癌と食養 ☆★☆ 自然療法による癌治療 ~ Cancer Therapies by Naturopathy

癌治療を三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけで行なっても、癌は絶対に治りません。しかも、抗がん剤・放射線を行なうと「癌が治らない体」になってしまいます。癌を正しく知り、食事療法・少食療法・断食療法という「食のコントロール」を基軸に置き、飲尿療法で自己免疫を改善・強化しながら、他にも実際に癌治療に有効している自然療法を複合的に併用して色々と組み合わせて行なうことで癌体質を改善し、癌を克服できる体に建て替え、建て直すことが癌治療を行なう上で最も重要であり、ここが最も大切な「癌の認識」です。癌体質こそが「癌の正体」であり、癌体質こそが「体内に癌を生み出している元」なのです。この癌体質を改善することこそ、癌治療の根本です。癌体質を改善する要素が一切無く、かえって癌体質を悪化させてしまう三大療法(抗がん剤・放射線・手術)だけの癌治療では、癌を治すことは絶対にできません。自然療法(食事療法・少食療法・断食療法・飲尿療法など)を実践することで地道に癌体質を改善しながら、癌に打ち勝つ「体づくり」を日々積み重ねて、癌を克服できる自分を実現していきましょう! 癌治療とは、毎日たんたんと自然療法を積み重ねていく「地道な作業」です。この「地道な作業」を大事に行なえばこそ、『癌体質の改善』とともに「癌を本当に克服する道筋」を歩むことができるのです。当ブログサイトを通して、癌患者のみなさんがその「道筋」を見出して頂けたなら幸いに思います。

カテゴリ:◆ 癌医療の盲点・大嘘 カテゴリ > 「日本の癌医療」その闇と実態

 医師が告白する「日本の癌医療の実態」をご覧ください。 抗がん剤の正体、標準的な癌医療の体質を、真剣に見つめられてみてください m(__)m 医師が告白する “癌治療の真実”=【副島隆彦コラム】より 【「★阿修羅♪」より 】  http://soejima.to/● 実体験 sita 癌 ...

 「福田一典医師の『癌の中鎖脂肪ケトン食療法』論考(1)」を全体的に加筆訂正しました。 この記事は、私が特にお伝えしたい大事な内容のひとつです。 この記事に、以下の項目を追加しました。  ◆ 癌医療の現場で実際に働いている医師の「本音」を絶対に忘れないで! ...

 『銀座東京クリニック』院長の「福田一典」医師が提唱している『中鎖脂肪ケトン食療法』の概要を解説している「癌の『中鎖脂肪ケトン食療法』- 福田一典医師」記事から、癌という『生き物』を見つめてみたいと思います。 まず「癌の『中鎖脂肪ケトン食療法』- 福田一典 ...

 早いもので2013年も、あ~っと言う間に12月31日を迎えてしまいました。 みなさん、今年も一年、お疲れ様でした m(__)m 私は今年の2013年のはじめに、NHK などで、抗がん剤や放射線といった三大療法(抗がん剤・放射線・手術)の最新癌医療ばかりをやたらとお ...

 『日本の医師と医療の実情』『食と健康』『食事と癌の関係』について講演された「池田史郎」医師の講演動画を紹介されている記事をご紹介します。 池田史郎先生は産婦人科医です。話の内容は「食べるものを変えれば病気が治り、人格まで変わる」というもので、農作物の窒 ...

 元記事は「病院が収奪屠殺工場であることに気づいていない方へ 船瀬俊介」です。 これは、なかなか凄い動画です。船瀬俊介さんが「日本の癌医療の実態」を分かりやすくダイジェストでお話ししてくださっています。しかも、この動画の内容を、ブログ管理人さんが活字化( ...

 元記事は「難病・末期がんからの生還 ~癌克服のプロセス~」です。 この癌サイトの管理人様は「日本の標準的な癌医療の実情」をよくご存じで、私と同様、お父様の癌に必死で向き合い、お父様の癌を自然療法で治されました。標準的な癌医療の三大療法(抗がん剤・放射線・ ...

全文は「【マーガリン終了】遂にアメリカがトランス脂肪酸の食品使用を禁止! 食品医薬品局「心疾患の原因になる」」です。 私が世間の方々に「今、絶対に理解せねばならない!」と叫びたいことは、世間に根付く常識に対して、それは本当に正しいのか、本当に間違いはないの ...

 癌は人間が創り出した病気という名のビジネスモデル? 【「末期がんでもあきらめないで! 可能性いっぱい」より 】 昨日の内海先生(内海聡医師)の Facebook 記事を読んで・・・、確かにそうだ!と思う。 (内海聡医師は「キチガイ医の素人的処方箋」ブログにて、医療に関 ...

 怖かったこと 【「乳癌になって、Ⅲ期なのに全摘手術だけ。抗ガン剤 NO!」より 】 こんばんは。 最近、夜更かしぎみの「まんずさく」です。 さて、癌治療、つまり標準治療から外れての道もでき、そこを歩くようになってから随分経つので、もう落ち着いてきてはいますが ...

