癌と食養 ☆★☆ 自然療法による癌治療 ~ Cancer Therapies by Naturopathy

癌治療を三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけで行なっても、癌は絶対に治りません。しかも、抗がん剤・放射線を行なうと「癌が治らない体」になってしまいます。癌を正しく知り、食事療法・少食療法・断食療法という「食のコントロール」を基軸に置き、飲尿療法で自己免疫を改善・強化しながら、他にも実際に癌治療に有効している自然療法を複合的に併用して色々と組み合わせて行なうことで癌体質を改善し、癌を克服できる体に建て替え、建て直すことが癌治療を行なう上で最も重要であり、ここが最も大切な「癌の認識」です。癌体質こそが「癌の正体」であり、癌体質こそが「体内に癌を生み出している元」なのです。この癌体質を改善することこそ、癌治療の根本です。癌体質を改善する要素が一切無く、かえって癌体質を悪化させてしまう三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけの癌治療では、癌を治すことは絶対にできません。自然療法(食事療法・少食療法・断食療法・飲尿療法など)を実践することで地道に癌体質を改善しながら、癌に打ち勝つ「体づくり」を日々積み重ねて、癌を克服できる自分を実現していきましょう! 癌治療とは、毎日たんたんと自然療法を積み重ねていく「地道な作業」です。この「地道な作業」を大事に行なえばこそ、『癌体質の改善』とともに「癌を本当に克服する道筋」を歩むことができるのです。当ブログサイトを通して、癌患者のみなさんがその「道筋」を見出して頂けたなら幸いに思います。

カテゴリ:◆ 癌医療の盲点・大嘘 カテゴリ > 癌の手術 の真相

 この記事は、『銀座東京クリニック』院長の「福田一典」医師が公開されています「『漢方がん治療』を考える」から「563)手術侵襲は「がん再発」を誘導する」をご紹介させて頂きます。 今では、癌の手術の関しては、次のことが常識化しています。   癌の大きな手術 ...

 当記事は『ひろた歯科医院』院長の「廣田健」医師の「ひろた歯科通信」ブログからのご紹介です。 この記事は2015年の11月と今(2017年11月前)から約2年前の少し古い記事なのですが、参考になると思いますので、ぜひご覧になられてください。『ひろた歯科医 ...

 当記事は『銀座東京クリニック』院長の「福田一典」医師の「『漢方がん治療』を考える」からご紹介です。 「564)抗がん剤の新薬の半数以上は、延命効果が証明されていない」記事中の「製薬企業が無駄で過剰な診療を促進している」の項をご紹介させて頂きます。 ここ ...

 この記事は「癌治療における「酸化ストレス」の二面性 - 福田一典医師【「酸化ストレス」を増やして癌を叩く癌治療と、逆に「酸化ストレス」を軽減して癌をおとなしくさせる癌治療!】」記事の “抗がん剤・放射線・手術は「活性酸素」を発生させて「酸化ストレス」を高め ...

 当記事は、ぜひ「癌の根本治療は、「酸性体質」と「酸化体質」という二大『癌体質』を改善すること!」記事をご一読して頂いている上でご覧になってください。そのほうが、より理解が得られると思います。 上記の記事より「人体の酸化が如何に癌を発生させ、如何に癌の成 ...

 この記事は、カテゴリの都合で「癌は『慢性代謝病』が原因ゆえ、腫瘍を取り除いても、癌を除去したことにはならない」記事の中の、三大療法(抗がん剤・放射線・手術)と『癌体質』に関する部分を抜粋したものです。 癌は、三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけを行っ ...

 この記事は、「癌とビタミンB17(アミグダリン)【アミグダリンに関する内容が凝縮されている、大変素晴らしい資料です!「抗がん剤や放射線の危険性」に関する内容もあります!】」記事の中にある「抗がん剤や放射線の危険性」に関する部分を抜粋したものです。非常に ...

 この記事は、「ガンに対する、もう一つの考え方」サイト様からのご紹介です。 現役のお医者さんが癌になった場合、自分たち医者が常日頃、癌患者に対して当たり前顔して勧めている三大療法(抗がん剤・放射線・手術)は受けずに避けて、「健康食品」に走り、それでしっか ...

 この記事は、「『余命1ヶ月の花嫁』に、私が思うこと・・・【末期癌患者が獣肉を食すことは命を捨てる自殺行為に等しい】」の『抗がん剤治療』と『癌の手術』に関する部分の抜粋です。特に『癌の手術』のところは重要です。カテゴリの都合で再アップします。記事のあとに、私 ...

 この記事は、「生命の水 -奇跡の尿療法- ジョン・W・アームストロング(著)《1》」記事を部分抜粋したものです。内容は、癌治療において非常に「重要な認識」となる、次のテーマについてです。  ● 癌の正体は『癌体質』である!  ● 癌の手術は「癌治療の始まり」 ...

 「星野仁彦」医学博士(福島学院大学教授・副学長)の自著「ガンと闘う医師のゲルソン療法」からの抜粋です。星野先生は末期癌になりましたが、マックス・ゲルソン博士が開発した『ゲルソン療法』と併用して『飲尿療法』を実践し、余命宣告をされて命の崖っぷちに立たされ ...

 私は当ブログサイトで、抗がん剤の使用については個人的に反対であることを何度もお話ししてきました。特に、食事療法、少食療法、断食療法、飲尿療法、免疫療法などの自然療法を何もしないで「抗がん剤治療だけを行う」のは非常に危険であると私は思っています。抗がん剤 ...

 「星野仁彦」医学博士(福島学院大学教授・副学長)の自著「ガンと闘う医師のゲルソン療法」からの抜粋です。星野先生は末期癌になりましたが、マックス・ゲルソン博士が開発した『ゲルソン療法』と併用して『飲尿療法』を実践し、余命宣告をされて命の崖っぷちに立たされ ...

 福地さんへ 福地さんからの8月14日のコメントへのお返事です。 (8月12日のコメントのお返事とは分けています) コメントから入らさせて頂きます(こちらです)。「管理人さん 福地です。 いつも食養の記事を作成していただき、ありがたく思っています。 今回の ...

このページのトップヘ