癌と食養 ☆★☆ 自然療法による癌治療 ~ Cancer Therapies by Naturopathy

癌治療を三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけで行なっても、癌は絶対に治りません。しかも、抗がん剤・放射線を行なうと「癌が治らない体」になってしまいます。癌を正しく知り、食事療法・少食療法・断食療法という「食のコントロール」を基軸に置き、飲尿療法で自己免疫を改善・強化しながら、他にも実際に癌治療に有効している自然療法を複合的に併用して色々と組み合わせて行なうことで癌体質を改善し、癌を克服できる体に建て替え、建て直すことが癌治療を行なう上で最も重要であり、ここが最も大切な「癌の認識」です。癌体質こそが「癌の正体」であり、癌体質こそが「体内に癌を生み出している元」なのです。この癌体質を改善することこそ、癌治療の根本です。癌体質を改善する要素が一切無く、かえって癌体質を悪化させてしまう三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけの癌治療では、癌を治すことは絶対にできません。自然療法(食事療法・少食療法・断食療法・飲尿療法など)を実践することで地道に癌体質を改善しながら、癌に打ち勝つ「体づくり」を日々積み重ねて、癌を克服できる自分を実現していきましょう! 癌治療とは、毎日たんたんと自然療法を積み重ねていく「地道な作業」です。この「地道な作業」を大事に行なえばこそ、『癌体質の改善』とともに「癌を本当に克服する道筋」を歩むことができるのです。当ブログサイトを通して、癌患者のみなさんがその「道筋」を見出して頂けたなら幸いに思います。

カテゴリ:◆ 癌の真実・真相 カテゴリ〈Ⅳ〉 > 「マクガバン・レポート」「チャイナ・スタディ」「OTA レポート」

 この『癌は先進国に現われた「現代病」である』シリーズは、「人類に癌が現われてきた時代背景」から癌というものを見つめることで、正しく癌を把握して頂こうと思って作成しました。過去記事を活用して「癌は先進国に現われた現代病である」という事実を分かりやすくお話 ...

 アメリカの「癌に対する考え方」が分かる記事を3つご紹介します。 米国政府も認めた癌のヒミツ♪ 【「千葉市で矯正と予防歯科を中心に診療しているフレンズ歯科クリニックのブログです」より 】 こんばんは♪ 今までの記事で、「予防接種は、アメリカ政府が作った国家 ...

 1977年、マクガバン上院議員を委員長とする「アメリカ上院栄養問題特別委員会」は膨大な報告書(マクガバン・レポート)」を発表しました(アメリカ上院は世界最高の権威と権限を持つ調査機関です)。200億円をかけ、世界中を過去150年前まで遡り、3000名を ...

 アメリカでのガンの食事療法 【「ガンの食事療法と、ガンに効く食べ物」より 】● アメリカでのガンの食事療法事情とは? アメリカでは、1990年代前半を境に、ガンによる死亡率は減少し続けています。 なぜ、米国ではガンが減少し始めたのでしょうか。 そのきっか ...

【はじめに】 肉食については一度、きちんとまとめてこの場に置いておきたかったので、世界的な名著「チャイ・ナスタディ」を通して「肉食とは、一体どういうものなのか?」についてお話ししてみます。 癌患者であるのに、いまだに肉を頬張りながら「癌を治そう」としてい ...

 ブログ「ゆっくり自然に生きよう!(癌があってもいいじゃないか^^)」の元気親父さんが、癌患者さんの知るべき大切な「日本の癌医療の実態」に関する資料をアップしてくださいましたので、ご紹介させて頂きます。■■ アメリカのガン治療、日本のガン治療 その1 先日 ...

 「マクガバン・レポート(参照)」や「チャイナ・スタディ(参照1・参照2・参照3)」の研究成果によって、アメリカは「獣肉食には弊害がある」と公に発表しています。ここからも「獣肉食にはマイナス面もたくさんありそうだ・・・」ということが感じられることと思います。 ...

 現代の日本人は食の在り方が無茶苦茶です。まして、多くの人が現代栄養学を信じている(正確には、疑問にさえ思わないのが実情)でしょうが、この現代栄養学がまったくの曲者で、なぜか世間で「丸呑み・鵜呑み」に信じられている害悪になっているのです。現代栄養学は「欠 ...

 元記事は、2012年の黙示録です。 「病気ではないけれど、健康とは言えない人」のことを、「未病」と言うそうです。「病気予備軍」ということでしょうか。著者は、最近の日本人には未病の人が増えていると述べています。そして、その原因が食べ物にあることを、胃相・ ...

このページのトップヘ