癌と食養 ☆★☆ 自然療法による癌治療 ~ Cancer Therapies by Naturopathy

癌治療を三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけで行なっても、癌は絶対に治りません。しかも、抗がん剤・放射線を行なうと「癌が治らない体」になってしまいます。癌を正しく知り、食事療法・少食療法・断食療法という「食のコントロール」を基軸に置き、飲尿療法で自己免疫を改善・強化しながら、他にも実際に癌治療に有効している自然療法を複合的に併用して色々と組み合わせて行なうことで癌体質を改善し、癌を克服できる体に建て替え、建て直すことが癌治療を行なう上で最も重要であり、ここが最も大切な「癌の認識」です。癌体質こそが「癌の正体」であり、癌体質こそが「体内に癌を生み出している元」なのです。この癌体質を改善することこそ、癌治療の根本です。癌体質を改善する要素が一切無く、かえって癌体質を悪化させてしまう三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけの癌治療では、癌を治すことは絶対にできません。自然療法(食事療法・少食療法・断食療法・飲尿療法など)を実践することで地道に癌体質を改善しながら、癌に打ち勝つ「体づくり」を日々積み重ねて、癌を克服できる自分を実現していきましょう! 癌治療とは、毎日たんたんと自然療法を積み重ねていく「地道な作業」です。この「地道な作業」を大事に行なえばこそ、『癌体質の改善』とともに「癌を本当に克服する道筋」を歩むことができるのです。当ブログサイトを通して、癌患者のみなさんがその「道筋」を見出して頂けたなら幸いに思います。

カテゴリ:◆ 食養 カテゴリ > 玄米

 この記事は、『銀座東京クリニック』院長の「福田一典」医師が公開されています「『漢方がん治療』を考える」からのご紹介です。 当記事では「福田一典」医師が、癌治療における「玄米」についての価値をお話しされています。 玄米とは、米の『全粒穀物』、米の「一物全 ...

 劇的に回復した治療法の内容 【「特定疾患膠原病患者を辞めました。膠原病は治る病気です! 膠原病13年」(甲田光雄先生のお弟子さん)より 】 薬害の副作用で重篤な問題が、体質的に解毒機能が低下している可能性が高いことです。 血液の余分なもの、老廃物と呼ばれ ...

 この記事は、甲田光雄先生のお弟子さんが「Hさん」からの次のような “玄米、生野菜について” というご質問にお答えされている内容です。【Hさんからのご質問】(参照)● 玄米、生野菜について「玄米については、本当にもう良いとか悪いとか情報が散乱していて分かりま ...

 結局 “玄米”は、安全なの? 危険なの? “フィチン” の効果についてまとめます 【「東京産業新聞社・ガジェット通信」より 】 健康増進のため “玄米食を試してみよう” とお考えの方も、いらっしゃるのではないでしょうか。 しかし、いざ玄米食について調べると、「 ...

 すずらんさん、またコメントをしてくださり、本当にありがとうございます (^-^ お喜び頂けて、本当に有り難いです♪ 「つながっているという~うれしいような恥ずかしい気持ちです」というところが嬉しいですね! 私は以前の食養サイトのときから、癌患者さんとのや ...

このページのトップヘ