癌と食養 ☆★☆ 自然療法による癌治療 ~ Cancer Therapies by Naturopathy

癌治療を三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけで行なっても、癌は絶対に治りません。しかも、抗がん剤・放射線を行なうと「癌が治らない体」になってしまいます。癌を正しく知り、食事療法・少食療法・断食療法という「食のコントロール」を基軸に置き、飲尿療法で自己免疫を改善・強化しながら、他にも実際に癌治療に有効している自然療法を複合的に併用して色々と組み合わせて行なうことで癌体質を改善し、癌を克服できる体に建て替え、建て直すことが癌治療を行なう上で最も重要であり、ここが最も大切な「癌の認識」です。癌体質こそが「癌の正体」であり、癌体質こそが「体内に癌を生み出している元」なのです。この癌体質を改善することこそ、癌治療の根本です。癌体質を改善する要素が一切無く、かえって癌体質を悪化させてしまう三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけの癌治療では、癌を治すことは絶対にできません。自然療法(食事療法・少食療法・断食療法・飲尿療法など)を実践することで地道に癌体質を改善しながら、癌に打ち勝つ「体づくり」を日々積み重ねて、癌を克服できる自分を実現していきましょう! 癌治療とは、毎日たんたんと自然療法を積み重ねていく「地道な作業」です。この「地道な作業」を大事に行なえばこそ、『癌体質の改善』とともに「癌を本当に克服する道筋」を歩むことができるのです。当ブログサイトを通して、癌患者のみなさんがその「道筋」を見出して頂けたなら幸いに思います。

カテゴリ:◆ 癌医療の盲点・大嘘 カテゴリ > 現代医学・現代医療の盲点

 当記事は「In Deep」ブログからのご紹介です。 当記事で「In Deep」さんは、アメリカの「ロバート・メンデルソン」医師の名著『こうして医者は嘘をつく』をご紹介され、“現代医学は「オカルト」に陥っている‥” と言われています。 そして、その「オカルト」に陥ってい ...

 「トゥーリオ・シモンチーニ」の『重曹療法(重炭酸ナトリウム)』を非難している記事に「「トゥーリオ・シモンチーニ」の がん治療についてのまとめ」記事があります。 この記事を作成した「幻影随想」サイトは、2011年7月18日をもって更新されていません。 この ...

 甲田光雄先生のお弟子さんの記事をご紹介させて頂きます。 記事のご紹介のあとに、私の【感想】が続きます。 この中から、私たちが抱えている「現代医療に関する問題点」を真摯に感じ取って頂けたらと思います。 よろしくお願いします m(__)m. 「医者でも無いのに…」 ...

 この記事は「CoCo」さんの「CoCo がん Log」ブログからのご紹介です。 「CoCo」さんは、当ブログサイトの次の記事をご覧になってくださったようです。   ● 入院での食事(管理栄養士が献立を考えた入院食・病院食)に絶望する毎日     【 入院した癌患者に対して ...

 当記事は「癌(がん)と闘う家族のブログ」ブログの次の記事をご紹介させて頂きます。   ● 入院してから、急速にガンが進行してしまった母   ● 入院での食事に絶望する毎日 〔 ⇐ 以前に「アップ」している記事 〕   ● 7月もたないはずが、8月になっても生 ...

 当記事は「博士の独り言 II」ブログ様からのご紹介です。 当記事が伝えているのは「製薬会社は人尿をかき集め、その人尿の中の有効成分を抽出して薬を製造している」という内容です。 当記事は、記事名が表わしている通り、   日本の「不妊症治療薬」として患者に処方 ...

 この記事は、次の記事の中の、甲田光雄先生のお弟子さんの「薬」に関する記事をご紹介させて頂きます。   ● 医者の9割が、今でも「抗がん剤」を選択しない! 頭が良いから病気を治せるわけではない!      癌の早期発見は危険!【 抗がん剤は「癌の温床」を作り上 ...

