当記事は、鈴森さんの「ガンの特効薬はミトコンドリア賦活剤」ブログサイトからのご紹介です。

 鈴森さんが当記事でご紹介されている記事は、実際に「癌患者の入院設備がある200床の病院(通常療法の一般的な病院)」に勤めていた元『病院職員』の方が “本音” を伝えている貴重な記事です。

 実際に「病院勤め」をしていた経験から、現代医療の「生の現場」をよく知っている元『病院職員』の方のご意見は本当に本当に貴重です。私たち一般市民は、このような「通常療法(標準的な癌医療)の現実の姿」をよく知っている方が伝えてくださるメッセージを決して無駄にしてはなりません。


 この元『病院職員』の方も、

    癌から生還している元癌患者の方々に共通しているのは『食事療法』を行なっていることだった。

 と語られています。

 世の『本物の医学博士医師』の先生方も、癌治療に『食事療法』を絶対に取り入れています。
 そして、みな共通して『食事療法プラスアルファ』の癌治療を行なっています。

 『食事療法』は癌治療に絶対に必要なものです。『食事療法』すら行なわないような癌治療では、癌を本当に治すことはできません。『食事療法』の重要性をよく理解している医学博士医師を重視すべきです。
 この元『病院職員』の方のご意見と、そのあとの鈴森さんのご意見から、通常療法(標準的な癌医療)の無力さをよくご理解され、ご自分の頭でよく考えて癌治療を選択していきましょう!


 通常療法(標準的な癌医療)の三大療法(抗がん剤放射線手術)が有効する癌患者さんもいることはいます。
 しかし、多くの癌患者さんが三大療法だけの癌治療で苦しく亡くなっていった現実があります。
 我が家も、身内が2人(私の祖父と、その弟の叔父)、三大療法だけの癌治療の犠牲になっています。
 私の身内で「癌から生還した」のは、手術後に『食事療法』や『週末一日断食』などの『自然療法』を取り入れ、地道に『癌体質』を改善した私の父(元腎臓癌患者)のみです。

 世界中の「癌医療の実地」において、もう、これだけ『食事療法』の重要性が明るみになっていながら、いまだに『食事療法』を何も取り入れていない、また、取り入れようともしない通常療法(標準的な癌医療)は異常です。
 世界中の癌研究報告により『癌と食事の関係』が色濃く明らかとなっているにもかかわらず、世界の一流の科学者である「癌の専門家」等が明らかにしてきた『癌と食事の関係』をいまだ大無視ぶっこき、日本の通常療法(標準的な癌医療)に『食事療法』を何も取り入れていないというのは異常としか言えないのです。


 真面目な医学博士医師ならば、それらの世界中の癌研究報告を独自に学んでいますから、世界中の癌研究報告が明かす『癌と食事の関係』の深さを知れば、もはや、癌治療に『食事療法』を導入せざるを得なくなるのです。
 このような、癌治療に『食事療法』を導入している医学博士医師こそが真面な先生であり、通常療法(標準的な癌医療)の三大療法(抗がん剤放射線手術)だけの癌治療しか癌患者に勧めないような先生は「本当の癌治療を知らない」証拠です。この言葉の意味が分からない癌患者さんは、癌に対して、あまりにも「不勉強」すぎます。

 この「癌患者が癌に対して不勉強である」という問題は、癌患者が通常療法(標準的な癌医療)に騙され、大金を盗られて死んでいく根本原因の一つです。この「癌患者の無知」こそが大問題なのです。
 元『病院職員』の方が記事中でお話しされている「宗像久男」医師も、次の記事で、この問題を指摘しています。
 世の癌患者さんに対して「癌という病気はどんな病気かくらい、自分で勉強してくださいよ!と普通に仰られています。この「宗像久男」医師の言葉こそ、癌治療の原点なのです。


   『中央リセルクリニック』院長 「宗像久男」医師の講演会「動画」&「文字お越し」
    【 癌は 遅くても「3ヵ月以内」に簡単に治る! 通常療法はインチキな「殺人」です!】



 通常療法(標準的な癌医療)の医師で、癌患者に対して「癌について、ご自分でも勉強してくださいね!」と面と向かって患者に言ってくださる医師がいるでしょうか? 全然いないですよね! なぜでしょう?

