癌と食養 ☆★☆ 自然療法による癌治療 ~ Cancer Therapies by Naturopathy

癌治療を三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけで行なっても、癌は絶対に治りません。しかも、抗がん剤・放射線を行なうと「癌が治らない体」になってしまいます。癌を正しく知り、食事療法・少食療法・断食療法という「食のコントロール」を基軸に置き、飲尿療法で自己免疫を改善・強化しながら、他にも実際に癌治療に有効している自然療法を複合的に併用して色々と組み合わせて行なうことで癌体質を改善し、癌を克服できる体に建て替え、建て直すことが癌治療を行なう上で最も重要であり、ここが最も大切な「癌の認識」です。癌体質こそが「癌の正体」であり、癌体質こそが「体内に癌を生み出している元」なのです。この癌体質を改善することこそ、癌治療の根本です。癌体質を改善する要素が一切無く、かえって癌体質を悪化させてしまう三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけの癌治療では、癌を治すことは絶対にできません。自然療法(食事療法・少食療法・断食療法・飲尿療法など)を実践することで地道に癌体質を改善しながら、癌に打ち勝つ「体づくり」を日々積み重ねて、癌を克服できる自分を実現していきましょう! 癌治療とは、毎日たんたんと自然療法を積み重ねていく「地道な作業」です。この「地道な作業」を大事に行なえばこそ、『癌体質の改善』とともに「癌を本当に克服する道筋」を歩むことができるのです。当ブログサイトを通して、癌患者のみなさんがその「道筋」を見出して頂けたなら幸いに思います。

カテゴリ: ◆ 癌の真実・真相 カテゴリ〈Ⅰ〉

 ※ 当記事は「シリーズ記事」になります。   ● ピンクリボン運動(乳癌検診の啓発運動)の 真実!   ● 乳癌検診(マンモグラフィー検診)の真実!     【 マンモグラフィー検診で発見される乳癌の4分の1は 過剰診断:       乳癌検診で多くの人が 不要 ...

 甲田光雄先生のお弟子さんの「低放射線ホルミシス効果」に関する記事をご紹介させて頂きます。 当記事は「低放射線ホルミシス効果」を理解する上で非常に参考になる記事です m(__)m. 放射線は悪ではない。感情と同じ使い方です。  【「癌と膠原病から元気になった実体験 ...

 次の記事で、『村上内科医院』院長である「村上正志」医学博士が2017年6月に開催された「第17回 日本抗加齢医学会総会」にて『重曹療法』が「癌に効果的である」ということを学んできたと報告されていることをご紹介させて頂きました。   ● 癌治療に『重曹』の効 ...

 この記事は、次の2つの記事をまとめたものです。   ● 癌細胞内を「酸性化」し、癌細胞外を「アルカリ化」する方法は、有望な癌治療となる!     - 福田一典 医師【『プロトンポンプ阻害剤』との併用により、抗腫瘍効果が高まる!】   ●『重曹』の 経口摂取 ...

 この記事は、『銀座東京クリニック』院長の「福田一典」医師が公開されています「『漢方がん治療』を考える」から「527)がん組織の「アルカリ化」と「抗がん剤治療」(その1):プロトンポンプ阻害剤」記事のご紹介になります。 当記事で「福田一典」医師は研究報告 ...

 この記事は、『銀座東京クリニック』院長の「福田一典」医師が公開されています「『漢方がん治療』を考える」から「517)「ワールブルグ効果」を是正すると、がん細胞は自滅する」記事のご紹介です。 癌細胞が増殖するための “二大栄養素” は「ブドウ糖」と「グルタ ...

 この記事は、『銀座東京クリニック』院長の「福田一典」医師が公開されています「『漢方がん治療』を考える」から「528)がん組織の「アルカリ化」と「抗がん剤治療」(その2):重曹治療(重炭酸ナトリウム)」記事のご紹介です。 今まで「福田一典」医師は、癌の『 ...

