癌と食養 ☆★☆ 自然療法による癌治療 ~ Cancer Therapies by Naturopathy

癌治療を三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけで行なっても、癌は絶対に治りません。しかも、抗がん剤・放射線を行なうと「癌が治らない体」になってしまいます。癌を正しく知り、食事療法・少食療法・断食療法という「食のコントロール」を基軸に置き、飲尿療法で自己免疫を改善・強化しながら、他にも実際に癌治療に有効している自然療法を複合的に併用して色々と組み合わせて行なうことで癌体質を改善し、癌を克服できる体に建て替え、建て直すことが癌治療を行なう上で最も重要であり、ここが最も大切な「癌の認識」です。癌体質こそが「癌の正体」であり、癌体質こそが「体内に癌を生み出している元」なのです。この癌体質を改善することこそ、癌治療の根本です。癌体質を改善する要素が一切無く、かえって癌体質を悪化させてしまう三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけの癌治療では、癌を治すことは絶対にできません。自然療法(食事療法・少食療法・断食療法・飲尿療法など)を実践することで地道に癌体質を改善しながら、癌に打ち勝つ「体づくり」を日々積み重ねて、癌を克服できる自分を実現していきましょう! 癌治療とは、毎日たんたんと自然療法を積み重ねていく「地道な作業」です。この「地道な作業」を大事に行なえばこそ、『癌体質の改善』とともに「癌を本当に克服する道筋」を歩むことができるのです。当ブログサイトを通して、癌患者のみなさんがその「道筋」を見出して頂けたなら幸いに思います。

カテゴリ:◆ 食養 カテゴリ > 玄米クリーム(生玄米粉で作った重湯)

 甲田光雄医学博士の一番弟子である「森美智代」先生の著書『断食の教科書』からのご紹介です。森美智代 著書の中の「玄米クリーム」「玄米の重湯」についての部分をご紹介させて頂きます。 ぜひ、ご参考にされてみてください。 『断食の教科書』に関する記事は「断食の ...

 「今日はなに飯?」ブログ様からのご紹介です。 玄米が苦手な「kassunn☆」さんが「玄米クリーム」をアレンジして作った「豆乳と玄米クリームのグラタン」をご紹介されています。なかなか面白いので、ご紹介させて頂きます m(__)m 「玄米クリーム」とは甲田光雄医学博士 ...

 「「玄米クリーム」の 作り方 」記事に以下の内容を加筆しました。 赤ちゃんの離乳食に玄米食を導入される方もおられますが、玄米粥よりも玄米クリームのほうがよいです。 赤ちゃんの胃腸はまだ未発達ですから、食物繊維の豊富な玄米は例え玄米粥であっても赤ちゃんの胃 ...

 膠原病患者さん用の食事メニュー 【発芽玄米クリーム、豆腐、炒って摩り下ろした黒胡麻】(仮題) (コメント欄より) 【「特定疾患膠原病患者を辞めました。膠原病は治る病気です! 膠原病13年」(甲田光雄先生のお弟子さん)より 】   (※ この記事は「膠原病患 ...

 当記事では、マクロビオティックの大家である「久司道夫」氏の著書『久司道夫のマクロビオティック 入門編』のアマゾンのレビューにある「かたくりこ」様の感想をご紹介しながら「植物の生食」に関するお話を進めていきます(レビュー)。 食養に目覚めた多くの人が決まっ ...

 この記事は、甲田光雄先生のお弟子さんが「Lさん」からの次のご質問にお答えしている内容です。【Lさんからのご質問】(参照)「すみません。玄米のこと、よく理解していませんでした。 玄米クリームとは、(玄米を)粉にしたものを煮るのでよいのでしょうか? 酵素につい ...

 この記事は、甲田光雄医学博士の著書を読み、ご自身の病気を治すべく独学で生菜食を始められた「Lさん」からのご質問に対して、甲田光雄先生のお弟子さんがお答えしている内容です。生菜食をされている方には大変参考になられるかと思いますので、ぜひご一読されてみてくださ ...

胃腸の弱い人が甲田療法を行なう場合には、まずは、玄米クリーム・豆腐・青汁で胃腸を整え回復してから、断食や生菜食を取り入れていく。(仮題) 【「西式健康法 掲示板」(甲田光雄先生のお弟子さん)より 】 本に書かれてる色々な食材なら食べても大丈夫だと勘違いして ...

 玄米クリームの作り方について説明します。 玄米クリームを上手に作るには、少しだけコツがあります。 また、玄米クリームを作るには、まず「生玄米粉」を作る必要があります。その「生玄米粉」を作るのに必要なのが『ミルサー』という製粉機です。こだわりたい人は「石臼 ...

このページのトップヘ