癌と食養 ☆★☆ 自然療法による癌治療 ~ Cancer Therapies by Naturopathy

癌治療を三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけで行なっても、癌は絶対に治りません。しかも、抗がん剤・放射線を行なうと「癌が治らない体」になってしまいます。癌を正しく知り、食事療法・少食療法・断食療法という「食のコントロール」を基軸に置き、飲尿療法で自己免疫を改善・強化しながら、他にも実際に癌治療に有効している自然療法を複合的に併用して色々と組み合わせて行なうことで癌体質を改善し、癌を克服できる体に建て替え、建て直すことが癌治療を行なう上で最も重要であり、ここが最も大切な「癌の認識」です。癌体質こそが「癌の正体」であり、癌体質こそが「体内に癌を生み出している元」なのです。この癌体質を改善することこそ、癌治療の根本です。癌体質を改善する要素が一切無く、かえって癌体質を悪化させてしまう三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけの癌治療では、癌を治すことは絶対にできません。自然療法(食事療法・少食療法・断食療法・飲尿療法など)を実践することで地道に癌体質を改善しながら、癌に打ち勝つ「体づくり」を日々積み重ねて、癌を克服できる自分を実現していきましょう! 癌治療とは、毎日たんたんと自然療法を積み重ねていく「地道な作業」です。この「地道な作業」を大事に行なえばこそ、『癌体質の改善』とともに「癌を本当に克服する道筋」を歩むことができるのです。当ブログサイトを通して、癌患者のみなさんがその「道筋」を見出して頂けたなら幸いに思います。

カテゴリ:◆ 食養 カテゴリ > 生玄米粉食(生玄米食)

 甲田光雄医学博士の一番弟子である「森美智代」先生の著書『断食の教科書』からのご紹介です。森美智代 著書の中の「生玄米粉」についての部分をご紹介させて頂きます。 ぜひ、ご参考にされてみてください m(__)m 『断食の教科書』に関する記事は「断食の教科書・森美智 ...

 この記事は、『銀座東京クリニック』院長の「福田一典」医師が公開されています「『漢方がん治療』を考える」からのご紹介です。 当記事では「福田一典」医師が、癌治療における「玄米」についての価値をお話しされています。 玄米とは、米の『全粒穀物』、米の「一物全 ...

 この記事は、『銀座東京クリニック』院長の「福田一典」医師が公開されています「『漢方がん治療』を考える」から、「392)ケトン食と食物繊維」と「393)食物繊維の抗がん作用」の2つの記事のご紹介です。 「福田一典」医師が当記事でお話されていますのは、食物 ...

 この記事は、『銀座東京クリニック』院長の「福田一典」医師による、癌治療における『水素』の「抗酸化作用」「酸化還元作用」の有効性について非常に分かりやすく解説されている記事のご紹介です。 癌は、身体が「酸化」した結果としてなる症状です。「癌になった」=「 ...

 この記事は、次の記事から『糖質1gから、水素が50cc つくられる』という重要な部分を抜粋しています。   ● 癌の正体【癌は「重水素」と結合して初めて強化する:     癌細胞=ミトコンドリアが活動不能な酸性環境の細胞:     正常細胞を『癌の分泌物・乳 ...

 この記事は、甲田光雄先生のお弟子さんが「森美智代」先生との思い出話をしながら、森美智代先生が持病として抱えていた「脊髄小脳変性症」を治すために甲田光雄先生の下で命懸けで実行された『仙人食』である『生玄米粉』や『生菜食療法』のお話をされています。 森美智 ...

 この記事は、「江部康二」医師の「ドクター江部の糖尿病徒然日記」ブログからのご紹介です。 日本における「糖質制限食」の第一人者である「江部康二」医師が、甲田療法の『生菜食療法』や「生玄米粉」のお話をしてくださっています。しかも「生玄米粉」の『GI値(グリ ...

 この記事は、『赤血球』と「ブドウ糖」と「糖質制限食」の関係についてお話しさせて頂いている記事です。 『赤血球』は ミトコンドリア を持たないため、解糖系だけでエネルギー(ATP)を産生している細胞ですから、『赤血球』が唯一エネルギー源とすることができるのは「 ...

 きつい食事療法の回復食で、 体力を付けるために『玄米の火食』をして「糖質(ブドウ糖)」を摂取すると、 体力が戻らずに “癌だけが大きくなってしまう” 人もいる(仮題) 【「膠原病、難病、癌を治す会 掲示板」(甲田光雄先生のお弟子さん)より 】 (糖質制限食 ...

 癌に完全な治療は存在していませんが、一つの大きな選択です 【「特定疾患膠原病患者を辞めました。膠原病は治る病気です! 膠原病13年」(甲田光雄先生のお弟子さん)より 】 私は『尿療法(飲尿療法)』を、癌には推奨しています。 (飲尿療法につきましては「飲尿 ...

 劇的に回復した治療法の内容 【「特定疾患膠原病患者を辞めました。膠原病は治る病気です! 膠原病13年」(甲田光雄先生のお弟子さん)より 】 薬害の副作用で重篤な問題が、体質的に解毒機能が低下している可能性が高いことです。 血液の余分なもの、老廃物と呼ばれ ...

 糖質制限食で、癌の成長が止まる(仮題) 【「膠原病、難病、癌を治す会 掲示板」(甲田光雄先生のお弟子さん)より 】 癌治療は世界中の悩みです。 患者さんが自分自身の癌の種類をなぜ知らない人が多いのか、それが不思議です。 日本人でも知らない人が多いのですが ...

