癌と食養 ☆★☆ 自然療法による癌治療 ~ Cancer Therapies by Naturopathy

癌治療を三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけで行なっても、癌は絶対に治りません。しかも、抗がん剤・放射線を行なうと「癌が治らない体」になってしまいます。癌を正しく知り、食事療法・少食療法・断食療法という「食のコントロール」を基軸に置き、飲尿療法で自己免疫を改善・強化しながら、他にも実際に癌治療に有効している自然療法を複合的に併用して色々と組み合わせて行なうことで癌体質を改善し、癌を克服できる体に建て替え、建て直すことが癌治療を行なう上で最も重要であり、ここが最も大切な「癌の認識」です。癌体質こそが「癌の正体」であり、癌体質こそが「体内に癌を生み出している元」なのです。この癌体質を改善することこそ、癌治療の根本です。癌体質を改善する要素が一切無く、かえって癌体質を悪化させてしまう三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけの癌治療では、癌を治すことは絶対にできません。自然療法(食事療法・少食療法・断食療法・飲尿療法など)を実践することで地道に癌体質を改善しながら、癌に打ち勝つ「体づくり」を日々積み重ねて、癌を克服できる自分を実現していきましょう! 癌治療とは、毎日たんたんと自然療法を積み重ねていく「地道な作業」です。この「地道な作業」を大事に行なえばこそ、『癌体質の改善』とともに「癌を本当に克服する道筋」を歩むことができるのです。当ブログサイトを通して、癌患者のみなさんがその「道筋」を見出して頂けたなら幸いに思います。

カテゴリ:◆ 糖質(ブドウ糖)以外のエネルギー源 カテゴリ > 短鎖脂肪酸(ブドウ糖よりも優れている素晴らしいエネルギー源)

 この記事は、『銀座東京クリニック』院長の「福田一典」医師が公開されています「『漢方がん治療』を考える」から、「392)ケトン食と食物繊維」と「393)食物繊維の抗がん作用」の2つの記事のご紹介です。 「福田一典」医師が当記事でお話されていますのは、食物 ...

 この記事は「フラナガン水素 長寿村フンザの水を再現」ブログ様からのご紹介です。 長崎県立大学シーボルト校 大学院 人間健康科学研究科 栄養学専攻「奥恒行」教授の研究発表内容です。 腸内細菌が「糖質」を発酵分解すると『水素』を産生します。 腸内細菌が「糖質1 ...

 この記事は、カテゴリの都合により、次の記事の中にある『生玄米粉』に関する内容を再度まとめたものです。 「生玄米粉食の価値」を理解するのに役立ちます。  ● 生菜食療法とは  ● 癌に対抗するべく免疫力を上げるには、積極的に「生玄米粉」を食べたほうが良い  ...

 先日、「エコサンテ ~ 短鎖脂肪酸って? その役割とは?【『短鎖脂肪酸の価値』を知ることができる、代替療法の先生のメール 】」記事にて『エコサンテ』という『短鎖脂肪酸』のサプリメントをご紹介させて頂きました。 本日、この記事でご紹介させて頂いております元記 ...

 『短鎖脂肪酸』の有効性について注目している専門家が今、多くなってきているのだと思います。 お母様が胃癌になられた方が、お世話になっている代替療法の先生から頂いた『短鎖脂肪酸』に関するメールをご紹介されていましたので、その内容をここでご紹介させて頂きます ...

 これは、名古屋大学 大学院 生命農学研究科 栄養生化学研究分野の「北浦靖之」助教授の研究です。 脂肪酸自体に「癌細胞を細胞死に誘導する効果がある(癌細胞だけに細胞自殺(アポトーシス)を起こさせる効果がある)」という内容です。 この報告では、“短鎖脂肪酸と長 ...

 私は当ブログサイトにて『ケトン体』と『短鎖脂肪酸』のお話を散々してきましたが、では、この『ケトン体』と『短鎖脂肪酸』とは何なのか?、まったく別のものなのか?、何か違いはあるのか?、という疑問を持たれている方もおられるかと思います。 これは先に言いますと ...

●「ブドウ糖を断つ」ということと「炭水化物を断つ」ということは、同じことではない!  あくまで「ブドウ糖を断つ」のであって、「炭水化物を断つ」のではない! ココを注意して!   ~「ブドウ糖の摂取」となる炭水化物食を極力断ち、    『短鎖脂肪酸』を多く摂取 ...

