癌と食養 ☆★☆ 自然療法による癌治療 ~ Cancer Therapies by Naturopathy

癌治療を三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけで行なっても、癌は絶対に治りません。しかも、抗がん剤・放射線を行なうと「癌が治らない体」になってしまいます。癌を正しく知り、食事療法・少食療法・断食療法という「食のコントロール」を基軸に置き、飲尿療法で自己免疫を改善・強化しながら、他にも実際に癌治療に有効している自然療法を複合的に併用して色々と組み合わせて行なうことで癌体質を改善し、癌を克服できる体に建て替え、建て直すことが癌治療を行なう上で最も重要であり、ここが最も大切な「癌の認識」です。癌体質こそが「癌の正体」であり、癌体質こそが「体内に癌を生み出している元」なのです。この癌体質を改善することこそ、癌治療の根本です。癌体質を改善する要素が一切無く、かえって癌体質を悪化させてしまう三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけの癌治療では、癌を治すことは絶対にできません。自然療法(食事療法・少食療法・断食療法・飲尿療法など)を実践することで地道に癌体質を改善しながら、癌に打ち勝つ「体づくり」を日々積み重ねて、癌を克服できる自分を実現していきましょう! 癌治療とは、毎日たんたんと自然療法を積み重ねていく「地道な作業」です。この「地道な作業」を大事に行なえばこそ、『癌体質の改善』とともに「癌を本当に克服する道筋」を歩むことができるのです。当ブログサイトを通して、癌患者のみなさんがその「道筋」を見出して頂けたなら幸いに思います。

カテゴリ: ◆ 癌になる食事・癌を悪化させる食事 カテゴリ

 この記事は、次の記事の「最初の黄囲み部分」の中の『にんじんジュース』に関してお話ししています部分の抜粋です。   ● 入院での食事(管理栄養士が献立を考えた入院食・病院食)に絶望する毎日     【 入院した癌患者に対して、病院は「癌を育てる食事」を出して ...

 当記事は「癌(がん)と闘う家族のブログ」ブログの次の記事をご紹介させて頂きます。   ● 入院してから、急速にガンが進行してしまった母   ● 入院での食事に絶望する毎日 〔 ⇐ 以前に「アップ」している記事 〕   ● 7月もたないはずが、8月になっても生 ...

 当記事は「癌(がん)と闘う家族のブログ」ブログの次の記事をご紹介させて頂きます。   ● 入院してから、急速にガンが進行してしまった母   ● 入院での食事に絶望する毎日 〔 ⇐ 以前に「アップ」している記事 〕   ● 7月もたないはずが、8月になっても生 ...

 この記事は、『銀座東京クリニック』院長の「福田一典」医師が公開されています「『漢方がん治療』を考える」から「521)甘い果物や蜂蜜はがんを促進する」記事のご紹介です。 当記事で「福田一典」医師は、  ● 世間では『果物食』が癌治療に良いとされているが、  ...

 この記事は、『銀座東京クリニック』院長の「福田一典」医師が公開されています「『漢方がん治療』を考える」から「521)甘い果物や蜂蜜はがんを促進する」記事のご紹介です。 当記事で「福田一典」医師は、  ● 世間では『果物食』が癌治療に良いとされているが、  ...

 ※ この記事は「シリーズ記事」になります。   ● ブドウ糖を絶てば、がん細胞は死滅する! 福田一典(著)①     【 癌細胞の代謝の特徴:癌とブドウ糖の関係:       ブドウ糖は、癌の発生・増殖・悪性化・転移・進行を促進する!】(本記事)   ● ブ ...

 当記事は、次の記事から『肉製品・乳製品は「酸化ストレス」を高め、「身体の酸化(酸化体質)」を深めて悪化させ、「発がんリスク」を高める』という部分を抜粋した記事です。   ●『加工肉』や『赤身肉』は「発癌リスク」を高める! - 福田一典 医師    【『赤身 ...

 当記事は、次の記事から『肉製品・乳製品は「酸化ストレス」を高め、「身体の酸化(酸化体質)」を深めて悪化させ、「発がんリスク」を高める』という部分を抜粋した記事です。   ●『加工肉』や『赤身肉』は「発癌リスク」を高める! - 福田一典 医師    【『赤身 ...

 当記事は、京都の『高雄病院』理事長の「江部康二」医師の人気ブログである「ドクター江部の糖尿病徒然日記」ブログからのご紹介です。『高雄病院』理事長 江部康二 医師 次の記事にて「大規模コホート研究」による「糖質制限と総死亡率・癌死亡率」に関する研究報告の記 ...