 この記事は、カテゴリの都合により、次の記事の中にある『生玄米粉』に関する内容を再度まとめたものです。 「生玄米粉食の価値」を理解するのに役立ちます。  ● 生菜食療法とは  ● 癌に対抗するべく免疫力を上げるには、積極的に「生玄米粉」を食べたほうが良い  ...

 糖質制限をすると、癌は成長しない: 果物は特に多糖体に近いので、ダイレクトに『癌の餌』になる: 癌治療に有効する食事内容: 熱めのお風呂に入る(p53遺伝子の活性化):日光浴をする:他・・・(仮題) 【「膠原病、難病、癌を治す会 掲示板」(甲田光雄先生のお弟子 ...

 私は以前、古武術家として著名な「甲野善紀」先生と何度かお会いされた方にメールで教えて頂いたことがあります。 その方はメールで、  「正食、マクロビオティックなどの桜沢如一系統の食養に関しては、やはり陰陽の区別が分かりづらく、   甲田先生の冷え性でも生 ...

 この記事は、京都大学名誉教授で『からすま和田クリニック』院長の「和田洋巳」医学博士の「京都からすま和田クリニック 和田洋巳の相談室」ブログからのご紹介です。 甲田療法の “『生玄米粉』+『生菜食』(生玄米&生菜食)” で癌を改善していった「Yさん」という癌 ...

 当記事では、マクロビオティックの大家である「久司道夫」氏の著書『久司道夫のマクロビオティック 入門編』のアマゾンのレビューにある「かたくりこ」様の感想をご紹介しながら「植物の生食」に関するお話を進めていきます(レビュー)。 食養に目覚めた多くの人が決まっ ...

●「ブドウ糖を断つ」ということと「炭水化物を断つ」ということは、同じことではない!  あくまで「ブドウ糖を断つ」のであって、「炭水化物を断つ」のではない! ココを注意して!   ~「ブドウ糖の摂取」となる炭水化物食を極力断ち、    『短鎖脂肪酸』を多く摂取 ...

 我が家で愛用しています『発芽玄米器』をご紹介させて頂きました「真冬でも、たった一日で玄米が発芽する「家庭用発芽玄米器」~『発芽美人』について」の記事に、以下を追加しました ではここで、せっかくですから、甲田光雄先生と、甲田光雄先生の一番弟子である森美智 ...

 この記事は「日本ビフィズス菌センター」と「ヤクルト中央研究所」の『短鎖脂肪酸』の解説です。 『短鎖脂肪酸』がどういうものかについて、とりあえずこの記事を一通りざっと目を通して頂いてから、この記事のご紹介のあとの【『短鎖脂肪酸』について 】にて “短鎖脂肪 ...

 私が以前、お返事で puripuri さんに「癌患者にブドウ糖点滴を投与することの問題」についてお話しさせて頂きました「末期癌患者への「ブドウ糖点滴」は、殺人医療行為になってしまう! 妥協策としての「生玄米粉 団子」」と「何も食べられなくなっている末期癌患者に栄養 ...

 この記事は、甲田光雄先生のお弟子さんが「Lさん」からの次のご質問にお答えしている内容です。【Lさんからのご質問】(参照)「すみません。玄米のこと、よく理解していませんでした。 玄米クリームとは、(玄米を)粉にしたものを煮るのでよいのでしょうか? 酵素につい ...

 この記事は、甲田光雄医学博士の著書を読み、ご自身の病気を治すべく独学で生菜食を始められた「Lさん」からのご質問に対して、甲田光雄先生のお弟子さんがお答えしている内容です。生菜食をされている方には大変参考になられるかと思いますので、ぜひご一読されてみてくださ ...

 生菜食療法 ~ 膠原病や癌患者に一番有効な食事法 ~ 【「膠原病、アトピー、アレルギー完治させます!」(甲田光雄先生のお弟子さん)より 】 (以下は、甲田療法の「生玄米粉」の食事の価値を話されています:ブログ管理人) 一般的に、生のデンプンは β(ベータ) ...

 癌に対抗するべく免疫力を上げるには、 積極的に「生玄米粉」を食べたほうが良い(仮題) 【「西式健康法 掲示板」(甲田光雄先生のお弟子さん)より 】 食事療法をして、光線療法をして、前駆体が増えて代謝が回復してくれば、酵素も増えてきます。 (人間には8つの ...

 癌治療の玄米菜食における『生玄米食の価値』についてお話しします。 一般的には同じように見えるでしょうが、「生玄米食(玄米の生食)」と「玄米ご飯食(玄米の火食)」とでは、その中身はまったく違う食事内容になります。癌治療の上では、生玄米食(玄米の生食)のほ ...

 私は生菜食を中心とした食生活をしていますが、ちょくちょく「生玄米粉」をよく食べます。以前は浸水させていない生玄米の粉でしたが、2012年からは「浸水発芽玄米(水に浸けて発芽させた玄米)」の粉にしています。 私はこれを「浸水させた生の発芽玄米の粉」という ...

 生玄米で腸内環境をよくする 【「プチ断食ダイエット 体内デトックス」より 】 腸内環境を整えて便通をよくするのは、健康を考える上で、まず基本として大事な事です。 この腸内環境を整えるための食事法などはいろいろ紹介されていますが、私は「生玄米」を取り上げて ...

 生玄米の効果 【「肺がんを自力で治す人体実験」より 】 前回の記事で紹介させていただいたモリモト先生(森本芳生氏)のコメントの中で、断食療法・生菜食療法に命をかけておられた甲田先生(甲田光雄医学博士)が、  「癌は一筋縄ではいかない。玄米ご飯+菜食で克服 ...

このページのトップヘ