 特効薬は存在しません 【「末期がんでもあきらめないで! 可能性いっぱい」より 】 癌の特効薬を探し求めている人、将来特効薬ができるのではと期待している人・・・ が多いと思います。 私は「特効薬は無いし、将来的にもできない」と思っています。 でも、「テレビでは ...

 癌検診は受けてはいけない 【「食べない生き方」より 】  ① 人間ドック  ② 脳ドック  ③ 癌検診  ④ メタボ検診  ⑤ 定期健康診断 これらを五大検診と呼びます。 五大検診は、表向きは国民の健康を守るという建前になっています。 しかし、実情は巨大医療 ...

 生命の水 -奇跡の尿療法- ジョン・W・アームストロング(著) 【ブログ管理人 まえがき】 今回ご紹介させて頂きますのは、1944年に出版された尿療法の古典的名著「The Water of Life」の邦訳「生命(いのち)の水 - 奇跡の尿療法」です。邦訳されて日本で出版された ...

 「星野仁彦」医学博士(福島学院大学教授・副学長)の自著「ガンと闘う医師のゲルソン療法」からの抜粋です。星野先生は末期癌になりましたが、マックス・ゲルソン博士が開発した『ゲルソン療法』と併用して『飲尿療法』を実践し、余命宣告をされて命の崖っぷちに立たされ ...

ガンで助かる二つのタイプの人たちがいる。それは、医者から見放された人。医者を見放した人。(ジャーナリスト・今村光一) 【「ライジング・サン(甦る日本)」より 】 今日は、政治の話ではありません。以前に本ブログで厚生省や癌について記事 にしたことがありますが ...

 もし、健康な人に癌治療をしたら・・・ 【「末期がんでもあきらめないで! 可能性いっぱい」より 】 大丈夫ですか? 癌に対しての治療を大きく分けると2つの方向があると思います。 ひとつは「西洋医学」、もうひとつは「自然療法」です。 西洋医学治療とは、手術、放射 ...

 癌の正体見たり枯れ尾花 日本人の二人にひとりが癌にかかる時代 【「★阿修羅♪」より 】 (「癌は『浄血装置・排毒装置』である!【小澤博樹・森下敬一・船瀬俊介】」をまとめたものです )◆◆ 抗ガン剤で殺される - 抗ガン剤の闇を撃つ  船瀬俊介         ...

 抗がん剤、放射線は、治らないことが約束された治療 【「末期がんでもあきらめないで! 可能性いっぱい」より 】 癌は総合力で克服できる ナチュラルプラスの中国医学漢方薬処方をサポートしてくださっている南京中医薬大学「馬永華」教授から、自然療法のがん治療につ ...

 止められない流れ作業 【「末期がんでもあきらめないで! 可能性いっぱい」より 】 がん治療の闇 先日、電話があった患者さんの話です。 46歳男性で、昨年8月に肝臓癌4cmを摘出。 その後は経過観察で、11月に肝臓に4箇所腫瘍を発見。 肝動注での治療を行う。 ...

 がんの特効薬は、なぜ世に出ない? 【「心に青雲」より 】 大学時代の友人が、昨年来、癌になって闘病中と聞き、私も心配して彼に余計ながら情報を送っている。 たとえば船瀬俊介氏の YouTube の動画などで、絶対に抗癌剤は使ってはいけないことを説いている。 それを ...

 医師が告白する癌治療の真実 【「末期がんでもあきらめないで! 可能性いっぱい」より 】● 日本の医療(がん治療)について 以前、紹介したブログ記事ですが、できるだけ多くの人に紹介したい内容ですので、もう一度貼り付けます。 私は何度もうなずきました。長文です ...

「がん」を考える(4)~ がん利権の構造(医者・製薬会社・外資系保険会社そして その背後にアメリカがいた!)~  【「自然の摂理から環境を考える」より 】 現在、がんの治療費は年々増え続け、しかし、その治療の中身は、一向に効果の上がらない「抗がん剤治療」や「 ...

 「がん」を考える(3) ~ 癌治療は市場拡大のためにあった!?~  【「自然の摂理から環境を考える」より 】◆◆◆ 豊かになると病気が増える? 「がん」をめぐる3回目です。今回は、その費用、医療費に焦点を当ててみます。 下のグラフは国民医療費(=国全体の治療 ...

 製薬会社の都合で作られる医学的発見 【「猫コラム」より 】 人体の不思議は解明されつつあると言われるが、本当にそうなのか? そもそも学者は、純粋に人体を調べその仕組みを解明しようとしているのか? 私達は学者が発表したものを真実だと受け止め、「心臓はこうい ...

 死のビジネス 【「猫コラム」より 】 昔の人は、死をそれほど忌避しなかった。 戦争で負ければ、俘虜の辱めを受けるより死を選ぶ高貴な精神を持ったサムライもたくさんいた。 寿命が尽きれば、誰もが死をごく自然なものとして受け入れた。 生まれるものがあれば、死ぬ ...

 この記事は、菅原研究所の菅原明子さん(保健学博士)が、癌について近藤先生にインタビューされているものです。とても参考になる記事だと思いますので、ぜひご一読されてみてください。 ただ、近藤先生に関しましては、「抗がん剤治療の大間違い」についてはズバズバと ...