● アミグダリン と ベンズアルデヒド の「抗がん作用」 「岡崎公彦」医師(医学博士)の著名な『がんの特効薬は発見済みだ!』という著書があります。  がんの特効薬は発見済みだ! 岡崎公彦医師が癌治療に使用している特効薬というのは「ベンズアルデヒド」のことです ...

 当記事は「北海道大学 大学院 薬学研究院・薬剤分子設計学研究室」からのご紹介です。 当記事を通してご理解して頂きたいことは、日本社会の「化学物質」の乱用が引き起こしている、癌の大量発生についてです。「化学物質」の脅威をご理解してください m(__)m また、当記 ...

 甲田光男先生のお弟子さんが「AGE(終末糖化産物:参照)」についてお話しされています。 「AGE」は老化を促進し、癌をはじめとする様々な病気の原因となる物質です。 この「AGE」を溜め込まない生活を心がけることが大切です。 「身体の酸化」が体内の「AGE」を増加さ ...

 この記事は、甲田光雄先生のお弟子さんが、癌治療に有効する放射線療法についてお話しされている内容です。 そして、癌患者さんが採用すべき癌治療についてもお話しされています。 また、甲田光雄先生のお弟子さんは、癌という病気のことを、体内における「酸化」が複合 ...

 この記事は、甲田光雄先生のお弟子さんが「抗がん剤のカラクリ」について分かりやすく明示してくださっている貴重な記事です。甲田光雄先生のお弟子さんは、世の癌医療に現われている当たり前な現象を分かりやすく説明してくださっています。世間一般の方々は、この「社会 ...

 この記事は、「In Deep」さんの「自立した人生(1)- 薬と病院と介護から脱却して、「ガンを自然治癒できる力」を持たないと未来を生きることはできない」記事の中の「癌の自然治癒」に関する部分のご紹介です。 この記事の中の「ルドルフ・シュタイナー」の霊的菜食観 ...

 糖化現象がなぜ悪いのか ~ 予防法まで 【「膠原病、難病、癌は寛解する病気です。究極の体質改善法」(甲田光雄先生のお弟子さん)より 】 簡単に『糖化現象』について書いていきます。 『糖化現象』は体に悪いということは聞いても、治し方や再生法は書いていません ...

● この世を構成している基本原理の一つである『陰陽原理』 腸内細菌には、一般的に「善玉菌」と「悪玉菌」がいることが知られています。 (その他に「日和見菌」がいますが、「日和見菌」は良い働きも悪い働きもする菌種で、優勢なほうに味方します。  つまり、善玉菌が ...

● この世を構成している基本原理の一つである『陰陽原理』 腸内細菌には、一般的に「善玉菌」と「悪玉菌」がいることが知られています。 (その他に「日和見菌」がいますが、「日和見菌」は良い働きも悪い働きもする菌種で、優勢なほうに味方します。  つまり、善玉菌が ...

 この資料は、近代において最大の覚者と言われている「ラマナ・マハルシ」の言葉です。 著名な「あるがままに ~ ラマナ・マハルシの教え」という図書の巻末に収録されている対話集「私は誰か?」をご紹介しています。 あるがままに ~ ラマナ・マハルシの教え ラマナ・ ...

 体内の発癌性物質・有害物質は、肝臓がつくり出す「フェーズ1」酵素、「フェーズ2」酵素の “2段階の働き” により無害化されます。このような酵素を「解毒酵素」と言います。 この「解毒酵素」による「毒素の無害化」についての資料をご紹介させて頂きます m(__)m ス ...

 私の好きな言葉です。 この言葉の中から、みなさんも何か感じてみてください m(__)m ★ 岡潔 (数学者・奈良女子大学名誉教授・理学博士〔京都帝国大学〕:文化勲章・勲一等瑞宝章 受章:参照)  ● 私は「数学なんかをして人類にどういう利益があるのだ」と問う人に対 ...