 当記事は「命を育む医療」ブログ様からのご紹介です。次の記事の続きになります。   ● 肉食中心の糖質制限は 総死亡率・癌死亡率 が増加する!     菜食中心の糖質制限は 総死亡率・癌死亡率 は減少するか増加しない!     【 コホート試験が物語る、糖質制限 ...

 当記事は「命を育む医療」ブログ様から「肉食と死亡率・癌死亡率の関係」及び「肉食と糖質制限食の関係」などを調査した著名な「大規模コホート研究」による研究報告をまとめた3つの記事をご紹介させて頂きます。 この記事は大変素晴らしい内容で、よくぞ、ここまで分か ...

●「断糖肉食」で癌が治るのは本当か? それは、体内の癌が消失した「だけ」ではないのか? 「体内の癌が消えた」=「癌が治った」ではないことを知っていますか? 「断糖肉食」絶好調の癌患者さんは、もう一度、ここをよく考えてみましょう! ほとんどの癌細胞は「ワール ...

 この記事は、「福田一典」医師の『銀座東京クリニック』から「青身の魚に含まれる DHA は、がんをおとなしくさせる」記事、及び『『漢方がん治療』を考える』から「DHA / EPA の 抗がん作用」記事の、2つの記事をご紹介させて頂きます。 当記事は、癌の『食事療法』とし ...

 「福田一典」医師の『銀座東京クリニック』から、癌の『食事療法』として必須の「糖質制限食(ケトン食)」を実行する上で有益となる「◇ 大豆と糖質の少ない野菜・果物を多く摂取する」記事をご紹介させて頂きます。 当記事では、癌の「糖質制限食(ケトン食)」において ...

 この記事は、「福田一典」医師の「『漢方がん治療』を考える」から「466)加工肉 と ナマコ(海鼠)と 大腸がん」記事の紹介です。 2015年の10月に「世界保健機関(WHO)」の専門組織である「国際がん研究機関(IARC)」が『加工肉』と『赤身肉』には発癌性があ ...

 この記事は、「福田一典」医師の「『漢方がん治療』を考える」から「466)加工肉 と ナマコ(海鼠)と 大腸がん」記事の紹介です。 2015年の10月に「世界保健機関(WHO)」の専門組織である「国際がん研究機関(IARC)」が『加工肉』と『赤身肉』には発癌性があ ...

 当記事は、肉食を中心とした糖質制限は「総死亡率」「癌死亡率」が増加する、という内容です。 この内容に重なる資料として、次の記事を参照されてください。   ● 肉食中心の糖質制限は 総死亡率・癌死亡率 が増加する!     菜食中心の糖質制限は 総死亡率・癌 ...

 内海聡 医師の facebook より、「牛乳の害」に関する内容のご紹介です。 今では「牛乳の害」についてはよく知られるようになりましたが、この記事は内海先生らしく大変読みやすい内容になっていますので、「牛乳の害」についてすでにご存知な方も、この記事に触れることで ...

 この記事は「organaturic」様からのご紹介です。 WHO(世界保健機関)が「癌の原因」となる『116種類の要因』を公式発表したが、この中には『加工肉』がはっきりと明記されており、この発表の前に、WHO(世界保健機関)の専門組織である IARC(国際がん研究機関)が『 ...

 WHO(世界保健機関)が公式発表した「癌の原因」となる『116種類の要因』の中には『加工肉』が含まれていますが、この発表の前に、WHO(世界保健機関)の専門組織である IARC(国際がん研究機関)が『加工肉』と『赤身肉』には発癌性があるという発表を公式にしていたよ ...

 この記事は、「In Deep」さんからのご紹介です。 WHO(世界保健機関)が「癌の原因」となる『116種類の要因』を公式に発表したようです。 その内容を「In Deep」さんが丁寧に翻訳してくださいました。 この「116の一覧」の中には、何と『抗がん剤』がいくつも入っ ...

 この記事は、京都大学名誉教授で『からすま和田クリニック』院長の「和田洋巳」医学博士の「京都からすま和田クリニック 和田洋巳の相談室」ブログからのご紹介です。 「和田洋巳」医学博士の「京都からすま和田クリニック 和田洋巳の相談室」ブログの中の、牛乳・乳製品 ...

