当記事は『銀座東京クリニック』院長の「福田一典」医師の「『漢方がん治療』を考える」からご紹介です。
 「564)抗がん剤の新薬の半数以上は、延命効果が証明されていない」記事中の「製薬企業が無駄で過剰な診療を促進している」の項をご紹介させて頂きます。

28710_df_1_main_1373009419



 ここに示されている内容は「福田一典」医師が医師として、現代医療の『真実の姿』をありのまま語られている事実です。
 医師として、現代医療の実態と現実をここまで率直にお話ししてくださるというのは本当に凄いことです。

 「564)抗がん剤の新薬の半数以上は、延命効果が証明されていない」記事は、抗がん剤の問題を研究報告を紹介しながら解説されている内容です。抗がん剤は科学的に見て有益性の無いものが多いのに、なぜ有益性の無い抗がん剤が使用され続けているのかと言えば、これは、抗がん剤が史上最強の “ドル箱商品” であって非常に「儲かるから」と言う理由があるからです。特に、日本では「有益性の少ない抗がん剤の使用が多い」のです。


    564)抗がん剤の新薬の半数以上は、延命効果が証明されていない


 では、なぜ、通常療法がこのような「非科学」を今も爆走しているのか言うと、その「答え」が、この記事の最後の項である「製薬企業が無駄で過剰な診療を促進している」なのです。この記事の中で一番重視すべきは、この項です。ここが、通常療法が「非科学」なる「オカルト医療」に暴走し続けている根本原因です。この根本原因の実態を真剣に理解しなければ、通常療法に深く深く根付いている「癌医療ビジネスの闇」を理解することはできません。

 とにかく、まずは「福田一典」医師が伝えるこの内容を真剣にご覧ください。



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


 564)抗がん剤の新薬の半数以上は、延命効果が証明されていない
 【「『漢方がん治療』を考える(福田一典 医師)」より 】



製薬企業が無駄で過剰な診療を促進している

 「標準治療(通常療法)」や「保険診療」というと『有効性のエビデンス(証拠)が確立されている治療法』だと多くの人は思います。しかし、がんや糖尿病やうつの治療など多くの医療分野において「本当にそうなのか?」と疑ってみる余地は大いにあります。

 「無駄な治療」や「過剰な治療」(検査も含めて)の存在や、従来の薬と効果にあまり差がないのに「高額な新薬」を使う傾向があるなど、標準治療や保険診療には問題点が多くあります。


 その最大の原因は、

   医療の世界が「製薬産業」に牛耳られている

 という構図にあります。


 利益を求める製薬産業は、医師たちを学会ぐるみで取り込み、「高額で過剰な医療」に誘導しています。

 日本における最近の全抗がん剤の売り上げは「1兆円」に近いと言われています。
 抗がん剤だけでなく、抗がん剤の使用に伴う悪心(吐き気)や嘔吐や白血球減少などの副作用に対する薬も売り上げが増えています。がん患者は増えているので「がん治療のマーケット(癌医療ビジネスの市場)」は増大しています。
 この(癌医療ビジネスの)成長市場で売り上げを伸ばそうと、製薬会社は「薬を巧みに売り込んで」います。

 特許がある間に「最大の利益」を確保したい製薬企業は、臨床試験を短期間に完了するために治験結果の改ざんや隠蔽、研究論文の捏造も行ないます。販売を促進するために、医者や学会を取り込みます。
 医師や研究者や医療機関には、講演料や原稿料や治験の「協力費」などの名目で、製薬業界から「多額の資金」が流れ込んでいます。製薬産業の言いなりになって「高額な医薬品」を何の躊躇もなく使う傾向が強いのが「日本のがん治療(通常療法)」の現状です。

 学会というのは、学術研究の進展連絡などを目的として研究者を中心に運営される団体です。
 がんや糖尿病や精神疾患など専門家が集まって、個々の学会が設立されます。
 学会は研究成果を発表し議論することによって「標準的な治療法(通常療法)」を確立し広める最大の役割を担っています。
 しかし、学会やそれに所属する医師たちは製薬企業に取り込まれて「製薬産業が意図する方向」で「標準治療(通常療法)」を確立し、広めています。つまり、製薬産業の利権のために、医師が利用され「過剰診療」が発生していると言われています。

 このことは「多くの医師が気づいています」が、その問題を口に出して言うのは少数です。
 医師も「恩恵を被る」ので、状況を積極的に変えることはありません。

 最近になって、製薬企業と大学病院の医師たちの癒着による「論文捏造」の事件が明るみになって、製薬産業の「利権追求」がいかに「医療を歪めている」かが世間に知られるようになってきました。
 しかし、これは「氷山の一角」であり、多くの領域で「過剰診療」や「高額な薬の無駄な使用」が行なわれています。