 この記事は、「『短鎖脂肪酸』について【短鎖脂肪酸の要点の雰囲気を、ざっと知って頂くために】」記事を「短鎖脂肪酸食」カテゴリ用に再アップしたものです。 『短鎖脂肪酸』につきましては、次のカテゴリを参照してください。   ●「短鎖脂肪酸(ブドウ糖よりも優れ ...

 この記事は、癌を増大させて進行させてしまう「ブドウ糖」を食事から極力排除して、「ブドウ糖」エネルギー源の代わりとなる『短鎖脂肪酸』エネルギー源を得るための “癌の食事療法” をまとめた記事を抜粋したものです。 ブドウ糖の代わりに『短鎖脂肪酸』エネルギー源 ...

 「炭水化物が人類を滅ぼす-糖質制限からみた生命の科学 夏井睦医師」にて、夏井睦医師の著書「炭水化物が人類を滅ぼす - 糖質制限からみた生命の科学」の中の、不溶性食物繊維の『セルロース』と、その『セルロース』を分解してビタミン・短鎖脂肪酸・アミノ酸などの重 ...

 この記事は、「PET検査の原理」を解説しながら「癌患者にとって、ブドウ糖の摂取が如何に生命を脅かす脅威となってしまうか」についてお話ししています。後半には、なぜ『少食療法』や『断食療法』が癌治療に有効するのか、についてもお話ししています。そして『癌を改 ...

 この記事は、京都大学の研究グループによる『短鎖脂肪酸の働き』に関する研究報告です。 単純に「短鎖脂肪酸がエネルギー源になる」という事実を知って頂きたくて作成しました。 この記事のご紹介のあとの【補足】にて、癌患者における「ブドウ糖の摂取」の問題に重ねな ...

 この記事は、京都大学の研究グループによる『短鎖脂肪酸の働き』に関する研究報告です。 人間のエネルギーとなるもの・・、これは何も「ブドウ糖」ばかりではなく、『ケトン体』や『短鎖脂肪酸』というエネルギー源もあることを、京都大学という一流機関が正式に打ち明けて ...

 この記事は「日本ビフィズス菌センター」と「ヤクルト中央研究所」の『短鎖脂肪酸』の解説です。 『短鎖脂肪酸』がどういうものかについて、とりあえずこの記事を一通りざっと目を通して頂いてから、この記事のご紹介のあとの【『短鎖脂肪酸』について 】にて “短鎖脂肪 ...

 この記事は、食物繊維がエネルギーになる仕組み、つまり、『短鎖脂肪酸』がエネルギーになることを簡潔に解説している内容です。食物繊維という「難消化性炭水化物」の代謝経路を解説しています。 「短鎖脂肪酸がブドウ糖に替わるエネルギー源になる」ということを感じ取 ...

 この記事は、食物繊維の解説、食物繊維の「不溶性食物繊維」及び「水溶性食物繊維」が摂取できる食品の解説、「水溶性食物繊維」が腸内細菌の働きによって発酵分解されて『短鎖脂肪酸』が生成される解説、『短鎖脂肪酸』の有効性などが簡潔にまとめられています。ぜひ、ご ...

 食物繊維について 【「清水化学株式会社」より 】● 食物繊維とは 「ヒトの消化酵素で消化されない食物中の成分」が食物繊維です。ダイエタリーファイバー(Dietary Fiber)とも言われています。 長い間、食物のカスとして扱われていましたが、肥満、高血圧、大腸ガンな ...

 この記事は健康食品などを製造している大手企業のものですが、『短鎖脂肪酸』は近年、こういった業界でも注目を集めているそうです。『短鎖脂肪酸』は、食物繊維のうちの「水溶性食物繊維」が大腸で腸内細菌によって発酵分解されることで得られます。生玄米粉食の他にも、 ...

 癌治療の玄米菜食における『生玄米食の価値』についてお話しします。 一般的には同じように見えるでしょうが、「生玄米食(玄米の生食)」と「玄米ご飯食(玄米の火食)」とでは、その中身はまったく違う食事内容になります。癌治療の上では、生玄米食(玄米の生食)のほ ...

このページのトップヘ