 この記事は、京都大学名誉教授で『からすま和田クリニック』院長の「和田洋巳」医学博士の「京都からすま和田クリニック 和田洋巳の相談室」ブログからのご紹介です。  当記事では、「和田洋巳」医学博士が「肉食は、なぜ身体に悪いのか? なぜ癌の原因になるのか?」に ...

 この記事は、『銀座東京クリニック』院長の「福田一典」医師が公開されています「『漢方がん治療』を考える」から「312)牛乳・乳製品はがんを「抑制する」のか「促進する」のか?」記事のご紹介です。 当記事では、「福田一典」医師が「牛乳・乳製品は、果たして癌患 ...

 この記事は、『銀座東京クリニック』院長の「福田一典」医師が公開されています「『漢方がん治療』を考える」から「312)牛乳・乳製品はがんを「抑制する」のか「促進する」のか?」記事のご紹介です。 当記事では、「福田一典」医師が「牛乳・乳製品は、果たして癌患 ...

 この記事は、『銀座東京クリニック』院長の「福田一典」医師が公開されています「『漢方がん治療』を考える」から「310)グリセミック負荷(ブドウ糖負荷)とがん」記事、また『銀座東京クリニック』のサイトにあります「◇ 糖質は可能なかぎり減らす」記事の2つの記事 ...

 ※『回転式本部』は、2015年10月に『治療庵 楽道』と名称を変更しています。   当記事は2015年10月以前に作成しましたので、『治療庵 楽道』を『回転式本部』と記しています。◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ ...

 この記事は、「江部康二」医師の「ドクター江部の糖尿病徒然日記」ブログからのご紹介です。 日本における「糖質制限食」の第一人者である「江部康二」医師が、癌における「糖質制限食」と「ケトン食」の有効性をお話しされています。 アメリカでは2011年に、癌に対 ...

 中年期に動物性たんぱくを摂り過ぎると早死のリスク 米最新研究 【「人民網日本語版」より 】 人間は中年になったら、食事を節制しなければならない。 米国「ヘルスデー(日本語版)」ウェブサイトは4日、米・南カリフォルニア大学の学者による2つの研究により、『中 ...

 これは「人にはどれだけの物が必要か ~ 鈴木孝夫(著)【獣肉食における「人は自ら蒔いた種を刈り取らねばならない」という『この世の摂理(因果律:カルマ)』を感じ観て!】」記事にてお話しさせて頂きました、私の「肉食に対する考え方」と「癌患者の食事に肉製品( ...

 これは「2012年の黙示録 ~ 日本人はなぜ日本を愛せないのか」記事からのご紹介です。 「日本人はなぜ日本を愛せないのか」という図書の中の「家畜か、魚介か、肉食の違いにより、民族の精神的性質に違う影響を与え、その民族の性格・個性を決定づけている!」ので ...

 活性酸素 【「脂質と血栓の医学」より 】● 6.食品加熱と活性酸素 食品(肉や魚)を高温で加熱調理するとタンパク質が熱変性を起こし、「ヘテロサイクリックアミン」が生成される。 「ヘテロサイクリックアミン」は生体内で N-水酸化体となり、エステル化されて遺伝 ...

 この記事は、「青い空と白い雲 ~ 青い空に白い雲のコントラストが大好きです ☆彡」ブログの「みやこ」さんが、癌で亡くなられたお母様のことを書き綴ってくださった大変貴重な記事です。 みやこさんのお母様は「獣肉(高級ステーキ肉)」を食べられた「数時間後」に様 ...

 癌には、糖質制限食が効果が高い事実 【「膠原病、難病、癌は寛解する病気です。究極の体質改善法」(甲田光雄先生のお弟子さん)より 】 私自身、「糖質制限食が癌に良い」という持論は、何度か掲示板で展開はしておりました。 しかし、私自身は医者ではないので、その ...

 当記事は、「癌の根本治療は、「酸性体質」と「酸化体質」という二大『癌体質』を改善すること!」記事の「「体内の癌が消滅した」=「癌の完治」ではない!」の項を抜粋したものです。 世間には、糖質制限をするのに獣肉を多く食べさせる糖質制限食がありますが、獣肉食 ...

【牛乳有害】牛乳の危険性を示す研究データが発表される! ⇒ 自民党農林議員が抗議! 江藤拓前農水副大臣「生産者に迷惑をかける」  【「真実を探すブログ」より 】 古くから人体への有害性が指摘されている牛乳ですが、スウェーデンのチームが約10万人を対象にした大 ...