 例えば、健康診断での血圧や脂質の正常値は下がり続けています。
 正常値の基準を厳しくすれば、健康診断で異常と判断される人の数が増えます。
 その結果、再検査や治療が増え、医師や製薬会社は儲けることができます。

 医師が治療を提供する際に「患者の利益を優先している」と多くの患者は信じているかもしれません。
 しかし、少なくとも、製薬企業は「利益を追求して」います。
 学会や医師が「製薬企業の思惑に従っている」現状が問題です。


78mr576677



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



 私も先日、当記事に重なるような内容である次の記事を作成してアップしました。


    現代医学は 悪しき宗教 ロバート・メンデルソン 医師
     【『現代医学教』という「宗教」を無意識に信仰している 信者(世人・患者)は、
       狂せるを知らず! 盲なるを識らず!】



 どうぞ、この記事は、一度、ご覧になっておいてください。
 私なりに、今、日本国民が本気で気づき『覚醒』すべき現実についてお話しさせて頂いているつもりです。

 『覚醒』とは「目が覚める(さめる)」と「迷い幻想から醒める(さめる)」の組み合わせ語です。

 この『覚醒』とは、まさに、

    今までの世の常識が、権力によって歪められていた『捏造』であった事実に気づく。
     この権力があらゆるメディアを通して謳う常識(という名の非常識)に、
     自分が『洗脳』されていたことに気づき、自分の「無知」を自覚して知る(無知の知)。
     世の『虚構(フェイク)の姿』を知り理解して『真実(本当の姿事実)』に目覚める。


 と言えるでしょう。

 この中で特に重要なのは、自分が「無知」であったことを『自覚して知る』ことにあります。
 世の多くの人が自分の「無知」を『自覚できない』のです。
 世の『真実本当の姿事実)』にたどり着くには、今まで自分が世の『虚構(フェイク)の姿』を鵜呑みにしていたことに気づき、自分が「無知」であったことを深く『自覚』すること。この自分の『無知の自覚』をもって、自分が如何に「無知」であったことかをよく認識して『知る』こと。これを『無知の知』と言います。
 私たち人間は、この『無知の知』によってのみ、世の『虚構(フェイク)の姿』である迷妄を「自力で」晴らし、払い除け、『真実本当の姿事実)』にたどり着くための『真の知本当のことを知ること』への扉を「本気で開く」ことができるのです。ここが『真の知本当のことを知ること』へのスタートラインとなります。このスタートラインを踏まずして、私たち人間が『真実本当の姿事実)』へとたどり着くことはありません。
 この「ソクラテス」が残した哲学である『無知の知』は、私たち人間が『真実本当の姿事実)』にたどり着くための重要な羅針盤です。この『無知の知』の重要性をよく理解してほしいと願います m(__)m

 この「意識」に到達し、自らその「認識の境地」まで「自力で」たどり着く作業を成し遂げる、これが『覚醒』です。
 霊的なる『覚醒』は「この世(全次元)の実体(本質」に目覚めることを指しますが、ここで言う『覚醒』は「人間社会の実体(本質」に目覚めることを指しています。いずれにせよ、基本的に地球の人類は、あらゆることに対して『覚醒』すべき時期を迎えています。現在、世界規模で本当にもう「待ったなし!」の緊迫した時節を迎えており、大衆の知らない水面下では「恐ろしき規模の本格的支配」へと、世界は確実に突き進んでいます。これが今、世界規模で起こっている「人間社会の実態」なのです。私たち人間は、今、着実に進行しつつある、この「人間社会の実態」をよく把握し、ここに『覚醒』する必要があるのです。

 私は以前から「人類にやがて『真実(本当のこと)』が明かされる時期が来る」という文献をたくさん見ていました。
 そして、人類は、その『真実世の本当の姿』に向かって進み行く者と、『虚構世の不実の姿)』に取り残される者とに二極化する、という内容を伝える文献も多く見てきました。
 今思えば、この数年で、随分と、これがハッキリと鮮明に世間に浮き上がって来た感があります。
 人間社会に急速に沸き起こった「浄化反応」とも言えます。


 医療の世界でも、「福田一典」医師のように「現代医療の実態」を率直にありのまま伝えてくださる医学博士医師の先生方が増え、著書やネットの世界で積極的に必死に訴えてくださっています。
 しかし残念ながら、一般大衆とは本当に愚かなもので、医学博士医師の先生方が現代医療に潜む「悪質なる実態」に対して(自身の身の保証など何もないのに)ここまで訴えてくださっていても、つまり、時代が人類に『真実本当の姿』を明かすべく、ここまで動いても「気づけぬ者には気づけない」のです。今、日本人の民度の低劣化が強く問われています‥。

