癌と食養 ☆★☆ 自然療法による癌治療 ~ Cancer Therapies by Naturopathy

癌治療を三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけで行なっても、癌は絶対に治りません。しかも、抗がん剤・放射線を行なうと「癌が治らない体」になってしまいます。癌を正しく知り、食事療法・少食療法・断食療法という「食のコントロール」を基軸に置き、飲尿療法で自己免疫を改善・強化しながら、他にも実際に癌治療に有効している自然療法を複合的に併用して色々と組み合わせて行なうことで癌体質を改善し、癌を克服できる体に建て替え、建て直すことが癌治療を行なう上で最も重要であり、ここが最も大切な「癌の認識」です。癌体質こそが「癌の正体」であり、癌体質こそが「体内に癌を生み出している元」なのです。この癌体質を改善することこそ、癌治療の根本です。癌体質を改善する要素が一切無く、かえって癌体質を悪化させてしまう三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけの癌治療では、癌を治すことは絶対にできません。自然療法(食事療法・少食療法・断食療法・飲尿療法など)を実践することで地道に癌体質を改善しながら、癌に打ち勝つ「体づくり」を日々積み重ねて、癌を克服できる自分を実現していきましょう! 癌治療とは、毎日たんたんと自然療法を積み重ねていく「地道な作業」です。この「地道な作業」を大事に行なえばこそ、『癌体質の改善』とともに「癌を本当に克服する道筋」を歩むことができるのです。当ブログサイトを通して、癌患者のみなさんがその「道筋」を見出して頂けたなら幸いに思います。

カテゴリ:◆ 癌になる食事・癌を悪化させる食事 カテゴリ > 癌の最大のエサは「ブドウ糖」(ブドウ糖は癌を育てて進行させる)

 当記事は「癌(がん)と闘う家族のブログ」ブログの次の記事をご紹介させて頂きます。   ● 入院してから、急速にガンが進行してしまった母   ● 入院での食事に絶望する毎日 〔 ⇐ 以前に「アップ」している記事 〕   ● 7月もたないはずが、8月になっても生 ...

 この記事は、『銀座東京クリニック』院長の「福田一典」医師が公開されています「『漢方がん治療』を考える」から「521)甘い果物や蜂蜜はがんを促進する」記事のご紹介です。 当記事で「福田一典」医師は、  ● 世間では『果物食』が癌治療に良いとされているが、  ...

 ※ この記事は「シリーズ記事」になります。   ● ブドウ糖を絶てば、がん細胞は死滅する! 福田一典(著)①     【 癌細胞の代謝の特徴:癌とブドウ糖の関係:       ブドウ糖は、癌の発生・増殖・悪性化・転移・進行を促進する!】(本記事)   ● ブ ...

 この記事は、『銀座東京クリニック』院長の「福田一典」医師が公開されています「『漢方がん治療』を考える」から「310)グリセミック負荷(ブドウ糖負荷)とがん」記事、また『銀座東京クリニック』のサイトにあります「◇ 糖質は可能なかぎり減らす」記事の2つの記事 ...

 この記事は、「江部康二」医師の「ドクター江部の糖尿病徒然日記」ブログからのご紹介です。 日本における「糖質制限食」の第一人者である「江部康二」医師が、癌における「糖質制限食」と「ケトン食」の有効性をお話しされています。 アメリカでは2011年に、癌に対 ...

 きつい食事療法の回復食で、 体力を付けるために『玄米の火食』をして「糖質(ブドウ糖)」を摂取すると、 体力が戻らずに “癌だけが大きくなってしまう” 人もいる(仮題) 【「膠原病、難病、癌を治す会 掲示板」(甲田光雄先生のお弟子さん)より 】 (糖質制限食 ...

 医学的にも、科学的にも、 ドイツなどの先進国でも「癌は糖類を餌にする」ことは周知の事実です(仮題) 【「膠原病、難病、癌を治す会 掲示板」(甲田光雄先生のお弟子さん)より 】 医学的にも、科学的にも、 ドイツなどの先進国でも「癌は糖類(糖質:ブドウ糖)を ...

 糖質制限食で、癌の成長が止まる(仮題) 【「膠原病、難病、癌を治す会 掲示板」(甲田光雄先生のお弟子さん)より 】 癌治療は世界中の悩みです。 患者さんが自分自身の癌の種類をなぜ知らない人が多いのか、それが不思議です。 日本人でも知らない人が多いのですが ...

 元東京女子医科大学教授で、「アドバンスクリニック横浜」院長の「前田華郎」医学博士が、癌や抗がん剤について語られている講演会の You Tube 動画をご紹介させて頂きます。アドバンスクリニック横浜院長 前田華郎 医学博士 前田先生が推進されている癌治療は、次の通り ...

