癌と食養 ☆★☆ 自然療法による癌治療 ~ Cancer Therapies by Naturopathy

癌治療を三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけで行なっても、癌は絶対に治りません。しかも、抗がん剤・放射線を行なうと「癌が治らない体」になってしまいます。癌を正しく知り、食事療法・少食療法・断食療法という「食のコントロール」を基軸に置き、飲尿療法で自己免疫を改善・強化しながら、他にも実際に癌治療に有効している自然療法を複合的に併用して色々と組み合わせて行なうことで癌体質を改善し、癌を克服できる体に建て替え、建て直すことが癌治療を行なう上で最も重要であり、ここが最も大切な「癌の認識」です。癌体質こそが「癌の正体」であり、癌体質こそが「体内に癌を生み出している元」なのです。この癌体質を改善することこそ、癌治療の根本です。癌体質を改善する要素が一切無く、かえって癌体質を悪化させてしまう三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけの癌治療では、癌を治すことは絶対にできません。自然療法(食事療法・少食療法・断食療法・飲尿療法など)を実践することで地道に癌体質を改善しながら、癌に打ち勝つ「体づくり」を日々積み重ねて、癌を克服できる自分を実現していきましょう! 癌治療とは、毎日たんたんと自然療法を積み重ねていく「地道な作業」です。この「地道な作業」を大事に行なえばこそ、『癌体質の改善』とともに「癌を本当に克服する道筋」を歩むことができるのです。当ブログサイトを通して、癌患者のみなさんがその「道筋」を見出して頂けたなら幸いに思います。

カテゴリ:◆ 食事療法・食事法 カテゴリ > 短鎖脂肪酸食(ブドウ糖の摂取を排除し、短鎖脂肪酸を摂取する食事)

 この記事は、癌を増大させて進行させてしまう「ブドウ糖」を食事から極力排除して、「ブドウ糖」エネルギー源の代わりとなる『短鎖脂肪酸』エネルギー源を得るための “癌の食事療法” をまとめた記事を抜粋したものです。 ブドウ糖の代わりに『短鎖脂肪酸』エネルギー源 ...

 この記事は、「『短鎖脂肪酸』について【短鎖脂肪酸の要点の雰囲気を、ざっと知って頂くために】」記事を「短鎖脂肪酸食」カテゴリ用に再アップしたものです。 『短鎖脂肪酸』につきましては、次のカテゴリを参照してください。   ●「短鎖脂肪酸(ブドウ糖よりも優れ ...

 私は当ブログサイトにて『ケトン体』と『短鎖脂肪酸』のお話を散々してきましたが、では、この『ケトン体』と『短鎖脂肪酸』とは何なのか?、まったく別のものなのか?、何か違いはあるのか?、という疑問を持たれている方もおられるかと思います。 これは先に言いますと ...

 この記事は、「「炭水化物を断つ」のではなく、「ブドウ糖を断つ」ということ【「ブドウ糖の摂取」となる炭水化物食を極力断ち、『短鎖脂肪酸』を多く摂取できる炭水化物食を取る!】」記事を「短鎖脂肪酸食」カテゴリ用に再アップしたものです。 これは、世間では「炭水 ...

 この記事は、糖質制限時における「糖新生( 体内における「ブドウ糖の産生」)」の注意をまとめたものです。 糖質(ブドウ糖)を制限したり抑制したる断ったりする時には、体が起こす「糖新生」にまで配慮することが必要です。そうしなければ、糖質制限をしていながら,「 ...

 この記事は、次の記事から「少食」や「断食」に関する部分を「短鎖脂肪酸食」カテゴリ用に抜粋したものです。  ● 福田一典医師の『癌の中鎖脂肪ケトン食療法』論考(1)    【 癌細胞がブドウ糖に頼りきっているメカニズム:      癌医療界の演ずる “癌医療ビ ...

 これは、「肺がんを自力で治す人体実験」ブログの管理人さんが、甲田光雄先生を師と仰がれている「森本芳生」先生より頂いたコメントを掲載してくださった記事です。 甲田光雄先生から直接学ばれた森本先生のお話を、ぜひご覧になられてみてください m(__)m この記事をご ...

 この記事は、「玄米菜食の火食(加熱調理)は、なぜ “癌の食事療法” として不向きなのか?」、また「玄米菜食の生食(「生玄米粉食」+「生菜食」を中心とした食事療法:短鎖脂肪酸食 )は、なぜ “癌の食事療法” として有益なのか?」に関する部分を、次の2つの記事か ...

このページのトップヘ