 私は「福田一典」医師をべた褒めしたいわけではありません。
 しかし、ご自身の発信されている「『漢方がん治療』を考える」にて、お忙しいであろうに、毎週毎週、たんたんと弛まずに「私たち民間人が知るべき医療の本質」についての「濃厚にして重要なる記事」を作成し、世界中の先進国の様々な研究報告論文を分かりやすく丁寧に紹介しながらアップし続ける‥、これを「福田一典」医師は、ほぼ毎週、たんたんと継続されているのです。医師からヤジを飛ばされても、これを続けています(実際に医師による「福田一典」医師への批判記事がネットの世界にあります)。私には、この「福田一典」医師の姿が、かつての「甲田光雄」医学博士の姿と同じように映るのです。

 生前、甲田光雄 医学博士は『現代医療は「医療ビジネスの売り上げ(儲け)」ばかりが優先され、患者が不利益なシステムになっている』と訴えられ、国と闘っていたそうです。
 その甲田光雄 医学博士に対しても、世間は白眼視して、長年、冷ややかな目を向けていたのです。
 今では、著名な人物が揃って甲田光雄 医学博士の足跡を貴び、民間でも理解する人たちは増えましたが、それでも、いまだ甲田光雄 医学博士の足跡を理解できない‥、いや、理解する気すらない人たちが「甲田療法 信者」と蔑んでいる風潮があるのです。この人たちは、物事の是非を理解する力がないのです‥。

 あまり話したくはないですが、ある治療家は「甲田療法」を全否定して批判し、メッタメタに叩いています。
 これは、自身が施した患者への治療で「甲田療法」では上手くいかなかったからだそうです。
 だから「甲田療法はインチキだ!」として(本人曰く)正義感を持って「甲田療法」をメタメタに叩いているのです。

 私も「甲田療法」を全肯定はしません。「甲田療法」にも欠陥点や問題点があります。
 例えば「生菜食」をするにしても、胃腸が弱体化している場合はできませんし、肉食が必要な体質者である場合は「生菜食」だけでは衰弱する可能性があります。ですから、肉食が必要な体質者には「魚介類」や「鶏卵」などの「日本人の体質に合った肉類」の摂取を「生菜食」に組み合わせる必要性もあるでしょう。
 また、腸内細菌に異常があり「断食」をすると危険な場合もあります。体力が衰弱している場合は「断食」は避けるべきですし、特に「身体の酸化酸化体質)」が重篤な場合には「断食」をすると問題が発生する場合があります。
 つまり「甲田療法」は、誰彼問わず「全員に通じるものではない」のです。
 その患者さんの「体質」や「その時の状況」に応じて施さねばならない難しい面があるのです。

 そもそも「甲田療法」が大いに通用していたのは、日本人の身体がまだ現代よりも正常性を保っていた30~50年前の時代のことです。今のように、日本人の身体が大量の「化学物質」に汚染されているのとは異なる時代のことです。
 今の時代をよくご覧ください。現代という時代は30~50年前の時代とは異なり、現代医療での「化学医薬」による薬漬け(化学物質漬け)、農業の化学農薬や化学肥料の「化学物質」、畜産業水産業の飼料に使用している「化学物質」、あらゆる食品に混入されている食品添加物の「化学物質」、様々な日用品や建築物に使用されている工業的な「化学物質」、パソコンタブレット携帯Wi-Fi電化製品などから日々受け続けている人口電磁波による「身体の酸化酸化体質)」、酸化食品や酸化水(水道水など)による「身体の酸化酸化体質)」など、このような尋常ではない「異常な社会環境(大酸化社会)」が「甲田療法」が大いに通用した30~50年前の昔の日本にはまだ無かったのです。

