癌と食養 ☆★☆ 自然療法による癌治療 ~ Cancer Therapies by Naturopathy

癌治療を三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけで行なっても、癌は絶対に治りません。しかも、抗がん剤・放射線を行なうと「癌が治らない体」になってしまいます。癌を正しく知り、食事療法・少食療法・断食療法という「食のコントロール」を基軸に置き、飲尿療法で自己免疫を改善・強化しながら、他にも実際に癌治療に有効している自然療法を複合的に併用して色々と組み合わせて行なうことで癌体質を改善し、癌を克服できる体に建て替え、建て直すことが癌治療を行なう上で最も重要であり、ここが最も大切な「癌の認識」です。癌体質こそが「癌の正体」であり、癌体質こそが「体内に癌を生み出している元」なのです。この癌体質を改善することこそ、癌治療の根本です。癌体質を改善する要素が一切無く、かえって癌体質を悪化させてしまう三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけの癌治療では、癌を治すことは絶対にできません。自然療法(食事療法・少食療法・断食療法・飲尿療法など)を実践することで地道に癌体質を改善しながら、癌に打ち勝つ「体づくり」を日々積み重ねて、癌を克服できる自分を実現していきましょう! 癌治療とは、毎日たんたんと自然療法を積み重ねていく「地道な作業」です。この「地道な作業」を大事に行なえばこそ、『癌体質の改善』とともに「癌を本当に克服する道筋」を歩むことができるのです。当ブログサイトを通して、癌患者のみなさんがその「道筋」を見出して頂けたなら幸いに思います。

カテゴリ:◆ 食養観 カテゴリ > 「中国古典」に重ね見る食養観

 この記事は、癌治療における「本(もと)」と「末(すえ)」の関係を把握して、癌治療における重要な自然療法の位置をより明確にご理解して頂こうと思って作成しましたが、あまりに真面目に書き過ぎてしまい、少しカチコチな内容になってしまいました・・・(涙)。 これは癌 ...

 中国古典には数多くの名書がありますが、中でも「孫子」は特に有名です。 「孫子」は、中国の春秋戦国時代の兵法家「孫武(ソンブ)」によって著されたとされています。孫子兵法の作者 孫武(字:長卿) この「孫子」が2000年以上もの間、世界中の諸氏に愛されて続 ...

 中国古典に『菜根譚』という有名な書物があります。前集222条、後集135条から構成され、前集は「人の交わり」を説き、後集では「自然と閑居の楽しみ」を説いています。 菜根譚は中国明代末期の人「洪応明(字:自誠、号:還初道人)」によって著わされた随筆集で、 ...

このページのトップヘ