 それは、癌患者が癌について学んだら、通常療法(標準的な癌医療)の三大療法(抗がん剤放射線手術)だけの癌治療が「間違っている」ことがバレてしまうので、癌患者を癌に対して盲(メクラ)にしておくには、癌患者に癌を学ばれると困るからです。

 癌患者の癌を本気で治そうとしている医学博士医師の先生方は、「宗像久男」医師のように「癌患者こそ、癌について学ぶべきだ!」と言うものです。なぜなら、癌治療の意味意義を知るには、癌患者が癌について自分で学ぶしかないからです。
 癌治療の意味・意義を知らないということは、その癌治療が正しいのか間違っているのかを正しく判断することができない状態ですから、これでは、医師にすべてをお任せするしかないでしょう。その医師が正しい癌治療を勧めてくれる医師ならば良いです。しかし、三大療法(抗がん剤放射線手術)しか勧めない医師であったならば、過去の多くの癌患者がたどったように「癌死コース」を歩まされることになるでしょう(正確には、癌で亡くなるのではなく、副作用が原因して亡くなっている癌患者が多いです)。
 まずもって、癌治療の意味意義も知らない癌患者では『本物の癌治療』に「自力で」たどり着くことは難しく、自分で癌を学ばない癌患者がたどる道は、たいてい、医師にお任せして三大療法(抗がん剤放射線手術)漬けにされ、最終的に癌が悪化して亡くなっていく‥、というパターンです(重複しますが、副作用死が多いです)。

 癌治療とは、本当は「指導する側の医師」と「癌を治す側の癌患者」の『協力体制』がなければなりません。
 医師は癌患者に対して(外国の先進国で採用されている)様々な癌治療を提案し、癌患者も自分で癌をよく学んで考えてから癌治療を選択する‥、こうして医師と癌患者が『協力体制』で取り組むのが『真の癌医療』なのです。

 ところが、癌患者が「抗がん剤はやりません」と言うと、急に態度を変え、癌患者を脅しにかかる医師が通常療法(標準的な癌医療)にいる現実には悲しくなります。私も、次の記事など作成していて本当に愕然としたものです。


   「抗がん剤」を拒否すると、医者は豹変する!【 癌患者さんが伝える、医者の本性! 】

    悪質な医師の場合には、患者は躊躇なく医師を変えるべき!
     「抗がん剤」の猛毒で体を汚して亡くなるより、自然療法で綺麗な肉体で亡くなるほうが、
     死後の行方すら変わる!



 また、この元『病院職員』の方以外にも、一般的な病院に勤務していた元『病院職員』の方が暴露する、次の記事もありますので、ぜひ、ご参考にされてください。


    末期癌、「抗がん剤」は余命を0日にする!【 元『看護師』の方が語る「抗がん剤」の現実:
     医療従事者はレール通りに動くだけで、それ以外は考えられない人間の集まり!】


    現役の看護師さんによる貴重な発信 - 抗がん剤は医療従事者をも危険にさらしている!
     【 ソクラテスの『無知の知』:自分の『無知の無知』を知ることが『真実』への門!】


    癌専門医は「今の治療に意味がない」ことを知ってる!
     癌専門医のほとんどは、自分が提供している治療を受けない!
     【 医師は、国・政府の方針に従っているだけである‥ 】



 このような、実際に「病院勤め」を経験している元『病院職員』の方の発信内容は大変貴重ですから、真摯にご覧になられてみてください。よろしくお願いします m(__)m

.