 我が家には父の腎臓癌の闘癌経験がありまして、その「父の闘癌経験」の上から日本の癌医療を見つめますと、日本の癌医療界のムチャクチャな「的外れな癌医療」っぷりに、私は愕然とすることしかできませんでした。癌治療というものは、現代の標準的な癌医療のような「体内 ...

【癌利権問題 】医者は知っている抗癌剤の危険性! がん名医が末期がんになるが、がん治療はせず! がん治療は危険!?  【「真実を探すブログ」より 】  当ブログでは何度も抗癌剤の危険性について書いていますが、やはり専門家の方も自分が癌になった時は抗癌剤を使用し ...

 ガン患者の8割が、抗がん剤などの副作用死と判明 【「抗がん剤は使わねぇ!! そして肺癌完治!! トモセラピー NK療法 CDC6 肺がん完治ってワイルドだろうぅぅ」より 】 こんな記事を発見しましたよ。 このような記事を見る度に、私の選択は間違っていなかった・・・ と思い ...

 抗がん剤登場の背景 【「末期がんでもあきらめないで! 可能性いっぱい」より 】 元記事「医猟地獄の犠牲になるな次はあなたが殺される」(既に削除)より少し文章を修正して、要点を抜粋します。~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ ...

 抗がん剤の副作用が癌・・・って、どういうこと? 【「末期がんでもあきらめないで! 可能性いっぱい」より 】 抗がん剤「エンドキサン」の添付文書の副作用の記述に『二次性悪性腫瘍(二次発癌)』とある。 抗がん剤の副作用に『癌』???とは・・・ なんとも恐ろしい。 抗 ...

 日本の癌治療って 【「末期がんでもあきらめないで! 可能性いっぱい」より 】 日本では癌が見つかると・・・ エライコッチャ!とばかりに手術、抗がん剤、放射線と治療をするのが当たり前ですが、どうもこの常識も世界から見れば少しズレているようです。 先進国でも「癌 ...

 こんな話もある。患者さんにとっては腹立たしい話…、でも知ってください。 【「末期がんでもあきらめないで! 可能性いっぱい」より 】 患者さんにとっては笑えない話ですが、日本の医療はここまで酷いのかと笑ってしまいたくなる恐ろしい話です。 内海聡先生と船瀬俊 ...

 抗がん剤治療を受ける前に 【「末期がんでもあきらめないで! 可能性いっぱい」より 】 抗がん剤治療を受ける前にご覧ください。        ...

 岡本さんへ 岡本さん、お返事をありがとうございます。 お教え頂きました「サイト」のほうを拝見しました。大変、素晴らしいサイトです。このサイトの方は食事改善のことを言われていますが、主に「免疫の向上」に関する志向が強く、浄血(癌は血液の浄化装置)や、断食 ...

 岡本さんへ 岡本さん、コメント欄へのお返事をありがとうございます。不安でお辛いでしょうに真剣にお話ししてくださり、本当にありがとうございます。岡本さんのお話の中で、私が気づいた点をお話しさせてください。 まず、腫瘍内科での抗がん剤による「延命治療」とい ...

 岡本さんへ 岡本さん、コメント欄への投稿をありがとうございます。また、このブログに共感してくださり、本当にありがとうございます。コメント欄では文字数制限が800文字まででして、いろいろとお話しするためには文字数が全然足りませんので、こちらにてお話しさせ ...

 2005年 3月刊 『抗ガン剤で殺される』 船瀬俊介 (外部リンク) 抗ガン剤で殺される - 抗ガン剤の闇を撃つ●「健康情報新聞」 2005年 5月18日  抗ガン剤の有効性を問う ADGの働きで無効 船瀬俊介氏が激白!! 環境問題に精力的な活動を展開している船瀬 ...

誰も教えない癌治療の真実とは" href="http://saigaijyouhou.com/blog-entry-309.html" target=_blank>【癌治療の危険性】抗がん剤=マスタードガス! 生物兵器並に恐ろしい抗がん剤!?誰も教えない癌治療の真実とは  【「真実を探すブログ」より 】  抗がん剤は、実は増 ...

癌治療に隠された危険性! 癌治療の副作用で大半の方は亡くなっている!?毒ガスの成分が入っている抗癌剤!!?  【「真実を探すブログ」より 】  日本には数々の利権団体が存在していますが、皆さんは日本最大の利権団体は何かご存知でしょうか? 多くの方は「原子力利 ...

 早期発見、早期手術は誤り・・・  【「ゆっくり自然に生きよう!(癌があってもいいじゃないか^^) 」より 】  先日の小冊子に、「早期発見、早期手術は誤り」という記述があった・・。私の場合は、既に手術しているので、今更どうしようもないが ^^。ただ、一般には「 ...

 元記事は、2012年の黙示録です。 「わが身に危険が迫ってもこれだけは伝えたい日本の真相!」の中の【抗がん剤】に関する内容を、なわさんがアップしてくださいました。ここにあります内容は、抗がん剤の真実を知る者にとっては常識になっています。非常によくまとま ...

このページのトップヘ