甲田光雄先生のお弟子さんの「低放射線ホルミシス効果」に関する記事をご紹介させて頂きます。
 当記事は「低放射線ホルミシス効果」を理解する上で非常に参考になる記事です m(__)m
.





 放射線は悪ではない。感情と同じ使い方です。
 【「癌と膠原病から元気になった実体験(甲田光雄先生のお弟子さん)」より 】


 記事の転用です。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


 台湾にある団地での出来事です。
 放射線にまつわる興味深い出来事なので興味のある方は是非ご覧ください。

 1982年、台湾で1700戸の団地が造られました。その団地には、約10000人もの住民が住んでいました。
 10年後の1992年、驚くべきことが分かり大騒ぎになりました。
 それは、建物の鉄筋に「コバルト60」という放射性物質が含まれていたのです。

 「コバルト60」とは、ニッケルに壊変する過程において「ベータ線」を放出する放射線物質で、半減期は5.3年です。
 建物の建材にベータ線を放射する「コバルト60」が使用されていたことは「コバルト団地」の建物は「放射線の被爆量」が台湾の他の地域より多いと示唆しています。
 放射線自体が身体に危険と考えられていたので、団地住民の健康を危惧する声が上がり大騒ぎとなりました。
 そこで、さっそく団地住民の健康追跡踏査が実施し、19年に渡る1万人の癌死亡率を調べました。

 その結果は以下の通りです。

 台湾全体の癌死亡率は 206/1万人。
 「ICRP(国際放射線防護委員会International Commission on Radiological Protection)」による放射線を考慮した癌死亡率は 270/1万人 です。
 それに対して、調査の対象となった団地住民の癌死亡率は、たったの 7人 でした。
 しかも、この 7人 は「コバルト団地」に入居する前から癌だったということです。

 放射線に関しては、わずかな放射線でも身体に悪い影響を与えるという考え方は「ICRP」でされていたのですが、この「コバルト団地」の出来事は「ICRP」の見解を根底から覆すことになりました。
 マラー博士は『身体に与える害は受けた放射線の量に比例する』という学説(LNT仮説:しきい値無し直線仮説)を唱えましたが、この「コバルト団地」の出来事はマラー博士の学説をも覆す調査結果にもなりました。

 具体的には、団地の建物の建設に「コバルト60」が材料として使われ、最も「放射線の被爆量」が大きかった部屋では 525mSv、平均では 72.9mSv であったのにもかかわらず、癌死亡率は台湾全体の癌死亡率が 206人/1万人 に対し 7人/1万人 と「コバルト団地」の住民の癌死亡率のほうが明らかに低かったのです。

 「コバルト団地」の出来事は『放射線が「低線量」で照射された場合は身体に良い影響を与える』という「ホルミシス効果」を唱えるラッキー博士の学説を補強するものとして実に興味深いエピソードです。

 最近、「放射線=悪」と単純に考えるのではなく、「低線量の放射線」をどのように有効活用するかという「ホルミシス」に対する考え方が脚光を浴びるようになりました。
 「ホルミシス効果」の一つに「癌抑制機能」があります。この「コバルト団地」での出来事は、低い癌死亡率と「ホルミシス効果」を相関関係があることを示すものだと考えられています。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


 関連サイト検索用語です。

    放射線ホルミシス - 太田成男のちょっと一言
    ヒトにおける低線量放射線ホルミシス

 他にもまだまだ少ないですが、肯定する情報が出てきています。


 分かりやすく言えば、大阪大学医学部も「放射線のオンコロジー」を採用して「国が認めた」のです。
 癌へ「低線量の放射線」を継続的に照射すれば「延命する」ことをです。
 なので、設置に踏み切り、今後、段階的に大病院で増やしていく予定です。

    大阪大学医学部附属病院 建物案内


 ですが、「抗がん剤を使用した」という対象だけですから、
 間違いなく『抗がん剤を使用した後の(ホルミシス効果の)恩恵は低下してしまう可能性が高い』と私は考えています。

 今まで散々否定してきてた「低放射線ホルミシス効果」を認めて「国が採用した」という事実を報道しないこと事態も、
 抗がん剤 使用後の患者さんに限定するのも、如何なものかと思いますね。


 でも、ようやく(国が)重い腰を上げて「ホルミシス効果」を暗黙で承認したということですから、
 患者さんがリスクを背負うことなく、抗がん剤 抜きで、冷凍凍結や手術後、
 「オンコロジー」で回復の手伝いをするというのは「最高の組み合わせ」だと思いますね。

 検査で出てこない「リンパ線に入り込んだ癌細胞」は、放射線で死ぬからです。
 固形の大きなもの()はなかなか殺せる力はありませんし、
 放射線が届き難い場所は、同様ですが、補完することで、
 抗がん剤ではない作用で「残された癌」を減らしたり死滅させて、
 免疫で抗体をつくる体質改善を施せば、恩恵がある治療になるのは間違いありませんよね。


 医学の採用が、現実的に癌患者さんへ「実用的な恩恵」で、なお「副作用が無い選択」が、
 一日も早くできる日が来ることを願うばかりです。

 いつもありがとうございます。


    敬具