 白米・砂糖が癌細胞を成長させる  【「ガンの特効薬はミトコンドリア賦活剤」より 】◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ ...

 がんコントロール協会 理事長 森山晃嗣 【「がんコントロール協会」より 】(2011年12月23日) 寒くなってきました! がんコントロール協会メール会員の皆様、お元気ですか! 10月の第17回コンベンションでは皆様の参加と応援をいただき、盛況に完了する ...

 糖質制限をすると、癌は成長しない: 果物は特に多糖体に近いので、ダイレクトに『癌の餌』になる: 癌治療に有効する食事内容: 熱めのお風呂に入る(p53遺伝子の活性化):日光浴をする:他・・・(仮題) 【「膠原病、難病、癌を治す会 掲示板」(甲田光雄先生のお弟子 ...

 研究者がしてはならない事 【「特定疾患膠原病患者を辞めました。膠原病は治る病気です! 膠原病13年」(甲田光雄先生のお弟子さん)より 】● 製薬会社が絡む、現代医学・医大・大学病院・医学研究の世界への「負の連鎖」の体質!  医学や医療の世界も、利益至上主義 ...

 昨日にアップしました記事の一つである「ペットの末期癌が治った!? ビワの種を末期癌のペットに飲ませる ⇒ 癌が治る! 「ビワ」に強い抗癌作用か?」ですが、どうしても気になったことがありましたので、最初の部分(黄囲み枠)の最後に以下の内容を【追記】しました。 ...

 これは「YAHOO! 知恵袋」の記事です。 末期癌患者さんが病院で「ブドウ糖入りの栄養点滴」を投与された数日後に様態が急変して亡くなられています。 質問者様のご遺族の方は「これは医療ミスではないか?」とご質問されています。 回答者様は、おそらく医師の先生がお ...

●「ブドウ糖を断つ」ということと「炭水化物を断つ」ということは、同じことではない!  あくまで「ブドウ糖を断つ」のであって、「炭水化物を断つ」のではない! ココを注意して!   ~「ブドウ糖の摂取」となる炭水化物食を極力断ち、    『短鎖脂肪酸』を多く摂取 ...

 この記事は、「福田一典医師の『癌の中鎖脂肪ケトン食療法』論考(2)【糖質制限だけだと糖新生による「ブドウ糖の産生」が起こるので、必ずブドウ糖以外のエネルギー源を得ること!】」の中からの抜粋です。 「癌細胞も、エサ(ブドウ糖)を取り上げられたら生きること ...

 この記事は、『銀座東京クリニック』院長の「福田一典」医師が提唱している『中鎖脂肪ケトン食療法』の “癌治療の有効性” を「動物実験」の癌研究報告を通して解説されているものです。(福田医師が提唱されている『中鎖脂肪ケトン食療法』につきましては「癌の『中鎖脂 ...

 これは、「医療法人社団医献会 辻クリニック」の医師の facebook の記事です。 『ブドウ糖と癌細胞の関係』という「癌の基本」をもう一度確認する意味で、ご紹介させて頂きたいと思います。 これは「癌の『中鎖脂肪ケトン食療法』- 福田一典医師【エネルギー源をブド ...

 この記事は「犬の癌」に関する内容ですが、動物実験というものがありますように、動物の内容であっても人間に当てはまりますから、「犬の癌」だと簡単に馬鹿にされずに、非常にためになる内容なので、ぜひご一読されてみてください。「犬の癌」も「人間の癌」も、基本的に ...

 「福田一典医師の『癌の中鎖脂肪ケトン食療法』論考(1)」を全体的に加筆訂正しました。 この記事は、私が特にお伝えしたい大事な内容のひとつです。 この記事に、以下の項目を追加しました。  ◆ 癌細胞は「ブドウ糖を断たれた途端に生きられなくなる」ことを再確認 ...

 「福田一典医師の『癌の中鎖脂肪ケトン食療法』論考(1)」を全体的に加筆訂正しました。 この記事は、私が特にお伝えしたい大事な内容のひとつです。 この記事に、以下の項目を追加しました。  ◆ 世間一般の多くの癌患者が「癌が増大して進行してしまう」理由が “ ...

 『銀座東京クリニック』院長の「福田一典」医師が提唱している『中鎖脂肪ケトン食療法』の概要を解説している「癌の『中鎖脂肪ケトン食療法』- 福田一典医師」記事から、癌という『生き物』を見つめてみたいと思います。 まず「癌の『中鎖脂肪ケトン食療法』- 福田一典 ...