 今年、2014年に、「南カリフォルニア大学」の研究グループによる『動物性タンパク質は、癌の成長・増殖を促進させる』という研究報告が、アメリカの医学学術誌「Cell Metabolism」に掲載されました。 その研究報告は、   ● 動物性タンパク質は、体内の『インスリ ...

 「現役医師による! 抗がん剤治療相談室!」からのご紹介です。 この記事は、札幌近郊の急性期病院で現役の医師として抗がん剤による診療をしておられます「加藤隆佑」医師の運営されるサイトのものです。加藤隆佑 医師 『加藤隆佑 医師 ①』では「動物性たんぱく質」に ...

 「現役医師による! 抗がん剤治療相談室!」からのご紹介です。 この記事は、札幌近郊の急性期病院で現役の医師として抗がん剤による診療をしておられます「加藤隆佑」医師の運営されるサイトのものです。加藤隆佑 医師 この『加藤隆佑 医師 ①』では、加藤医師の “「動 ...

 「まるはち針灸院」さんのブログ「びわの葉温灸」からのご紹介です。 この記事の内容は、イギリスのジェイン・プラント教授の著書「乳がんと牛乳 ー がん細胞はなぜ消えたのか」をご紹介しながら、『牛乳・乳製品に含まれる “インスリン様成長因子(IGF-1)” が、癌 ...

 きつい食事療法の回復食で、 体力を付けるために『玄米の火食』をして「糖質(ブドウ糖)」を摂取すると、 体力が戻らずに “癌だけが大きくなってしまう” 人もいる(仮題) 【「膠原病、難病、癌を治す会 掲示板」(甲田光雄先生のお弟子さん)より 】 (糖質制限食 ...

 医学的にも、科学的にも、 ドイツなどの先進国でも「癌は糖類を餌にする」ことは周知の事実です(仮題) 【「膠原病、難病、癌を治す会 掲示板」(甲田光雄先生のお弟子さん)より 】 医学的にも、科学的にも、 ドイツなどの先進国でも「癌は糖類(糖質:ブドウ糖)を ...

 糖質制限食で、癌の成長が止まる(仮題) 【「膠原病、難病、癌を治す会 掲示板」(甲田光雄先生のお弟子さん)より 】 癌治療は世界中の悩みです。 患者さんが自分自身の癌の種類をなぜ知らない人が多いのか、それが不思議です。 日本人でも知らない人が多いのですが ...

 元東京女子医科大学教授で、「アドバンスクリニック横浜」院長の「前田華郎」医学博士が、癌や抗がん剤について語られている講演会の You Tube 動画をご紹介させて頂きます。アドバンスクリニック横浜院長 前田華郎 医学博士 前田先生が推進されている癌治療は、次の通り ...

 白米・砂糖が癌細胞を成長させる  【「ガンの特効薬はミトコンドリア賦活剤」より 】◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ ...

 がんコントロール協会 理事長 森山晃嗣 【「がんコントロール協会」より 】(2011年12月23日) 寒くなってきました! がんコントロール協会メール会員の皆様、お元気ですか! 10月の第17回コンベンションでは皆様の参加と応援をいただき、盛況に完了する ...

 糖質制限をすると、癌は成長しない: 果物は特に多糖体に近いので、ダイレクトに『癌の餌』になる: 癌治療に有効する食事内容: 熱めのお風呂に入る(p53遺伝子の活性化):日光浴をする:他・・・(仮題) 【「膠原病、難病、癌を治す会 掲示板」(甲田光雄先生のお弟子 ...

 研究者がしてはならない事 【「特定疾患膠原病患者を辞めました。膠原病は治る病気です! 膠原病13年」(甲田光雄先生のお弟子さん)より 】● 製薬会社が絡む、現代医学・医大・大学病院・医学研究の世界への「負の連鎖」の体質!  医学や医療の世界も、利益至上主義 ...

 昨日にアップしました記事の一つである「ペットの末期癌が治った!? ビワの種を末期癌のペットに飲ませる ⇒ 癌が治る! 「ビワ」に強い抗癌作用か?」ですが、どうしても気になったことがありましたので、最初の部分(黄囲み枠)の最後に以下の内容を【追記】しました。 ...

 この記事は、京都大学名誉教授で『からすま和田クリニック』院長の「和田洋巳」医学博士の「京都からすま和田クリニック 和田洋巳の相談室」ブログからのご紹介です。 甲田療法の “『生玄米粉』+『生菜食』(生玄米&生菜食)” で癌を改善していった「Yさん」という癌 ...

このページのトップヘ