当記事は『日本橋清洲クリニック』院長の 佐藤義之 医師が病院サイト内で発信されている「佐藤院長のやさしい医療のお話」からのご紹介です。
 佐藤医師が『精製塩(食塩)』と『精製糖(白砂糖)』の危険性についてお話しされています。

 今も世間で一般的に使用され続けている 精製塩化学塩工業塩(食卓塩食塩)、これは 99% 以上の純粋に近い 塩化ナトリウム(NaCl)であり、重要なミネラルをすべて切り捨てているものです。
 白砂糖を代表とする『精製糖』もまた、重要なミネラルをすべて切り捨てているものです。
 この『精製塩(食塩)』と『精製糖(白砂糖)』は共に高純度の「化学薬品」であり、市販の「医薬品」と同様、身体を狂わす元凶になりますので、絶対に絶対に使用してはなりません。

 これは、食養者からすれば当然の帰結です。
 世間ではいまだに『精製塩(食塩)』と『精製糖(白砂糖)』が使用され続けていますが、その世間の「無知」に流されてはいけません。自ら「正しい知識」を学び、積極的に「賢い選択」をしていきましょう!


 我が家は、もう『精製糖(白砂糖)』は一切使用していません。父が「オリゴ糖」や「ハチミツ」を僅かに使っているのみです。食事にも「甘味料」は使っていません。食材の「自然の味と風味」を楽しんでいます。

 また、塩は必ず『海の塩』である『自然海水塩』を使いましょう!
 我が家は、長年、沖縄産の『粟国の塩』を愛用しています。




 我が家もいろいろな『自然海水塩』を試しましたが、結局、この『粟国の塩』に落ち着きました。
 この塩はミネラルが豊富で(特に「マグネシウム」が豊富です)、お値段も手ごろであり、何よりもメチャクチャ美味しいからです。料理に使って美味しい、食べて美味しい、そういう塩です。
 みなさんもいろいろと試し、お気に入りの『自然海水塩』を探し出してください m(__)m


 現代医学では今も、塩分が「高血圧」の原因となる、と謳っています。
 そのため、減塩が必要だ、とさらに謳うわけですが、これはまったくの茶番です。

 塩の摂取で「高血圧」の原因となるのは、重要なミネラルをすべて切り捨ててしまった『精製塩(食塩)』を使用する場合です。『自然海水塩』は「高血圧」の原因にはなりません。

 そして、塩分が「高血圧」の原因になることはありません。
 この点について、佐藤医師は当記事の中で、このように言われています。

    本当に塩分で「高血圧」になるなら、クジラやイルカは、みんな「高血圧」のはずである。

 これは、素朴に考えれば「まったく、その通り!」としか言いようの事実です。
 塩分で「高血圧」になる、と言うのなら、海の生き物はみな「高血圧」になっているでしょう。
 しかし、現実として「それはない」ですよね!

 みなさんも、どうぞ、現代医学が謡う「爆弾発言」には気をつけられてください。
 よろしくお願いします m(__)m



 最後に、次の記事の「最初の黄囲み部分」から「塩の摂取」についての部分を抜粋します。
 この内容が何らかの役に立って頂けたら幸いです。


   『生菜食療法』や『青汁』を行なう場合は、「塩(海の塩:自然海水塩)」を
     しっかりと適宜に摂ることが非常に重要です!【 塩は胃液の材料となり、胃腸を守る薬となる! 】



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


 この『粟国の塩』はとっても美味しいので、私はよく手の平に『粟国の塩』を「小匙1杯」取り、そのまま食べています。または、コップ1杯の水か湯の中に『粟国の塩』を「小匙1杯」溶かし、そのまま飲みます。
 私の場合はこの8~9年間、「生菜食」が中心の食生活で、肉食はほとんどしなくなったので、意識的に「塩」を摂らないと「塩不足」に陥ります。

 以前、「生菜食」を始めた初期の頃、「生菜食」ばかり食べていたら、ある時、力が抜けて抜けて入らなくなり、焦った私は甲田光雄医学博士の著書を読み返し、そこで「塩の摂取」を怠っていたことに気づき、それから「塩」を食べるようになりました。そうしたら、力が抜けてしまうのが治りました。その時、私は「塩の摂取」が如何に重要であることかを思い知りました。
 それ以降、私は「塩の摂取」を超重視する奴になり、「生菜食」や「生菜スムージー(生野菜のスムージー)」に「塩」を多めに入れて食べています。これは、うちの家族にもしつこいくらい伝えています。


 甲田光雄先生のお弟子さんは、当記事で『減塩』の間違いを指摘しています。
 これは非常に重要な内容です。
 
 胃液の塩酸「HCl」の「Cl」は、塩「NaCl」の「Cl」からつくられます。胃液の材料は「塩」なのです。
 ですから、「塩」を適宜によく摂らないと胃液が充分につくられないので、消化不良を起こすようになります。

