癌と食養 ☆★☆ 自然療法による癌治療 ~ Cancer Therapies by Naturopathy

癌治療を三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけで行なっても、癌は絶対に治りません。しかも、抗がん剤・放射線を行なうと「癌が治らない体」になってしまいます。癌を正しく知り、食事療法・少食療法・断食療法という「食のコントロール」を基軸に置き、飲尿療法で自己免疫を改善・強化しながら、他にも実際に癌治療に有効している自然療法を複合的に併用して色々と組み合わせて行なうことで癌体質を改善し、癌を克服できる体に建て替え、建て直すことが癌治療を行なう上で最も重要であり、ここが最も大切な「癌の認識」です。癌体質こそが「癌の正体」であり、癌体質こそが「体内に癌を生み出している元」なのです。この癌体質を改善することこそ、癌治療の根本です。癌体質を改善する要素が一切無く、かえって癌体質を悪化させてしまう三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけの癌治療では、癌を治すことは絶対にできません。自然療法(食事療法・少食療法・断食療法・飲尿療法など)を実践することで地道に癌体質を改善しながら、癌に打ち勝つ「体づくり」を日々積み重ねて、癌を克服できる自分を実現していきましょう! 癌治療とは、毎日たんたんと自然療法を積み重ねていく「地道な作業」です。この「地道な作業」を大事に行なえばこそ、『癌体質の改善』とともに「癌を本当に克服する道筋」を歩むことができるのです。当ブログサイトを通して、癌患者のみなさんがその「道筋」を見出して頂けたなら幸いに思います。

カテゴリ:◆ 有害な食品・食事 カテゴリ > 肉食(獣肉食)の害

 当記事は、京都の『高雄病院』理事長の「江部康二」医師の人気ブログである「ドクター江部の糖尿病徒然日記」ブログからのご紹介です。『高雄病院』理事長 江部康二 医師 次の記事にて「大規模コホート研究」による「糖質制限と総死亡率・癌死亡率」に関する研究報告の記 ...

 当記事は「命を育む医療」ブログ様からのご紹介です。次の記事の続きになります。   ● 肉食中心の糖質制限は 総死亡率・癌死亡率 が増加する!     菜食中心の糖質制限は 総死亡率・癌死亡率 は減少するか増加しない!     【 コホート試験が物語る、糖質制限 ...

 当記事は「命を育む医療」ブログ様から「肉食と死亡率・癌死亡率の関係」及び「肉食と糖質制限食の関係」などを調査した著名な「大規模コホート研究」による研究報告をまとめた3つの記事をご紹介させて頂きます。 この記事は大変素晴らしい内容で、よくぞ、ここまで分か ...

 この記事は、「福田一典」医師の『銀座東京クリニック』から「青身の魚に含まれる DHA は、がんをおとなしくさせる」記事、及び『『漢方がん治療』を考える』から「DHA / EPA の 抗がん作用」記事の、2つの記事をご紹介させて頂きます。 当記事は、癌の『食事療法』とし ...

 この記事は、「福田一典」医師の「『漢方がん治療』を考える」から「466)加工肉 と ナマコ(海鼠)と 大腸がん」記事の紹介です。 2015年の10月に「世界保健機関(WHO)」の専門組織である「国際がん研究機関(IARC)」が『加工肉』と『赤身肉』には発癌性があ ...

 中小企業診断士・コンサルタントの「谷藤友彦」さんのブログより、「中村天風」の肉食論に関する記事をご紹介させて頂きます。 「中村天風」をご存じな方はとても多いと思いますが、私の好きな人物の一人です。 「中村天風」は、玄米菜食を中心とした粗食を推奨しており ...

 当記事は、肉食を中心とした糖質制限は「総死亡率」「癌死亡率」が増加する、という内容です。 この内容に重なる資料として、次の記事を参照されてください。   ● 肉食中心の糖質制限は 総死亡率・癌死亡率 が増加する!     菜食中心の糖質制限は 総死亡率・癌 ...

 この記事は「organaturic」様からのご紹介です。 WHO(世界保健機関)が「癌の原因」となる『116種類の要因』を公式発表したが、この中には『加工肉』がはっきりと明記されており、この発表の前に、WHO(世界保健機関)の専門組織である IARC(国際がん研究機関)が『 ...

 WHO(世界保健機関)が公式発表した「癌の原因」となる『116種類の要因』の中には『加工肉』が含まれていますが、この発表の前に、WHO(世界保健機関)の専門組織である IARC(国際がん研究機関)が『加工肉』と『赤身肉』には発癌性があるという発表を公式にしていたよ ...

 この記事は、「In Deep」さんからのご紹介です。 WHO(世界保健機関)が「癌の原因」となる『116種類の要因』を公式に発表したようです。 その内容を「In Deep」さんが丁寧に翻訳してくださいました。 この「116の一覧」の中には、何と『抗がん剤』がいくつも入っ ...

 この記事は、京都大学名誉教授で『からすま和田クリニック』院長の「和田洋巳」医学博士の「京都からすま和田クリニック 和田洋巳の相談室」ブログからのご紹介です。  当記事では、「和田洋巳」医学博士が「肉食は、なぜ身体に悪いのか? なぜ癌の原因になるのか?」に ...

 この記事は、『銀座東京クリニック』院長の「福田一典」医師が公開されています「『漢方がん治療』を考える」から「312)牛乳・乳製品はがんを「抑制する」のか「促進する」のか?」記事のご紹介です。 当記事では、「福田一典」医師が「牛乳・乳製品は、果たして癌患 ...