 内海聡 医師の facebook より、癌に関する内容のご紹介です。 内海医師はこの中で、癌のことを『浄化装置のゴミ集めのなれの果て』の姿だと言われています。 これは、癌は『血液の浄化装置(血液の浄化装置)』である、ということを言われており、「森下・千島学説」の癌 ...

 「医者ができること、してはいけないこと(小澤博樹)」より一部抜粋する 【「内海聡 facebook」(内海聡医師)より 】 ガンをはじめ、すべての病気は「人体の酸化現象」として捉えることができる。 したがって、人体を構成する細胞一つひとつの「酸化状態」を改善しな ...

 私は当ブログサイトにて、『癌体質』について何度もお話ししてきました。 当記事では、『癌体質』の中でも、癌の「成長」「増殖」「転移」「悪性化」に直接的に関わり、癌の悪化・進行に最も大きな影響を与えている「酸性体質」と「酸化体質」についてお話ししています。 ...

 消えている参考文献 【「膠原病、難病、癌は寛解する病気です。究極の体質改善法」(甲田光雄先生のお弟子さん)より 】◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ ...

 この記事は「食べない生き方」様からのご紹介です。ミトコンドリアの要点を簡潔にまとめてくださっています。 ミトコンドリアは「少食」や「断食」という「空腹」の時間に最も増えます。 ミトコンドリアを蘇生させるには、『栄養療法(食事療法・食事改善)』に加えて、 ...

 ミトコンドリア系とビタミン  【「湯島清水坂クリニック」より 】● 生活習慣病とは、慢性的な『乳酸アシドーシス』 「生活習慣病」とは、ミトコンドリアの機能低下と考えてよいと思います。 したがって、「生活習慣病」は、ミトコンドリアの機能を「本来の姿」に戻せば ...

 癌は『乳酸アシドーシス』による「酸毒」で成長していく! この『乳酸アシドーシス』を改善して、体内の酸化を還元することが大事!(仮題) 【「膠原病、難病、癌を治す会 掲示板」(甲田光雄先生のお弟子さん)より 】 癌は再発の場合、癌特有の特殊能力が増えている ...

 この記事は、「枇杷葉温圧健康会」様からのご紹介です。記事のご紹介のあとに、私の【感想】が続きます。 【感想】では、この記事の内容に重なる、私の『癌体質』の考え方をお話しさせて頂いています。 当記事のタイトルにもありますけれど、この記事の中で出てくる『慢 ...

 この記事は、「リチャードソン博士の癌特効薬、スティーブ・マックイーンの不運【癌治療は「アミグダリン」だけに頼ってはいけない! 必ず『癌体質の改善』に主眼を置くことが大事!】」の中の、次の内容に関する部分を抜粋したものです。  ●『癌体質』を改善することこ ...

 この記事は、「ガンに対する、もう一つの考え方」サイト様からのご紹介です。 現役のお医者さんが癌になった場合、自分たち医者が常日頃、癌患者に対して当たり前顔して勧めている三大療法(抗がん剤・放射線・手術)は受けずに避けて、「健康食品」に走り、それでしっか ...

 白米・砂糖が癌細胞を成長させる  【「ガンの特効薬はミトコンドリア賦活剤」より 】◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ ...

 スタチンは発ガン物質・毒薬 【「ガンの特効薬はミトコンドリア賦活剤」より 】◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ ...

 医者はなぜ自己にスタチンを投与するのか 【「特定疾患膠原病患者を辞めました。膠原病は治る病気です! 膠原病13年」(甲田光雄先生のお弟子さん)より 】 イギリスの50歳以上の全国民、日本の医者が自らに投与している投薬第一位は『スタチン』製剤です。 「エン ...

 甲田光雄先生のお弟子さんが、癌細胞における「重水素」の見解について説明してくださっています。 癌細胞が増殖する時に、この「重水素」が大きな役割を担っているようです。 癌を改善させるためには、体内の「重水素」を減少させることが要と言えます。 体内の「重水 ...