 癌患者を殺さないと病院をクビになる! クビ回避のための殺人は許される?
 【「ガンの特効薬はミトコンドリア賦活剤」
より 】


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


 宗像先生って勇気ありますね‥、癌の三大療法を否定するなんて
 【「プラスのものだけ紹介します ~ 金太くんって嘘つかない」
より 】


7483bx4y8b
中央リセルクリニック』院長 宗像久男 医師




宗像久男先生「ガンは3ヵ月で治せる病気! ブドウ糖はガンの餌だった!
ワールドフォーラム 2016年9月



 私は、7年間、癌患者の入院設備がある200床の病院に勤めていました。
 医者ではなく、総務課でした。
 末期癌の方を、有明とか、新宿の方の病院へ小型バスで送ったりもしました。

 私の記憶でも、病状が進んだ人で、
 一般病院の治療(通常療法標準的な癌医療三大療法)を受けて助かった人は知りません。
 ごくごく「初期の癌」をオペ(手術)でとって助かった人を何人か知るのみです。

 昔は、自分も「無知」で「癌という病気は恐ろしいから助からないんだ」と思っていましたが‥。
 「一般的な病院で受けられる治療が間違っているのでは?
 「そのことが原因で、助からないのでは?
 と、いろいろな経験から思うようになりました。

 自分の経験でも、7年間、癌患者さんのいる病院で働いて、助かった人をほとんど知らない。
 それに、この「宗像久男」先生の YouTube の動画を視ると、
 「37万人が癌の治療法が原因で亡くなっていると思われる」と言っています。

 それに、私の知人で、ある「内臓のステージ3の癌患者さん」が、
 「木内鶴彦」さんの「太古の水」と、玉葱のサラダ、生姜の料理の『食事療法』で、
 3年以上も元気に働いていたのも知っています。

 また「癌から生還した人」が100人くらい一堂に集まった会場で講演を聴いたこともあります。
 その会場の人たち(癌から生還した元癌患者さん)に共通したことは、
 病院の治療法に疑問を感じて、『食事療法』を自分のペースでやっていた人たちです。

上記の「癌から生還した元癌患者の方々に共通していたことは、病院の治療法に疑問を感じ、『食事療法』を自分のペースでやっていた人たちです」という部分は、世の癌患者さんが第一に着目すべき、本当に重要なメッセージです。
 日本を含む世界10ヵ国の「元癌患者」が共通して行なっていたのが『抜本的な食事改善食事療法)』だった、という統計がすでに出ているのです。私は当ブログサイトにて『食事療法』を絶対的に母体基盤基本土台に置くことを何度も何度もお話ししていますが、その理由は、まず『食事療法』を行なわなければ、体内に癌を生み出している「正体」にして「張本人」である『癌体質癌の真の原因』が何も改善されないため、『癌を本当に治す』ための道筋を歩めないからです。
 この元病院職員の方の貴重なメッセージからも、癌治療における『食事療法』の絶対的重要性を、どうぞ、ご理解ください。
 ただ、今の「悪性度の高い癌」の場合には『食事療法』だけでは無理な場合が多いので、癌の生還率を「自力で」しっかりと上げるために、癌治療は必ず『食事療法プラスアルファ』で考えてください。よろしくお願いします
ブログ管理人


 一部、誤解を与えるような表現をしてしまいましたので訂正します。

 お医者さんも、患者さんを助けようとしているのですから、医者を悪く言うつもりはないです。
 お医者さんは、その方法が最善と思っているのですから。

 知り合いの「外科の医者」の働いている病院で、
 「サメの軟骨」を使用した治療法を推奨した医師はクビになっちゃったそうです。
 そんなものは「インチキ」だと、お医者さんは全般的に思っています。

 そういう事情も含め、もう、こんな「狂った治療法」は終わりになれば‥、と思っています。
 患者さんとか、その家族一人一人が冷静に『事実』を分析して、
 治療法を人任せにせず(医者任せにせず)「自分で選ぶこと」が、その第一歩になるのではないでしょうか。