 「甲田療法」とは、究極の自然療法です。人体が持ち得る「自然の力」を発露させて行なう自然療法の極みなのです。
 しかし、それが通用するには、人間の身体がまだ「自然な状態」を保ち得る場合に限ります。
 現代の人間のように、もはや、尋常ではないほどの大量の「化学物質」に汚染され、「身体の酸化酸化体質)」が進行し、細胞レベルで異常な変異が起こり、しかも、さらには、現代医療から治療とか称する大量の「薬漬け(化学医薬付け化学物質漬け)」に遭う‥、これでは、人間の身体自体が「異常な破壊」を受けているわけです。これがまだ軽度なれば『長期断食』により長寿遺伝子が動いて治癒してしまう場合もありますが、これが異常なほど重篤に陥っている身体の状態であれば、もはや、栄養摂取や栄養利用の機能すら失われていることもあるため「食事療法」さえ通じない場合があり、この状態で「甲田療法」で治してくれと言われても、すでに人体の常識的な「自然な機能」すら破滅的に破壊されて失われていれば、それは「甲田療法」のような「人体の自然の力」に頼る自然療法だけで何とかできる水準を大幅に超えてしまっているのです。これを簡単に例えて言えば、事故で失った腕を「甲田療法」で復活させろ!と言うようなもので、上記のような「異常極まりない劣悪な社会」での生活によって破壊された体内を「甲田療法」という自然療法だけで治せ!と言われても、もう、どうにもこうにも無理な場合があるのです。現代の日本はというのは、常識的な「人体の自然の力」が失われて破壊されている人が多いのですね‥。
 このような深層的事情により、「甲田療法」という自然療法だけで治すのが無理なケースが事実あると見るべきです。

 ですから、特に「身体の酸化酸化体質)」が重篤であろうと判断するときは、当人に無理なくできる範囲内で「食事療法」などの自然療法を実行しつつ、同時進行で『水素療法』や『電子治療』などの「酸化還元治療」「抗酸化治療」という「人工的な治療」を組み合わせて行なう対処をすべきであるのは言わずもがなです。
 このような本質を一切無視し、ただ「甲田療法」を全否定するような医師や治療家というのは「洞察力が無い本質を見抜く力が無い」と見るべきではないでしょうか‥。

 これは何度も過去記事でお話ししてきましたが、私の父母は持病が多々あり、何十年と病院に通っても、医者は何一つ、父母の持病を治してはくれませんでした。医者はただ、父母を「薬漬け(化学医薬付け化学物質漬け)」にするだけでした‥。
 父母の持病は難病と言うわけではありませんが、それでも「悪化した生活習慣病」と言えるものです。
 私が「甲田療法」を中心に独学して実践し、父母にも無理なく実行できる範囲で「生菜食」や「断食療法」を工夫して適宜に取り入れ、それだけで、父母の持病は、早くて数ヵ月、長くても数年で、この自然療法だけで大方は改善したのです。
 「甲田療法」の利点を工夫して取り入れ、同時に「甲田療法」の欠点は事前に工夫して取り除き、「甲田療法」の利点と欠点をそれぞれ工夫することによってバランスを取れば、「甲田療法」を最善に活かすことができるのです。
 それを、ただ「甲田療法」を全否定して批判しかしない‥、そういう先生には、やはり問題があるでしょう。
 (しかし「甲田療法」を全肯定する先生にも問題があります。「甲田療法」は完璧ではありません‥


 さて、上記の中で「福田一典」医師は、このように言われています。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


   「標準治療(通常療法)」や「保険診療」というと、
    『有効性のエビデンス(証拠)が確立されている治療法』だと多くの人は思います。
     しかし、がんや糖尿病やうつの治療など多くの医療分野において、
    「本当にそうなのか?」と疑ってみる余地は大いにあります。

    医師が治療を提供する際に「患者の利益を優先している」と多くの患者は信じているかもしれません。
     しかし、少なくとも、製薬企業は「利益を追求して」います。
     学会や医師が「製薬企業の思惑に従っている」現状が問題です。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


 これは先日、私がアップしました「現代医学は 悪しき宗教 ロバート・メンデルソン 医師」記事の内容と重なる重要な言葉であり、つまり、世の「悪徳宗教」に『洗脳』されている信者がその宗教の謳う「都合のいい幻想」から「自力で」目を覚まし『真の現実』に向けて脱却する手はずを踏むのと同様に、世の人患者が『現代医学教』という宗教である「オカルト医療」に『洗脳』された信者へと陥っている我が身に気づき、『現代医学教』の演ずる「オカルト医療」の『洗脳』から「自力で」目を覚まし、その『洗脳』から自己を開放して『真の医療正常な医療』を獲得する上において絶対的に必要である「現代医学現代医療への疑問」へとたどり着くための重大な羅針盤であり教示です。