 この記事は、甲田光雄先生のお弟子さんがK様と「癌の正体」について、ご自分の「癌の見解」をお話されている内容です。非常に勉強になりますので、ぜひご覧になられてみてください m(__)m 甲田光雄先生のお弟子さんは後日、「癌細胞における「重水素」の役割【癌細胞は、 ...

 この記事は、甲田光雄先生のお弟子さんがK様と「癌の正体」について、ご自分の「癌の見解」をお話されている内容です。非常に勉強になりますので、ぜひご覧になられてみてください m(__)m 甲田光雄先生のお弟子さんは後日、「癌細胞における「重水素」の役割【癌細胞は、 ...

 当記事は、鈴森さんの「ガンの特効薬はミトコンドリア賦活剤」ブログの「ワールブルグ効果」記事をご紹介しています。記事の内容は『癌細胞とブドウ糖の関係』と『癌細胞とミトコンドリアの関係』についてになります。 「癌細胞とは如何なる存在か」がよくお分かり頂ける ...

 この記事は、私が「癌を改善するためには、「火に油を注ぐ人」になってはいけない!」にて、癌治療における『血液浄化』と『免疫の改善・強化』の重要性を説明している内容の抜粋です。 癌を改善して治すためには、自然療法(食事療法・少食療法・断食療法・飲尿療法など) ...

 この記事は、「生命の水 -奇跡の尿療法- ジョン・W・アームストロング(著)《1》」記事を部分抜粋したものです。内容は、癌治療において非常に「重要な認識」となる、次のテーマについてです。  ● 癌の正体は『癌体質』である!  ● 癌の手術は「癌治療の始まり」 ...

 私は当ブログサイトで、次のような『癌体質』のお話を何度もしてきました。「癌の正体はあくまで『癌体質』であり、 体内に発生した “癌の塊” は、『癌体質』が表面化して現れてきた “癌体質の産物” に過ぎない。」 『癌体質』とは、自分の体が体内に「癌を発生させ ...

 筑紫哲也さんのガン治療  【「西式甲田療法による介護」より 】 下記引用は、稲田さん(稲田芳弘氏)の奥さんの文章です。 「粉ミルク断食療法」に触れられていますのでアップしてみました。 (http://www.creative.co.jp/top/main3584.html)~~~~~~~~~~~~ ...

 「星野仁彦」医学博士(福島学院大学教授・副学長)の自著「ガンと闘う医師のゲルソン療法」からの抜粋です。星野先生は末期癌になりましたが、マックス・ゲルソン博士が開発した『ゲルソン療法』と併用して『飲尿療法』を実践し、余命宣告をされて命の崖っぷちに立たされ ...

 ~ 日和見細菌、腸内細菌が癌化する証明 その壱 ~ 【「膠原病、アトピー、アレルギー完治させます!」(甲田光雄先生のお弟子さん)より 】 「Ras」と呼ばれるたんぱく質は、大腸がん患者で40~50%、膵臓がん患者で60~90%、全がん患者では約2割で活性化し、 ...

 「癌の仕組み」と「飲尿療法」(仮題)  【「西式健康法 掲示板 」(甲田光雄先生のお弟子さん)より 】 癌ができる作用は、化学化合物、薬(化学医薬)、添加物(食品への化学添加物)や、環境に関係する化学物質です。 細胞に生息しているミトコンドリア > 脂肪や上 ...

 癌を治すには、癌になる理由を知るべきです 【「膠原病、アトピー、アレルギー完治させます!」(甲田光雄先生のお弟子さん)より 】 私自身、西式という癌や難病を二十数万人規模で、日本で1番臨床経験が多い食事療法の研究をしてきた甲田光雄医師の実家に泊まり、長い ...

■■ 癌に関する内容  (「西式健康法 掲示板」甲田光雄先生のお弟子さんより )● 人間の生理現象は、体外から侵入したタンパク質全般にアレルゲン反応を大なり小なり示します。 タンパク質でも、通常の常識であれば自己体内で生産したタンパク質にはアレルゲン反応は起 ...

このページのトップヘ