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



 日本の医学界では、ガン患者を殺すために「ガン治療(拷問)」をします。
 人間は死を最も恐れます。
 「ガン患者の2~3人に1人が死ぬ!」となれば、皆がガンという病気を恐れます。

 「ガン患者の1000人に1人が死ぬ!」では、誰もガンを恐れない。
 「金満ガンビジネス」を成り立たせるには「ガン患者を殺し続ける」しかない。
 ガンを恐怖の難病死病にしておかなければ、患者や国民から大金を巻き上げることができないのです。

 だから、日本の病院では「本当にガンを治す治療法」を推奨する医師はクビになります。
 良識ある医師は、周囲の迷惑を考えない自分勝手な人間として嫌われ、追放されるのです。

 すべての医者が「ガン患者を殺す努力」をするから「ガンビジネス」が成り立つのであって、
 裏切り者(ガン患者を「本当に治す」医者)は絶対に許さないのが日本の医学界です。


 人殺しの医者を悪く言うつもりはない?
 「本当にガンを治す治療」をすると、病院をクビになるから?

 人殺しの医者にも「家族を守る権利」がある?
 人殺しの医者を非難しては可哀そう?

 人によって価値観が違います。
 私は自己保身のために「人殺しガン治療」をする医者に同情する気はありません。

 殺されるガン患者や、その家族のことを考えると‥。
 「恐怖」と「絶望」と「激痛」と「死」を与えられるガン患者のことを考えると‥。

 なぜ、1人の「クズ医者」の職を確保するために、何百人もの患者が殺されねばならないのか!
 誰もが「家族を守らなくてはならない」のに、ガンによって「家族に大きな負担や悲しみを与えている」のです。
 なぜ「人殺し医者」や、その家族は守られて、その何百倍もの人(ガン患者)が犠牲にならなくてはいけないのか!

 多くの人殺しをするくらいなら、病院などクビになればいいのです。
 「自己保身」と「大勢の命」を天秤にかけること自体が間違っています。

 「医者が病院をクビになる」ことは、どうでもいいような “小さな問題” であり、
 「何百人もの人(ガン患者)が殺される」のは “大問題” なのです。


 日本の医学部では「ウソの医学」を教えています。特に「ガンに関してはデタラメ」です。
 医大生を6年かけて洗脳し、医者にさせて、今度は患者を洗脳させています。
 日本の医学界は、人類史上で最も「醜悪な行為」を何十年も続けています。
 「生きたい!」と願う患者を騙して「カネを奪って殺している」のです。
 これ以上の「裏切り行為」はありません。

 日本の医者は「ガンの正体」も「ガンビジネスの正体」も知らないのだから批判しては可哀そう?
 日本の医者は、自分がガンになっても「抗がん剤」を拒否します。
 医者は、他人(ガン患者)に行なう「ガン治療(抗がん剤治療)」を、まったく信用していないのです。
 「知らない」のでなく、「知らないフリをしている」のです。
 「知らない」のでなく、「知ろうとしない」のです。
 『真実』を知っても、その「罪深さ」に恐れおののくだけなので「知りたくない」のです。

 日本の医者は 医学医療 というものを、これ以上ないくらいに「醜悪なもの」に貶めています。
 「金儲け」のために、病気をつくり、病気を慢性化させ、病気を悪化させ、患者を殺します。
 日本の医療を貶めているのは、批判している人たちではなく、
 実際に「患者を犠牲にしている医者たち」が貶めているのです。

 日本の医者の多くは「1人でも患者さんを救いたい!」と “キレイゴト” を言います。
 でも、実際は “多くの患者を破滅させて” います。自分たちの「エゴ」のために‥。

 マスコミがつくり上げた「立派な医師像」と「金の亡者となって患者を殺し続ける姿」は、あまりに乖離しています。
 医学の世界は「無知」だから許される、「バカ」だから許される世界ではありません。
 人の命がかかっています。
 崇高で勇気のある「宗像久男」医師に続くような医師の出現を望みます。