 内海聡 医師の facebook より、「発熱」の意味、「解熱鎮痛薬」の危険性と間違いに関する内容のご紹介です。 これらは、自然医学の基本中の基本の内容です。 自分や子供に熱が出た時に、すぐに「解熱鎮痛薬」などの薬に頼る人は、身体がなぜその反応を出しているのか、そ ...

 日野原重明氏、肝いりのホスピス、休止へ 定額制で経営難 (2015年3月4日) 【「朝日新聞デジタル」より 】 「聖路加国際病院」名誉院長の「日野原重明」氏の肝いりでできた日本初の完全独立型ホスピス「ピースハウス病院」(神奈川県中井町・21床)が、今月31日で ...

 初期と末期、どちらのガンが治りやすいか  【「湯島清水坂クリニック」より 】 「初期のガンと末期のガンと、どちらが治りやすいか」と聞かれると、ほとんどの方が「初期のほうが治りやすい」とおっしゃるでしょう。 一般的には、初期のほうが治りやすいといえます。  ...

 これは「製薬会社は人尿をかき集め、その人尿の中の有効成分を抽出して薬を製造している」という一例です。 ほんの少しですが、ご参考までにご紹介させて頂きます。 製薬会社によっては、自衛隊から尿を買っているとも聞いたことがあります。 これはアメリカをはじめと ...

 断食療法の科学 【「食べない生き方」より 】 断食療法とは、日常と全く異なった代謝性の変化を体の中で起こし、強いストレスを体に加える事によって、脳の働きに揺さぶりをかけ、ホメオスタシスを引き起こし、体の歪みを正常に戻すというものです。 断食療法は古くから ...

 がんは人為的な現代病 【「医師のための専門情報サイト MT Pro」より 】 エジプトミイラで初のがん組織診断 英マンチェスター大学生物医学エジプト学 KNH センターの A. Rosalie David、Michael R. Zimmerman の両教授は「がんは汚染や食事などの環境因子によって引き起 ...

 当記事には、新しく作成し直しました次の記事があります。   ● 入院での食事(管理栄養士が献立を考えた入院食・病院食)に絶望する毎日     【 入院した癌患者に対して、病院は「癌を育てる食事」を出して、癌を急速に進行させている!】. 入院での食事に絶望す ...

 腎臓病(2) 現代医学がすべてでない  【「西式甲田療法による介護」より 】 (『腎臓病と甲田療法 - 現代医学で治らぬ人のために』甲田光雄:創元社:1500円(16頁~20頁)) ● 現代医学がすべてでない 腎臓病と一ロにいっても、そのなかには急性腎炎、慢 ...

 岡崎先生、藤田先生、甲田先生 【「膠原病、アトピー、アレルギー完治させます!」(甲田光雄先生のお弟子さん)より 】 他にも真実を見抜く勇者とも言える医師、研究者らがいますが、私が直接関わり合う素晴らしい先生方の共通点は、副作用が強く、投薬を多くする先生ほ ...

 (「千島学説」に興味ある方に(1)からの続き・・・ )■■ 第4章 現代医学は人間を無視している がん細胞の増殖が早いとはかぎらない。医師はがんの治療には無力である。それは、現代医学ががんの原因を究明できないでいることにある。 千島は「がん細胞は血球からでき ...

 これは、「千島学説」を分かりやすくまとめている「間違いだらけの医者たち―現代医学を揺るがす千島学説 忰山紀一(著)」という図書からの抜粋です。★阿修羅♪ から転載しています。 また、忰山紀一さんは「千島学説入門―生命発生からガン治療まで」も著されています ...

  これは、「千島学説」を分かりやすくまとめている「よみがえる千島学説―間違いだらけの現代医療 忰山紀一(著)」という図書からの抜粋です。★阿修羅♪ から転載しています。 また、忰山紀一さんは、「千島学説入門―生命発生からガン治療まで」も著されています。  ...

このページのトップヘ