 特に、アルカリ性である「生菜食」をよく食べる場合には「塩」をよく摂取しないと、胃腸の不調を来たします。
 ここは『生菜食療法』を実践する上で非常に重要なところですから、よく覚えておいてください。
 『生菜食療法』を行なう時には、必ず「塩」をよく摂ること、これです!
 もし、この「塩の摂取」を怠ると胃腸に不調を来たす場合がありますから、充分に気をつけられてください。

 上述のように、私は「生菜食」や「生菜スムージー(生野菜のスムージー)」の中に「塩」を多めに入れて食べています。それ以外にも、手の平に「塩」を「小匙1杯」取ってそのまま食べたり、コップ1杯の水か湯の中に「塩」を「小匙1杯」入れて溶かして「塩水」か「塩湯」にしてそのまま飲みます。
 こうして「塩」を適宜によく摂取することは「胃腸の健康を守る」上でも非常に重要になります。

 なお、これは「青汁」についても同様です。
 「生菜食」や「生菜スムージー(生野菜のスムージー)」や「青汁」を実行されている方は、ぜひ「塩の摂取」について充分に考慮され、しっかりと「塩」を適宜に摂るようにされてください m(__)m


 「塩」につきましては、次の甲田光雄医学博士の記事を参照してください。

    甲田光雄 医学博士の『塩の話』【 塩は自然海水塩(海の塩)を取りましょう!】

 正常な方ならば、「塩」は一日「10g」程度がちょうど良いです。
 私はいまだに不思議でならないのですが、世間では、今も優生学者医者等が『塩は一日8gでも多い‥、6gにするべきだ!』とか言っていますが、私は、この人たちは頭がおかしいんじゃないかと思いますよ‥。

 だってですね‥、多少「塩」を多く摂ったところが、塩分は汗で流れ出るわけですし(お風呂に入っても、睡眠中も、結構、汗をかいています)、また、塩分は尿からも排泄されるわけです。
 あまり汗をかかない場合は「水を多めに飲んで」おきさえすれば、体内の「余分な塩分」は尿で排泄されるので、体内の塩分濃度はこうして勝手に調節され、身体が常にちょうど良い体内塩分濃度を自律的に保ってくれるのです。ですから、「塩」を2~4g多めに摂ったとしても、何も問題は起こらないはずなのです。それが正常な身体です。逆に「塩」に不足するほうが怖いです。
通常の生活で汗をかかない人は、摂取した「ナトリウム」のほとんどを腎臓から尿に排泄します参照記事

 それなのに、優生学者医者等は、「塩」を一日6g以上摂ると、まるで、それで病気になってしまうかのようなことを謳っていますが、多少「塩」を多く摂ったとしても「水を多めに飲んで」おけば、あとは身体が勝手に体内の塩分濃度を自己調節し、体内の塩分が多すぎる(体内塩分濃度が高すぎる)場合には、体内の「余分な塩分」を尿で排泄して、常にちょうど良い体内塩分濃度を自律的に保ってくれます。

 例えば、もし「塩」を一日「数十g」も摂っているような過剰摂取の場合には、私も流石に警鐘を鳴らしますが、今も優生学者医者等が囁いている「塩は一日8gでも多い‥、6gじゃなきゃダメだ!」という見解を聞く度に、私は「塩は2~4g程度なら、多めに摂っても何ら問題はない! 水さえよく飲んでおけば、体内塩分濃度なんて身体が勝手に自己調節してくれるでしょっ! 食養を知らない医療の専門家って、何か『頭でっかち』で、本当に抜けてるよなァ~」と本気で思ってしまいます‥。
 人間は「塩」に不足するほうがよっぽど怖いのに(上述の如く、経験済み)、腎機能に特別異常がない一般の方々に対して、こんなことを真顔で言っている優生学者医者等に対して悲しみを覚えますね‥。

 私の母は「塩」を多く摂取しながら「生菜食」を継続しまして、別に問題は発生しておらず、血液検査もすべての値が常に良好です。私の父母がいつもお世話になっている内科専門医のN先生に、母は『血液中の善玉菌が多すぎるくらいです! 大変よろしい!』と褒められたそうです。
 『生菜食療法』は「塩」を多めに摂取しながら行なえば良く、必ず、腸内の善玉細菌を増やし、悪玉細菌をちょうどよく抑制して、最適の腸内環境を形成し、腸内細菌をよりよく育ててくれます。

 うちのお婆ちゃまは『減塩』をし、夏に脱水症状を引き起こし、内科専門医のN先生に『塩をしっかりと摂らないと、かえって脱水症状を起こすから、塩はよく摂ってください!』と注意され、それ以降、『減塩』を止めて「塩」をなるべく摂るようにしています。それで問題は起こっていません。

 こんなことは、食養実践家の方々には至極当然のことであり、「塩」を適宜にしっかりと摂取して、それで身体がおかしくなるようなことは決してないのです。
 いくら医療免許を持っている先生であろうとも、実地を知らない先生は常に『頭でっかち』なる判断力しかないのが実態なのです。
 内海悟医師が言う『グーミン自分の力で考えることを放棄し、優生学者の奴隷へと堕してしまった人たち)』にならないように気をつけていきましょう!


