたなら幸いに思います。

カテゴリ:◆ 癌の原因 カテゴリ > 癌は、遺伝や加齢でなるのではなく、悪い生活習慣や食事が原因である

 この記事は、次の記事の中の『癌は本来、「加齢」や「遺伝」とは無関係で起こる疾患である』という部分の抜粋になります。   ● なぜ、癌が増えているのか? - 福田一典 医師【「癌の原因」は、すべて考慮すべし!     「癌の原因」を何か「たった一つ」のものに的 ...

 癌は遺伝というのは大きな間違い 【「特定疾患膠原病患者を辞めました。膠原病は治る病気です! 膠原病13年」(甲田光雄先生のお弟子さん)より 】 スウェーデン フィンランド デンマークなどの先進国で、 「一卵性双子(一卵性双生児)」の追跡調査を、昔からして ...

 この『癌は先進国に現われた「現代病」である』シリーズは、「人類に癌が現われてきた時代背景」から癌というものを見つめることで、正しく癌を把握して頂こうと思って作成しました。過去記事を活用して「癌は先進国に現われた現代病である」という事実を分かりやすくお話 ...

 「がんの特効薬は、なぜ世に出ない?(製薬企業と医療界の本音)」の記事の【感想】にて少し書きましたが、「加齢・人口増加は、癌の増加の正体か?」について、もう一度記事の文を編集し直して、ここでもう少しまとめてみます。 現代医学は「日本で癌が増えているのは、 ...

このページのトップヘ