 この記事は、次の記事の抜粋です。   ● 甲田療法式「糖質制限食」のレシピ【 糖質を完全に抜いた食事療法は大変危険です!:     糖質制限食の肉食は、獣肉食には弊害があるため、獣肉よりも、鶏肉・魚肉を選んで!】   ●『糖化現象』がなぜ悪いのか ~ 予防法 ...

 近代における最大の覚者と言われている「ラマナ・マハルシ」が薦めていた『食の在り方』についてのご紹介です。 ラマナ・マハルシ ラマナ・マハルシは「物理的環境」よりも「精神的態度」のほうが霊的な進歩にとってより大きな関わりを持っていると確信していました。そし ...

 ※『回転式本部』は、2015年10月に『治療庵 楽道』と名称を変更しています。   当記事は2015年10月以前に作成しましたので、『治療庵 楽道』を『回転式本部』と記しています。◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ ...

 中年期に動物性たんぱくを摂り過ぎると早死のリスク 米最新研究 【「人民網日本語版」より 】 人間は中年になったら、食事を節制しなければならない。 米国「ヘルスデー(日本語版)」ウェブサイトは4日、米・南カリフォルニア大学の学者による2つの研究により、『中 ...

 元記事は「2012年の黙示録」です。「日本人の食物に対する考え方の変化」についての資料です。 記事のご紹介のあとに、私の話が続きます m(__)m人にはどれだけの物が必要か鈴木孝夫(著)  飛鳥新社● 地救原理の導入を 神という超越的な絶対存在を引き合いに出すこ ...

 元記事は「2012年の黙示録 ~ スピリチュアルな生き方原典  脇長生(講述)」です。 「スピリチュアルな生き方原典 ~ 日本神霊主義聴聞録」という図書の、肉食と菜食に関する「霊的な考え方」を伝える資料です。 この図書は、「日本スピリチュアリズムの父」と呼 ...

 元記事は「2012年の黙示録 ~ 心と食物と人相と  谷口雅春(著)」です。 「心と食物と人相と」という図書の中の「肉食に関する霊的な考え方」を教えてくれる資料です。 肉食(獣肉食)に関しましては、このような視点からも何か感じられてみてください m(__)m心 ...

 活性酸素 【「脂質と血栓の医学」より 】● 6.食品加熱と活性酸素 食品(肉や魚)を高温で加熱調理するとタンパク質が熱変性を起こし、「ヘテロサイクリックアミン」が生成される。 「ヘテロサイクリックアミン」は生体内で N-水酸化体となり、エステル化されて遺伝 ...

 癌には、糖質制限食が効果が高い事実 【「膠原病、難病、癌は寛解する病気です。究極の体質改善法」(甲田光雄先生のお弟子さん)より 】 私自身、「糖質制限食が癌に良い」という持論は、何度か掲示板で展開はしておりました。 しかし、私自身は医者ではないので、その ...

 当記事は、「癌の根本治療は、「酸性体質」と「酸化体質」という二大『癌体質』を改善すること!」記事の「「体内の癌が消滅した」=「癌の完治」ではない!」の項を抜粋したものです。 世間には、糖質制限をするのに獣肉を多く食べさせる糖質制限食がありますが、獣肉食 ...

 私は別に動物愛護者ではありませんが、常識範囲内での動物への愛情くらいは有しています。 肉食(獣肉食)がだ~い好きな皆さん、 あなたはコレを直視できますか・・・? 私の食生活は生菜食が中心で、年に数回程度は、付き合い上、肉食(獣肉食)をすることもあります。  ...

 この記事は、京都大学名誉教授で『からすま和田クリニック』院長の「和田洋巳」医学博士の「京都からすま和田クリニック 和田洋巳の相談室」ブログからのご紹介です。 甲田療法の “『生玄米粉』+『生菜食』(生玄米&生菜食)” で癌を改善していった「Yさん」という癌 ...

 この記事は、私が「手術後の食事、病院食はペンション程度、インド食養学、中村天風の結核を治した食事、戦争を経験した私のお婆ちゃまの信念」にて、大事な食養観についてお話させて頂きました内容の抜粋です。 最後に、食養のことをお話ししますね。 食養を探求してい ...

 元記事は、2012年の黙示録です。 「若杉友子」さんの著書「長生きしたけりゃ肉は食べるな」を、なわさんがアップしてくださいました。 獣肉食や牛乳に関する考え方の参考にされてみてください m(__)m◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ ...

 日本人の「肉食感覚」についてお話したいと思います。 おそらく、肉食に対して、このようなことは考えたこともない方が多いことでしょう。 まずは、「体によい食事 ダメな食事(幕内秀夫・著) 」からの抜粋からです。 体によい食事 ダメな食事  幕内秀夫 (著)● ...

 元記事は、2012年の黙示録です。 「病気ではないけれど、健康とは言えない人」のことを、「未病」と言うそうです。「病気予備軍」ということでしょうか。著者は、最近の日本人には未病の人が増えていると述べています。そして、その原因が食べ物にあることを、胃相・ ...

 元記事は、2012年の黙示録です。 私がこれまでにいろいろな文献から得てきた「肉食および牛乳信仰の弊害」について、この本の著者も明快に指摘しています。まさに「わが意を得たり」といってもよい本です。ぜひご一読をお勧めします。ちなみに私は長年牛乳は1滴も飲 ...

このページのトップヘ