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


 昔の日本人と同様に「塩の摂取」は『自然海水塩』をしっかりと摂取しましょう!
 佐藤医師のお話は大変読みやすく、ためになりますので、ぜひ、ご参考にされてください。
 よろしくお願いします m(__)m






 第28話 塩の誤解、砂糖の誤解
 【「日本橋清洲クリニック」
より 】

sato_doctor[1]
日本橋清洲クリニック』院長 佐藤義之 医師



塩の誤解

 塩が「高血圧」を誘発するのは『精製塩』、いわゆる『食塩』を摂った場合である。
 海水から水分だけを蒸発させた『自然海塩海の塩)』には、
 塩化ナトリウムマグネシウムカルシウムヨウ素などのミネラルがバランス良く含まれている。
 しかし『食塩』という名の『精製塩』は、その中から 塩化ナトリウム だけを取り出したもので、
 その 99% は、純粋な「化学物質」である 塩化ナトリウム である。
 本当に塩分で「高血圧」になるなら、クジラやイルカは、みんな「高血圧」のはずである。


 塩が専売制になったのは1905年である。
 その頃の塩は『自然海塩』に近く、塩化ナトリウムが 80% を超える塩は全製品の20%ぐらいであった。
 それが技術革新により、純度の高い塩(塩化ナトリウム)がつくられるようになり、
 1947年には、塩化ナトリウムが 90% を超えるものが 50% となった。
 実に、この時期を境に「高血圧の有病率」が上昇したのである。


 『精製塩』が体に良くない最大の理由は、塩化ナトリウム以外のミネラル分をすべて切り捨ててしまったことにある。
 例え、そのミネラルが微量であろうと、自然界に存在する成分はすべて必要だから、そこに存在しているのである。

 一般的に「漬物」には『粗塩』が使われる。
 当然『食塩』を用いると美味しい「漬物」ができないのであるが、
 『食塩』には “べとつき” を防ぐために 炭酸マグネシウム が入っており、これが「乳酸菌」の育成を阻害するからである。


 とにかく、できる限り『自然海塩』を使用するが良い。
 ただし、「酸化」しやすいので「密閉容器」に入れ、保存に気配りが必要である。

 塩が専売制になったのが問題ではない。
 塩化ナトリウムの純度が 90% を超える技術革新が問題なのである。
 さらに『自然海塩』に含まれる微量ミネラルを無視したことに問題があるのである。

 ここにも「自然の摂理に気づけ」という教えがある。
 何でもかんでも「純粋に近づければ良い」というものではない。



砂糖の誤解

 原料のサトウキビを搾って加熱しただけのものが『黒砂糖』。
 それを、さらに「結晶」と「蜜」に分類し、精製して、結晶の純度を高めたものが『精製糖』である。

 『精製糖』は、

    車糖(くるまとう)  我々が普段使っている 上砂糖白砂糖
    ざらめ糖  グラニュ糖
    加工糖  角砂糖氷砂糖

 に分けられる。


 なぜ『白砂糖』が体に良くないか?
 それは『白砂糖』が「酸性度の強い食品」だからである。

 人間の体内は「中性」から「弱アルカリ性pH7.4前後)」が基本である。
 それゆえ「酸性食品」が入ると、その中和のために体内のミネラル分が消費される。
 このとき、最も多く消費されるのがカルシウムである。

 『白砂糖』の場合、それ自体にカルシウムが含まれていないので、
 必要なカルシウムは体内の歯や骨を溶かして供給される。
 だから、昔から「甘いものを食べると骨が溶ける」と叱ったわけである。
 昔の人は上手いことを言ったものだ。

 また、人間の体内における カルシウム と リン のバランスは 1:1 が理想。
 『白砂糖』は吸収が悪いため、急速にカルシウムが消費され、この比率が崩れる。
 実は、このバランスが崩れると、イライラしたり、心の均衡を崩す。


 糖分の吸収が速いと、急速に「血糖値」が上昇する(特に「ショ糖」の吸収速度は速い)。
 それを抑えるために「インスリン」が分泌され、
 ホメホスタシス(恒常的維持機能)が充分でない子供は「低血糖」になる。

 今度は「低血糖」を訂正するために「アドレナリン」が分泌され、
 「アドレナリン」の作用で興奮気味となり、やがては「キレる子供」の誕生となるわけである。
 アメリカでは「シュガーハイ」と言う。

 特に、ペットボトル飲料スナック菓子に用いられる「ショ糖」には要注意である。
 キレる原因も、以外に「身近なところ」に原因があるのである。