 この記事は、『銀座東京クリニック』院長の「福田一典」医師が提唱している『中鎖脂肪ケトン食療法』の概要を解説しているものです。この内容を見るだけでも、非常に勉強になります。 私は当ブログサイトにて、ブドウ糖は「癌の最大のエサ」となって癌を育てて進行させる ...

 ブドウ糖はガン細胞の生命線  【「ブラックジャックの孫「間黒助」のガン治療研究ブログ」より 】 『正常細胞は酸素があれば酸素を使ってエネルギーを生成する』 『ガン細胞は酸素があっても酸素を使わない』 『HIF-1 の役割り』 『ガン細胞が酸素を嫌う理由』 『ガ ...

 この記事は、「PET検査の原理」を解説しながら「癌患者にとって、ブドウ糖の摂取が如何に生命を脅かす脅威となってしまうか」についてお話ししています。後半には、なぜ『少食療法』や『断食療法』が癌治療に有効するのか、についてもお話ししています。そして『癌を改 ...

 この記事は、カテゴリの都合により「生玄米粉食【玄米を生で食せば、ブドウ糖の摂取にならず、短鎖脂肪酸をエネルギー源にできる!】」を再アップしたものです。「生玄米粉食の価値」を理解するのに役立ちます。 同じ玄米食であっても、玄米ご飯(玄米の火食)は「ブドウ ...

 これは「NPO法人 がんコントロール協会」が facebook で『癌の餌(エサ)は糖質(ブドウ糖)です』と語られている、癌治療における超重要な内容です。安易に標準的な癌医療の三大療法(抗がん剤・放射線・手術)に手を出す前に、まずはこういった『癌治療の重要な基本』 ...

 この記事は、「ひこさんへ(7月6日)【ミキサー、乳癌と牛乳の真相、癌のための食事療法、他・・・】」にて、森下敬一博士が提唱された森下・千島学説の「癌は浄血装置であり、排毒装置である」の内容と、抗がん剤で体内がさらに汚されてしまう抗がん剤治療の実態、そして、 ...

 この記事は「絶食療法の科学 Science of Fasting (フランス 2011年製作 日本語版の動画)【断食療法は、癌治療に大きく効果する】」の中の「ブドウ糖」に関する部分を中心に再編集したものです。カテゴリの都合により再アップします。 私は当ブログサイトで、癌治療 ...

 私が以前、お返事で puripuri さんに「癌患者におけるブドウ糖の問題」についてお話しさせて頂きました「ブドウ糖点滴、ブドウ糖の摂取は病気を進行させる、森美智代先生の事例、生煮え玄米クリーム(玄米クリームの生煮え)、他・・・」記事を、カテゴリの都合で最アップしま ...

 私が以前、お返事で puripuri さんに「癌患者にブドウ糖点滴を投与することの問題」についてお話しさせて頂きました「末期癌患者への「ブドウ糖点滴」は、殺人医療行為になってしまう! 妥協策としての「生玄米粉 団子」」と「何も食べられなくなっている末期癌患者に栄養 ...

 (末期癌患者の)食欲低下について 【「知っておきたい緩和ケアのツボ」より 】 食欲が減ってくるのには、いくつか理由があると言われる。一つは、がんに栄養を与えないように自分で絞っているという理由。二つ目は、体力が減るにつれて内臓が受け止められる栄養の量も減 ...

 末期における補液の意味 【「癌疼痛および終末期の諸症状に対する緩和医療の処方 第1版」より 】【7.2】「末期における補液の意味」【7.2】:1 末期における輸液は慎重に検討する必要がある。まず、輸液を単なる時間的延命のための手段としてはならない。末期癌患者にと ...

 これは通販サイト「コスモオープンワールド」の記事なのですが、とても良い記事なのでご紹介させて頂きます。 癌患者さんの食事療法においては基本中の基本であり、と~っても大事な内容です。 ガンの最大のエサは「ブドウ糖」である! 【「コスモオープンワールド」よ ...

 癌治療の玄米菜食における『生玄米食の価値』についてお話しします。 一般的には同じように見えるでしょうが、「生玄米食(玄米の生食)」と「玄米ご飯食(玄米の火食)」とでは、その中身はまったく違う食事内容になります。癌治療の上では、生玄米食(玄米の生食)のほ ...

 科学が認めたがんの餌   【「新・イメージの詩」より 】 最大の根拠は NCI(アメリカ国立ガン研究所センター)所長が「分子生物学的にみても、抗ガン剤でガンは治せない」と議会で証言した・・・、米国 NCI 所長が証言。17年前、NCI のデヴィタ所長は、数千ページの報告書 ...

このページのトップヘ