 ネットの世界を通し、ひとりの医師として「福田一典」医師が、この「現代医療の現実」をありのまま伝え訴えるというのは非常に勇気がいることです。これは本当に勇気がいることなんです。
 「政治の世界」で言えば、某国の売国奴として腐敗している官僚の悪事を正そうとし、勇敢に立ち向かった「石井紘基」氏や「中川昭一」氏のような有能なる政治家の先生方がかつていましが、しかし、相手が巨悪なるゆえ、みな、道半ばで抹殺されてしまいました。このような「本物の政治家」は、みな始末されてしまうのです。
 「医療の世界」でも、この暗殺劇が普通にあります。今も、昔も、邪魔者を消す暗殺など普通にあるのです。
 グローバル製薬企業とは「マフィア」が如き「巨大な利権」なのです。
 「白い巨塔(医学界医療界の腐敗)」など当たり前にあるのが「医療の世界」です。
 世間の民間人は、医者の「うわべの姿」しか知らず、また、その「盲目的自身」にも気づけません。
 その世間に対して、ひとりの医師として、民間に「現代医学現代医療への疑問」を持つように訴えるのは、製薬企業の巨悪から目を付けられる行為であるため、本当に勇気のいる行動なのです。

 著書やネットの世界で、こうして「現代医療の悪質なる実態」を真摯に伝えてくださる医学博士医師の先生方こそ、私たち民間人は理解を示して称賛し、感謝で支え守らなければなりません。


 また「福田一典」医師は、このようにも言われています。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


    このこと(現代医療の腐敗)は「多くの医師が気づいています」が、その問題を口に出して言うのは少数です。
     医師も「恩恵を被る医療ビジネスで儲かる」ので、状況を積極的に変えることはありません。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


 ほとんどの医師は、これが如くです。

 「医療とは何か?」ということを真摯に考え、「現代医療に根付く、根深い問題点」を隠さずに世間にありのまま訴え、問いかけることのできる精神へと育っている医師は非常に稀で、本当にごく少数です。
 ほとんどの医師は、長いもの(医学界医療界の闇)に巻かれたまま、一見「良さげ」に見えるだけの「うわべの姿」で患者に向き合います。その姿は、医学医療を学び修得している「医師」であるかのように見えますが、その実体(本質)は、現代医学現代医療のやり口「しか」知らない、非常に偏った者もであるわけです。本当に医師として精神が成熟している先生は、非常に稀であり、ごく少数なのです。

 みなさん、よくお考えください。

 世間一般の医師等は、自分の病院に何十年と通って来る患者の「高血圧」に対し、危険な「高血圧の化学医薬」の処方を繰り返し売りつけるだけで「ハイ、お大事にどうぞ♪」というお馴染みのセリフをうわべでかまし、それで終わりなのです。
 本当によくお考えください‥。自分の患者が何十年と「高血圧の化学医薬」を飲み続けても「高血圧」が一向に治らないのを診れば、「薬では治らない」ことが判ろうはずなのに‥(判別がつくはず‥)。

 しかし、彼ら(世間一般の凡医)は、そこに気づかない‥、いや、気づけないのです。
 それは、彼ら(世間一般の凡医)が「本気で何も考えていないから」です。
 いわゆる「高血圧の患者には、この薬を処方する」という “おざなりの行動” しか身に付いていないのです。
 「高血圧の化学医薬」の危険性を重々承知していながら処方する医師‥、これは、まず「犯罪者」です。
 現代医療にはこの問題が根深く浸透していますから、現代医療はやはり『人命を弄んで儲ける巨大な犯罪組織』である側面がどうしても強いわけです。もうそろそろ、日本人全体がここに気づくべきです。

 私の父は長年「高血圧」に悩んできました。昔は、父が毎朝「血圧を測っている姿」を年中見ていました。
 病院で処方される薬を何十年飲んでも、父の「高血圧」は一向に改善しませんでした。
 しかし父は、私が伝えた「生菜食」を取り入れた玄米菜食に加え、特に「週末一日断食」を始めてから、たった3~4ヵ月後には、長年、薬を飲み続けてもどうにもならなかった「高血圧」がいとも簡単に消失しました。この意味が分かりますか‥。

 そもそも、現代医療とは「患者を治すための場所」ではなく、「医療ビジネスで儲ける場所」なのです。
 だから、治せもしない現代医療(対症療法)で、今も暴走し続けているのです。
 「福田一典」医師が仰られている通り、癌や糖尿病や鬱の治療など多くの医療分野において、私たちはそろそろ本気になって「本当にそうなのか?」と疑う作業が必要なのです。
 この重要な観点を無視して無頓着に流しているから、今も、多くの日本人がいまだに暗い暗い「暗愚」なる「無知」の中で、無思考(思考停止状態)のまま「治りもしない幻想医療」を彷徨い(さまよい)続けているのです‥。

 日本の大人のみなさん、早くここに気づいて『覚醒』しましょう!